本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ ○二

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』

http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n090001/n090057.htm
より

その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n090057

−−−−コメント 2016/06/05−−−−

{新09_その他・つれづれ・最近のあれこれ_最近のあれこれ_55}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<:地球劇場の主なシナリオは終わり、大緞帳が序々に降り始める:アメリカ軍事秘密地下基地が暴露された:デフォルト:なぜ富裕層は代替医療に走るのか:第三次世界大戦が勃発するとアメリカは敗戦:超詐欺システムの世の中となる: これからの地球は「億単位」の人命の消滅と共に、文明に対しての多くの脅威を経験していく:イルミナティ・ジョンが明かした宗教の秘密:健康的に長生きする方法とは:太陽は宇宙人によって火力調整されていた!?:エリザベス女王がシェイプシフトするところを目撃:地底世界からの情報伝達が始まった!:STAP現象の確認に成功:地球の磁場がおかしくなりました:安心安全な平飼いたまご発売:>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:
 未確認ですが、今年2016年の秋頃かなりの出来事が起きそうです
その結果でしょか、多くの人々は 今年のクリスマスを迎えることが出来ないのでしょう
迎えるので無くて、クリスマスそのものが消滅してしまうのでしょう
ロシア情報が正しければ、2018年頃に結末が現れると考えられる
それは天空にも地上界にも現れるのでしょう
いよいよ地球劇場の主なシナリオは終わり、大緞帳が序々に降り始めるのでしょう
−−−
最近のサロンの投稿に下記のような動画が案内されていた
この中の内容は 既に巷に流されている内容が多かった
が、6分30秒頃と7分30秒頃に船の画像があった
地下800mの位置に船とは不思議な話である
が、高山の地下800mであれば海抜3000m級の水位では「ノアの大洪水」も3000m級で一致するところがあるし、出航する港とが山脈の崖に構築されている画像が流されている

船の画像が正しいとすると映画「2012」擬きに思い至るし、奴らも「ノアの大洪水」を想定しているし、船に乗せる人数も限られているから地下都市のほとんどは溺死・土左衛門にする計画であることが如実に理解出来る
少し荒(すさ)ましく云えば、既に説明しているように、生きた餌のゴイ達を地下都市に避難させると偽り、その実は 生きた新鮮な餌の肉塊であるゴイ達を・・・選ばれた方達のほとんどは乗船定員の少ない箱船ですから、・・・・知りたくないでしょうね

[1430]アメリカ軍事秘密地下基地が暴露された
投稿者:仮三十〇四c投稿日:2016年5月5日(木)、シャンティ・フーラの時事ブログ さんより引用
https://youtu.be/U4Ejjv8YsqQ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 「なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由」これもいよいよ終わりに近づいていて検証ももうすぐに終わるのかもしれません★

−−−
1_<:なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由:新発見、BLOG:2016年05月02日:>

現代医療に使われる薬の多くは、世界の大富豪である大財閥ロックフェラーが設立した「ロックフェラー医学研究所」の現代医学教育システムから始まっています
現在は、彼らの金融(金貸し)を通じて世界の大手製薬会社の大株主となり、彼らの支配する石油を使って薬が開発・販売されています

しかし、おかしなことにロックフェラー一族は、世界の現代医療(西洋医学)を牛耳っている現実とは裏腹に、現代医療を信じず、薬は一切飲まないで代替医療のホメオパシー療法を取り入れています

これには苦笑いしちゃいますが、そのおかげ?か、一族は長寿です
(笑)
いま、アメリカでは、このように現代医学を使わずに代替医療を使う人達が増えています

● 代替医療の利用が富裕層に多いことが意味するものは?

知っていましたか?
アメリカでは「代替医療」と呼ばれる現代医療を避けた医療法を選ぶ人は、保険に入っておらず高い医療費を払えない貧困層だけではなく、実は十分な資産を持ち、教養を受けている富裕層・エリート層が積極的であるということを

富裕層がそうした選択に至るのは、もちろん対処療法の西洋医学の限界を感じていること(例えば様々ながん治療法や治療薬が毎年発表されても、年々がん患者や死亡者数は右肩上がりの状況である事実など)もありますが、統合医療の第一人者であるアンドリュー・ワイル医学博士の存在は外せません
日本ではイマイチな認知度かもしれませんが、アメリカでは有名な人です

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ いよいよ大団円が近づき、あちこちで国のシステムが破壊される
プエルトリコがデフォルト、これも一つでしょう
そのうちにアメリカの様子も知らされると思います★

2_<:プエルトリコがデフォルトします・・・その結果、アメリカがいよいよ崩壊?:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月02日:>

−−−
ベネズエラがデフォルト状態ですが、プエルトリコは実際にデフォルトしてしまいました
現地時間5月2日にデフォルト宣言するそうです
プエルトリコはアメリカの領土のようなものですから・・・プエルトリコがデフォルトするとアメリカ経済に大きなダメージを与えることになります
以下の記事の通り・・・アメリカはかなり危機的状況になります
日本の株価が下落していますが日銀の金融緩和がないためなどと可笑しなことを言っていますが・・・本当でしょうか?
日本の株価よりもアメリカの株価が要注意でしょう
アメリカの株価が暴落すると日本や世界の株価も暴落するでしょうから・・・いよいよプエルトリコ発世界的な金融崩壊が始まることになるのでしょうか???

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 奴らは ゴイたちを戦争させることは考えても、奴ら自身は 戦わない
そのことを念頭に置いておけば状況は 理解しやすい★

3_<:第三次世界大戦が勃発するとアメリカは敗戦します:日本や世界や宇宙の動向 :2016年05月02日:>

−−−
今のアメリカの状況では第三次世界大戦で勝利できる見込みはないようです
ロシアのプーチンは第三次世界大戦を勃発したいのかどうかは分かりませんが・・・戦術的にはオバマよりも遥かに勝っていますから、オバマは彼の先輩KGBのプーチンに勝てるわけがありません
それに初めからアメリカはロシアに負けることになっています・・・なぜなら、すでにアメリカ国内にロシア軍、中国軍、国連部隊が駐屯しており、アメリカを内部から攻撃できる状態です
日本は今後軍事的にアメリカに頼ることはできそうにもありません
そして、G7に向けてプーチンは盛んに日本をロシア側に取り込もうとしています
世界経済が悪化している中で、本格的な通貨戦争(第三次世界大戦)が勃発しようとしているのでしょうか??

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 推計であれ、見積もりであれ、推算することは基本です
問題は 「億単位」だそうです
もっとも奴らは 死んでもたかだか二百万位ですから死体の数としては無視出来る★

4_<:イギリス政府機関の推計資料 : これからの地球は「億単位」の人命の消滅と共に、文明に対しての多くの脅威を経験していく:In Deep:2016年05月02日:>
−−−
手さぐりモードから本気モードにギアチェンジしていくのでしょうか?
終わりの始まり
この世始まって以来のイベントの開幕でしょうか!!

2016年4月29日のアトランティックより
human-extinction-01・The Atlantic

平日とはいえ、連休中に「人類が絶滅しないかどうかは疑わしい」というようなタイトルの記事をご紹介するのもどうかと思いましたが、この記事の元となっている推計は、イギリス政府とイギリスの著名な調査組織によってなされたもので、そういう公的な雰囲気のある部署が、

「今後、カタストロフ的事象で、数多くの人々が亡くなる」

ということを「数値を添えて」発表しているということを初めて知りましたので、ご紹介させていただこうかと思います
まあ、それだけ、自然災害にしても何にしても、差し迫っていると感じている人たちは、政府や専門家の人たちにも多いということかもしれません

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 兌換紙幣であれば詐欺システムとしは機能が低い
だが、不換紙幣だとすると完璧な詐欺システム、それにコンピュウタ−・ATMなどが絡むと超詐欺システムの世の中となる★

5_<:お金ができる仕組み 銀行の詐欺システム お金のバカバカしさが分かると腹が立つ:カテゴリ紙幣の不思議2:2016年05月02日:>
−−−
今更何度でも

中央銀行・日銀から出てくるお金は銀行券で、銀行券と云う商品券で、99%から自由を奪う時間泥棒をやっているのが1%
お金の仕組みが分かるとお金に対する考え方が変わり、お金はただの道具であり、その道具を使い、世界を支配しようと企む強欲者が1%であると云う事を、理解します
お金の仕組みが分からない人達は、信用資本主義に踊らされ、お金を稼ぐ事が自分の地位を高める事だと勘違いしています
お金を稼ぐ事でお金持ちになり、お金の仕組みを知らない人から羨望の眼差しで見られるので、お金持ちになるのが一番の幸せだと勘違いしています
1%はお金のカラクリを知られたら、自分達は裸の王様になる事が分かっている為、お金のカラクリが分からない様に99%に催眠術を掛け、99%を騙しています

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 手遅れと思いますが、皆さんも心を入れ替えたほうが良さそうです★

6_<:健康的に長生きする方法とは:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月01日:>
−−−
誰もが最後まで健康で元気に生きたいと願っているはずです
しかし多くの人々が何等かの病気を抱えながら何とか暮らしているのが今の状況です
やはり・・・病気がちな人(特に生活習慣病)にありがちなことは・・・食生活がいい加減、運動をしない、マイナス思考・・・だと思います
心身ともに健康的に生きるためにもう一度、生活習慣を見直す必要があるのではないでしょうか
特に今の日本人は、炭水化物や糖分の摂取量が多く、野菜不足の人が多いと言われていますし・・・マイナス思考も多く、毎日ストレスにさらされています
これでは生活習慣病にかからないというのが無理な話です
特に働若者やき盛りの年代の人々はかなりアンバランスな食生活を送っているのではないかと思います
多くの日本人がこんな感じでは日本の将来が暗いものとなってしまいます
もっと健康的に人生を送って頂きたいと思います

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ これから宗教が猿芝居を演じますから・・・興味がある方達は 注視するのもよいかと・・・現実の凄惨さを忘れる材料になるかもしれません★

