○二
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

太陽(ミロク)原理サブコンテンツ

太陽周辺での戦いのNASA公開画像

2001年11月04日頃に始まった西暦2001年11月06日01時46分の天使達の宇宙連合軍とサタン軍の太陽周辺での戦いのNASA公開画像です。この画像は 戦いの終盤の画像で、もっとも激しかった期間の画像は 公開されませんでしたが、それでも太陽の輪郭が分からなくなる程の激しい戦いの様子が分かると考えています。(2002.04.21)

2001年08月15日から08月18日頃にかけて第三回目の大規模な戦いがありました。
2001年08月31日から09月04日頃にかけて第四回目の小規模な戦いがありました。
2001年09月24日から09月28日頃にかけて第五回目の小規模な戦いがありました。
2001年10月01日から10月03日頃にかけて第六回目の小規模な戦いがありました。
2001年10月23日から10月27日頃にかけて第七回目の小規模な戦いがありました。
2001年11月04日から11月07日頃にかけて第八回目の大規模な戦いがありました。
2001年11月22日から11月25日頃にかけて第九回目の小規模な戦いがありました。
2001年12月25日から12月--日頃にかけて第十回目の極小規模な戦いがありました。
2002年04月21日00,06頃から04月にかけて第十一回目の中規模な戦いがありました。

なお、ここに紹介してある戦いはSOHOで公開してある分の計数で、秘匿されたものは掲載出来ていません。ただし、2001年12月25日からの戦いが極小規模だったので、第十回目と計数すべきかわかりませんので、2002年04月21日の戦いを10回目としています。もし、そうでなければ、2002年04月21日の戦いは 最後の戦いになり、「太陽系での戦い」は 終了したことになります。予言では11回目の戦いが完了すると暫く後に「都市攻撃」と呼ぶ、地球軍とサタン軍の戦いになる予定です。

「二回目の戦い」
2000年11月9日03時4-50分頃に始まった西暦2000年11月09日06時47分の天使達の宇宙連合軍とサタン軍の太陽周辺での戦いのNASA公開画像です。(2001.6.1)

天使達の宇宙連合軍とサタン軍の太陽周辺での戦いのNASA公開画像です。
この画像に関連する情報は 下記に掲載してあります。
公開サイトと画像の見方に関連する内容
  −−−−トピックスの西暦2001年4月のおまけに掲載
太陽周辺の戦いについて
  −−−−トピックスの西暦2000年12月に掲載
公開サイトと画像の質問_3 / トップに紹介した最近の画像等から
  −−−−トピックスの西暦2000年11月おまけに掲載
公開サイトと画像の質問_2 / これらの画像の意味など
  −−−−トピックスの西暦2000年10月に掲載
公開サイトと画像の質問_1 / NASA関連等
  −−−−トピックスの西暦2000年9月おまけに掲載
公開サイトと画像の見方に関連する内容
  −−−−トピックスの西暦2000年2月に掲載

「初回の戦い」
西暦1999年9月22日前後に開始された戦いについては関連する全ての画像が抜かれていますので、画像として案内することが出来ません。宇宙を見ていると、一ヶ月位の期間、闘っている閃光のようなものを多数観測していますので、その様に理解しています。

この画像は 一度案内している天使達の宇宙連合軍の戦艦がワ−プして現れたと考えられるNASA公開画像です。

 >>太陽周辺の「画像1から画像15」のNASA公開画像です。(2001.6.1)




 >>戻る