本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ ○二

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』
http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n820001/n820007.htm
より

M・警戒情報 NO n820007

−−−−コメント 2016/11/01−−−−

{新82万代_M・警戒情報_関連情報_アメリカ大統領メッセ−ジ_07}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<:アメリカ大統領メッセ−ジ−07:9月のアメリカは、国家準備月間(National Preparedness Month):>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<:アメリカ大統領メッセ−ジ−01〜06:9月のアメリカは、国家準備月間(National Preparedness Month):>を既に案内した

−−−
<:10月13日に、実に不気味な米大統領令が発令されていた:ホワイトハウスが緊急発表「太陽フレアに警戒せよ」! 人類滅亡を警告する大統領令に戦慄走る:ヒラリー・クリントン就任後にUFO情報公開か?:世界のリーダー達による「宇宙・UFOに関する7つの爆弾発言」:バイデン副大統領がプーチン大統領にエイリアンの襲来を警告!:>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:
 ロシアとアメリカの戦争の噂が続いたと思ったら、次は宇宙からみになってきた
太陽異常、彗星、エイリアンの襲来などが出てきた
地球劇場のシナリオから云えば、いずれも該当するから検証も本番となっているのかもしれない
チェックも忙しくなる今日この頃である
−−−
数日前にバイデン米副大統領がプーチン大統領と会談し、
「来年後半に地球はエイリアンに侵略される
だから、地球を守るために軍事協力をお願いしたい!」
などと要請したとか・・・

これが正しければ、都市攻撃は 2017年後半頃となる
後半は 7月から12月であるから、中をとると2017年10月前後の頃となり、何やら予言からの推定される時期と一致するから不思議である

−−−
11月8日にプーチンが重大発言!?

裏づけはとれていないものの、最新の“爆弾発言”と呼べるものは、これまでも何かと注目の集まるプーチンから発せられている
今後の世界情勢の進みかた次第では、なんとあの“惑星ニビル”に関する重大発表を行うことになるかもしれないというのである
いったいどういうことなのか?

アメリカ大統領選挙と時期が重なるのが不思議だが、様子を見るほかはないようだ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 最近、交代時期が迫っているせいかもしれないが、ぞろぞろと大統領が警告を流している感じである


−−−
01_<:10月13日に、実に不気味な米大統領令が発令されていた::October 13, 2016:>

−−−
10月13日に、実に不気味な米大統領令が発令されていた
巨大な太陽フレアが地球を直撃する可能性があるので、政府関係機関に準備を指示したものだ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 太陽フレアに関しては既に幾度か案内している 今回はマジかもしれない
皆さん!ご注意ください


−−−
02_<:【悲報】ホワイトハウスが緊急発表「太陽フレアに警戒せよ」! 人類滅亡を警告する大統領令に戦慄走る:知的好奇心の扉 トカナ:2016年10月28日:>

−−−
■ 最近の太陽がおかしい!

近年、この「太陽風」や「磁気嵐」に異変が生じつつあることが明らかになっている
2013年前後から、類を見ないほど巨大な黒点(周囲よりも温度が約2000℃低い)群が多数出現し、その周囲では大規模なフレア(爆発現象)が発生しているのだ
フレアは、多くのX線・ガンマ線・高エネルギー荷電粒子が一気に放出される「コロナ質量放出(CME)」、すなわち超強烈な「太陽風」を引き起こすが、そのエネルギーは数百万〜数億個の水素爆弾に匹敵するとの試算もある

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 既に同様の内容のものが流されています


−−−
03_<:ヒラリー・クリントン就任後にUFO情報公開か? ワシントンの“UFOロビイスト”も注目:TOCANA :2015/04/17.:>

−−−
歩きながら会話する2人の2ショット写真で、ヒラリーが手にしている本が地球外生命体関連の著作物(『Are We Alone?』)であるということで、2人の間でUFOにまつわる話があったに違いないと噂されているのだ
いったいどんな内容の話が交わされていたのだろうか
UFO研究家たちはこの時点からクリントン夫妻がUFO情報公開に前向きであると考えるようになったということだ

UFO好きの間では大統領選挙をすっ飛ばし、早くもヒラリーの大統領就任後に大きな期待を寄せているようだ
はたしてUFO研究家たちの期待は実現するのか、今後の展開が楽しみだ
https://youtu.be/uPb-_fUp2ME

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 既に案内したものも有りますが、宇宙とUFOからみのチェックに参考になると思われます


−−−
04_<:世界のリーダー達による「宇宙・UFOに関する7つの爆弾発言」+11月にプーチン重大発表か?:tocana:2016/10/23.:>
−−−

混迷を深めるシリア情勢、ギリシャの財政危機、激増する難民、イギリスのEU離脱、極限にまで進んだ各国の低金利政策、史上最も低俗といわれる米大統領選のゆくえ……
先が見えないこの時代を反映してか、各国、各界のトップリーダーたちの耳を疑うような、あるいはロマンに溢れる(!?)発言が相次いでいる
年末にはまだ早いが、ここで一度総括として世界のトップリーダーたちによる最近の“爆弾発言”を振り返ってみよう

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1. オバマ大統領「15年以内に火星に人間を送る」

NASAによる有人火星探査計画はすでに始まっているが、それを裏打ちするように先日、オバマ大統領が「今後15年以内に火星に人間を送る」という発表をして話題だ

・・・・・
“民”とはイーロン・マスク率いるスペースX社のことで、NASAのスペース・ローンチ・システム(SLS)を使って、まずは2018年中に無人の宇宙船を火星に派遣
その後2020年代中に宇宙船に人を乗せて火星に運ぶという計画である
夢の火星旅行が急ピッチで実現に向かっているようだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2. ヒラリー・クリントン「UFO極秘ファイルを公開する」

現在、大統領選の最終決戦へ向けて選挙キャンペーンのクライマックスを迎えているヒラリー・クリントンだが、以前から大統領に当選し、新政権が本格稼働し始めた暁には、これまで政府が隠蔽してきたUFOや「エリア51」に関する情報を公開すると公約していることは、トカナ読者であれはご存じの通りだ

・・・・・
かつてポデスタ氏と故エドガー・ミッチェル元宇宙飛行士の間で交わされたメールの内容を公開
なんと目下、人類が宇宙戦争の危機に直面しているといった現状が語られ、これに対処するための真剣な議論が交わされていたのだ
はたしてヒラリーがホワイトハウスの住人になった時点で、UFO情報と共にこれらの“宇宙戦争の危機”についても公にされるのか?
別の意味で大統領選の行方が興味深くなる話題だ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3. EU委員長「他惑星のリーダーたちがイギリスのEU離脱を懸念している」