7_<:イルミナティ・ジョンが明かした宗教の秘密:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月09日:>
−−−
イルミナティのメンバーがあるジャーナリストに電話をかけてきました
そして、彼に宗教の秘密を教えました
ジョンとなのる人物が宗教は人間を支配するために作られたと伝えたそうですが・・・私はそのことを何年も前から知っていましたので別に驚くことでもありませんが・・・キリスト教徒がなぜあれほど目に見えないキリストにあこがれるのか、キリストにすがるのか・・・これもすべて教会で受けた洗脳のなせる業でしょうね

たとえ、キリストが人間に姿を変えた神だったとしても、教会が聖書を使って信者に教えている行為は洗脳でしょうし・・・聖書も時の権力者(イルミナティ)によって書き換えられたとも言われています
宗教は誰が作ったのかと言えば、やはり、人間を支配下に置きたい権力者が作ったのでしょう
宗教があると人間を操りやすくなります
神という名の独裁者を創り上げ、神に背けば地獄へ落ちるとか、全てを神に任せるとか・・・神に許しを請うとか・・・神を崇拝させていますが、これって北朝鮮などの独裁者が平民に押し付けていることと全く同じです

本当の神って、自然の摂理でありバランスであり宇宙そのものだと思うのです
人間の身体は宇宙そのもの
身体の中に神(魂)が潜み自分で何が正しいかを判断できるはずなのに・・・自分で考えずに教会の教えに頼ることこそが洗脳でしょう
宗教はどれも同じだと思います
ただ、日本の宗教(神道や仏教)は、人々を束縛しないので自由がありますが・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ かなりのものは 誤認識で超巨大UFOではないのですが、それでもかなりの数の超巨大UFOがうろついているのも事実のようです
問題は そうであるのならこんなにドデカイ超巨大UFOをどうやって作ったのでしょうね
それを説明しないと・・・いけません
太陽は 一つの核融合タイプ原子炉で原子転換装置に過ぎませんから・・・そうしないとこの宇宙に必要な原子材料が出来ませんから・・・それをコントロルしていても不思議ではありません


8_<:太陽は宇宙人によって火力調整されていた!? 太陽のまわりをうろつく超巨大UFOが確認される:知的好奇心の扉:2016年05月10日:>

−−−
Ads by Yahoo! JAPAN
0307sun_hon2.jpg画像は「YouTube」より引用、丸は編集部

ようやく暖かくなってきたと思ったら急に冷え込むというようなことも多いこの時期、体調を崩す方もいるのではないだろうか
太陽の日差しは少しずつ強くなっているが、朝晩はまだ寒く、春を待ちわびている人も多いだろう

ただ、暑い寒いとわめく我々の日常は、宇宙人の一存で一変してしまうような、はかないものなのかもしれない
なぜなら、動画サイト「YouTube」に投稿された動画において、太陽のまわりに飛び交う超巨大UFOの姿が確認されており、彼らが太陽を“操作”している可能性が浮かび上がったからだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★  「エリザベス女王がシェイプシフトするところを目撃していました」そうでが、私も見てみたいと思うのですが・・・中々に見せてもらえないようです
そのうちに・・・★

9_<:プーチンはエリザベス女王がシェイプシフトするところを目撃していました:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月10日:>

−−−
プーチンがエリザベス女王はレプティリアンであると周辺の人々に漏らしたそうですが・・・プーチンもレプティリアンじゃないの?と思ってしまいます

プーチンがエリザベス女王の本当の姿を話したことで、実際に地球上にはレプティリアン種族が生息しており、世界を支配してきたことが証明されたことになります
ただし、プーチンがなぜそのようなことを話し始めたのかですが・・・世界覇権をめぐりBRICS 対 英米の戦いが進行中であり、女王の真の姿を暴くことで英米を不利な立場にしようとしているのか、それとも、女王の許可を貰って、地球上には強靭で恐ろしく決して逆らえないレプティリアン種族がおり、彼らこそ世界の支配者だから絶対に抵抗するなと伝えているのでしょうか
そうすることで、世界の人々は彼らに大人しく従うことになるから?
プーチンの正体が明らかになっていませんのでどのように判断したらよいのか分かりませんが・・・分かっていることは;
地球では、数々のエイリアンが支配権を争っており、数千年もの間、レプティリアン種族が地球を独裁支配してきました
ヨーロッパやサウジなどの王族はみなレプティリアンの血統であり、ロスチャイルドやロックフェラーなどのエリートらもそうです
彼らは同族と婚姻関係を結び血統を守ってきました
ですから、世界を支配しているイルミナティはレプティリアンであり、地球は邪悪なエイリアンに乗っ取られているということです
レプティリアンも含め、エイリアンは異次元の存在であり、人間の肉体に憑依しその人物を支配・操作することができます
ですから、日本の政治家も総理大臣になると別人のようになる場合があるのも、彼らに操られているからでしょうね

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 地球が狂った!狂った!さてさて・・・★

10_<:特に環太平洋火山地帯の海岸沿いで大量の魚の死骸が打ち上げられています:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月11日:>
−−−
環太平洋火山地帯の国々では大量の魚や海の生物が死んでいるようです
中国でも大量の魚が死んでいますが、それは中国の汚染が原因だと思いますが・・・
先月から突然、太平洋で大量の魚や海の生物が死に始ようですが・・・
今年に入り、地震や火山噴火も頻発していますから、地球に異変が起きていることは確かです
太陽からの影響なのか、ニビルの影響なのか、地球の磁場が狂ってしまっているのか、ポールシフトが起きているのか・・・
分かりませんが、飛球にとんでもないことが起きているのではないでしょうか

日本の近海の魚はどうなのでしょうか?
輸入魚が増えていますが、将来的に漁獲量が激減し魚が高価すぎて食べられなくなってしまうのでしょうか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 地底人の基地がマントルの中にあるそうです
もし、そうであれば地震波の進攻の屈折を分析すれば、基地の大きさも推算できますが、不思議とその情報がありません
地球空洞説に飛躍すると、現在の地震波の進行から、大きさが算定出来ますが見つかりません
何か別の情報が欲しいとと思っていますが、デ−タが有りません
木星と衛星のイオの極間を繋ぐ環と同様のものが、地球の極と月の極間に環となっているのを北極の上空からみたのを地底への孔と誤解したのかもしれません
問題は 電波の諸元のデ−タが無いので検証出来ないのが欠点である★

11_<:地底世界からの情報伝達が始まった!NASA地底人の電波をキャッチ:y-asakawa:2016/05/12:>

−−−
地底世界からの情報伝達が始まった!NASA地底人の電波をキャッチ

ソース:nemesis maturity

「nemesis maturity」というブログが、 米国の新聞が掲載した地底世界に関する情報を伝えていた
それは、米国のNASA上層部のある人物が匿名を条件に明らかにしたもので、NASA(米国航空宇宙局)が地球内部の地底人が発したと思われる電波をキャッチしたという 、驚異的な情報である

新聞社の名前がはっきりしなかったので、詳細をつかめずにいたところ、幸いその情報が日本語に訳された記事がブログ「オカルトNEWS★かすぽ 」に掲載されていたので、その記事を転載させて頂くことにした
先ずは下記の翻訳記事を読んで頂くことにする
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
NASAが地底人の文明が発したと思われる電波を受信した
NASA上層部の人物が匿名を条件に明かしたその内容は 、おおよそ次のようなもののようである

電波は地下数百キロの地球深部から届いたものである
NASAの専門家たちは、その電波は高度に進化した知的生命体からの信号であると判断している
何者かが我々に向けて通信してきていることは明らかある
その正体が何であれ、その存在は数百キロの厚い地殻を突き抜けて、地上に到達する信号を送る技術を持っていることは確かである
電波の一部は地表から宇宙空間に向かい、これがNASAの人工衛星にキャッチされ、発見につながった
地底からの電波はその後も断続的に受信されている
電波は複雑な数学的コードを持っており、科学者たちはすでにメッセージの解読に成功している
その内容は敵対的な性質のものではないが、現時点での一般公開は見合わされている
不要な不安や混乱を引き起こす恐れがあるためである

科学者たちは地底の電波発信源の位置を正確に特定できていない
また、こちらから地底に向けて返信応答する技術がないことに苛立っている
この事実からも、地底文明が我々を凌駕する高度な水準に達していることが分かる

地底の文明は明らかに、我々のことをよく理解している
一方、我々は、彼らのことをほとんど知らない
日光も届かず酸素もない地底で、知的生命体がどのように生き延びているのか、まったく見当がつかないのだ

科学者たちはこれが今世紀最大の驚くべき発見になるだろうと考えている
われわれは長年、人類にとっての最後のフロンティアは宇宙だと考えてき た
しかし、今、この星(地球)の内側に未知の領域が存在していることに気付いたのだ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 地球の磁場が減少している情報は多く流されています
地球の磁場を構成している地電流は 磁場が小さくなれば、大きくて安定しているときと異なり不安定になります
下記がそれかは 磁場の諸元が無いので検証出来ませんが、急に減少しているのは事実ですから、今後の情報を待ちたいとと思っています

12_<:地球の磁場がおかしくなりました、また、地表が上下に激しく動いています:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月13日:>
−−−
地球の磁場がおかしくなりました
また、地表が上下に激しく動いています

4月23日 午前6時半過ぎから8時半過ぎ(GMT=日本時間では午後2時半過ぎから4時半過ぎに、地球の磁場が一時的に崩壊したことが伝えられていました
丁度その時、私たちは屋久島の宮之浦岳を下山し無人小屋に到着し休んでいたところですが・・・磁場が崩壊すると太陽から様々な影響を受けるようです
幸い、その時は屋久島は大雨・・・太陽も隠れてしまっていましたので異変は感じませんでした
しかし、その日、関東地方は快晴だったようですから、どうだったのでしょう??
以下の記事によると、地球のマントルが壊れてきており地表を上下に激しく動かしているそうです
明らかに地球が激変しているのが分かります
飛鳥氏の持論ではないですが、地球がまるで赤ちゃんを出産しようとしているかのように収縮運動を繰り返しているようです
一体、これからどのよう地球の中心核が動いているとのことです
これって子宮?
な自然災害が起こるのでしょうか
明らかにこれまでの地球とは違います
ひょっとしたらニビルの影響もあるのでしょうか
もしそうなら、ニビルが通過すればこのような変動は収まるのかもしれませんが・・・
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 日本の奴らの小間使い達の醜い姿を見ることが出来ます
いずれ処分される輩となるのでしょう
小保方晴子は しばしの休養で少し元気になったみたいですから、今後の活躍を見てみたいと思う今日この頃です★

