○二
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

太陽(ミロク)原理サブコンテンツ

太陽の説明

DEMOとの会話

最近,私のサイトを読んで頂いた方でdemo(芸名?)さんが,長い読書の結果,遠慮がちに協力を申し出てくれました。
質問や対話が有りますので本人の了解の上紹介します。
皆様の参考になれば幸いです。

10===================
氷治さん、**さん、おひさしぶりです!
てゆうか、ごぶさたしております。m(_ _)m **さんからは、この前、メールが届きましたね(^^)
最近、ネット使って氷治さんの援護射撃になるようなHPを探していました。
しかし、やはりというか、なんというか、どうしてもトンでも系なものが引っ掛かってしまっていまいちでした。
このてのものは理屈が破たんして説得力が欠けるものが多く逆にうさん臭さがただようものばかりです。
でも、中には全体の視点がちょっと怪しくても、捕らえている一部の視点が氷治さんの研究を補完できるのでは、と考えられるHPが見付かりました。
**さんにはこの前の返事で紹介したHPです。
http://www.puppenhaus.co.jp/
洪水発生の日がグランドクロスの日付けの1999年8月18日になっていたり、ポールシフトの理屈もあ いまいで、地軸(地球そのもの)が完全にひっくり返るようなことを訴えていますので、信憑性にかけるのですが世界中の古代歴史や宗教の関連性を言葉という点でとらえて論説している点は、なかなかユニークであ る意味説得力もあります。
中には「こりゃ、こじつけだろう!」と、思うところもあるのですがなかなか侮れない部分もかなりあ ります。
もうひとつ紹介するHPは、純粋に古代遺跡のオーパーツについて紹介しています。
http://www3.alec.ac.jp/~b97115/index.html
このHPの製作者も世界各地の神話や伝説が洪水や戦争で古代の文明が滅んだことを示唆していることに着目して、それが歴史学者が意図的に無視してしまう、オーパーツに着目してそれらからなにか手がかりが見付かるのではと考えています。
このHPで紹介されているものは、氷治さんの研究の中で過去の地球の文明で起こった戦争と洪水を伝承するものを具体的に紹介していますので、相互リンクなどしてみるといいかもしれませんね。
古代遺跡に疎い訪問者のためにいいかなっと…。
もっとも、相手方が 氷治さんの意図を理解してもらえるかどうかはわかりませんが…(^^;
何かありましたらまた連絡します!

デモさんへ
( 1 ) やあ!久しぶりです。仕事が忙しそうですね。現在,約1000カウント/週程度で推移しています。
( 2 ) 私のサイトの最近の評判はどうでしょう?
少しずつ丁寧に読んでいただいている方も増えてきて,私,少しずつ孤独でなくなってきました!−−ニコニコ−−
( 3 ) 日本人の特性ですかねえ!案内されたサイトをさ−と見たのですが,物まねした内容を集めてこじんまりと纏めるのは!それなりに良くできているのですか!やっぱ−,私の方が異質なのか?−−孤独−−
( 4 ) ところで,デモさんは 何処の住人ですか?(例えば,大阪,名古屋とか)聞き忘れてた。
( 5 ) ここんとこ,予言の検証に関する準備で予言ずいていましたが,山場も越えたので,久々,天文学の常識を変えて貰う為に,明日,5日pmからの予定で,直径1000Kmの中空鋼球と土星の輪の作り方教室を掲載します。時間が有りましたら参考にして下さい。
ナルホドと云える内容と思っているのですが!
以上