イギリスの“離脱”に揺れるEUだが、6月28日に開かれた欧州議会において、ジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長がイギリスの国民投票によるEU離脱決議について、「“他の惑星のリーダーたち”が非常に心配している」と発言してEUのみならず世界中の注目を集めた
「“遠いところから我々を観察している人々”を安心させなければならない」というのだ
・・・・
もし今以上に世界の混迷が深まった際には、他の惑星の勢力による何らかの“介入”が行われるというのだろうか
非常に気になる発言である

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4. イラク運輸大臣「シュメール人はUFOで宇宙に行っていた」

この9月にイラク南部・ジーカール県で開かれた新空港の開港会見でイラクの運輸大臣カージム・フィンジャーン氏が、「7000年前に世界初の空港を建設したのはシュメール人であり、地球上だけでなく宇宙旅行や惑星探索を行っていた」と発言して大きな話題を呼んだ
確かに謎が多いシュメール文明とシュメール人だが、現職の運輸大臣の発言であるだけに多くの批判の声もあがったようだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
. 5. カナダ元国防大臣「宇宙人は地球で働いている」

1963年から67年の間にカナダの国防相を務めたポール・ヘリヤー氏が、昨年4月にカルガリー大学の講演会で「宇宙人は何千年も前から地球を訪れており、人類に失望している」と言及して世を騒がせた

・・・・・
現在、アメリカ・ネバダ州にある米空軍基地に3種類の宇宙人が“勤務”しているということだ
地球を訪問している宇宙人はもう1種類おり、合計で4種類になるという
確かに付近一帯のいわゆる「エリア51」は以前からUFOと宇宙人に関するざまざまな疑惑を招いている地なのだが……

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6. プーチン大統領「女王陛下はレプティリアン」

  7bombshell2.2014年にフランスで行われた「ノルマンディー上陸作戦70周年記念式典」に列席したプーチン大統領は、初対面のエリザベス女王の近くにいたにもかかわらず、移動の際に当然すべきことである手を取ってのエスコートをしなかったという
プーチンのこの“塩対応”は、なんと、エリザベス女王が人間ではなくレプティリアンであることを見抜いたからだといわれているのだ

情報筋によれば最近になってプーチンは側近に
「エリザベス女王は人間ではなく、レプティリアン、気をつけろ」
と話したということだ
「エリザベス女王=レプティリアン説」は昨今各メディアでも非公式に話題になっており、プーチンの発言を一笑に付すわけにもいかないムードもありそうだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
7. イーロン・マスク「UFO攻撃の可能性を排除しない」

この9月1日、実業家のイーロン・マスク氏がCEOを務めるスペースX社が開発した無人ロケット「ファルコン9」が、発射台に設置された状態で大爆発を起こしたことは記憶に新しい
推進剤の注入作業中の悲劇だったということだが、公開された爆発時の映像に怪しい飛行物体が写っていると指摘されたのもつかの間、今度はマスク氏本人が、「UFOによる攻撃を受けた可能性を排除していない」とTwitterで発言して話題になった

動画は「YouTube」より
https://youtu.be/arIc1NlHvV0

映像では確かに爆発直前にロケットの上空を横切る飛行物体が確認されている
その正体はわかっていないのだが、見る限り非常に高速で飛行しており、確かに疑惑は膨らむ
現在も事故の調査が行われているというが、何か新しい動きがあるのか続報にも気に留めたい

■ 11月8日にプーチンが重大発言!?

・・・・
今後の世界情勢の進みかた次第では、なんとあの“惑星ニビル”に関する重大発表を行うことになるかもしれないというのである
いったいどういうことなのか?

・・・
英タブロイド紙「Express」などによれば、近々プーチンがどこかのタイミングで惑星ニビルが地球に再接近するスケジュールを各メディアを通じて公表する手筈を整えているということだ
その“タイミング”とはいつなのか?
それは11月8日、米大統領選挙でトランプ候補が敗北した時だという

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 既に案内したような内容です
ただ、2017年後半に攻撃を受けると時期が指定されているところが具体的である


−−−
05_<:バイデン副大統領がプーチン大統領にエイリアンの襲来を警告!:日本や世界や宇宙の動向:2016年10月29日:>

−−−
何だかなあ・・・という記事が目に留まりました
数日前にバイデン米副大統領がプーチン大統領と会談し、
「来年後半に地球はエイリアンに侵略される
だから、地球を守るために軍事協力をお願いしたい!」
などと要請したとか・・・

もちろん、エイリアンは存在しますので地球に近寄って来ないと言うこともないのでしょうが
実際、古代にはエイリアンが神のふりをして地球にやってき、人類に色々なことを教え、遺伝子操作で人間開発を行ったと言われていますので、このような話が夢物語とは言えませんが・・・
以下のイルミナティ・カードの絵の通りに物事が起きているようですから、きっとイルミナティが仕掛けているのではないかと思うのです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n820007:参考文献の目次===

001:10月13日に、実に不気味な米大統領令が発令されていた::October 13, 2016:
002:【悲報】ホワイトハウスが緊急発表「太陽フレアに警戒せよ」! 人類滅亡を警告する大統領令に戦慄走る:知的好奇心の扉 トカナ:2016年10月28日:
003:ヒラリー・クリントン就任後にUFO情報公開か? ワシントンの“UFOロビイスト”も注目:TOCANA :2015/04/17:
004:世界のリーダー達による「宇宙・UFOに関する7つの爆弾発言」+11月にプーチン重大発表か?:tocana:2016/10/23:
005:バイデン副大統領がプーチン大統領にエイリアンの襲来を警告!:日本や世界や宇宙の動向:2016年10月29日:

−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n820007:参考文献の目次詳細===

===1===============

:10月13日に、実に不気味な米大統領令が発令されていた::October 13, 2016:

案内 
翻訳 
原稿 https://t.co/bUOytKJybt

−−−−−−−−−−−−−−−−−
10月13日に、実に不気味な米大統領令が発令されていた
巨大な太陽フレアが地球を直撃する可能性があるので、政府関係機関に準備を指示したものだ
詳しくは今週号のメルマガに書く
https://t.co/bUOytKJybt