13_<:STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる:Yahoo!ニュース:2016年05月14日:>

−−−
2016年05月14日
STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci

Business Journal 5月14日(土)6時1分配信

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる
2014年4月9日、会見を行う小保方晴子氏(撮影=吉田尚弘)

今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した
論文タイトルは『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes(邦訳:修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する)』である

海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を行ったということで話題となっている
以下に同論文の概要を紹介する


(1) 序論:STAP論文は撤回されたが、低pHの刺激による万能性獲得の可能性は、がん、または、がん幹細胞の分野においては魅力的な課題である
> (2) 実験:そこで、理化学研究所と米ハーバード大学から発表されたプロトコルを改変して、セルライン化されたT細胞に刺激を与える実験を行った

(3) 結果:当グループが見つけたpH3.3の条件では、酸処理後、多能性マーカーの一種であるAP染色陽性細胞の割合が増加した
AP陽性の多能性細胞は酸処理ストレス下を生き延びて優位に増加

(4) 考察:小保方晴子氏【編注:一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理研を退職】が英科学誌「ネイチャー」で発表したプロトコルでは成功しなかった
それは、使用している緩衝液の緩衝能が適していないことが理由として考えられたので、それも変更した

一番の発見は、このような瀕死のストレス条件では、Acute T-cell leukemia(ヒト急性T細胞白血病)の細胞株である JurkatT細胞が、万能性を獲得するか、もしくは死ぬかの間で揺らいでいることである
何がそれを左右するのかを探るのが今後の課題だ


わかりやすく解説すると、以下のようになる


小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた
同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した
それと同時に細胞が死んでしまう現象も確認されたので、何が細胞の運命を分けているのかを探っていきたい


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 過日、近場の犬が子供を生んだ
そのお祝いと滋養をつけてもらう為に我が家のピョたちの卵をプレゼントした
その屋の奥さんは 卵を見て、購入している卵と違うことに直ぐに気がついた


14_<:祝!黄金の卵を知らないか!安心安全な平飼いたまご発売!農林水産大臣賞受賞!:黄金の金玉:2016/05/14:>
−−−
祝!
黄金の卵を知らないか!
安心安全な平飼いたまご発売!
農林水産大臣賞受賞!

さて、この黄金シリーズ 前回のところてんに続き第4弾です

皆様は最近、卵かけご飯を食べてるでしょうか
ワタスはたまーに、忙しい時、かけつけ一杯
ではなく、出かけの一杯を食べたりしますが
しかし、最近、卵かけご飯を食べる人が少なくなった

それはなぜなのか

それは卵を食べるとアレルギーになるとか
卵が生臭くなったからとか
良く聞く話です

ぇえ?

以下
AIO2CK2016050538121596098-000349.jpg

左は薄い黄色ですが、これが普通の自然の状態の卵
右は最近の卵で、まっ黄色で色が濃い
皆さんは右の方が栄養価が高いと思う人もいるかもしれませんが、単純に、エサの色です
昔の鶏は草やミミズとか突っついて、いろんなエサを食べてるので薄黄色だった
でも、最近の鶏はトウモコロシばっかり食べてて、それも国産トウモロコシではなく、ほとんどなく9割が輸入アメリカ産遺伝子組み換えトウモロコシを食べてるのでこんな色です
皆さんはスーパーなどで卵を買いますが、1パック200円で、1個20円ぐらいです
ちょっと安すぎない?と不思議に思わないでしょうか
卵がどうやって作られているか見ると大抵以下のような感じです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n090057:参考文献の目次===

001:なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由:新発見
BLOG:2016年05月02日:

002:プエルトリコがデフォルトします・・・その結果、アメリカがいよいよ崩壊?:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月02日:
003:第三次世界大戦が勃発するとアメリカは敗戦します:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月02日:
004:イギリス政府機関の推計資料 : これからの地球は「億単位」の人命の消滅と共に、文明に対しての多くの脅威を経験していく:In Deep:2016年05月02日:
005:お金ができる仕組み 銀行の詐欺システム お金のバカバカしさが分かると腹が立つ:カテゴリ紙幣の不思議2:2016年05月02日:
006:健康的に長生きする方法とは:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月01日:
007:イルミナティ・ジョンが明かした宗教の秘密:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月09日:
008:太陽は宇宙人によって火力調整されていた!? 太陽のまわりをうろつく超巨大UFOが確認される:知的好奇心の扉:2016年05月10日:
009:プーチンはエリザベス女王がシェイプシフトするところを目撃していました:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月10日:
010:特に環太平洋火山地帯の海岸沿いで大量の魚の死骸が打ち上げられています:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月11日:
011:地底世界からの情報伝達が始まった!NASA地底人の電波をキャッチ:y-asakawa:2016/05/12:
012:地球の磁場がおかしくなりました、また、地表が上下に激しく動いています:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月13日:
013:STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる:Yahoo!ニュース:2016年05月14日:
014:祝!黄金の卵を知らないか!安心安全な平飼いたまご発売!農林水産大臣賞受賞!:黄金の金玉:2016/05/14:

−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n090057:参考文献の目次詳細===

===1===============

:なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由:新発見、BLOG:2016年05月02日:

案内 
翻訳 
原稿 http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/437281682.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016年05月02日19:55
なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由

新発見、BLOG
http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/437281682.html

なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由
alternative-medicine-doctor.jpg

現代医療に使われる薬の多くは、世界の大富豪である大財閥ロックフェラーが設立した「ロックフェラー医学研究所」の現代医学教育システムから始まっています
現在は、彼らの金融(金貸し)を通じて世界の大手製薬会社の大株主となり、彼らの支配する石油を使って薬が開発・販売されています
しかし、おかしなことにロックフェラー一族は、世界の現代医療(西洋医学)を牛耳っている現実とは裏腹に、現代医療を信じず、薬は一切飲まないで代替医療のホメオパシー療法を取り入れています
これには苦笑いしちゃいますが、そのおかげ?か、一族は長寿です
(笑) いま、アメリカでは、このように現代医学を使わずに代替医療を使う人達が増えています

代替医療の利用が富裕層に多いことが意味するものは?

知っていましたか?
アメリカでは「代替医療」と呼ばれる現代医療を避けた医療法を選ぶ人は、保険に入っておらず高い医療費を払えない貧困層だけではなく、実は十分な資産を持ち、教養を受けている富裕層・エリート層が積極的であるということを

富裕層がそうした選択に至るのは、もちろん対処療法の西洋医学の限界を感じていること(例えば様々ながん治療法や治療薬が毎年発表されても、年々がん患者や死亡者数は右肩上がりの状況である事実など)もありますが、統合医療の第一人者であるアンドリュー・ワイル医学博士の存在は外せません
日本ではイマイチな認知度かもしれませんが、アメリカでは有名な人です

1827c3c1d2a580d40dbc9b735475e744.jpg

アンドリュー・ワイル医学博士
彼はもともとハーバード大の医学部の学生でしたが、現代医療は単なる対処療法では本当に人の体は治せないことを悟り、人間の体が奥底に持つ驚くほどの回復力(自然治癒力、細胞の再生力)があることを理解し、本質的な治癒法を追求します
そして、心と体を含め総合的に病気の原因をみた「統合医療」を目指さないことには人は完全に治癒しないことを結論づけたのです
西洋医学の対処療法では本質的解決にならないことを世に示した訳ですね
彼の考え方は、西洋医学によるマインドコントロールから抜けることが大事であることを暗に訴えています
つまり、病気になったら病院にいけば医者が治してくれる、薬をくれる、という思考パターンをやめ、体に異常がでた理由を自分の責任として考え、原因を探り、人間が持っている自然治癒力を最大限活かすことをまず考えようと言っています
また、人間の肉体は精神=心と共に存在しているので、病気を体の部位という視点で治療する西洋医療の考え方ではなく、食事、運動、睡眠、住環境、人間関係など生活の全てを総合的に捉えて対処することも重要であると訴えています

それを踏まえて代替療法として鍼灸、漢方、ハーブ療法やアロマ療法、ホメオパシー療法などを用いて自然治癒力を最大化していくのです
結局、病気を根本的に治すことに行き着くところは・・・
food-light-lunch-fake-outs-01-sl.jpg

アンドリュー・ワイル博士は、健康を考えるならライフスタイルの改善、とりわけ食事は少食で加工・精製食品を避けた自然のままのシンプルな食べ物を摂る食生活の重要性にも触れています
甲田光雄先生や石原結實先生が提唱して、昔からも言われている『腹八分目で医者いらず』、それに加え、ヨガ教義では『腹六分で老いを忘れる、腹四分で神に近付く』とある1日1〜2食の食べない健康法の重要性を訴えているのです
しかし、これまでのアンドリュー博士が提唱する殆どの内容ですが、特段新しい説ではなく、東洋医学に基づく昔からの考え方なんですよね・・・結局、人間は昔からある自然の力を使った治療法に勝るものはないという結論です

富裕層・エリート層ほど現代医療だけに任せず、自分の健康に対してしっかり向き合い、セルフケアを怠りません
彼らはお金にかえられない一番大事なものが健康だと分かっているからです
国民皆保険制度でかつ、保険適用は基本的に西洋医療だけという日本の社会の仕組みでは、代替医療に注目が行くことはないでしょうね
残念ながらマインドコントロールされ思考停止状態で現代の社会制度に生きる多くの日本人は、アンドリュー・ワイル博士のようにこの本質部分を追求・理解することはないでしょう