9===================
すみませんホームページの紹介作業が滞っています(^^;
人のホームページを訪ねて興味あることを書かれているとつい読みふけってしまうんです(^^;
> (1)今日,カウントをチェクしました。
> この調子でいくと先週の三倍は いきそうな勢いです。
> −−−−−demoさん,なにやったの?−−−−−
いえ、なんもやってないです…(^^;
どっかのサイトにリンクが張られた可能性が高いですね。
そして興味を持ち出したリピータが増えてきたんじゃないですかね。
orとne、会わせて1万超えそうですね(^^)
私のような似非協力者じゃなく、本格的な協力者が現れる前兆かも…(^^;
> (2)NRNの件,
> 覗いてみました。私は割と諦めの良いほうですからコリヤダメだと思ってい
> ましたが,demoさんなかなかのネバリ−−−−敬意−−−−−
いえ、別に私自体に確固とした確信みたいなものがないんでいろんな意見を聞かせてもらっただけです(^^)
> 所で,この件について私の「予言」の見解をクリアにしたほうが良いと思っています。
> それで,9月は予言の解読の流れ「尻取り」風の説明の項目を企画しています。
> タイトルは「解析予言学」です。−−−−−コッチンコッチンに硬いタイトル?−−−
> 内容は出来るだけクダケタ内容にしたいと思っています。
期待してます!預言の展開方法を具体的に示していただけるんですね(^^)
> (3)カウントの増加のお礼として,「解析予言学」の予告編の一部です。
> 8月の中で,「7000年期に他の者が王国を作る」とあります。  これは 「太陽 」の第三課題です。
> 私は この中の「他の者」の意味について説明をしませんでした。
> 「太陽」の事を詩にしていながら何故「他の者」と表現したのでしょう。「太陽」の表現出よいはずです。  しかし,「他の者」と表現しました。
そう、なぜ「太陽」と「他の者」という表現が同じ詩で表現されているのか…。
それと「700年期」の意味!?
> 「尻取り」風に解読するには この疑問が必要なのです。
> 現在の「太陽」が未来の「太陽」では 他の者になるのですから,「現在の人間の太陽」は死に,
> 「新しい人間の太陽」に「太陽の本質達と人間の太陽の霊」を移植した事を意味します。そうすれば,
> 矛盾無く「他の者」と表現してもこの予言詩は理解出来ます。
身体…入れ代わっちゃうんですね…(^^;
しかし、この「尻取り」風な解読だと、どうとでも意味を捕らえられますよね。
> (4)その様な見解で,「諸世紀」を読むと,明らかに「新しい身体に太陽の本質
> 達」を「神の霊」が移植している「予言詩」があ ります。
> これで,二つの予言詩は 「尻取り」風に関連されました,連結できました。
> 同様にして,一つ一つの「予言詩」のアルゴリズムをリンクして解読シナリオを構築していきます。
なるほど、だから間違った連想をした場合は、預言詩中にあ らわれないんでまた、連想というか「尻取り」をやりなおすわけですね。
てことは、諸世紀の内容は、
本来はちゃんと意味が通る一貫した文書を詩の形態にしてぶつ切りにしてバラバラに配置しなおしたものというわけですね。
> (5)もし,私が「太陽」と結論された時,私は 第二課題を実施する為に「太陽の本質達」を「堕落天使サタン」に送り届けます。
> その時,「現在の人間の太陽」は 破壊されます。(人間風に云えば殺される)
> 現在の私の肉体は 消滅する事を説明しているのです。
> その為に,8月の説明では しませんでした。
月型宇宙船へ連行されてうんぬんという説明の話しですね。
この辺については…やはりピンときません…(^^;
ただ、いまさら一部の一般人の目の前に現れて正体ばらしても一般人にはなにもできないから、
ぜひとも今、私の目の前で月人のだれかが正体をあらわしてほしいもんです。
いや、ほんとに…(^^;
> (6)ただ,別の身体に移植(キリスト教風に云えば復活)します。
> しかし,他の身体に移植されたわけですから再生された「人間の姿」をした「太陽」の確認が出来ません。
> その対策として,「太陽の血族」と「20数人の支持者」に「分かる様な言葉」を残していきます。
> そして,再生された「太陽」の確認作業をしてもらう事になります。 この様な意味の予言詩もあ ります。
「太陽の血族」とは 氷治さんの御家族。「20数人の支持者」とは……(^^;
しかし、ここにいたって支持者が 20数人というのは寂しいですよね(^^;
> (7)もし,私が「太陽」であるなら,demoさんにも確認作業をお願いするかもしれません。
> −−−−もし,その様になりましたら宜しく−−−−−−−
> ね!けして暗い話しばかりでは ないのです。?−−−−−−
確認作業ができるまで私は生き残れてるんでしょうか…(^^;
仮に生き残っていたとしても…人肉食らいながらとかだったら……。
ありえそうで、ちと恐いです…(^^;
まあ、なるようになるということですね。
> (8)次回のメ−ルでは楽しい「ノアの箱 船」と「箱船もどき」です。
「箱船もどき」?…意味ありげな表現ですね、わくわく(^^)
今回のメールを読んで思ったんですけど、
解読作業が全部完了しましたらぜひとも、諸世紀の詩編を全て、
意味の通る順番に並べてホームページに記載していただきたいんですけど、いかがなもんでしょ?
いつも興味深い話をありがとうございます。
それでは、また連絡いたします。


8===================
(1)先週のカウントが3倍になり記録を更新しました。
−−−−−ワ−イ−−−−−−−
(2)ところで,demoさんとメ−ルで文通したいと紹介の申し入れがあ りました。
「demoとの対話」を読まれています。
もし,demoさんがよろしければ,紹介し接続します。
彼(14才)と私のメ−ルは私のサイトの「一般質問の青少年編」の1==,2==,3==に掲載しています参照して下さい。
なかなか質問も多く私はタジタジです。
私はこれから5日ほど出かけて留守します。
もし,OKでしたらそれから紹介作業をします。

7===================
ちょっと本業の方が多忙だったんで返事が遅れていました…(^^;
てゆうか、現状にふりまわされていること事態がまだ自分自信が信じ切っていないということなんですかねやっぱ(^^;
> (1)テレビ番組「特捜リサーチ200X」の件
> 何事もやらなきゃあ進まないです。  OKです。
> 様子をみましょう!
今年の年末や来年の年始あたりに特集とかくんでくれたら面白いんですけどね!
> (2)所で,先週のカウント数が初めて200件を越えました。   彼の予言に
> 有る様にオリンピックの後,波紋は 広がっている様です。
> −−−−−万歳!−−−−
neドメインが上昇してますね。
この調子でがんがん上がってくれないですかね。
めざせ100万件アクセス!!
ちと、遠いですか…(^^;
> (3)先日のリンク先リストの件
> 絶滅までの「カウントダウン」の項目は分かり易いらしく,見解はどうであ れ皆さん気に入ったようです。
> 助言により人気が出るように製作したのですが成功の様です。
> 日本人好みですかね?  「オリンピックまで,後,−−−日」てえパタンは?
> 他にアイデアが出ましたら連絡願います。
> −−−−−−アイデア募集中−−−−
CGI組んでみます?
自動的にカウントダウンするページ!
簡単につくれますよ。
so-netだったらCGIは許可されていると思いますし。
> (4)私のサイトは 幾つもの目的を持っています。
> その一つに私が「太陽」かの確認作業があります。  その確認の「予言詩」を解読してその様に成るか?  推移を見ています。
> もし,これらの予言の解読と「私の未来」が良く一致したら,私が「太陽」となるでしょう。
> そうすると,このサイトを風刺した方達の未来は 「予言詩」の様になります。
> −−−−−−わくわく−−−−−−−−−
はい、私も風刺したひとりだったりします。
う〜ん、当たってほしいですね…(^^; <おひおひ
> (5)カウント数が増加する事は風刺家の方達も比例して増加していきます。
> その時,事の重大性に気が付かれてもおそいのですが,不自由な地球へ「衆生を救うために」
> 降りてきた仲間の「大天使ミロク」を侮辱した者達を「神の霊」達は許さないでしょう!
> −−−−−予言の解読が当たって欲しいが,当たれば可哀想だし−−−−困ってしまう−−−
いや〜、当たっていいんじゃないですか〜!
って、いうか〜、私は人間の命がこの世で最も尊いものとは思っていませんので…(^^;
悔しいのは、「神の霊」たる存在を自分は認識できないものであるということですかね。 ぜひとも話してみたいもんなんですが…「あんたに、話す価値は無し!」っていわれてるみたいですね、なんか…(^^;
> (6)愛する者達と非業の別れを−−−餓鬼になり−−−−置き去りにされ−−−大洪水に怯え
> −−−−苦しみの内に死に−−−−−暗い魂は堕落天使の餌食となる−−−
> ああ!
> 何と暗い未来を,また,語ってしまった!!!
> まあ良いか!その内,何か方法が見つかるかも!成るようにしか成らない????
成るようにしかならんでしょう(^^;
逆にこうすれば助かるとかいわれると、それこそうさん臭くなりますし…。
私は時の流れに見をまかせて傍観させていただきます(^^;
って、最初の餌食か…。
それと、ホームページの更新読みました。
本文に…私の本名が…(^^;
いや、いいんですけどね…ただ気恥ずかしいだけですから…(^^;
「UFOファンへ」と「8月分の追加説明」は、相変わらず唸らせるものがあ りますね。
わたし的にはグイグイ引っ張られるものを感じてしまいました!
そうなんですよね、否定するにしろ肯定するにしろ、それを論理的に検証しないと話ははじまらないんですよね。
「不思議本」関連でいつも不満に思うのはもうちょっと追求してよって思う箇所があ いまいな結論で締めくくられるとこなんですよね。
なんか、とりとめない話しになってしまいましたが、また、連絡します!