For Immediate Release
October 13, 2016

Executive Order -- Coordinating Efforts to Prepare the Nation for Space Weather Events

EXECUTIVE ORDER
- - - - - - -
COORDINATING EFFORTS TO PREPARE
THE NATION FOR SPACE WEATHER EVENTS

By the authority vested in me as President by the Constitution and the laws of the United States of America, and to prepare the Nation for space weather events, it is hereby ordered as follows:

Section 1. Policy. Space weather events, in the form of solar flares, solar energetic particles, and geomagnetic disturbances, occur regularly, some with measurable effects on critical infrastructure systems and technologies, such as the Global Positioning System (GPS), satellite operations and communication, aviation, and the electrical power grid. Extreme space weather events -- those that could significantly degrade critical infrastructure -- could disable large portions of the electrical power grid, resulting in cascading failures that would affect key services such as water supply, healthcare, and transportation. Space weather has the potential to simultaneously affect and disrupt health and safety across entire continents. Successfully preparing for space weather events is an all-of-nation endeavor that requires partnerships across governments, emergency managers, academia, the media, the insurance industry, non-profits, and the private sector.

It is the policy of the United States to prepare for space weather events to minimize the extent of economic loss and human hardship. The Federal Government must have (1) the capability to predict and detect a space weather event, (2) the plans and programs necessary to alert the public and private sectors to enable mitigating actions for an impending space weather event, (3) the protection and mitigation plans, protocols, and standards required to reduce risks to critical infrastructure prior to and during a credible threat, and (4) the ability to respond to and recover from the effects of space weather. Executive departments and agencies (agencies) must coordinate their efforts to prepare for the effects of space weather events.

Sec. 2. Objectives. This order defines agency roles and responsibilities and directs agencies to take specific actions to prepare the Nation for the hazardous effects of space weather. These activities are to be implemented in conjunction with those identified in the 2015 National Space Weather Action Plan (Action Plan) and any subsequent updates. Implementing this order and the Action Plan will require the Federal Government to work across agencies and to develop, as appropriate, enhanced and innovative partnerships with State, tribal, and local governments; academia; non-profits; the private sector; and international partners. These efforts will enhance national preparedness and speed the creation of a space-weather-ready Nation.

Sec. 3. Coordination. (a) The Director of the Office of Science and Technology Policy (OSTP), in consultation with the Assistant to the President for Homeland Security and Counterterrorism and the Director of the Office of Management and Budget (OMB), shall coordinate the development and implementation of Federal Government activities to prepare the Nation for space weather events, including the activities established in section 5 of this order and the recommendations of the National Science and Technology Council (NSTC), established by Executive Order 12881 of November 23, 1993 (Establishment of the National Science and Technology Council).

(b) To ensure accountability for and coordination of research, development, and implementation of activities identified in this order and in the Action Plan, the NSTC shall establish a Space Weather Operations, Research, and Mitigation Subcommittee (Subcommittee). The Subcommittee member agencies shall conduct activities to advance the implementation of this order, to achieve the goals identified in the 2015 National Space Weather Strategy and any subsequent updates, and to coordinate and monitor the implementation of the activities specified in the Action Plan and provide subsequent updates.

Sec. 4. Roles and Responsibilities. To the extent permitted by law, the agencies below shall adopt the following roles and responsibilities, which are key to ensuring enhanced space weather forecasting, situational awareness, space weather preparedness, and continuous Federal Government operations during and after space weather events.

(a) The Secretary of Defense shall ensure the timely provision of operational space weather observations, analyses, forecasts, and other products to support the mission of the Department of Defense and coalition partners, including the provision of alerts and warnings for space weather phenomena that may affect weapons systems, military operations, or the defense of the United States.

(b) The Secretary of the Interior shall support the research, development, deployment, and operation of capabilities that enhance the understanding of variations of the Earth's magnetic field associated with solar-terrestrial interactions.

(c) The Secretary of Commerce shall:

(i) provide timely and accurate operational space weather forecasts, watches, warnings, alerts, and real-time space weather monitoring for the government, civilian, and commercial sectors, exclusive of the responsibilities of the Secretary of Defense; and

(ii) ensure the continuous improvement of operational space weather services, utilizing partnerships, as appropriate, with the research community, including academia and the private sector, and relevant agencies to develop, validate, test, and transition space weather observation platforms and models from research to operations and from operations to research.

(d) The Secretary of Energy shall facilitate the protection and restoration of the reliability of the electrical power grid during a presidentially declared grid security emergency associated with a geomagnetic disturbance pursuant to 16 U.S.C. 824o-1.

(e) The Secretary of Homeland Security shall:

(i) ensure the timely redistribution of space weather alerts and warnings that support national preparedness, continuity of government, and continuity of operations; and

(ii) coordinate response and recovery from the effects of space weather events on critical infrastructure and the broader community.

(f) The Administrator of the National Aeronautics and Space Administration (NASA) shall:

(i) implement and support a national research program to understand the Sun and its interactions with Earth and the solar system to advance space weather modeling and prediction capabilities applicable to space weather forecasting;

(ii) develop and operate space-weather-related research missions, instrument capabilities, and models; and

(iii) support the transition of space weather models and technology from research to operations and from operations to research.

(g) The Director of the National Science Foundation (NSF) shall support fundamental research linked to societal needs for space weather information through investments and partnerships, as appropriate.

(h) The Secretary of State, in consultation with the heads of relevant agencies, shall carry out diplomatic and public diplomacy efforts to strengthen global capacity to respond to space weather events.

(i) The Secretaries of Defense, the Interior, Commerce, Transportation, Energy, and Homeland Security, along with the Administrator of NASA and the Director of NSF, shall work together, consistent with their ongoing activities, to develop models, observation systems, technologies, and approaches that inform and enhance national preparedness for the effects of space weather events, including how space weather events may affect critical infrastructure and change the threat landscape with respect to other hazards.

(j) The heads of all agencies that support National Essential Functions, defined by Presidential Policy Directive 40 (PPD-40) of July 15, 2016 (National Continuity Policy), shall ensure that space weather events are adequately addressed in their all-hazards preparedness planning, including mitigation, response, and recovery, as directed by PPD-8 of March 30, 2011 (National Preparedness).

(k) NSTC member agencies shall coordinate through the NSTC to establish roles and responsibilities beyond those identified in section 4 of this order to enhance space weather preparedness, consistent with each agency's legal authority.

