○二
本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

時事24戦争

核の専門家たちが攻撃を受けて死亡した後に、ロシアは米国とサウジアラビアの戦争を認めたの全訳

もっと働く男さんの初めてのメール
  • はじめまして。

    このサイトをずっと読んでます。

    読み始めた経緯等書き始めると長くなりそうですので、またの機会にします。

    この英文記事にご興味がありそうだったので、訳してみました。

    ご参考まで。

    世の中の為、頑張って下さい。

    また、メールします。

    「もっと働く男」より


    Russia Agrees To US-Saudi War After Deadly Attack On Nuclear Experts

    By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers

    A grim report from Russian Navy Commander-in-Chief Admiral Vladimir Vysotsky who is currently overseeing the Northern Banner Fleets participation in the American-led FRUKUS 2011 and “Mailed Fist” war operations off the US East Coast states that both President Medvedev and Prime Minister Putin have secretly agreed to allow the US invasion of Saudi Arabia that many believe is planned for later this summer.
    海軍総司令官ヴラディミール・ヴィソツキーロシア提督は現在、ロシア北方艦隊を指揮して北米の東海岸沖でアメリカが中心となって展開中のFRUKUS 2011 及び “Mailed Fist”の演習に参加しているが、このレポート は同氏からのもので、「メドヴェージェフ大統領もプーチン首相もこの夏後半の実行が計画中と多くが信じている米国によるサウジ侵攻に密かに合意した」という暗い内容のものです。

    「FRUKUS 2011」:France, Russia, the United Kingdom and the United States の海軍が今年6月20日から2週間、ヴァージニア州沖で 参加する合同演習。

    「Mailed Fist 」   : 「Exercise Mailed Fist 演習”装甲した拳” 」のことで、米国海兵隊による大型演習。

    MV-22 Osprey (ヘリコプターの利点である垂直離着陸・ホバリング(空中停止)ができ、且つ固定翼機のように高速水平飛行が可能)を含む海兵隊が所有するあらゆる種類の航空機を動員しての演習だそうです。

    「mail」には「郵便」という意味の他に「(中世の)鎖かたびら」という意味が有ります。

    According to Vysotsky’s report, Medvedev and Putin were reported in a “rage” after Federal Security Forces (FSB) linked the 20 June bombing in Petrozavodsk of a Tupolev-134 plane carrying 5 top nuclear experts to American C-4 explosives provided to Chechnya Muslim rebels by Saudi Arabia’s General Intelligence Presidency (GIP).
    同提督のレポートによると、ロシア連邦保安庁がトップクラスの5人の核の専門家を乗せたツポレフ134型機がペトロザボヅクで6月20日に爆破された事件とサウジ総合情報庁によりチェチェンの反体制派の回教徒に供給されたアメリカ製のC-4爆薬が関連しているとした後メドヴェージェフ大統領もプーチン首相も「激高」したとのことである。

    The Russian atomic experts killed in this attack included lead designers Sergei Rizhov, Gennadi Benyok, Nicolai Tronov and Russia's top nuclear technological expert, Andrei Tropinov, all of whom worked at Iran’s Bushehr Nuclear Plant after the contract for the plant's construction passed from the German Siemens company to Russian hands.
    この爆破で殺されたロシア人原子力専門家には主任設計士のセルゲイ・リゾーフ、ゲナディ・ベノク、ニコライ・ツロノヴ、ロシアの一流核技術者であるアンドレイ・ツロピノヴが含まれおり、その全員がブシェール原子力発電所の建設契約がドイツのシーメンスからロシアに移った後に同発電所で働いていた。

    Even with the catastrophic loss of these top nuclear experts, however, Russian Deputy Foreign Minister Sergei Ryabkov announced on Monday that the Bushehr Nuclear Plant will begin operations in early August, and which the Saudis greatly fear due to Iran’s being able to manufacture atomic bombs once this project is complete.
    これらトップクラスの核専門家を失うという甚大な状況にも係わらず、ロシア外務副大臣は月曜日にブシェール原子力発電所は8月初には稼動を開始すると発表したが、サウジは同発電所が一旦本格稼動を始めるとイランが原子爆弾を製造できるようになるとしてこの事態を極めて恐れている。