<あわせて読みたい>
東洋医学.jpeg

「東洋医学」あり?なし?〜生命の源からみえてくる答えとは home-opathy.jpgひたすら日本で叩かれる海外公認の「ホメオパシー療法」の不思議

戻り


===2===============

:プエルトリコがデフォルトします・・・その結果、アメリカがいよいよ崩壊?:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月02日:

案内 
翻訳 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985133.html
原稿 http://beforeitsnews.com/opinion-liberal/2016/05/puerto-rico-to-default-on-its-debts-monday-2-may-could-trigger-us-bank-collapse-2527683.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985133.html

ベネズエラがデフォルト状態ですが、プエルトリコは実際にデフォルトしてしまいました
現地時間5月2日にデフォルト宣言するそうです
プエルトリコはアメリカの領土のようなものですから・・・プエルトリコがデフォルトするとアメリカ経済に大きなダメージを与えることになります
以下の記事の通り・・・アメリカはかなり危機的状況になります
日本の株価が下落していますが日銀の金融緩和がないためなどと可笑しなことを言っていますが・・・本当でしょうか?
日本の株価よりもアメリカの株価が要注意でしょう
アメリカの株価が暴落すると日本や世界の株価も暴落するでしょうから・・・いよいよプエルトリコ発世界的な金融崩壊が始まることになるのでしょうか???

http://beforeitsnews.com/opinion-liberal/2016/05/puerto-rico-to-default-on-its-debts-monday-2-may-could-trigger-us-bank-collapse-2527683.html
(概要)5月1日付け

Puerto Rico to Default on its Debts Monday 2 May ? Could Trigger US Bank Collapse
Sunday, May 1, 2016 17:57

B4INREMOTE-aHR0cHM6Ly8yLmJwLmJsb2dzcG90LmNvbS8tQ2ViQVZGNHVtbm8vVnlha2c5OHFMREkvQUFBQUFBQUJsYnMvajVZbFJYOFdvbmNySkR4X2xTUkdOOHA4V3pyM1U3cmhBQ0xjQi9zMzIwLzNiYmQ3ZWJhNmIwNDNmZDhhMzgxOWZhMmJiOWRkOWM5X1hMLmpwZw==

“Puerto Rico to DEFAULT On Its Debts Monday 2 May-
Could Trigger US Bank Collapse”

by Newsroom

プエルトリコはアメリカ合衆国の自治的未編入領域でありコモンウェルスですが、本日(5月1日)、プエルトリコ総督は明日(5月2日)にデフォルトすることを発表しました
プエルトリコはアメリカの州ではないため、アメリカの破たん法が適用されません
そのため、プエルトリコが破たんすると、急激にかなり面倒なことになります
そうなると、プエルトリコの債権者は銀行が支払うことになるクレジットデフォルトスワップを要求するでしょう
しかし、銀行の多くが資金不足に陥っていますから支払うことができないでしょう
つまり、アメリカの大手銀行が数週間以内に破たんする危険性があるということです
銀行が破たんし始めると、銀行にお金を貸していた債権者がクレジットデフォルトスワップを要求する可能性があり、さらに多くの銀行が破たんすることになります
プエルトリコのデフォルトは近代史最大の金融破壊をもたらす恐れがあります
あなたの銀行はクレジットデフォルトスワップを行いましたが
そしてあなたの銀行は破たん組に入っているのでしょうか
昨年10月に米金融法が修正され、銀行が破たんするとベイルインを要請することができるようになりました
つまり、破たん銀行を介して株や公債の投資を行ってきた人々は銀行救済のためにこれらの資産の一部或いは全てを失うことになるでしょう

今週の金融市場を注意深く観察しましょう
状況が悪化しつつあるなら、急激に酷い状態になるでしょう
そうなると、もはや救いようがありません
手遅れ状態です

経済崩壊とはこのようなものです

経済危機が原因でプエルトリコが破たんしました
その結果、プエルトリコのリオピエラスや他の地域で造船会社、レストラン、カフェ、パン屋、美容室、理容室、その他のビジネスに携わってきた何千人ものドミニカ共和国の人々が帰国せざるを得なくなりました
さらに、医師、エンジニア、看護師など長年プエルトリコで働いてきた人々も母国に帰国することになります

リオピエラスで食料品、飲料、その他の商品を販売してきた300以上もの小売店が店をたたむことになります
彼らは今でも店を開けていますが、売上が落ち込み税金すら払えない状況です
このままビジネスを継続しても、そうながくは続かないでしょう
何しろ、売上が80%も落ち込んでいるのですから
多くのドミニカ人が帰国するお金さえ持っていないのです
そのためドミニカの総領事に助けを求めている状態です

2008年のリーマンショック時に、アメリカは今のプエルトリコと同じような状況に置かれましたが、FRBが紙幣を大量に刷ったことで米経済が崩壊するのを阻止することができたのです
その時、FRBの金融緩和策はゼロ金利でお金を貸していました

銀行はお金を借り、株式市場に投資しました
その結果、株価が上昇し、経済が回復したかのように見えたのです
しかし、現実には経済は回復するどころか悪化しました
市場価格は実際の収益や収入から切り離されたのです

現在の株式市場は企業の収益とは一切関係ありません
銀行と企業は巨額の資金を借り入れ株式市場に投資しました
つまり泥の上に建物を建てたようなものです
プエルトリコのデフォルトがアメリカの銀行や企業を破たんさせることになり、全てが崩壊することになります
アメリカの経済が崩壊し、(プエルトリコと同じように)何千人もの外国人労働者が母国に帰国するような状態に陥ります
人々は生活費を稼ぐこともできなくなり、企業は従業員に給与を支払ったり税金を納めることすらできなくなります
ガソリンスタンドもガソリンを購入する資金がなくなり、トラックや自動車は給油ができなくなります
ガソリンがなくなれば、トラックは品物を輸送することができず、人々は品物を買うことができなくなります
食料品店の棚は空になり、食料を得ることができなくなります
ほんの1日か2日で市民不安が始まります
その結果社会が崩壊し暴動が起き、食べ物が得られない暴徒らは建物に乱入したり家に侵入したりするようになります
人々は食べ物の取り合いで他の人々を殺害するでしょう
殺し合いをするでしょう
そして警察すら取締りができなくなり、無政府状態になります

これからアメリカで起こることは大恐慌がジョークのように見えるでしょう
今、食料の備蓄、ガソリンが満タン状態、自分や家族を守るための銃の所持がない場合は生き残ることは難しいでしょう

戻り


===3===============

:第三次世界大戦が勃発するとアメリカは敗戦します:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月02日:

案内 
翻訳 
原稿 

−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985123.html

このようなニュースも
[FT]「殺人ロボット」が新軍拡競争を引き起こす
:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO00269320Z20C16A4000000/?dg=1

殺人ロボット、実用化は目前か 規制への長い道のり
:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO00048190V20C16A4I00000/

AI・ロボット、30兆円市場に 政府「GDP600兆円」へ目標
:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXKASFS15H4R_V10C16A4EA2000/

今のアメリカの状況では第三次世界大戦で勝利できる見込みはないようです
ロシアのプーチンは第三次世界大戦を勃発したいのかどうかは分かりませんが・・・戦術的にはオバマよりも遥かに勝っていますから、オバマは彼の先輩KGBのプーチンに勝てるわけがありません
それに初めからアメリカはロシアに負けることになっています・・・なぜなら、すでにアメリカ国内にロシア軍、中国軍、国連部隊が駐屯しており、アメリカを内部から攻撃できる状態です
日本は今後軍事的にアメリカに頼ることはできそうにもありません
そして、G7に向けてプーチンは盛んに日本をロシア側に取り込もうとしています
世界経済が悪化している中で、本格的な通貨戦争(第三次世界大戦)が勃発しようとしているのでしょうか??
それとも、その前に世界経済は崩壊することになるのでしょうか
災害も含め色々な事が同時に起こりつつあるのでしょうか
日本にとって気になるのは中国です
アメリカの弱体化により、中国は益々南シナ海を実効支配しようとしています
中国経済が破たんしても、軍事面ではあくまでも強気です
次は東シナ海の実効支配も考えているのでしょうから・・・日本はこれまでのようなやり方ではどうにもならないと思います

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2016/05/the-president-and-congress-are-preparing-to-bug-out-they-know-the-us-will-lose-ww-iii-2461229.html

(概要)5月1日付け

オバマも米議会も第三次世界大戦でアメリカはロシアに勝てないことを知っています
そのため、彼らは米国民を置き去りにしてどこかに逃げる準備をしています

www3a

オバマのシリアに対する外交政策の失敗でアメリカの歯車が狂い始まりました
第三次世界大戦が始まってもアメリカはまだ準備ができていないのです
しかし、ロシアは準備が整っていることを米連邦議会は認識しています
さらに米議会はオバマが再びチェス・プレイヤーのマスターであるプーチンの策略に負けていることを知りました
オバマの二枚舌がプーチンに暴露されました
53年前のキューバ危機を除き、米ロ冷戦がかつてないほど熱くなっています
第三次世界大戦が差し迫る中で、プーチンはアメリカに何度もシリアのイスラム過激派との戦いに協力するよう要請しましたが、オバマはそれなりに正当な理由で断固として協力要請を拒否しました
現在、ロシア軍はシリア内で軍事行動を展開している唯一の外国部隊です
シリアのアサド政権はロシアをシリアに招きました
侵入者のアメリカは、オイルマネーの米ドルを何がなんでも守りたいがためにアサド政権を倒そうと、ISISやシリアの反政府軍を含む、ゴロツキのテロリスト集団を創り上げ彼らを支援し続けています
シリアの反政府軍とISISは米CIAに支援された違法なゴロツキ集団です
国際法の下では、アメリカはアサド政権のシリアを違法に乗っ取ろうとしている犯罪国家なのです
プーチンは戦術の天才です
プーチンは、犯罪集団のISISをシリアから追い出すために米軍に対しロシア軍に加わるよう招きいれる一方、シリアで悪さをしているアメリカの悪者を暴いています
ついに米議会はアメリカがロシアに攻撃されることを知ることになりました
少なくとも米議会の一部は、第三次世界大戦が勃発すると、中国とロシアが何通りの方法でアメリカを倒すことができるかをずっと熟慮してきました
今後数週間或いは数ヶ月のうちに、米議会のメンバーらは彼らの身を隠す場所を造り、パラグアイや地下施設に彼らの資金を隠すタックスヘイブンを確保することになるでしょう
米議会や大統領は第三次世界大戦が勃発すると、アメリカはロシアに勝利できないことを認識していますから、彼らは米国民を置き去りにして戦争が始まる前にどこかに逃げる準備をしています

2016年05月02日19:41

戻り


===4===============

:イギリス政府機関の推計資料 : これからの地球は「億単位」の人命の消滅と共に、文明に対しての多くの脅威を経験していく:In Deep:2016年05月02日:

案内 
翻訳 
原稿 http://indeep.jp/what-human-civilization-goes-extinction/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
In Deep
http://indeep.jp/what-human-civilization-goes-extinction/

手さぐりモードから本気モードにギアチェンジしていくのでしょうか?
終わりの始まり
この世始まって以来のイベントの開幕でしょうか!!