6===================
氷治さんへ
( 1 ) その後どうなったか,先日NRNの掲示板を覗きました。
ものの見事にフラれていました。私の説が将来あたったら,その時は逆にフリましょう。その時はキッツイよ−−−−
きっ、きついって氷治さん…みんな死んでいまんがな…(^^;
( 2 ) 所で,下記の本を購入して読みました。
「1999/8/18ノストラダムスの謎をインタ−ネットが解いた」堀江健一著
二見書房 \1200
10章72編「恐怖の大王−−−−−アンゴルモアの大王−−−−」を主題にした物です。いろいろと参考になりました。
なんか面白そうなタイトルですね、できれば、氷治さんみたいにホームページでもやってもらいたいとこですけど…(^^;
( a ) アマチュアですが,と低姿勢の書き出しです。−−−うむ!この気配り!
いいですね。大上段にたたない話は好きです(^^)
( b ) この一遍の予言詩だけで一冊の本にする著作力−−−なんか,私,馬鹿みたい
まあまあ、世の方々は、結局この詩だけが興味あるんですから…(^^;
氷治さんは、氷治さんのスタンスで研究を続けていただければそれでいいんじゃないかと…。
( c ) 私の解読と全く逆の方法でした。−−−これは参考に成る!大好き!
> 7の月の意味は8月と10月の2通りありますが,私は他の詩から10月と,彼は人工衛星の墜落の時期から8月を選択しました。
> アンゴルモアの大王には月の語彙がありますが,あ っさりと無意味であるからと切り捨てられました。
そういえば Angolmois の Ango って蛇って意味もあるんですね。月による蛇の大王= 月人による大洪水…いいえて妙ですね…(^^;
( d ) しかし,NASAウォッチャ−らしく解読のアルゴリズムは明確です。
−−−彼の解読のアルゴリズムか?私か?1999/8/18が楽しみです−−−わくわく!
人工衛星の墜落は、なんか意図的なものを感じてしまいす。
核電池を積んだ衛星が1999年の8月(<もっとも有力な説ですよね。)に墜落する…
たしかに、大変ではあるけどチェルノブイリの時もあったように、人類はなんとかできるでしょってニュアンスも含んでいますよね。
やっぱ、10月をそらすための工作…?考え過ぎか…(^^;
( e ) NASAの不可解な発表の変更の事を書いていました。−−−さすがにNASAウォッチャ−だけに気が付いていました。−−−さすが−−
なんかじれったいですよね、世の中めちゃくちゃになるのはかまわんから真相だけ教えて!ってな心境です。
( f ) アホ゜ロ計画で月へ行った宇宙飛行士の不可解な発言にも触れていました。−−−月に行ったのは 我々が最初では 無い,彼らの乗り物に比べれば我々の乗り物は自転車の様なものだ−−−
彼らも早く喋って楽になれば良いのに!まあ,来年の今頃には−−−
う〜、やっぱ真相しりた〜い、うずうず、もう殆ど好奇心だけで物事考えてます(^^;
( g ) 私にすれば そこまで情報を得ているのであれば なんでアンゴルモアの大王の月の意味を破棄したのかなあ ?−−−まあ,良いか!−−−それでも,投資しただけの内容は有るような?
本能的にヤバいと感じてしまったとか、この著者…(^^;
いまさらばれても別にこちら側に打つ手はないから心配しなくてもと思うのですが…。
( 3 ) リンクしてあるリスト有り難うございます,早速,訪問してみました。
反オカルト宣言「予言を検証する」は 大変気に入りました。
−−−私は 「予言形式の時代間通信」と説明しているのですが,オカルトでも何でも検証すると言う姿勢が気に入りました。
−−−出来たら「ノアの大洪水」で自身が死ぬ所まで検証してもらえたら−−−あ あ!暗いなあ!
いえ、氷治さんは、研究した成果を述べているにすぎないんでしょうけどやっぱ、オカルトとかUFOに興味あ る人からしますと、たしかに盛り沢山な内容なんですよ。
氷治さんのページって!で、オカルトを否定する人にとっては到底受け入れがたい内容であ ると思います。
私もオカルトは否定するんですけど、それはオカルト関係者にありがちな事実を検証させない行為や、金設け主義な発想にいやけがさしているんですよね。
そう言った意味では、反オカルト宣言の製作者の考え方には同意できます。
しかし、いかんせんトラウマがでていますね、反オカルト宣言の製作者…(^^;
悪しき根源は、「ムー」と「オウム」ってか(^^;
まあ、既存宗教や他のオカルト系書籍やTVを代表とするマスコミのおもしろ半分なオカルト紹介とかもね…。
何回も言っていますけど 氷治さんのいきなり信じなくてもいいから自分が納得するまであ らゆる手段を使ってどっからでも検証してねっていうのは好きです。
だから、今、日本TVでやっている特捜リサーチ200Xという番組は好きです!
あの、人が「そんなわけないだろう」とい一笑する事柄を徹底的に検証するのは面白です。
特捜リサーチ200X http://www.ntv.co.jp/FERC/index.html
立場は 違え,わりと多くのスペ−スを確保してくれていました。
ただ,「人類(アメリカ)に恨みがあるのか?」には 若干困りました。
私のサイトの目的は もとより科学的検証を皆さんに促し,認識の変更を計るものです。
そして,置かれた困難な情況を理解させ,人類の将来を切り開くものです。
まあ、いんじゃないでしょうか、いろんなとらえ方がされることも分かっていたことですし…(^^;
−−−−まあ,良いか! −−説明が長くなる−−−demoさんほどではないですが,比較的サイトをカジッテいました。
私は、私の疑問を解消してくれるような答えがみつかればそれでいいんです。
それが自分の考えとたとえづれていても論理的にあっていれば!
( 4 ) 所で,サイトの製作に専念したいので,意識的に質問に回答しないと記載していますが,それでも,質問があ り回答しています。
そろそろ,一般的質問と回答コ−ナを追加したいと思っています。
demoさんとのメ−ルのやりとりも記載しょうと思っています。
(demo,デモ,匿名,その他)の何れかで記載して良いですか?
あっ、かまいませんよ!
できれば「でも」(デモ、DEMOどれでもいいです。)でお願いします(^^;
後、言葉にあまえてNRNの掲示板にまた書き込みをしてしまいました…(^^;
よかったら読んでみてください。
それでは、またなにかあれば連絡します。
demo