Sec. 5. Implementation. (a) Within 120 days of the date of this order, the Secretary of Energy, in consultation with the Secretary of Homeland Security, shall develop a plan to test and evaluate available devices that mitigate the effects of geomagnetic disturbances on the electrical power grid through the development of a pilot program that deploys such devices, in situ, in the electrical power grid. After the development of the plan, the Secretary shall implement the plan in collaboration with industry. In taking action pursuant to this subsection, the Secretaries of Energy and Homeland Security shall consult with the Chairman of the Federal Energy Regulatory Commission.

(b) Within 120 days of the date of this order, the heads of the sector-specific agencies that oversee the lifeline critical infrastructure functions as defined by the National Infrastructure Protection Plan of 2013 -- including communications, energy, transportation, and water and wastewater systems -- as well as the Nuclear Reactors, Materials, and Waste Sector, shall assess their executive and statutory authority, and limits of that authority, to direct, suspend, or control critical infrastructure operations, functions, and services before, during, and after a space weather event. The heads of each sector-specific agency shall provide a summary of these assessments to the Subcommittee.

(c) Within 90 days of receipt of the assessments ordered in section 5(b) of this order, the Subcommittee shall provide a report on the findings of these assessments with recommendations to the Director of OSTP, the Assistant to the President for Homeland Security and Counterterrorism, and the Director of OMB. The assessments may be used to inform the development and implementation of policy establishing authorities and responsibilities for agencies in response to a space weather event.

(d) Within 60 days of the date of this order, the Secretaries of Defense and Commerce, the Administrator of NASA, and the Director of NSF, in collaboration with other agencies as appropriate, shall identify mechanisms for advancing space weather observations, models, and predictions, and for sustaining and transitioning appropriate capabilities from research to operations and operations to research, collaborating with industry and academia to the extent possible.

(e) Within 120 days of the date of this order, the Secretaries of Defense and Commerce shall make historical data from the GPS constellation and other U.S. Government satellites publicly available, in accordance with Executive Order 13642 of May 9, 2013 (Making Open and Machine Readable the New Default for Government Information), to enhance model validation and improvements in space weather forecasting and situational awareness.

(f) Within 120 days of the date of this order, the Secretary of Homeland Security, through the Administrator of the Federal Emergency Management Agency and in coordination with relevant agencies, shall lead the development of a coordinated Federal operating concept and associated checklist to coordinate Federal assets and activities to respond to notification of, and protect against, impending space weather events. Within 180 days of the publication of the operating concept and checklist, agencies shall develop operational plans documenting their procedures and responsibilities to prepare for, protect against, and mitigate the effects of impending space weather events, in support of the Federal operating concept and compatible with the National Preparedness System described in PPD-8.

Sec. 6. Stakeholder Engagement. The agencies identified in this order shall seek public-private and international collaborations to enhance observation networks, conduct research, develop prediction models and mitigation approaches, enhance community resilience and preparedness, and supply the services necessary to protect life and property and promote economic prosperity, as consistent with law.

Sec. 7. Definitions. As used in this order:

(a) "Prepare" and "preparedness" have the same meaning they have in PPD-8. They refer to the actions taken to plan, organize, equip, train, and exercise to build and sustain the capabilities necessary to prevent, protect against, mitigate the effects of, respond to, and recover from those threats that pose the greatest risk to the security of the Nation. This includes the prediction and notification of space weather events.

(b) "Space weather" means variations in the space environment between the Sun and Earth (and throughout the solar system) that can affect technologies in space and on Earth. The primary types of space weather events are solar flares, solar energetic particles, and geomagnetic disturbances.

(c) "Solar flare" means a brief eruption of intense energy on or near the Sun's surface that is typically associated with sunspots.

(d) "Solar energetic particles" means ions and electrons ejected from the Sun that are typically associated with solar eruptions.

(e) "Geomagnetic disturbance" means a temporary disturbance of Earth's magnetic field resulting from solar activity.

(f) "Critical infrastructure" has the meaning provided in section 1016(e) of the USA Patriot Act of 2001 (42 U.S.C. 5195c(e)), namely systems and assets, whether physical or virtual, so vital to the United States that the incapacity or destruction of such systems and assets would have a debilitating impact on security, national economic security, national public health or safety, or any combination of those matters.

(g) "Sector-Specific Agency" means the agencies designated under PPD-21 of February 12, 2013 (Critical Infrastructure Security and Resilience), or any successor directive, to be responsible for providing institutional knowledge and specialized expertise as well as leading, facilitating, or supporting the security and resilience programs and associated activities of its designated critical infrastructure sector in the all-hazards environment. Sec. 8. General Provisions.

(a) Nothing in this order shall be construed to impair or otherwise affect:

(i) the authority granted by law to an agency, or the head thereof; or (ii) the functions of the Director of OMB relating to budgetary, administrative, or legislative proposals.

(b) This order shall be implemented consistent with applicable law and subject to the availability of appropriations.

(c) This order is not intended to, and does not, create any right or benefit, substantive or procedural, enforceable at law or in equity by any party against the United States, its departments, agencies, or entities, its officers, employees, or agents, or any other person.

BARACK OBAMA
THE WHITE HOUSE,
October 13, 2016.

戻り


===2===============

:【悲報】ホワイトハウスが緊急発表「太陽フレアに警戒せよ」! 人類滅亡を警告する大統領令に戦慄走る:知的好奇心の扉 トカナ:2016年10月28日:

案内 
翻訳 
原稿 http://tocana.jp/2016/10/post_11279_entry.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
【悲報】ホワイトハウスが緊急発表「太陽フレアに警戒せよ」! 人類滅亡を警告する大統領令に戦慄走る

知的好奇心の扉 トカナ
http://tocana.jp/2016/10/post_11279_entry.html

−−−
地球上と同様に、宇宙にも天気が存在する
この宇宙天気とは、太陽から放たれる電気と磁気を帯びたプラズマである「太陽風」や、それによって引き起こされる地球の磁場の乱れである「磁気嵐」の状態を示すもの
つまり宇宙天気予報と言えば、「太陽風」や「磁気嵐」の変化による影響を予測することにほかならない
ExecutiveOrder.jpg
太陽風と地球磁気圏との相互作用 画像は「Wikipedia」より引用

■ 最近の太陽がおかしい!