2016年4月29日のアトランティックより
human-extinction-01・The Atlantic

平日とはいえ、連休中に「人類が絶滅しないかどうかは疑わしい」というようなタイトルの記事をご紹介するのもどうかと思いましたが、この記事の元となっている推計は、イギリス政府とイギリスの著名な調査組織によってなされたもので、そういう公的な雰囲気のある部署が、

「今後、カタストロフ的事象で、数多くの人々が亡くなる」

ということを「数値を添えて」発表しているということを初めて知りましたので、ご紹介させていただこうかと思います
まあ、それだけ、自然災害にしても何にしても、差し迫っていると感じている人たちは、政府や専門家の人たちにも多いということかもしれません
今回ご紹介する記事に出てくるのは、

・ グローバル・チャレンジズ・ファウンデーション(科学者を中心とした財団)
・ スターン・レビュー(イギリス政府による報告書)

で、前者の「グローバル・チャレンジズ・ファウンデーション」は、昨年の Wired の記事によれば、
> 人類を脅かす危険について問題意識を喚起することを目指した組織

ということで、この組織は、昨年、「起こる可能性の高い12の大惨事」のリストを発表しています

人類文明の展望の英国政府のレポート

報告書の内容は、「いまそこにあるリスク」や「出現しつつうるリスク」などの故ウネ国わけられていて、たとえば、「いまそこにあるリスク」として、

・ 極端な気候変動
・ 核戦争
・ 環境大災害
・ 世界的なパンデミック
・ グローバル経済システムの崩壊

などがあり、「出現しつつあるリスク」として、

・ 人造生物とナノテクノロジー
・ 人工知能

などがあります

他に、人間の文明の壊滅を引き起こす可能性のあること(貧困、飢餓、戦争など)に対しての「解決する能力の欠如」というものもあります(これは比較的大きなものだと思います)

この中の「いまそこにあるリスク」は、もうその渦中の真っ只中にいる実感があるので、改めて知らさせる脅威ということもないのですが、イギリス政府による『スターン・レビュー』には、そこに数値として、

・ 人類の 9.5パーセントの命が失われる

とあり、まあ、期間とかの問題もあるのですが、現在地球の人口は 73億人ですので、9.5パーセントというのは膨大な数値ではあります

以前書きました、

・ 2015年の世界全体の死者数は「5760万人」
私たちは日月神示の「1日10万人の死…」の警告をはるかに越えた時代に生きている
 2015/12/23

という記事にある「 1日 10万人の死」の内訳は、病気が多いのですが、ここにさらに様々な要素が積み重なっていき、「世界全体の死者数」がさらに加速的に増えていってしまうということなのかもしれません
ちなみに、この英国政府の『スターン・レビュー』に関しては、日本の環境庁の資料にそれがどんなものか記載されています

環境庁「スターン・レビュー概要」より

英国財務省が実施した気候変動問題の経済的側面に関するレビュー
ブレア 首相ならびにゴードン・ブラウン財相が委託
ニコラス・スターン卿(元世界銀行チーフエコノミスト)を責任者としているため、スターンレビューと呼ばれる
約600ぺージに上る

というもので、いわゆる「地球温暖化」と呼ばれるものに対して各国に CO2 の削減を求めるための「根拠」としたもののようです
この「地球温暖化」という言葉に深入りすると長くなりますので、ここではふれないですが、そのイギリス政府の公式なリリースで、「今後、気候変動により数多くの命が消滅する」という試算をおこなっているということを初めて知った次第です

核兵器という存在と自動車という存在

核兵器の脅威に関しては、「人為的ミス」と、最近なら「ウイルスやハッキング」という2点がある限り、いつでも脅威はすぐそこにあると思われます
> ちなみに、やはりイギリスのシンクタンクですが、英国王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)の最近の報告書(チャタム・ハウス報告書)では、第二次大戦以降、つまり、日本に原爆が投下されて以降、

「核兵器が実行されそうになったのは 13回」

だったことが示されています

下は、1961年1月に、アメリカ空軍のB-52爆撃機が、米国ノースカロライナ州上空を飛行中に故障し、搭載していた核爆弾2発を州内の村に「落としてしまう」ということがあった時の写真です

1961年に自国で炸裂寸前だった核兵器
nuclear-1961・hani.co.kr

幸いなことに、安全スイッチ一つが故障せずに残ったため、爆発は免れました
もし安全装置が機能して「いなければ」、アメリカ東部が、自国の核兵器で被爆するという事態の一歩寸前でした

その他に、以下のようなものがあります
当然ですが、どれもギリギリで核兵器の実行は回避されています
赤い字はこちらで入れています

・ 1961年01月 米軍のB-52爆撃機が米国上空で故障し、核兵器が落下、爆発の手前
・ 1962年10月 連絡ミスで、ソ連の潜水艦が雨リスに核攻撃する一歩手前に
・ 1980年06月 コンピュータチップの誤作動で、アメリカで核攻撃警告が発令
・ 1983年09月 人工衛星の誤作動で、ソ連で核攻撃警報
・ 1995年01月 ノルウェーの気象衛星を、ソ連側が「核の攻撃」と誤認して、当時のエリツィン大統領が発射ボタンを押す寸前に

というように、それが爆発した場合の被害は甚大なものであるにも関わらず、
> 連絡ミスで
とか
> 誤作動で

というようなことばかりなんですね

そして、これらは、今後も起こり得ることばかりです
どうでもいいですが、ロシアのエリツィン元大統領は大変な酒飲みで、酒癖も大変なものだったそうですが、仮にどんなに泥酔していてベロベロな時でも「核攻撃の最終決定権はその人にある」というのも懸念だったということが報告書に書かれています

泥酔したまま、「なんだこのボタン? 押しちゃえ」とかいうことが、絶対にないとは誰にも言えないあたりが、不安な部分でもあります

(他の国はわからないですが、アメリカとロシアに関しては、司令部以外でも、核兵器の発射は、大統領が持つブリーフケースにあるボタンでもおこなうことができます → アメリカ:核のフットボール、ロシア: チェゲト)

ところで、先ほどリンクしました記事「…私たちは日月神示の「1日10万人の死…」の警告をはるかに越えた時代に生きている」で、 WHO の死亡者数の内訳の一部を載せました

2012年の死亡者数の内訳(WHO)

・ 心臓血管病(脳梗塞や心筋梗塞など) 1700万人
・ 慢性閉塞肺疾患( COPD )      310万人
・ 気道感染症(かぜを含む上部感染症) 310万人
・ HIV / エイズ            150万人
・ ガン                700万人
・ 交通事故              130万人

この中の、
> 交通事故 130万人
を見た時には、内心驚いたのです
交通事故だけで、1年間 100万人以上が亡くなっている
1年間という単位で見れば、どんな自然災害より自動車事故で亡くなる人のほうが多いのです
これは、自動車のなかった時には「存在しなかった死」だったと思うと、「新しい死の出現」というのを数字で見ているわけで、いろいろと思うところがありますが、しかし、「自動車があるからこそ救われた命」の方も確かにあるわけで(物資の輸送や建築など、そういうものも含めて)、利害だけからは何とも一概には言えないところがあるのは事実ですが

でも、それにしても、どこの国も過剰な車社会になりすぎているとは思います
ちなみに、アメリカの場合ですと、「生涯で交通事故で死ぬ確率は1パーセント弱(アメリカでは 120人に 1人が交通事故で亡くなる)」です

それはともかく、最近の記事、

・ 自然災害は予想以上の驚異的な勢いで地球の文明を崩壊させ続けている
  2016/04/20

・ 世界は想像を絶するすさまじい干ばつと水不足の世紀に入ったかもしれない
  2016/04/28

などに書きましたこともそうですが、病気も含めて「死亡する原因がどんどん増えていっている」というのが現在の世界の状況のようです
また、ここではふれられていない巨大な彗星や小惑星の衝突や超巨大火山の噴火といったことも含めて、どれも「なくはない」ものではあります
それでは、ここからイギリスの報告書などに関して報じた米国メディアの記事です

Human Extinction Isn’t That Unlikely Atlantic 2016/04/29

人類が絶滅しないかどうかは疑わしい

新しい報告書は、「一般的な人間が絶滅系事象で死亡する確率は自動車事故の5倍に達するだろう」と述べている
核戦争、気候変動、そして何百万人もの人間を死に至らしめるパンデミック
これらは、世界的な文明社会において、最もあり得る現実的な脅威だ

それらは悪夢であり、何もかも吹き飛ばしてしまうものではあるが、しかし厄介なことに、これらはゴジラやゾンビとは違い、現実に存在しているものであり、いつ巨大な規模で世界を覆っても不思議ではないのである
そして、最近、英国に拠点を置き、人類を脅かす脅威についての問題意識を喚起することを目指した組織財団「グローバル・チャレンジズ・ファウンデーション(Global Challenges Foundation)」がリリースした新しいレポートによれば、そのような脅威が世界文明を脅かす可能性は、私たちが思っている以上にはるかに高いものだ