5===================
氷治さんへ
> ( 1 ) demoさんが広報活動を開始してから,3日間のカウンタ−を検討したところ約二倍になっていました。
> 感謝!
やった〜と、喜びたいところですけど、残念ながら私の行動とは関係ないかも…(^^;
gooで検索してみましたら、サーチエンジンに氷治さんのホームページが,すでに6月10日付けで登録されていました…あ などれし、goo…(^^;
ついでに、氷治さんのホームページをリンクしているホームページをみつけたので最後にリストをしてしておきます。
一応覗いてみましたが肯定的に受け入れている人は予想通り皆無でした…(^^;
> ( 2 ) 私が「人類絶滅」に付いて約30年前に説明したとき,笑われてしまいました。
> 以来,20年以上「黙して語らず」の日々でした。
> 3年前に親友達で作っているグル−プのシンポジュウムで「ノアの大洪水」等の説明をした折り,
> もしかしたら「諸世紀」の「太陽」は私のことかもしれないと語りました。
> 解読した内容とそれまでの私の行動が幾つも一致していると思えたからです。
> しかし,親友達にもかかわらず冷笑で答えられました。
たぶん、私も唐突に訴えられると醒めた目で見たかもしれません。
でも、こうやって理路整然と説明してもらえれば納得できました。
もっとも、他の人にとっては説明されても受け入れがたい内容ですけどね(^^;
> ( 3 ) 「諸世紀」にはその内に孤独で無くなると記載してあ りますが,この件に関しては今まで完全に孤独でした。
> ですから,demoさんの理由がどうであれ広報の協力の申し出に対して「やっと予言の時節が来たか」と嬉しくもあ りましたが,
> 他方では「本当かな?」と斜めにも構えていました。
> 申し訳ない。!ごめん!反省!
あ、来にしましでください、どっちにしろ役に立っていないみたいですし…(^^;
> もうちょっとチャレンジはしてみますが…。
でも、gooに登録されていますから、そのうち訪問者が続々増えると思います。
> ( 4 ) ホ−ムペ−ジの内容の追加は今年で終わりたいと思っています。
> 全力で追加作業を進めたいと思っていますのでよろしく応援下さい。
はい、もちろんです。
てゆうか、早く読みたいです(^^)
> ( 5 ) 8月の追加は 日本文については「予定」になっていますが読めます。
> 時間の都合がよろしかったら見て評価して下さい。
了解しました!!(^^)
> ( 6 ) 「諸世紀」の予言のシナリオの概略を理解するには少なくとも150編の詩を解読してリンクしないと出来ません。
> ですからNRNの方の言い分に大人げなく「ムカ−」としました。!出来て無いなあ !まだまだです!
> 現在のサイトには凡そ150編位の解読法と解読を記載しています。
> 最終的には必要な240編程度(約25%)の記載で完了したいと考えています 。
> さすがに全部のっけるのは無理ですか…。
> だれか論文をまとめるのが得意で文書作成を手伝ってくれる理解者があ らわれませんかね(^^;
> ( 7 ) 現在のホ−ムペ−ジの容量は 「英文+日本文」で約8MBです。
> 最終的には約10MB程度になる予定です。もし,ダウンロ−ドされる方がいましたらよろしく!
はい、了解しました。
でも、知り合いに何人か紹介したんですけど…あきられてしまいました(^^;
やっぱ、長い文書がネックなんですかね。(はまると一気に読めるんですが…)で、全部読まずに結論付けられちゃいますね…
そんなことあるわけないだろって…。
ただのオカルトとしか見ないんですよね、ちゃんとした科学なのに…。
まあ、前提が前提ですからね…(^^;
信じなくてもいいから、考えてみるとかしてほしかったんですけど…。
まあ、愚痴ってもしゃあないですか…。
それではまた、なにかありましたら! 以下、氷治さんのホームページをリンクしているページです。
-------------------------------------------------
GS−INTERNET(トップページ)
http://www.gs-sekitei.co.jp/
インターネット・アドレスリスト
http://www.gs-sekitei.co.jp/address/hobby8.html
-------------------------------------------------
CSJインデックス(トップページ)
http://csj3.csj.co.jp/csjindex/index.html
その他 http://csj3.csj.co.jp/csjindex/science/others.html
10月7日 http://www.csj.co.jp/W_old/97-10/97-10-07.html
9月9日 http://www.csj.co.jp/W_old/97-09/97-09-09.html
-------------------------------------------------
志岐成友 (しき しげとも) さんのホームページ(トップページ)
http://milano.nao.ac.jp/~shiki/
いっちゃてるホームページの紹介
http://milano.nao.ac.jp/~shiki/TO/index.html
http://milano.nao.ac.jp/~shiki/TO/homepages.html
-------------------------------------------------
反オカルト主義宣言(トップページ)http://www.amitaj.or.jp/~matabee/uoc.htm
反オカルト主義宣言:予言を検証する! http://www.amitaj.or.jp/~matabee/yogen_kensyo.html
-------------------------------------------------
あぶないリンク(トップページ)http://home.interlink.or.jp/~jm2nyw/
あぶないリンク:3ページ http://home.interlink.or.jp/~jm2nyw/NYW3.htm
demo