近年、この「太陽風」や「磁気嵐」に異変が生じつつあることが明らかになっている
2013年前後から、類を見ないほど巨大な黒点(周囲よりも温度が約2000℃低い)群が多数出現し、その周囲では大規模なフレア(爆発現象)が発生しているのだ
フレアは、多くのX線・ガンマ線・高エネルギー荷電粒子が一気に放出される「コロナ質量放出(CME)」、すなわち超強烈な「太陽風」を引き起こすが、そのエネルギーは数百万〜数億個の水素爆弾に匹敵するとの試算もある

ExecutiveOrder_2.jpg
黒点のなくなった太陽 画像は「The Daily Mail」より引用

これがもしも地球を直撃した場合、電力網や通信インフラが崩壊し、人々の精神を錯乱させ、奇病の流行や社会的混乱を招くとの指摘さえあるほどだ
まさに太陽の異変は、全地球的な関心事といえるだろう

そして今年、またも太陽に奇妙な変化が起きた
これまで激しく活動していた太陽が、5〜6月にかけて活動を一気に縮小し、ついに黒点が「ゼロ」の状態になってしまった
そもそも太陽の活動は約11年周期で活発・縮小を繰り返しているが、この状態はあまりにも不活発
その後、7月に入って黒点は復活したものの、一時的な黒点の消失が何を意味しているのか、その原因はさまざまな研究でも判然としないままだ

■ アメリカで発令される超画期的な大統領令

いずれにしても今、地球と人類に多大な影響を与える太陽の活動に前代未聞の変化が起きていることだけは間違いなく、その動向に注視し対策を練ることは、あらゆる国家にとって存亡を左右する重大事項、最大の安全保障であるはずだ
それにもかかわらず、日本政府が太陽の異変について何らかの対策を考えているという話は一切聞こえてこない
極めて近視眼的な、経済対策や解散総選挙、東京オリンピックの話題ばかりが取り上げられる体たらく
そんな日本とは大きく異なるのが、やはり事実上の宗主国たるアメリカだ

今月13日、任期満了が間近に迫ったオバマ大統領が、ある画期的な「大統領令」に署名した
「大統領令」とは、合衆国大統領が行政権を行使することにより発令される直々の行政命令であり、これは大日本帝国における「勅令」に相当するほど重大なもの
では、オバマが署名した大統領令とは、一体どのような内容だったのか?
それがまさに、太陽の異変に際してアメリカの存続を図るための行動計画にほかならなかったのだ

EXecutiveOrder_3.jpg
大統領令 画像は「The White House」より引用

■ 緊急公式発表! 「太陽フレアがヤバい」

ホワイトハウスの公式発表では、昨今奇妙な活動を見せる太陽と、「太陽風」及び「磁気嵐」の異変に対し、アメリカ政府として重大な懸念が表明されている
来る太陽の大異変により、最悪の場合は電力・給水・医療・交通などの生活インフラ、さらには経済や安全保障も含めた国家存亡を左右する事態にも陥りかねず、そのダメージを可能な限り軽減するため、今回の大統領令が発令されることになったようだ
オバマ大統領が署名した具体的な項目は、以下のようなもの

・ 宇宙天気のための国家的政策を確立する
・ 上記を実現するため、合衆国科学技術政策局に省庁横断的な調整機関を永続的に設立する
・ 宇宙天気の研究、対策、計画に関する各政府機関の役割を明確化する
・ 行動計画に含まれずとも、必要に応じてより高レベルの活動の実施を可能にする
・ 上記を達成するため、合衆国政府外部においても、海外を含めた民間組織との連携を強化する

ExecutiveOrder_4.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

ご覧になっておわかりのように、アメリカは国民の生命と財産を守るため、本気で太陽の異変に対策を練ろうとしているのだ
現在、次期大統領選で大いに盛り上がりを見せる彼の国だが、経済や安全保障など直近の課題のみならず、それと並行する形でしっかりと宇宙規模での危機にも対策を講じているというわけだ

なお、次期大統領候補のヒラリー・クリントン氏は、当選の暁に「すべてのUFO情報を開示する」ことを公約している
また、来月にはロシアのプーチン大統領が、「第9惑星(ニビル)に関する重大発表を行う」との情報もある
米ロともに宇宙大国であり、他が知り得ぬ情報を握っているという事情もあるだろうが、彼らは常に“その先”を見据えて行動を起こしているのだ
アメリカのすべてが理想的だとは、とても言い切れない
しかし、このしたたかさと「宇宙規模の思考」は、日本政府にも真剣に学んでほしいところだ
(編集部)

参考:「AFP BB NEWS」、「The White House」、ほか

戻り


===3===============

:ヒラリー・クリントン就任後にUFO情報公開か? ワシントンの“UFOロビイスト”も注目:TOCANA :2015/04/17:

案内 
翻訳 
原稿 http://tocana.jp/2015/04/post_6223_entry.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
Ads by Yahoo! JAPAN
....
来年に行なわれる米大統領選が早くも話題を集めている――
先頃、民主党のヒラリー・クリントンが大統領選への出馬を正式に表明
民主党の指名候補になることはほぼ確実視され、大統領選でも“本命”のヒラリーだが、来たるべく大統領就任に対して思いもよらぬ方向から祝福と期待が寄せられているという
ヒラリーの大統領就任を待ち切れないとばかりに望んでいるのはなんと、UFO研究家たちなのだ

■ ヒラリー・クリントンの出馬にUFO好きが熱狂!?

hillaryufo1.JPG
ヒラリー・クリントン 画像は「Wikipedia」より

米・サンフランシスコを拠点にする独立系ニュースサイト「Mother Jones」によれば、今、UFO研究者たちはヒラリー・クリントンの大統領選出馬を大歓迎し、興奮のムードに包まれているということだ
一体どういうことなのか?
それは、ヒラリーが大統領になることで、これまで米政府によって極秘にされてきたUFO情報が明るみに出る可能性が大きく高まったからだというから驚きだ

「(大統領に就任した)ヒラリーは(UFO)情報公開の積極的な役割を担うと思います」と語るのは、元国際政治学者で著名なUFO研究家のマイケル・サラ氏だ

また、ワシントンの政治の現場で唯一の“UFOロビイスト”として活動するステファン・バセット氏は「この“第2次クリントン政権”は、政府が知るエイリアン情報の全公開へ向けた援護弾になるでしょう」と興奮を隠せないようだ

