○二
本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

時事41予言

臨終の間際の方の夢について(黎明編mail.2967)

トッチさんのメール
  • トッチです。

    臨終間際の方の夢について考えてみました。

    こちらMail 2709 で紹介されました木内鶴彦氏の臨死体験を事実としますと、臨終間際の方のお話も信憑性が高まりますね。

    Mail 2208

    Mail 2214

    以前、アマテラなんて名で一時メールしていた時のものです。

    2011年も何事も無く夏を迎えましたね。

    木内氏によりますと、カレンダーが有る訳ではないので年月や時間が分からないそうで、環境から時期を判断する事になるそうです。

    そして、未来も過去も瞬時に行けるとか。

    臨終間際の方は「星が並ぶ時、夏が来る前、5月6月は絶対東京に行くな」と言っていたそうですが、 梅雨の時期と残暑が終わる9月頃と勘違いした可能性は無いでしょうか。 梅雨時と秋雨前線の時期は、気候も人々の服装も似た感じかと思います。

    もう1つ間違う要因としまししては、夏も雪が降る御時世ですので、異常気象により季節感が違う事も考えられます。 エレニン彗星もありますが、予言や夢のお話で9月頃が多く指摘されている様ですので、そんな可能性を考えてみたのですが、 今思いますと、星が並ぶとは、太陽−地球−エレニン彗星の事を言っていた可能性も有りますよね。 以前はオーストラリア発のハイパーインフレが噂されていましたが、今では米国のデフォルトが現実味を帯びています。

    2012年のロンドンオリンピックは開催されるでしょうか。

    注目ですね。

    一応、9月頃の惑星の並びを調べてみました。

    うーん、9月は星が並びませんね。

    10月も無さそうです。

    しいて挙げますと、8月16日頃、「金星−太陽−水星−地球」が並びます。

    同時に、金星が「木星−金星−土星」と直線で結ばれます。

    パソコンのHDが一杯ですので、画像は無しとさせて頂きます。

    既存の惑星だけですと、これだけですね。

    エレニン彗星の様子を見る事にしましょう。

    無理やり2011年、2012年に結びつける必要もありませんが、来月の8月に異常気象で「夏が来る前」と勘違いしそうな天気になるのでしょうか。

    そして、お盆の連休時ですが、この頃に米国のデフォルトがあるのでしょうか。

    臨終の方は11月と言ってますが、ハイパーインフレとなりますと状況が一致しそうですね。

    PS.

    先ほどの臨終間際の方についてのメールにありました、8月16日前後の星の並びの画像を送ります。

    ファイル名1が、土星までの範囲で、木星−金星−土星の並びが分かると思います。ファイル名2が、金星−太陽−水星−地球の並びです。


    ファイル名2


千成さんのメール
  • トッチさん、情報ありがとうございます。

    画像を二つ送ってくだささったのですが、最初の画像が何度やってもうまくアップできませんでした。

    申し訳ないです。