4===================
氷治さんへ
やっぱなかなか上手くいかないものですね(^^;
> ( 1 ) NRNの掲示板拝見しました。 さっそく,苦労かけているようですね。
いやはや、面目ない(^^)ゞ
> ( 2 ) NRNのホ−ムペ−ジの感想です。一言でいえばガッカリしました。原文の翻訳の内容ですが,たった20編程度でした。
> そして,翻訳の過程の解説もありませんでした。もっとガッカリしたのは どこかの本の訳のコピ−でした。
> 本音を云えば−−−−−何か情報を得ようしたのに−−−−何にも無い−−−
彼等は、ノストラダムスの預言は信じたいけど、五島氏を始めとする根拠のない終末論はもうたくさんだという感じを受けますね(^^;
一種のトラウマのような状態になっているんで終末論を無条件で排除してしまおうという行動が無意識に働いているのかもしれませんね。
そうすると終末のことを訴えるのが目的の預言の内容を解こうとしても預言の根本(終末を前提としたごとがら)がバッサリ抜け落ちているので,結局、他の人の受け売りを紹介する程度で終わってしまっていると…(^^;
> ( 3 ) 「諸世紀」は 2 - 3 編の予言詩の他は不幸の予言詩です。
> 真面目に研究すれば必然的に不幸の手紙になります。「不幸や不安」をあ おるわけでは有りません。
> NRNさんもプロだと自負するのならアマチュアの私より内容のあるサイトにしてくれたらと思います。
> 馬鹿馬鹿しくなって直接ホ−ムペ−ジで伝えようとしている気持ち分かってもらえそうです。
いえ、私が 氷治さんの言っていることが気にっいている事のひとつにこの人を突き放している態度が好きだったりします(^^)
実際、どういう立場の人であろうとこのような状態(だれも信じない真実を知ってしまってそれを訴えてもあ んの上、だれも反応しない空しさ…)におかれれば,氷治さんみたいに、半分なげやりの状態にならざるを得ないと思っています。
逆に宗教的に走ったり、本を書いて売りさばいたりしてこれらに見受けられる,きれいごとだけを列挙されていたら、少なくとも私は虫酸が走って相手にしてませんでした。
やっぱ、「信じてよ〜、本当なんだよ〜、でも信じてくれないよな〜預言にもそう書いてるし〜、無意味だよな〜、こんなことしても、でもやらなきゃなんないんだよな〜、ふぅ〜、やってらんないよな〜」ってゆう状態が見えるのが信じたいという気持ちをひき起こさせてくれます(^^;
ちと、へそまがりなもんで…私。
> ( 4 ) demoさんだから説明しますが,「ノアの大洪水」も「宇宙からの都市攻撃」も「諸世紀」の説明をする以前に論文(本)としてホ−ムペ−ジにしょう
> としていたのですよ。!
> ものすごい,数式だらけのコチコチの論文形式のホ−ムペ−ジでです。
> そしたら,友人が「人気が出ないよ!」助言されまして−−ホントでした。!−−−
たしかにそれは、あるかも…(^^;
私も難しいことはあまり得意ではないですけど、難しいことを示してそれをできる限り平易なことばで表現してくれようとしている努力はきにいりました。
お気に入り第2段ですね(^^)
論文の目的は、あいまいな表現を排除して物事を明確化して表現することだと思っています。
だから一般に生活している人からみたらやたらと堅いだけの代物になりがちです。
物理の数式も物理現象を抽象化して、未来を予測するための道具だと思っています。
でも、現代教育のトラウマがなせるわざと思うのですが数式や図式を見たとたんに拒否反応がでるのも無理ない話ですよね(^^;
でも、見ている人が解る解らないは別としてとりあ えづ示しておき、フォローとして平易文書で説明してくれていますので結構理解できてます。
これがもし、堅い説明だけで終止していれば、論文の皮を冠った,ただのごまかしだと思い居ましたし、平易文だけのあ いまいな表現だけであれば他の書籍と同じ、ただの不安をあおるだけの無意味なものと判断してました。
> しかし,性格ですね!,「諸世紀」もガチガチになってしまいました。
> ただ,「諸世紀」が余りにも「ノアの大洪水」等の予言をしているのでついでが本題みたいになっちゃって説明しているのです。