“UFO”という思わぬ分野で俄かに起こっている“ヒラリーフィーバー”だが、UFO、エイリアン情報の開示が期待される根拠はいったいどこにあるのか……

■ 昨年UFO情報が公開できなかったことを後悔するポデスタ氏

hillaryufo2.JPG
ジョン・ポデスタ 画像は「Wikipedia」より

これらのUFO研究家たちがまず注目しているのは、ヒラリーのブレーンであるジョン・ポデスタ氏である
ポスタデ氏はビル・クリントン大統領の首席補佐官を務め、オバマ政権でも上級顧問に就いていたがつい先日、自主的に解任を申し出て受理されたばかりだ
もちろん、ヒラリーの選挙活動に専任するためである

ポデスタ氏は政府のUFO情報に関する“透明性”を追求しており、デレビドラマ『Xファイル』の熱心な信奉者であることも知られている
先日、オバマ政権のメンバーから外れる際にポスタデ氏が「Twitter」で発信したメッセージにも、UFO研究者たちの注目が集まったという

「2014年の私の最大の失敗はUFO情報ファイルの開示請求を確実なものにできなかったことだ」(ポデスタ氏の「Twitter」発言)

UFO研究者たちは、2014年をポデスタ氏がこれほど後悔しているのなら2017年にヒラリーと共にホワイトハウスに復帰すれば、この時の無念を何が何でも晴らそうとするだろうと解釈しているのだ
つまりUFO情報の公開を2014年よりもさらに強力に働きかけるに違いないということだ

−−−
ヒラリー・クリントン就任後にUFO情報公開か?
ワシントンの“UFOロビイスト”も注目!

■ ヒラリーとUFOの関係はビル時代から?

hillaryufo3.JPG
ローレンス・ロックフェラーとヒラリー 画像は「YouTube」より

ヒラリー政権下でUFO情報の公開が期待できるもうひとつの根拠があるという
それは、ビル・クリントン政権時代(1993年〜2000年)に遡る

ビル・クリントン元大統領はもともとUFOへの関心が高く、情報公開にも意欲的であったとされている
UFO研究家でもあったローレンス・ロックフェラー氏(ジョン・ロックフェラー2世の第3男)との親交もあり、たびたびUFOに関する話をしていたということだ
ビル・クリントン政権時代にロックフェラー氏は情報公開法を活用して、大統領図書館などから「ロズウェル事件」に関するものも含む大量のUFO関連資料を入手しておりその資料は現在でもネット上で見ることができる(「Paradigm Research Group」)
ちなみにローレンス・ロックフェラー氏は2004年に亡くなっている

そして、1995年に8月に、ローレンス・ロックフェラー氏は、グランドティトンのワイオミング牧場にクリントン大統領を夫妻を招待している
そしてこのとき、ロックフェラー氏とヒラリーが話を交わしていることが判明している
歩きながら会話する2人の2ショット写真で、ヒラリーが手にしている本が地球外生命体関連の著作物(『Are We Alone?』)であるということで、2人の間でUFOにまつわる話があったに違いないと噂されているのだ
いったいどんな内容の話が交わされていたのだろうか
UFO研究家たちはこの時点からクリントン夫妻がUFO情報公開に前向きであると考えるようになったということだ

UFO好きの間では大統領選挙をすっ飛ばし、早くもヒラリーの大統領就任後に大きな期待を寄せているようだ
はたしてUFO研究家たちの期待は実現するのか、今後の展開が楽しみだ
https://youtu.be/uPb-_fUp2ME

(文=仲田しんじ)

戻り


===4===============

:世界のリーダー達による「宇宙・UFOに関する7つの爆弾発言」+11月にプーチン重大発表か?:tocana:2016/10/23:

案内 
翻訳 
原稿 http://tocana.jp/2016/10/post_11230_entry.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Ads by Yahoo! JAPAN
....
混迷を深めるシリア情勢、ギリシャの財政危機、激増する難民、イギリスのEU離脱、極限にまで進んだ各国の低金利政策、史上最も低俗といわれる米大統領選のゆくえ……
先が見えないこの時代を反映してか、各国、各界のトップリーダーたちの耳を疑うような、あるいはロマンに溢れる(!?)発言が相次いでいる
年末にはまだ早いが、ここで一度総括として世界のトップリーダーたちによる最近の“爆弾発言”を振り返ってみよう

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1. オバマ大統領「15年以内に火星に人間を送る」

7bombshell1.JPG
「CNN」より

NASAによる有人火星探査計画はすでに始まっているが、それを裏打ちするように先日、オバマ大統領が「今後15年以内に火星に人間を送る」という発表をして話題だ

8年間の任期満了まであとわずかのオバマだが、キャリアの総仕上げとばかりに大胆でロマン溢れる発言を行っている
今後官民が協力して、火星移住に向けた本格的な取り組みを行う計画があるということだ
“民”とはイーロン・マスク率いるスペースX社のことで、NASAのスペース・ローンチ・システム(SLS)を使って、まずは2018年中に無人の宇宙船を火星に派遣
その後2020年代中に宇宙船に人を乗せて火星に運ぶという計画である
夢の火星旅行が急ピッチで実現に向かっているようだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2. ヒラリー・クリントン「UFO極秘ファイルを公開する」

theconwaydailysun2.JPG
「Express」より

現在、大統領選の最終決戦へ向けて選挙キャンペーンのクライマックスを迎えているヒラリー・クリントンだが、以前から大統領に当選し、新政権が本格稼働し始めた暁には、これまで政府が隠蔽してきたUFOや「エリア51」に関する情報を公開すると公約していることは、トカナ読者であれはご存じの通りだ

この経緯には、ヒラリーのブレーンであり大のUFOファンであるジョン・ポデスタ氏の存在によるところも大きいのだが、先日、内部告発・漏洩情報公開サイト「ウィキリークス」が、かつてポデスタ氏と故エドガー・ミッチェル元宇宙飛行士の間で交わされたメールの内容を公開
なんと目下、人類が宇宙戦争の危機に直面しているといった現状が語られ、これに対処するための真剣な議論が交わされていたのだ
はたしてヒラリーがホワイトハウスの住人になった時点で、UFO情報と共にこれらの“宇宙戦争の危機”についても公にされるのか?
別の意味で大統領選の行方が興味深くなる話題だ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3. EU委員長「他惑星のリーダーたちがイギリスのEU離脱を懸念している」

juncker_05.jpg
画像は「YouTube」より引用

イギリスの“離脱”に揺れるEUだが、6月28日に開かれた欧州議会において、ジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長がイギリスの国民投票によるEU離脱決議について、「“他の惑星のリーダーたち”が非常に心配している」と発言してEUのみならず世界中の注目を集めた
「“遠いところから我々を観察している人々”を安心させなければならない」というのだ
https://youtu.be/x9pby3pyxuE
動画は「YouTube」より引用