この『世界的な壊滅リスク(global catastrophic risk)』と題された年次報告書には、たとえば、平均的なアメリカ人は、一生のうち、自動車事故で死亡するよりも絶滅的な事象で亡くなる確率が5倍となるだろうことが示されている

自動車事故で亡くなることは一般的なことではなく、アメリカで自動車事故によって亡くなる人は 9395人に 1人だ
確率にすれば、1年間で、全体の 0.01%の人が事故で亡くなっていることになる
この数字だけを見れば、大きなものではない

しかし、この確率を年間ではなく、「生涯を通じたスケール」で考えてみると、アメリカ人の 120人に 1人が自動車事故で亡くなっている計算になる
そして、気候変動や偶発的な核戦争などによる絶滅系事象では、それより、はるかに高い確率が計算されているのだ

英国政府による、気候変動における経済学上の主要報告書『スターン・レビュー(The Stern Review)』は、毎年 0.1%の人が気候変動の影響によって亡くなるという数値を算出した

この「 0.1%」という数字は低く見えるかもしれないが、全世界の人口規模(約73億人)と照らし合わせると、その響きの重大さがおわかりになると思われる
財団グローバル・チャレンジズ・ファウンデーションは、次の数百年以内に、人類全体の 9.5%が絶滅系事象で死亡すると推測している

そして、また、この数値でさえ、他の世界的大変動による死亡率としては過小評価されているといえるかもしれない

英国政府の『スターン・レビュー』は、全人類の 9.5%が絶滅するという具体的な数値を出している唯一の報告書だ
また、財団グローバル・チャレンジズ・ファウンデーションは、すべての種類の事象によって、地球の人口の 10%以上が消滅させられることになることを懸念している
グローバル・プライオリティ・プロジェクト(Global Priorities Project)の責任者であるセバスチャン・ファーカー(Sebastian Farquhar)氏は、
「私たちは、それらのどの出来事も起きる時期について予測していません
しかし、全体として考えてみれば、まだ、私たちが準備をしていない起こり得る事象というものが数多くあるのです」と述べる

その大量絶滅事象とはどんなものがあるのだろうか

報告書の中には、正当な理由の説明と共に、壊滅的な気候変動と核戦争が含まれている
核の脅威については、これまで世界は何度か核戦争の脅威に直面した
それらのほとんどは冷戦中に発生し、1990年代にも起きている

1995年には、ロシアの防衛システムが、ノルウェーの気象ロケットを核攻撃の可能性があるとして間違えたことがある

当時のロシアのエリツィン大統領は核兵器の起動コードをセットし、大統領の前には核のスイッチが収められている「核のブリーフケース / チェゲト」がセットされた
あとはボタンを押すだけで核兵器は発射される
しかし、ありがたいことに、ロシアの指導者は核のスイッチを押す前に、これが誤警報と判断した
気候変動もまた、独自のリスクをもたらす
気候科学の重鎮の科学者たちは、今世紀末までに「大陸サイズのスーパーストーム」が発生することを示唆している
ファーカー氏もまた、保守的な数値の見積もりは危険だと言う
そして、いくつかの気候変動のシナリオは、すでにこの地球に影響を与え始めている

戻り


===5===============

:お金ができる仕組み 銀行の詐欺システム お金のバカバカしさが分かると腹が立つ:カテゴリ紙幣の不思議2:2016年05月02日:

案内 
翻訳 
原稿 http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/3cf27605e072254388a93e35deda89ae

−−−−−−−−−−−−−−−−−
紙幣の不思議2
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/3cf27605e072254388a93e35deda89ae
今更何度でも

中央銀行・日銀から出てくるお金は銀行券で、銀行券と云う商品券で、99%から自由を奪う時間泥棒をやっているのが1%
お金の仕組みが分かるとお金に対する考え方が変わり、お金はただの道具であり、その道具を使い、世界を支配しようと企む強欲者が1%であると云う事を、理解します
お金の仕組みが分からない人達は、信用資本主義に踊らされ、お金を稼ぐ事が自分の地位を高める事だと勘違いしています
お金を稼ぐ事でお金持ちになり、お金の仕組みを知らない人から羨望の眼差しで見られるので、お金持ちになるのが一番の幸せだと勘違いしています
1%はお金のカラクリを知られたら、自分達は裸の王様になる事が分かっている為、お金のカラクリが分からない様に99%に催眠術を掛け、99%を騙しています

義務教育でお金の仕組みを学べば世界感が変わり、お金に執着するのではなく、人に執着するようになり、本当に大事なモノが見えてきます

お金ができる仕組み
銀行の詐欺システム(1/5) Money As Debt
https://youtu.be/mm8Du70dF9c

お金ができる仕組み
銀行の詐欺システム(2/5) Money As Debt
https://youtu.be/N9NK02bF-4w

お金ができる仕組み
銀行の詐欺システム(3/5) Money As Debt
https://youtu.be/TmXorRn4Nn4

お金ができる仕組み
銀行の詐欺システム(4/5) Money As Debt
https://youtu.be/3hlaif6w8GE

お金ができる仕組み
銀行の詐欺システム(5/5) Money As Debt
https://youtu.be/-JRS0Cdx5Bk

通貨発行権〜お金が生まれる仕組み〜

はいどうぞ
(五輪の書)2016-05-01 19:09:10

お金、システム知ると腹立つよ
https://m.youtube.com/watch?v=iqlxMp3dR7Q
https://m.youtube.com/watch?v=N9NK02bF-4w
https://m.youtube.com/watch?v=TmXorRn4Nn4
https://m.youtube.com/watch?v=3hlaif6w8GE
https://m.youtube.com/watch?v=mm8Du70dF9c

不思議なフシギな紙幣のしくみ (てん茶)2016-05-02 06:44:07

おはようございま〜す
(*^-^) こちらの動画もシンプルで分かりやすくてオススメです

通貨発行権〜お金が生まれる仕組み〜
https://www.youtube.com/watch?v=-JRS0Cdx5Bk

こちらはフェイスブック
URLでは検索できなかったので、
「【経済学者は教えない】信用創造って??合法的な詐欺集団に騙されなくするには・・・」

「」内で検索してみてください
m(_ _)m

情報有難う御座います

戻り


===6===============

:健康的に長生きする方法とは:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月01日:

案内 
翻訳 
原稿 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985049.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985049.html

誰もが最後まで健康で元気に生きたいと願っているはずです
しかし多くの人々が何等かの病気を抱えながら何とか暮らしているのが今の状況です
やはり・・・病気がちな人(特に生活習慣病)にありがちなことは・・・食生活がいい加減、運動をしない、マイナス思考・・・だと思います
心身ともに健康的に生きるためにもう一度、生活習慣を見直す必要があるのではないでしょうか
特に今の日本人は、炭水化物や糖分の摂取量が多く、野菜不足の人が多いと言われていますし・・・マイナス思考も多く、毎日ストレスにさらされています
これでは生活習慣病にかからないというのが無理な話です
特に働若者やき盛りの年代の人々はかなりアンバランスな食生活を送っているのではないかと思います
多くの日本人がこんな感じでは日本の将来が暗いものとなってしまいます
もっと健康的に人生を送って頂きたいと思います
そういう私は・・・長寿よりはピンコロを願っているのですが・・・

以下の記事は15世紀に152才まで元気に生きたイギリス人から学んだ健康的に天命を全うする生き方を伝えています
以下にリストアップされた全ての項目を実行することは難しいですが・・・少しは参考にして頂けるのではないかと思います

http://beforeitsnews.com/health/2016/04/world-renowned-doctor-reveals-how-to-cure-your-body-of-every-disease-2629491.html

4月30日付け世界的に著名な医師が全ての病気を治癒する方法を明かしました
トマス・パーは152才まで生きたイギリス人男性です
彼は苦難を乗り越え天寿を全うした伝説の人物となりました
トマス・パーは1483年にイギリスのシュロップシャー州アルバーバリーの小教区で生まれたといわれています
彼には2人の子供がいましたがどちらも幼少期に死亡しました

ウィキの情報:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC

彼は日常的に非常に古いチーズを食べ生乳を飲んでいました
また、粗くて硬いパンを食べ酸っぱい乳清を少しずつ飲んでいました
彼はこのような貧しい食生活ながら最後まで元気に一人で暮らし続けました

グリーン・チーズ、玉ねぎ、粗くて硬いパンを食べ続け、バターミルク又は特別な比にはミルク・エイル(サイダー)を飲んでいました
もちろん彼は煙草は吸いませんでした
彼の長寿食は、頭を冷やし(カッとならない)、運動と共に足を温めることで健康を維持したとの評判を得ました

さらに、早寝、早起きが重要です
また、成功したいなら、目を見開いておき黙っていることです
トマス・パーは100才で女性と性的関係を持ち、非嫡出子が一人できました
彼の最初の妻が亡くなった後、122才で彼との間に非嫡出子をもうけた女性と結婚しました

以下がオールド・パー(トマス・パー)の生き方から学んだ長生きの方法です

・ 毎日、夕陽や朝陽をじっと見る
最初は10秒間ずつ見る
その後徐々に見る時間を増やしていく
太陽を見ている間、裸足で地面(コンクリートでもよい)に立つ

・ フィルターで濾過したりフッ素が混入していない水を飲む
天然水がベスト
水に太陽エネルギーを吸収させるため、瓶に入れた水を2〜3日天日に曝す
ただし夜間は外に置いておかない