> (無理矢理に引き込まれた??)
> その方が皆さんの興味を引くと思ってね!予言は 自身も参加する競馬の予想より遙かに高等な楽しみですから!
> (この件は 小関さんと同じですね???)
> そして,皆さんが少しでも生き延びることが出来ればと考えて警告し事実を知らせているのです。
ははは、私にとっては正解でした(^^)
実際、ノアの洪水のうんちくに引き込まれてこのページを読みすすめましたんで,最初のとっかかりというか読み始めは、やっぱり、この世紀末を目前にひかえた状態であ えて絶望論を示してくれたことだったんですけど…。
> 読み進めていく内に、自分の中でもやもやしていたキーワードがパズルの正解が解けたみたいに組み上がっていく感覚は、一種の快感でした!( 3 ) 論文にすればノ−ベル賞級の内容ですが,実証されたときはノ−ベル賞選考委員会のメンバ−もデンマ−ク王も溺死して全員いないんですよ!ノ−ベル賞そのものがです。まさか,死体にノ−ベル賞を寄こせとも云えませんしね!!!
普通のひとにとっては感情的に受け付けないでしょうね(^^;
だって、氷治さんの論を理解するためには、イコール自分の存在を否定しなければなりませんもんね(^^;(所詮は玩具とし殺されていくという運命…)
> 私としてはNRNの方々も「諸世紀」の予言より物理的原理を先に研究してほしかったのです。いろいろ見識をご披露される前に!
> 事は 深刻な内容です。しよせん,(将来の死体の?)彼らには 無理かも知れませんが!
てゆうか、評論家になっちゃってるんですよね。
本来、プロの研究者と証するからには実際に、だれでもが理解できる形(なっとくできるかどうかは別問題ですよね)で仕組みを示して,
それを検証するすべを示してあげないといけない。
でも、評論に徹してしまいますと自分はこう思うというような検証できないことを述べるだけで終止してしまってるんですよね。
もっとも、私は評論家より劣る傍観者ですけど…(^^;
> ( 4 ) 「諸世紀」には 「他の説は 不名誉を受ける」とあ りますから,「私の説か,彼らの説か」楽しみです。
> その内に紹介します。私は興味を持って推移を見ています。
> ついつい!demoさんの努力を楽しんじゃって!感想まで
いえいえ、私も氷治さんの行動を楽しませてもらっている身なので文句はいえませんよ(^^)
まあ、どちらが不名誉になるかは時が示してくれることでしょうし
氷治さんは、現在のスタンスで前向きに行動しているわけですからお互い楽しみましょう!
(しかし、感情は後ろ向きになっちゃうでしょうけど…)
と、返事はこれくらいにして氷治さんのホームページを以下のサーチエンジンに登録してみました。goo

( 1 ) demoさんが広報活動を開始してから,3日間のカウンタ−を検討したところ約二倍になっていました。
感謝!
( 2 ) 私が「人類絶滅」に付いて約30年前に説明したとき,笑われてしまいました。
以来,20年以上「黙して語らず」の日々でした。
3 年前に親友達で作っているグル−プのシンポジュウムで「ノアの大洪水」等の説明をした折り,
もしかしたら「諸世紀」の「太陽」は私のことかもしれないと語りました。
解読した内容とそれまでの私の行動が幾つも一致していると思えたからです。
しかし,親友達にもかかわらず冷笑で答えられました。
( 3 ) 「諸世紀」には その内に孤独で無くなると記載してありますが,この件に関しては 今まで完全に孤独でした。
ですから,demoさんの理由がどうであれ広報の協力の申し出に対して「やっと予言の時節が来たか」と嬉しくもあ りましたが,
他方では「本当かな?」と斜めにも構えていました。
申し訳ない。!ごめん!反省!
( 4 ) ホ−ムペ−ジの内容の追加は 今年で終わりたいと思っています。
全力で追加作業を進めたいと思っていますのでよろしく応援下さい。
( 5 ) 8月の追加は日本文については「予定」になっていますが読めます。
時間の都合がよろしかったら見て評価して下さい。
( 6 ) 「諸世紀」の予言のシナリオの概略を理解するには 少なくとも150編の詩を解読してリンクしないと出来ません。
ですからNRNの方の言い分に大人げなく「ムカ−」としました。!出来て無いなあ !まだまだです!
現在のサイトには凡そ150編位の解読法と解読を記載しています。
最終的には必要な240編程度(約25%)の記載で完了したいと考えています。
( 7 ) 現在のホ−ムペ−ジの容量は 「英文+日本文」で約8MBです。
最終的には約10MB程度になる予定です。
もし,ダウンロ−ドされる方がいましたらよろしく

3===================
氷治さんへ
立て続けにメールをすいませんm(_ _)m
今後、このような形でどこそこの掲示板にホームページを紹介しましたというメールをちょくちょく送ると思いますので、返事は 氷治さんの気が向いたときにしていただければ結構です。
返事に追われて私からのメールが、疎ましく思われたくないので…(^^;
まずは、質問の答え、ありがとうございました。
加治木氏の著書に書いているシ−ザ−・ノストラダムスへの手紙を著書中では序文といってたんです…(^^;)
読み返していましたら、氷治さんが訴えていたことの要約になっていたんで驚いていたんです。
(もっとも著書では別の解釈をしてましたけど…)
で、三七七九年まで続くの部分がきになったんで質問させていただきました。
日時の件は、なんかこうずばっと答えられると「ああ、そうなんだ」と思うしかないですね。というか説得力あ りすぎ!
また、いろいろと疑問とか質問がでてくるかもしれませんが,そのときにはまた、回答をお願いいたします。
それでは、HP紹介の件です。
以下のホームページの掲示板に紹介文を書き込みました。
ノストラダムス研究所(NRN),掲示板
> 掲示板での他の人の反応が楽しみです(^^;
> それではまた。なにかありましたら連絡いれます。
> demo −−−−−−