もし今以上に世界の混迷が深まった際には、他の惑星の勢力による何らかの“介入”が行われるというのだろうか
非常に気になる発言である

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4. イラク運輸大臣「シュメール人はUFOで宇宙に行っていた」

https://youtu.be/8GBBem0CkIY
動画は「YouTube」より引用

この9月にイラク南部・ジーカール県で開かれた新空港の開港会見でイラクの運輸大臣カージム・フィンジャーン氏が、「7000年前に世界初の空港を建設したのはシュメール人であり、地球上だけでなく宇宙旅行や惑星探索を行っていた」と発言して大きな話題を呼んだ
確かに謎が多いシュメール文明とシュメール人だが、現職の運輸大臣の発言であるだけに多くの批判の声もあがったようだ

sumerianufo_03.jpg
画像は「アルクーイ氏のTwitter」より引用

しかし、フィンジャーン氏の信念(!?)は固く、シュメール史やシュメール文明研究の専門家の言葉を引き合いに出しながら持論を展開し、シュメール人は宇宙船に乗って冥王星にまで到達していたことも主張している
UFO研究家の間では古代文明、特にシュメール文明と宇宙人の関係はかなり以前から取り沙汰されており、目新しい話題ではないが、ここまで強力に主張することに何らかの意図かあるとすれば気になるところだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
. 5. カナダ元国防大臣「宇宙人は地球で働いている」

defenseminister1.JPG
カナダ元国防相のポール・ヘリヤー氏 画像は「YouTube」より

1963年から67年の間にカナダの国防相を務めたポール・ヘリヤー氏が、昨年4月にカルガリー大学の講演会で「宇宙人は何千年も前から地球を訪れており、人類に失望している」と言及して世を騒がせた

ヘリヤー氏は2005年に初めてUFOの存在を公言し、これまでも幾多のメディアで「宇宙人は何千年も前から地球を訪れており、我々の科学技術の進歩は宇宙人の恩恵によるものだ」と語っている
現代の文明に欠くことのできないコンピュータのCPUなどは宇宙人からの技術供与の賜物だというのである
そして現在、アメリカ・ネバダ州にある米空軍基地に3種類の宇宙人が“勤務”しているということだ
地球を訪問している宇宙人はもう1種類おり、合計で4種類になるという
確かに付近一帯のいわゆる「エリア51」は以前からUFOと宇宙人に関するざまざまな疑惑を招いている地なのだが……

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6. プーチン大統領「女王陛下はレプティリアン」

  7bombshell2.JPG
「Your News Wire」の記事より

2014年にフランスで行われた「ノルマンディー上陸作戦70周年記念式典」に列席したプーチン大統領は、初対面のエリザベス女王の近くにいたにもかかわらず、移動の際に当然すべきことである手を取ってのエスコートをしなかったという
プーチンのこの“塩対応”は、なんと、エリザベス女王が人間ではなくレプティリアンであることを見抜いたからだといわれているのだ

情報筋によれば最近になってプーチンは側近に
「エリザベス女王は人間ではなく、レプティリアン、気をつけろ」
と話したということだ
「エリザベス女王=レプティリアン説」は昨今各メディアでも非公式に話題になっており、プーチンの発言を一笑に付すわけにもいかないムードもありそうだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
7. イーロン・マスク「UFO攻撃の可能性を排除しない」

re---irr1.jpg

この9月1日、実業家のイーロン・マスク氏がCEOを務めるスペースX社が開発した無人ロケット「ファルコン9」が、発射台に設置された状態で大爆発を起こしたことは記憶に新しい
推進剤の注入作業中の悲劇だったということだが、公開された爆発時の映像に怪しい飛行物体が写っていると指摘されたのもつかの間、今度はマスク氏本人が、「UFOによる攻撃を受けた可能性を排除していない」とTwitterで発言して話題になった
世界のリーダー達による「宇宙・UFOに関する7つの爆弾発言」+11月にプーチン重大発表か?

動画は「YouTube」より
https://youtu.be/arIc1NlHvV0

映像では確かに爆発直前にロケットの上空を横切る飛行物体が確認されている
その正体はわかっていないのだが、見る限り非常に高速で飛行しており、確かに疑惑は膨らむ
現在も事故の調査が行われているというが、何か新しい動きがあるのか続報にも気に留めたい

■ 11月8日にプーチンが重大発言!?

putin-672774.jpg
画像は「dailystar」より

裏づけはとれていないものの、最新の“爆弾発言”と呼べるものは、これまでも何かと注目の集まるプーチンから発せられている
今後の世界情勢の進みかた次第では、なんとあの“惑星ニビル”に関する重大発表を行うことになるかもしれないというのである
いったいどういうことなのか?

太陽系の「第9番惑星」ではないかといわれ、その存在が指摘さている惑星ニビル(プラネットX)は、極端な楕円形を描く広大な軌道で数千年に一度太陽に最接近し、その際に地球をかすめ、重力や地磁気の乱れをもたらして地上に大災厄を引き起こすと噂されている

英タブロイド紙「Express」などによれば、近々プーチンがどこかのタイミングで惑星ニビルが地球に再接近するスケジュールを各メディアを通じて公表する手筈を整えているということだ
その“タイミング”とはいつなのか?
それは11月8日、米大統領選挙でトランプ候補が敗北した時だという

記事によれば、この惑星ニビルに関する情報は世界のトップリーダーたちの間で極秘事項になっているという
状況を見てこれを公表したいプーチンのクレムリン側と、秘密厳守を旨とするホワイトハウス側で合意が結ばれ、プーチンが当面秘密を守り続けることと引き換えに、大統領選に当選したトランプが就任後にその事実を公表するという展開が見込まれていたという

しかし、ご存じの通り、公開ディベートから過去の女性蔑視発言やセクハラ疑惑などが持ち上がり、トランプにかなりの逆風が吹いているといわれている
したがって、もしトランプが落選した場合、プーチンが独断で惑星ニビルの地球への接近を公表するということだ
ともあれ、来月早々のタイミングで公表する機会をうかがっているというならば、かなりの緊急事態といえる
トカナの9月の記事でも紹介したが、YouTubeチャンネルの「Nibiru Planet X 2016」も今年11月に惑星ニビルが最接近することを指摘している
11月にアメリカの新大統領が決まった矢先、続いて惑星ニビルが文明の存亡を揺るがしかねない災厄をもたらすのか?
いずれにせよ11月8日はもうすぐそこだ