    As we have reported on many times, including our 28 May report “Obama Vows War On Saudi Arabia, Orders Thousands Of US Troops To Region” and our 23 June report “Nuclear Attack On US Warned Imminent As Saudi War Nears,” the Muslim Shiite supporting American President Barack Obama has continued the United States policy begun under former President George W. Bush calling for the strategic realignment of their Middle Eastern interests from the brutal Saudi Regime towards Persian Iran. [Note: Our 2 reports linked here should be read for their vital context to this report.]
    これまで、幾度と無くレポートしてきたが、例えば5月28日「オバマ大統領サウジに戦争宣言、数千人単位の兵士派遣」、6月23日「サウジとの戦争間近、合衆国への核攻撃緊急警報」で既報の通り、シーア派回教徒を支持しているアメリカ大統領のバラク・オバマは、残酷な現サウジ政権からイラン支持への中東政策の戦略的大転換・・・前ブッシュ大統領が求めて始めたものだが・・・を継続している。

    「この点は上記下線の2つのレポートが重要なので読んで下さい」
    (下線2レポートのポイントを超簡単に言うと@表面では米国は反イランの態度を取りつつ、裏では、911以降、その実行犯の大部分がスンニー派サウジ人ということで、今までのサウジ支持を止めて、シーア派イラン支持に変えたAサウジの確認埋蔵量世界1の原油の確保も目的。

    Bサウジはエジプト前大統領ムバラクをあっさり捨てた米国に激怒Cスンニー派同士でサウジとパキスタンが手を組んで新中東体制を築こうとしている)

    The reason(s) for the US shifting their long-standing policy of supporting brutal Muslim-Arab regimes has led to what many are calling the “Arab Spring”, but can be more accurately described as an American led effort to destabilize and destroy all Middle Eastern and Northern African countries in order to secure their vast oil and natural gas resources for themselves.
    冷酷な回教徒アラブ政権を支持するという長く守ってきた政策を米国が変更した為によく言われる”アラブの春”に繋がったわけであるが、もう少し正確に言うと、これは中東全域と北アフリカ諸国を不安定化させ破壊するアメリカ指導の活動であり、真の目的は米国によるその地域の膨大な石油及び天然ガスの確保である。
    The Arab Spring (literally the Arabic Rebellions or the Arab Revolutions) is a revolutionary wave of demonstrations and protests that has been taking place in the Arab world since 18 December 2010. Prior to this period, Sudan was the only Arab country to have successfully overthrown dictatorial regimes, in 1964 and again in 1985.
    アラブの春(言い換えればアラブの反抗、アラブ革命)は2010年12月18日より始まったデモと反対運動からなる革命的な波である。

    これ以前ではスーダンがアラブ諸国では初めて独裁政権を1964年と1985年に倒している。
    To date, there have been revolutions in Tunisia and Egypt; a civil war in Libya; civil uprisings in Bahrain, Syria, and Yemen; major protests in Algeria, Iraq, Jordan, Morocco, and Oman, as well as on the borders of Israel; and minor protests in Kuwait, Lebanon, Mauritania, Saudi Arabia, Sudan, and Western Sahara.
    現状、チュニジア、エジプトで革命が起き、リビアで内戦、バーレン、シリア、イエメンで市民による騒乱、アルジェリア、イラク、ヨルダン、モロッコ、オマーン、イスラエル国境での市民デモ、クウェート、レバノン、モーリタニア、サウジアラビア、スーダン、西サハラでの小規模なデモが発生した。