demoさんへ
( 1 ) NRNの掲示板拝見しました。 さっそく,苦労かけているようですね。
( 2 ) NRNのホ−ムペ−ジの感想です。一言でいえばガッカリしました。
原文の翻訳の内容ですが,たった20編程度でした。
そして,翻訳の過程の解説もありませんでした。
もっとガッカリしたのはどこかの本の訳のコピ−でした。
本音を云えば−−−−−何か情報を得ようしたのに−−−−何にも無い−−−
( 3 ) 「諸世紀」は2 - 3編の予言詩の他は不幸の予言詩です。
真面目に研究すれば 必然的に不幸の手紙になります。
「不幸や不安」をあおるわけでは 有りません。
NRNさんもプロだと自負するのならアマチュアの私より内容のあ るサイトにしてくれたらと思います。
馬鹿馬鹿しくなって直接ホ−ムペ−ジで伝えようとしている気持ち分かってもらえそうです。
( 4 ) demoさんだから説明しますが,「ノアの大洪水」も「宇宙からの都市攻撃」も「諸世紀」の説明をする以前に論文(本)としてホ−ムペ−ジにしょうとしていたのですよ。!
ものすごい,数式だらけのコチコチの論文形式のホ−ムペ−ジでです。
そしたら,友人が「人気が出ないよ!」助言されまして−−ホントでした。!−−−
しかし,性格ですね!,「諸世紀」もガチガチになってしまいました。
ただ,「諸世紀」が余りにも「ノアの大洪水」等の予言をしているのでついでが本題みたいになっちゃって説明しているのです。
(無理矢理に引き込まれた??)
その方が皆さんの興味を引くと思ってね!
予言は 自身も参加する競馬の予想より遙かに高等な楽しみですから!(この件は小関さんと同じですね???)
そして,皆さんが少しでも生き延びることが出来ればと考えて警告し事実を知らせているのです。
( 3 ) 論文にすればノ−ベル賞級の内容ですが,実証されたときはノ−ベル賞選考委員会のメンバ−もデンマ−ク王も溺死して全員いないんですよ!  ノ−ベル賞そのものがです。まさか,死体にノ−ベル賞を寄こせとも云えませんしね!!!
私としてはNRNの方々も「諸世紀」の予言より物理的原理を先に研究してほしかったのです。
いろいろ見識をご披露される前に!
事は深刻な内容です。所詮,(将来の死体の?)彼らには無理かも知れませんが!
(4)「諸世紀」には「他の説は不名誉を受ける」とありますから,「私の説か,彼らの説か」楽しみです。
その内に紹介します。私は興味を持って推移を見ています。

2===================
氷治さんへ
ご返事ありがとうございます。
( 1 ) 「氷治さんのホームページをいろんなとこで紹介してもよろしいでしょうか?」の件
OKです。紹介をよろしく推進して下さい。
そして,出来たら紹介先を連絡して下さい。
という訳で、まずここの掲示板に書き込みしてみました。
アイリーンホームページ, 掲示板
「でも」というハンドル名が私です。
ちょっと、書いている内容の表現が軽いですけど自分の心証をそのまま表現したらあ んな感じになってしまいました。
実は、もうちょっと丁寧に書こうとかと思ったんですが軽い乗りの方が覗きに来てくれる人が多いかなと思ってあ んな風に書いてます(^^;
( 2 ) 「本気で考える人より批判したり、冷やかしたりする人が増えてしまって」の件
その様になります。
そして,その方達の運命も「諸世紀」には 予言しています。
驚くことですが,彼らの処分方法も既に計画されているようです。
その時,彼らが反省しても,可哀想ですが!
だからと云うわけでは有りませんが,私は気にしません承知の上の行動です 。
なんか紹介している私の文書の方が冷やかしっぽくなっていますね(^^;
まあ、私も処分対象だと思いますので、好きな表現で進めさせて頂きます。
最終的に氷治さんの目的が達成できればそれでいいのかもと考えています。
ただ、氷治さんが、あんな紹介方法はやめてくれとおしゃられるんでしたら別の表現方法を考えます。(自分的にはあ の乗りがすきなんですけど…)
( 2 ) 「信じ切っていない自分がたしかにあ ります。」の件
私自身が「何か不可思議な世界へ無理矢理引き込まれている」と思っています 。
サイトの内容の説明をされても,当然の気持ちと思います。
正直、返事が来て驚いています。
信じていない部分の自分が返事はこないだろうと思っていましたんで…。
( 3 ) 「来年の最後の最後まで行動を起こさず、最初の都市破壊で塵になってしまう運命だと思います。」の件
確かに現在の人類は 最後には約20億人に減少します。
しかし,人間愛護協会の方達が助けると指名したらリモ−トマインドコントロ−ルして誘導します。
殺されれば真実を納得して理解できますし,苦しみますが助けられれば命は助かります。
どちらにしても得します。
気楽に生きましょう。
氷治さんのホームページを拝見してから、自分の今行っている行動は本当に自分の意志なんだろうかと、自問自答するようになりました。
しかし、考えてもなにも解決しないんで、そういう考えに陥ってもなるようになるさと開き直ってしまいます(^^;
( 4 ) 「カウンタを見るかぎりそんなに沢山来訪者がいるようにも感じません。」の件
指摘の通りです。
予言によれば 「長野オリンピック」の後でなければ増加しないようです。
少しずつ増加速度は 上昇していますが,現実に,予言の内容の通りdemoさんの様に協力者が現れるでしょう。
あの予言が進み出したと驚いているのですよ。
正直、こう言われて、私も驚いてしまいました。
今の時期に、氷治さんのホームページを広めたいなと思ったのはたんなる衝動的なものなんです。
もっとも、私が行動したところで、どれだけ広がるともしれませんが…(^^;
( 5 ) 「不謹慎な話ですが他の人がどんな反応するか観てみたいという好奇心による衝動です。」の件
同感です。私も警告や滅亡の説明ばかりでは暗くなります。
というわけで、申し訳ありませんが、軽い乗りで少しづついろんなところ(掲示板が主)に顔をだしてみます。
まずは、この手の話しが好きな人達が集まりそうなところに現れてみます。
その第1段が、上記に紹介しましたホームページの掲示板です。
あと、ノストラダムス関係、オーパーツとか宇宙人とか遺跡とかの不思議関係とかに足を踏みいれてみようと画策しています。
後、こういう破滅論的な話しが好きなおたく関係(実は私の真実の姿)とかに話を持ち込もうと考えています。そうすれば、後は、口コミ的に広がっていくかなと考えています。ホームページを紹介した場所は随時連絡させていただきます。
質問等が有りましたらメ−ルを送って下さい。
加治木義博という方が「真説 ノストラダムスの第予言」というのを出版してるんですが,この人は諸世紀(預言集)は、章と編を加減乗除の計算をすることで出てくる数字が その預言を示す年月日を示しているといううんですが、氷治さんはどうやって諸世紀から預言が成熟する年月日を割り出しているんでしょうか?
それと序文に書かれている「予言は今から三七七九年まで続く」とはどういう意味なんでしょう?
よろしかったら教えて下さい。
以上
私はなにもお役に立てませんが,なにかありましたらまたメールで連絡させていただきます。
それでは。