・ 毎日、屋外で新鮮な空気を吸いながら運動をする
これがデトックスのための最良の方法の1つです

・ 朝と夕方、最低20分間、(新鮮な空気の)屋外で深呼吸をする

・ 10PM〜2AMの間に眠りにつく
この間、身体はホルモンを分泌する
太陽のリズムに従う

・ 天然の化粧品を使用する

・ 新鮮な野菜や果物を毎日食べる

・ 人工甘味料を避ける

・ アルコール、紅茶、缶入り飲み物を飲まない
ガムを噛まない
缶入り食品を食べない
煙草を吸わない

・ 常に笑顔で前向きに考える
その結果、療法的ホルモンの分泌が高まる

・ 自分や他人に対してマイナスの言葉を吐いたりマイナスの態度をとらない
健全にふるまう

・ 寛大であるべき
そうすることで、ホルモン分泌に支障をきたし健康全般に悪影響を与えることになる、怒りや憎悪の感情がなくなる

・ 精神障害は、新鮮な植物と太陽によって治療できる

・ 新鮮な植物を食べることが理想的な食生活である

・ 毎日、新鮮な野菜や果物を食べ、浸してあった?アーモンドやクルミを少し食べる

・ 毎日、小さじ2杯のアマニ油を飲み、小さじ2杯のアマの種子(粉末状)を食べる

References:
http://www.healthyfoodteam.com/famous-doctor-reveals-every-day-will-healed-every-disease

戻り


===7===============

:イルミナティ・ジョンが明かした宗教の秘密:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月09日:

案内 
翻訳 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985587.html
原稿 http://beforeitsnews.com/christian-news/2016/05/illumnati-john-calls-back-with-new-information-your-jaw-will-hit-the-floor-2526140.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985587.html

イルミナティのメンバーがあるジャーナリストに電話をかけてきました
そして、彼に宗教の秘密を教えました
ジョンとなのる人物が宗教は人間を支配するために作られたと伝えたそうですが・・・私はそのことを何年も前から知っていましたので別に驚くことでもありませんが・・・キリスト教徒がなぜあれほど目に見えないキリストにあこがれるのか、キリストにすがるのか・・・これもすべて教会で受けた洗脳のなせる業でしょうね

たとえ、キリストが人間に姿を変えた神だったとしても、教会が聖書を使って信者に教えている行為は洗脳でしょうし・・・聖書も時の権力者(イルミナティ)によって書き換えられたとも言われています
宗教は誰が作ったのかと言えば、やはり、人間を支配下に置きたい権力者が作ったのでしょう
宗教があると人間を操りやすくなります
神という名の独裁者を創り上げ、神に背けば地獄へ落ちるとか、全てを神に任せるとか・・・神に許しを請うとか・・・神を崇拝させていますが、これって北朝鮮などの独裁者が平民に押し付けていることと全く同じです

本当の神って、自然の摂理でありバランスであり宇宙そのものだと思うのです
人間の身体は宇宙そのもの
身体の中に神(魂)が潜み自分で何が正しいかを判断できるはずなのに・・・自分で考えずに教会の教えに頼ることこそが洗脳でしょう
宗教はどれも同じだと思います
ただ、日本の宗教(神道や仏教)は、人々を束縛しないので自由がありますが・・・

http://beforeitsnews.com/christian-news/2016/05/illumnati-john-calls-back-with-new-information-your-jaw-will-hit-the-floor-2526140.html
(概要)5月8日付け
By ウィル・ウォーカー

Fusionlacedillusions.comのサイトを運営している調査員が再びイルミナティ・ジョンと呼ばれる人物から電話をもらいました
ジョンはイルミナティのメンバーですが、カバラの派閥ではありません
以下は、電話を通して調査員が彼にインタビューをした内容です
彼は謎に満ちた理解しにくい社会の構造について解き明かしてくれました
(インタビューの前半は省略させていただきます)
・・・・・

John(イルミナティ・ジョン):
メメティックスについて知ってる?
FLI(調査員):
何と言ったの?

John:
メメティックス
神経言語プログラミングのことだ
FLI:
聞き覚えがあるな
それがどうしたの

John:
後で調べておいて
僕が今君に伝えることは、君にとって初耳だろうが最も重要な情報なんだ
全ての宗教が神経言語プログラミングなんだよ
FLI:
Ok.それはどういう意味?
そしてなぜそれがそれほど重要なの?

John:
つまり、君は(教会に行っているから)プログラミングされているということだよ
もちろん(教会に行っている)君の奥さんも同じだ
君が知っている人たちはみなプログラミングされているんだ
君たちは特定の言葉に反応して特定の考え方をするようにプログラミングされているんだ
君たちがプログラミングされていることを知れば、君たちがいかに奴隷として扱われているかが分かる
だからこのことを知ることは重要なんだ
それを知れば希望が持てるようになる
ところで君と違った宗教を信じている友人はいる?
それとも宗教とは一切繋がりのない友人はいる?
FLI:
ええ
イスラム教徒とヒンドゥ教徒の友人(男性)がいるが、私の友人の殆どは非宗教だ
後に非宗教になった友人もいる

John:
それはいいね
それじゃ、君には望みがある
小鳥は群れをなすことを知っている?
イスラム教徒の友人らと仲良くしているなら、彼らは自分よりも他人を重んじているということに気が付いただろう?
彼らは君が理解できない言葉で話していることに気が付いた?
彼らが使う言葉の意味を君は理解していると思うかもしれないが、実際は理解していないのだ
FLI: ええ、そのことは何回も気が付いたよ

John:
OK. 君はジャーナリストだが、君の仕事場のあるビルでは弁護士、歯医者、カイロプラクターも働いているな
彼らが集団で話している内容を耳にしたとき、君には全く理解できないと感じたことはある?
FLI:
もちろんさ

John:
彼らは英語で話していた?
FLI:
ええ

John:
じゃあ、なぜ彼らの話を理解できなかったの?
君は完璧な英語を話しているのに
FLI:
それは・・・ただ、彼らが話している内容が理解しなかっただけさ
彼らは専門用語を使っているし

John:
その通りだ
彼らは君が知らないミーム(情報の単位)コンプレックスを使っていたのだ
そんな彼らは君よりも賢いと思う?
FLI:
いや、彼らは異なることを知っているだけだ
John: つまり、君は彼らが知っていることを学べば彼らの言語をより理解することができるようになるということだ
FLI:
そうだね

John:
君がジャーナリストの友人らとジャーナリズムについて語っても、他の人々が理解できなければ、君は他の人々よりも賢いの?
FLI:
いや

John:
君は他の人々とは異なる能力を持っているということだ
FLI:
ええ

John:
君は機能が違う
FLI:
何ですって?

John:
何でもないよ
さて、教会について話そう
君にとって際立つものは何?彼は私に触れ、私は全てである
全て(Whole)って穴(Hole)のこと?
FLI:
いや、W-h-o-l-eだ

John:
なせそんなことを君に訊かなければならなかったのか分かる?
FLI:
なぜなら、どちらも同じ発音だからだろう

John:
その通りだ
どの魔女が魔女(Which witch is witch.)
私は機械工にトランズミッションを送った
(I sent my mechanic a transmission.)
・・・これをどう訳せるかな?
FLI:
つまり、君は機械工にメッセージを送ったということだろう?

John:
本当か?いや違う、
私は彼に車の部品を送ったのかもしれないよ
FLI:
Ok. 何が言いたいんだ?

John:
僕が言いたいのは、君の奥さんは、今日、教会で神経言語学のメッセージを受け取ったのさ
教会は、彼女に彼女のHole(穴)に触れるよう命令したのだ
FLI: 何だって?

John:
聴こえただろう
FLI:
まさか
教会で歌った歌はそんなことを意味してはいない

John:
君の潜在意識は違うように解釈する
君の奥さんの潜在意識も同じだ
彼女は確かにメッセージを受け取ったんだよ
君は今夜彼女と○○をするのを忘れないように
さもなければ彼女は君に後悔させるだろう
FLI:
君は正気じゃない
我々は教会について話をしているんだ
教会には子供たちもたくさん来ている

John:
僕が正気じゃないって?
穴に触れることについて語っている教会に子供たちを連れていっているのは僕じゃない
FLI:
君は明らかにどうかしている
落ち着け

John:
僕が君に明かしていることを理解しないなら、君こそが奥さんから今夜愛情を貰えない(落ち着かない)奴だよ
FLI:
やめろ
このことについてはもう話したくはない
我々はイルミナティについて話しているのに、君は性生活についてしか話したくないようだ
John:
悪かった
実際に何が起きているかを君に伝えるにはこれを伝える以外になかったのだ
君はイルミナティについてもっと詳しく知りたいようだから、私は教えようとしているのだ
まず、君は、世の中はいかに性的なメッセージであふれているかを認識していないことを知るべきだ
君は意識的にはそれを理解できないだろう
しかし、潜在意識は性的メッセージを全てキャッチしているのだ
FLI:
Ok. じゃあ、君は教会で歌ったこの歌にはサブリミナル・メッセージが隠れているというのかい

John:
教会の全てにサブリミナル・メッセージが隠れているんだ
彼らが君たちに読ませている本(聖書)は、名前と数字が配列されたミーム(情報の単位)コンプレックスでしかない
私がヨナネ3:16を語ったら、君の心の状態がどのように変わるのかを教えてくれ
FLI:
うーん、 突然、心が静まり謙虚な気持ちになる

John:
ヨハネ3:16を読んでごらん
そうすれば君もなぜそのような心の状態になるかが分かるだろう
宗教はみな、君たちを支配するために作られたのだ
宗教の大きな役割は・・・特に女性達をキリストという登場人物に夢中になるように訓練することだ
FLI:
登場人物?
キリストは我々の神であり救い主だと思っていたが・・・

John:
君はキリストに会ったことはあるのかい?
FLI:
いや
君は?

John:
(笑)たぶんね
もし私が会った事があると言ったなら、君は私をクレイジーと思う?
FLI:
たぶん、ちょっとは

John:
もしキリストが私に語りかけたと言ったら、君はどう思う?
FLI:
私を騙していると思うさ

John:
じゃあ、ローマ法王は世界一の詐欺師だと考えるべきだね
とにかく、君はキリストと会ったことが一度もない
君の考えるキリストとは、君が想像したものだ
キリストは何百万人ものキリスト教徒が想像したものだ
それでもキリストは彼らにとって神秘的な力を持つ存在として見られている
FLI:
そうだね

John:
今の時点で、キリストが本物かどうかなどどうでもいいんだ
キリストが実在していたかいなかったのか・・・
教会から教えられたキリストの話は真実かどうか
そんなことはどうでもいい
じゃあ、私が君に、キリストの本名はヨシュア・ビン・ヨセフだと言ったらどうする?
FLI:
そのことは耳にしたことがあるよ
じゃあ、なぜ彼をイエス・キリストと呼ぶのだろう?