    The enmity currently existing between the Saudis and the US stems from many factors, including the American rejection of their proposal to form a comprehensive Arab force, together with the US and NATO, to destroy Hezbollah in Lebanon, and both Bush and Obama protecting Iran from attack by either Saudi or Israeli forces.
    現在のサウジと米国間の敵対感は様々の要因から来ているが、一つにはサウジが米国、NATOと共同して中東連合軍を創設し、レバノンのヘズボラを一掃しようと持ちかけたが、米国がそれを拒絶したこと、又加えてブッシュもオバマもサウジ軍或いはイスラエル軍による攻撃からイランを守ったことから来ている。

    The shifting of the US from alliances with Sunni Muslim regimes to that of Shiite Persian Iran is based on many factors, one of the most important articulated recently by Seyed Mohammad Sadeq Kharrazi, Iran’s Former Ambassador to France and the United Nations, who, in part, said:
    中東各国のスンニー派政権との同盟からシーア派イランに米国が鞍替えしたのは色々要因があるが、イランの前フランス大使、国連大使であったサイード・モハマド・サディーク・カラジ氏が最近、歯切れ良く語ってくれた極めて重要な点が以下である・・・

    “Revolution in Iran as the most prominent example of US mistakes in the Middle East and believe that absence of good understanding about various social strata in Iran caused the United States to lose a valuable opportunity such as Iran. They have used this point in their models and have also got their thinkers to study various models. Their studies have brought fruit in the past years and they are now well aware about what is good or what is bad in the region. The call by Mr. Obama on Israel to retreat behind 1967 borders is a direct outcome of those studies and American strategies. They have reached the conclusion that this strategy will be in the best interest of the United States.”
    イランに於ける革命は米国の中東政策の間違いを示す最も明白な例である。

    (私は)米国人にはイランに有る様々な社会階層について確りした理解が無かったので、イランという大事な「機会」を失ったのであると思っている。

    米国はこの所、上記の(失敗)点を(反省し)上手くモデル作り(政策立案)に取り入れているし、それにそって彼らのシンクタンク(政策研究所)にも洋々のモデル作り(政策立案)をさせている。

    彼らの研究成果はここ数年、成果を挙げてきつつあるし、彼らは当地域で何が良くて、何が悪いか最近よく分ってきた。

    オバマがイスラエルに対して1967年時点の国境まで引き下がる様に要求したのも、こうした研究と戦略的政策の賜物である。

    これが米国にとって最適な戦略であることが、やっと分ったのである。

    Important to note about the coming war between the US and Saudi Arabia is the increasing ties between the Saudi regime and Israel, both of whom know that should the Americans win their countries will be dissolved, and as we can, in part, read:
    迫りつつある米国とサウジ間の戦争に関して、特記すべき点はサウジ政権とイスラエル間の関係が強化されており、仮に米国が勝てば両国とも解体されることを両国が認識している事である。

    “The ties of the Al-Sauds to Tel Aviv have in recent years become increasingly visible and pervasive. This secret Israeli-Saudi alliance exists within the context of a broader Khaliji-Israeli alliance. The alliance with Israel is formed through strategic cooperation between the ruling families of Saudi Arabia and the Arab sheikhdoms in the Persian Gulf.
    サウド家(サウジアラビアはサウド家のアラビア)とイスラエルとの関係はここ数年益々明白に確りしたものになって来ている。

    このサウジとイスラエルの秘密同盟は現実にはもう少し広い意味でいうと中東湾岸諸国とイスラエルの同盟である。

    ペルシャ湾沿いのサウジ家と他のアラブ首長たちの国々との戦略的共存政策である。

    Together Israel and the Khaliji ruling families form a frontline for Washington and NATO against Iran and its regional allies. The alliance also acts on behalf of Washington to destabilize the region. The roots of chaos in Southwest Asia and North Africa are this Khaliji-Israeli alliance.
    (ややこやしいですが、ここから論調が変化します)
    構図としてはイスラエルと湾岸アラブ支配層の王族が連合して合衆国とNATOの為にイランとイラン側につく諸国と対峙する。