(文=仲田しんじ)

戻り


===5===============

:バイデン副大統領がプーチン大統領にエイリアンの襲来を警告!:日本や世界や宇宙の動向:2016年10月29日:

案内 
翻訳 
原稿 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51995847.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51995847.html

−−−
何だかなあ・・・という記事が目に留まりました
数日前にバイデン米副大統領がプーチン大統領と会談し、
「来年後半に地球はエイリアンに侵略される
だから、地球を守るために軍事協力をお願いしたい!」
などと要請したとか・・・

もちろん、エイリアンは存在しますので地球に近寄って来ないと言うこともないのでしょうが
実際、古代にはエイリアンが神のふりをして地球にやってき、人類に色々なことを教え、遺伝子操作で人間開発を行ったと言われていますので、このような話が夢物語とは言えませんが・・・
以下のイルミナティ・カードの絵の通りに物事が起きているようですから、きっとイルミナティが仕掛けているのではないかと思うのです
何年か前に、内部告発者が、イルミナティ(支配層エリート=グローバリスト)は、彼等の目的達成のために、小惑星の地球衝突やエイリアン侵略を演じると暴露しました
世界戦争も、金融、経済崩壊も、世界的パンデミックも、オカルトの流行も、人口削減も、小惑星の衝突も、エイリアン侵略も、全て、地球上の人口を大幅に削減し、世界を統一して完全支配するNWOの目的達成のために仕組んだものだと思うのですが・・・
同時に、彼等は悪魔崇拝者たちですから、悪魔や堕天使(エイリアン)を地上に招き入れ、地球を支配させるための準備もしています
彼等はめまぐるしく準備に奔走しています
何しろ、今年と来年で金融、経済崩壊、世界戦争、パンデミック、大災害、暗黒惑星(或は二ビル)の衝突、エイリアンの侵略などの計画を成功させ、悪魔に地球を実行支配させようと動きまわっているのでしょうから・・・

(↓ イルミナティ・カードの一部)

「illuminati car...」の画像検索結果
「illuminati car...」の画像検索結果
「illuminati car...」の画像検索結果
「illuminati car...」の画像検索結果
「illuminati car...」の画像検索結果
「illuminati car...」の画像検索結果

http://beforeitsnews.com/paranormal/2016/10/wth-us-warns-russia-aliens-are-on-their-way-and-will-be-here-late-2017-nasa-reveals-fleet-of-ufos-video-fact-or-fiction-2517822.html

(概要)10月28日付け

米副大統領がプーチンと会談
来年後半にエイリアンの襲来があると警告しました

ジョー・バイデン副大統領は、もうすぐ起こるであろう宇宙戦争の軍事協力を要請しにプーチンに会いに行きます
しかし、今、ロシアとアメリカは第三次世界大戦を始める瀬戸際にあるのではなかったのでしょうか
本当に、人類に敵意を持っているエイリアンが地球に襲来しようとしているなら、地球は完全にカオス状態に陥ります
しかも人類が生き残るチャンスは殆どないでしょう
バチカンはこれまでずっとエイリアンの襲来が当然のように起こると予期していました

詳細は以下の記事をご覧ください

Conspiracy Theory より:

数日前にプーチン大統領とバイデン副大統領の会談が行われました
会談の中で、バイデン副大統領はプーチンに対し、2017年後半に地球に襲来するエイリアンから地球を守るために地球規模のミサイル防衛体制を築くことに協力してほしいと要請しました
NASAのサテライトが、幅が数マイルもある巨大母船が太陽系に進入してきたことを確認しました
米国防省は、2014年1月15日にNASAのワロップス飛行施設から3機のTerrier-Orion ロケットを極秘で打ち上げました
そのミッションは、宇宙の素粒子を屈折させる力場(地球を覆う磁場のようなもの)を放出させるためだったようです
NSA(ナショナルセキュリティエージェンシー)によると、地球に近づきつつある2つの巨大小惑星(2010SO16と2005YU55)間を通過したエイリアンの通信信号(深宇宙通信)が確認されました
NSAは数日前に、エイリアンのメッセージ(シンボル)についての極秘資料を公開しました
それによると、2種類のエイリアンが地球に向かってやってくることがわかりました
NSAがエイリアンのメッセージを解読したところ、(数十年前に)エイリアンのUFOがロズウェルに墜落しエイリアンの死体が回収されたことが記されていました
当時、ケネディ大統領はCIAに、墜落したUFOと回収したエイリアンに関する情報を求めましたが、CIAはそれを拒否しました
また、NSAの極意資料には1561年4月4日にドイツ上空で起きたようなエイリアンの襲来(当時、多くの人々が目撃した、大量のUFOによる地球襲来)が再び起こるのではないかとプーチンが懸念していたことも記されていました
当時の記録によると、筒、円盤、十字の形をした宙船が大量に襲来し1時間以上の戦闘が続き、その後、巨大な球状の母船が上空に現れました

数日前に、イギリスの天文学者(2名)は、人類は人為的災害がなくても、2100年までに世界人口の50%が消滅するだろうと警告しました
プーチンが指摘した通り、米政府はNASAの宇宙開発に対する予算を大幅に削減し、その予算(数十億ドル)を民間企業(宇宙から監視、レーザー照射などを目的に・・・ブルーオリジンロケットを打ち上げた企業など)の宇宙開発に投資したのです
しかし、このような民間企業のオーナーが誰なのかは分っていません
政府が投資を行っていても企業の情報は公開されません
数日前に米海軍はレーザー兵器の初の実験が成功したと発表しました

エイリアンの襲来については既に1980年代(レーガン政権時代)に警告されていたようです
1984年にワシントンポストが、アメリカが地球から非常に近いところ(オリオン座の方角)で木星と同じ大きさの謎の天体を発見したことを報道しました
1985年のジュネーブ・サミットで行われたレーガンとゴルバチョフの会談で、エイリアンの襲来でロシアとアメリカの対立は終わる・・・と語っていました
1950年代にマッカーサーは、エイリアンの襲来に備えて世界は一体化しなければならない、と言っていました

戻り


====参考文献終わり====



>>戻る

 ページナビゲーション
 投稿記事目次集>>目次80万>>M・警戒情報 NO n820007