1===================
> はじめまして、demo(31歳、男)と申します。
> いつもホームページ「世紀末の研究報告」を拝見させていただいてます。
> 自分はしがないソフトエンジニアをやっています。
> 実は氷治さんのホームページを知ったのはちょうど1年前くらいです。
最初、このホームページを知ったときは、はっきり言って内容が半信半疑でした。
> それにチャネリング的なことが自分にはどうも信じがたく,どうしても一歩引いてしまう状態でした。
> しかし、生命の究極の進化とか、極移動の事実とか考古学者が意図的に無視する。
> オーパーツとか、世界中の伝説の共通性とか、そしてノストラダムスの預言が,整然と説明されると、

> どうしても無視できなくて、つい考えこんでいます。
> 去年、一度メールを送ろうと思ったんですけどなんとなく止めてしまいました。
言いたいことや聴きたいことが沢山あるんですけどどうしても言葉がまとまらなくて結局メールを出すことを諦めてしまいました。
いま、このメールを書くにあたっても、まだ、文書がチグハグになってしまいます。
> 現在、自分は氷治さんがおっしゃられていることが来年、現実におきてもそれで恐怖したり怯えたり落胆したりするつもりはあ りません。
> というか、現実に起こってそれを目撃したいという欲求が強いです。
でも、信じる信じないという部分ではまだ、信じ切っていない自分がたしかにあ ります。
> だからせっかく氷治さんが警告をしてくれているにもかかわらず
> 来年の最後の最後まで行動を起こさず、最初の都市破壊で塵になってしまう運命だと思います。
でもそれでもいいかなと最近思っていて、なんか生きるのがかなり楽になってます。
だって、来年になれば小学校の時からの疑問だったノストラダムスの預言がハッキリして,それが起こったとともに今現在半信半疑のこの気持ちが氷解して氷治さんのおっしゃていることが全部正しいかったんだということが解って,この世のいろんな疑問がすべて氷解することになるんですよね。
で、自分自身は、別に人類を救わなきゃなんていう考えや志しはもうとうないんですがなんか、いろんな人にこのこと教えてあ げたいという欲求が最近沸き起こってきました。
不謹慎な話ですが他の人がどんな反応するか観てみたいという好奇心による衝動です。
去年は、インターネットの性格上、ほっておけば自然とこのホームページを観てくれる人が増えるかなとか思ったんですが、大変失礼な言い方なんですが,カウンタを見るかぎりそんなに沢山来訪者がいるようにも感じません。
> 更にサーチエンジンのgooで氷治さんのHPを探してもひっかからないし私が見つけた他のノストラダムスのページ
> とかチャネリングのページにもリンクされていません。
そこで氷治さんのホームページをいろんなとこで紹介してもよろしいでしょうか?
もちろん、あまり広めすぎると、本気で考える人より批判したり、冷やかしたりする人が増えてしまって氷治さんの訴えの妨げになるかもしれません。
しかし、結果的にどうなるかは解りませんが確実に多くの人に氷治さんのホームページを見せることができると考えています。
この行動は氷治さんの了解が得られなければやめます。
もし、よろしければお返事をいただければ幸いです。
唐突にぶっし付けなことを言ってしまって申し訳ありませんでした。
それではまた。
demo

demoさんへ
( 1 ) 「氷治さんのホームページをいろんなとこで紹介してもよろしいでしょうか?」の件
OKです。紹介をよろしく推進して下さい。
そして,出来たら紹介先を連絡して下さい。
( 1 ) 「本気で考える人より批判したり、冷やかしたりする人が増えてしまって」の件
その様になります。
そして,その方達の運命も「諸世紀」には予言しています。
驚くことですが,彼らの処分方法も既に計画されているようです。
その時,彼らが反省しても,可哀想ですが!
だからと云うわけでは有りませんが,私は気にしません承知の上の行動です。気にしないでください。
( 2 )「信じ切っていない自分がたしかにあ ります。」の件
私自身が「何か不可思議な世界へ無理矢理引き込まれている」と思っています。
サイトの内容の説明をされても,当然の気持ちと思います。
( 3 ) 「来年の最後の最後まで行動を起こさず、最初の都市破壊で塵になってしまう運命だと思います。」の件
確かに現在の人類は最後には約20億人に減少します。
しかし,人間愛護協会の方達が助けると指名したらリモ−トマインドコントロ−ルして誘導します。
殺されれば真実を納得して理解できますし,苦しみますが助けられれば命は助かります。とちらにしても得します。
気楽に生きましょう。
( 4 ) 「カウンタを見るかぎりそんなに沢山来訪者がいるようにも感じません。」の件
指摘の通りです。
予言によれば 「長野オリンピック」の後でなければ増加しないようです。
少しずつ増加速度は 上昇していますが,現実に,予言の内容の通りdemoさんの様に協力者が現れるでしょう。
あの予言が進み出したと驚いているのですよ。
( 5 )「不謹慎な話ですが他の人がどんな反応するか観てみたいという好奇心による衝動です。」の件
同感です。私も警告や滅亡の説明ばかりでは 暗くなります。

以上
質問等が有りましたらメ−ルを送って下さい。
氷治 敏雄




 >>戻る