    In line with the U.S. and the E.U., it is the alliance formed by Israel and the Khaliji rulers that has worked to create ethnic divisions between Arabs and Iranians, religious divisions between Muslims and Christians, and confessional divisions between Sunnis and Shiites. It is the “politics of division” or “fitna” that has also served to keep the Khaliji ruling families in power and Israel in its place. Israel and the Khaliji ruling families would not survive without the regional fitna.
    米国と欧州側に立って考えると、イスラエルと湾岸王族連合がアラブ人とイラン人間の民族的亀裂を、回教徒とキリスト教徒間の宗教的亀裂を、スンニー派とシーア派間の宗派間の亀裂を引き起こしているのだ。

    この”亀裂政策”(fitna:アラビア語:分裂による争い)があるからこそ王族政権とイスラエルが存続できるのだ。

    The Al-Sauds and Tel Aviv are the authors of the Hamas-Fatah split and the estrangement of Gaza from the West Bank. They have worked together in the 2006 war against Lebanon with a view to crushing Hezbollah and its political allies. Saudi Arabia and Israel have also cooperated in spreading sectarianism and sectarian violence in Lebanon, Iraq, the Persian Gulf, Iran, and now Egypt.”
    サウド家とイスラエルが共謀してハマスとファタハを分裂させ、ヨルダン川西岸からガザを引き離した。

    2006年の対ヨルダン戦争でさえ、両者は共同でヘズボラとその政治的協力者の一掃を図った。

    更に両者は分離主義とそれによる暴力をレバノン、イラク、湾岸、イラン、そして今やエジプトで広めようとしている。

    Equally important to note is the Saudi regimes spending of billions-of-dollars to undue the influence of the American led Arab revolutions, most notably in Egypt where this past week they refused to accept funds from either the International Monetary Fund or World Bank to keep their economy from collapse, but whose coffers have been filled, instead, by Saudi oil cash.
    同様にここで特記したいのは、サウジ政権が何十億ドルも拠出して米国指導のアラブ革命よる(特にエジプトだが)影響を抑えようとしていることである。

    現に先週彼らは経済崩壊を避ける為のIMFやWBからの基金を断りサウジからの援助を受け入れた。

    To the “end game” the Americans and their Western allies are steering their nations to was recently articulated by the American Pastor “of the elites” Lindsey Williams whose interview on the Alex Jones Show can be viewed at this LINK and is critically important for you to hear for yourself as World War III lies just around the corner.
    米国及び西側諸国が舵取りをして向かう”最終章”はリンゼー・ウィリアム氏のアレックス・ジョーンズ・ショーでのインタビュー時での明な発言が特に重要で、これにリンクしてるので、聞いてみ欲しい。

    第三次世界大戦がもうすぐなのだ。Most astonishing in all of these events is the American peoples continued ignorance of them, but, perhaps, made somewhat explainable as this once free nation is now being described as a police state that the editorial writers at the New York Times this past week called their countries “new normal.”
    いつもながら特に驚かされることはアメリカ人が世界で何が起きているかについて引き続きまったく無知なことだ。

    かつて自由を謳歌したこの国は最早警察国家で、ニューヨークタイムズの記者が先週言っていた様にこの国は”新しい基準で異常無し”なのだ。

千成さんのメール

  • もっと働く男さん、初めまして。

    なんと素晴らしい和訳でしょう。

    もっと働く男さんは、プロの翻訳家なのですか。

    わたしは、この英文は難しいので和訳を諦めていました。

    とっても、助かります。

    翻訳の途中に、解説を入れてくださっていて、とっても参考になります。

    ゆっくり読まさせていただきます。

    もしお時間があれば、今後ともよろしくお願いです。

    こんなすごい翻訳をしてくださる方が突然出現されるとは!


    第三次世界大戦がもうすぐなのだ。

    第三次世界大戦は、もうすぐだそうですが、それが開始されるのは、7月? それとも8月?


    いつもながら特に驚かされることはアメリカ人が世界で何が起きているかについて引き続きまったく無知なことだ

    う〜ん、これは↑日本と同じかも。