John:
なぜなら、スペインの異端審問時に、彼の名前を庶民が呼ぶにはあまりにも神聖すぎるため、そのような名前に変更したのだ
そして彼らはヤハウェをエホバに変えた
ヘブライ語にJのアルファベットが無いのを知っている?
FLI:
いや
Jがないからどうなんだ?

John:
ヘブライ語にはJがないのに、なぜヘブライ語でイエス(Jesus)と名付けられたのかね
FLI:
じゃあ、なぜJoshuaと呼ばれたの?

John:
(笑)君は良く分かっているね
ヘブライ語のYはGの発音に少し似ている
それはJの発音にもなる
本当はYashuaなんだ
君が奥さんと教会に行くと、奥さんは無意識のうちイエスに熱狂するようにプログラミングされているということだ
そして彼女は君をイエスみたいに行動するように訓練するだろう
FLI:
なんだか・・・君はハイの気分かい?

John:
君はそういうだろうな
そう考えない方がいいよ
また連絡するよ

戻り


===8===============

:太陽は宇宙人によって火力調整されていた!? 太陽のまわりをうろつく超巨大UFOが確認される:知的好奇心の扉:2016年05月10日:

案内 
翻訳 
原稿 http://tocana.jp/2016/03/post_9110_entry.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
知的好奇心の扉 トカナ
http://tocana.jp/2016/03/post_9110_entry.html

Ads by Yahoo! JAPAN
0307sun_hon2.jpg画像は「YouTube」より引用、丸は編集部

ようやく暖かくなってきたと思ったら急に冷え込むというようなことも多いこの時期、体調を崩す方もいるのではないだろうか
太陽の日差しは少しずつ強くなっているが、朝晩はまだ寒く、春を待ちわびている人も多いだろう

ただ、暑い寒いとわめく我々の日常は、宇宙人の一存で一変してしまうような、はかないものなのかもしれない
なぜなら、動画サイト「YouTube」に投稿された動画において、太陽のまわりに飛び交う超巨大UFOの姿が確認されており、彼らが太陽を“操作”している可能性が浮かび上がったからだ

■ 太陽のまわりに巨大なUFOの姿が確認される

動画を投稿したのは、ロシアの無所属UFO研究家であるアレクセイ・サポージニコフ氏だ
自身のYouTubeチャンネル「myunhauzen74」では、太陽のまわりに巨大なUFOが映っている様子をいくつも紹介している
それらの動画に出てくる画像は、NASAの太陽・太陽圏観測衛星「SOHO」によって撮影されたもので、太陽のさまざまな活動を可視化してくれている
動画ではそのひとつひとつについて、謎の超巨大UFOとみられる物体を指摘しており、ひとつの画像に複数のUFOが写っているものもあった

このことについて、コメントできる人といえば……、そうUFO研究家スコット・ウェアリング氏だ
4日、彼は自身のブログで次のように語っている

「ロシアの研究者2人が、太陽のまわりにおびただしい数の巨大なUFOが、毎日24時間出没していることを発見したと、6・7年前に聞いたことがあります
そのUFOは月よりも大きいということも聞いたんですが、その話はネット上からかき消されてしまい、それからというもの太陽の画像を見るたびにそのことが気になっていました
これがそうなのでしょう」

ウェアリング氏は、今回の発見によって以前聞いた話の確証を得たと感じているようだ
そして、UFOが太陽のまわりにいる理由を推測している

「彼らは太陽の出力を調整しているのだと思います
地球へ調度よい温度になるように調整しているのか、もしくは(太陽内で)希少な物質を生成するための温度調整をしている可能性もあります」

彼の推測が本当だとすれば、地球は宇宙人によって養育されてきたということになる

■ 地球に匹敵する大きさのUFO

0307sun_hon5.jpg左下に木星、その下に地球、画像は「Wikipedia」より引用

超巨大UFOといっても“点”じゃないか、と思ってはいけない
太陽がとてつもなく大きいため、小さく見えるが、太陽と木星と地球の大きさを比べた画像を見てもらえばわかる通り、地球を太陽の横に描写するとほぼ点になってしまうのである

つまり、今回の動画に映っている超巨大UFOはそれぞれが地球に匹敵する大きさだということだ
もはやUFOというよりも、文字通り「宇宙船地球号」的に天体を利用しているように思える

実は最近、太陽系内の別の場所でも超巨大UFOとみられる物体が目撃されている
2月に、米国の民間UFO研究班「Secure Team」が投稿した動画では、木星の近くに巨大なUFOが訪れている様子が確認できる
なぜ木星の周辺に来たのかはわからないが、彼らの基地のようなものが付近にあるとも考えられる

0307sun_hon3.jpgエウロパ、画像は「Wikipedia」より引用

木星には67個の衛星があるが、そのひとつである「エウロパ」は氷で覆われており、内部に生命がいる可能性も示唆されている
もしかしたら超巨大UFOの基地が、エウロパの内部にあるのかもしれない

先述のウェアリング氏は、「彼らが出力調整を失敗して、地球を丸焼きにしないことを祈るばかり」と話し、太陽が宇宙人にコントロールされていることについて心配していたが、もし彼らの目的が、地球よりはるかに太陽から遠いエウロパの氷を溶かそうというものであるならば、近いうちに地球は炎に包まれてしまうかもしれない

動画は「YouTube」より引用
https://youtu.be/TciSerEl67U

動画は「YouTube」より引用
https://youtu.be/HZrVt7J1FUs

戻り


===9===============

:プーチンはエリザベス女王がシェイプシフトするところを目撃していました:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月10日:

案内 
翻訳 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985630.html
原稿 http://beforeitsnews.com/international/2016/05/president-putin-claims-queen-elizabeth-is-not-human-2490042.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985630.html

プーチンがエリザベス女王はレプティリアンであると周辺の人々に漏らしたそうですが・・・プーチンもレプティリアンじゃないの?と思ってしまいます

プーチンがエリザベス女王の本当の姿を話したことで、実際に地球上にはレプティリアン種族が生息しており、世界を支配してきたことが証明されたことになります
ただし、プーチンがなぜそのようなことを話し始めたのかですが・・・世界覇権をめぐりBRICS 対 英米の戦いが進行中であり、女王の真の姿を暴くことで英米を不利な立場にしようとしているのか、それとも、女王の許可を貰って、地球上には強靭で恐ろしく決して逆らえないレプティリアン種族がおり、彼らこそ世界の支配者だから絶対に抵抗するなと伝えているのでしょうか
そうすることで、世界の人々は彼らに大人しく従うことになるから?
プーチンの正体が明らかになっていませんのでどのように判断したらよいのか分かりませんが・・・分かっていることは;
地球では、数々のエイリアンが支配権を争っており、数千年もの間、レプティリアン種族が地球を独裁支配してきました
ヨーロッパやサウジなどの王族はみなレプティリアンの血統であり、ロスチャイルドやロックフェラーなどのエリートらもそうです
彼らは同族と婚姻関係を結び血統を守ってきました
ですから、世界を支配しているイルミナティはレプティリアンであり、地球は邪悪なエイリアンに乗っ取られているということです
レプティリアンも含め、エイリアンは異次元の存在であり、人間の肉体に憑依しその人物を支配・操作することができます
ですから、日本の政治家も総理大臣になると別人のようになる場合があるのも、彼らに操られているからでしょうね

http://beforeitsnews.com/international/2016/05/president-putin-claims-queen-elizabeth-is-not-human-2490042.html
(概要)5月8日付け

プーチンは、エリザベス女王がプーチンを出迎えているときにシェイプシフトしたと政府高官や友人らに伝えました
そして、エリザベス女王は世界を支配するイルミナティの司祭長であり、強靭なレプティリアン血統の彼らと関わり合いを持たないように警告しました

President Putin says that Queen Elizabeth is a shapeshifting reptilian

プーチンは、目の前でエリザベス女王が人間の肉体からレプティリアンにシェイプシフトしているところを目撃し、女王が人間ではなくレプティリアンであることを確認したと周囲の人たちに漏らしたそうです
そして、彼らと関わり合いにならないよう警告しました

プーチンは、2014年に、ノルマンディ上陸(D デイ)の70周年記念式典に女王と対面しましたが、その時、プーチンは女王から距離を置き、女王が階段を上るときに手を差し伸べなかったとして欧米メディアに批判されました

そして、今になり、プーチンが女王のシェイプシフトを目撃したため女王からできるだけ遠くに離れていたのだということが明かされました
プーチンによれば、女王は、淀んだ灰色の、くちばしのような形をしたトカゲの顔をしていました
彼女はプーチンと挨拶をしているときに、3回から4回、人間の姿からレプティリアンにシェイプシフトしました

その後も世界のリーダーたちと共に写真撮影をしていたときにも女王はシェイプシフトしました

世界のリーダーらが女王が階段を上るときに手を差し伸べた際、彼女の両手がレプティリアンの手に変わりました
また、彼女が微笑んだときには、彼女の歯がぎらぎら光る鋭いレプティリアンの歯に変わりました
‘ プーチンが初めて目撃したレプティリアンのイルミナティについての説明は、私の独自調査の成果及び他の人々から入手した情報と一致しています
この5年間、私は80ヶ国以上を訪れ、世界を支配する専制的権力者たちについて調査してきました
すると、世界中でいかに多くの人々(ジャーナリストも含む)が、レプティリアンにシェイプシフトする権力者達の姿を目撃していたかが分かりました

例えば、
デンマークのタクシー・ドライバーは、2014年にコペンハーゲンで開催されたビルダーバーグ会議でVIPの招待客の集団をタクシーで通り過ぎようとしたときに、彼らの何人かが顔、両手、両足をレプティリアンにシェイプシフトしたのを目撃しました

ペルーでも、信頼おける霊能者は、オバマ、デービッド・キャメロン、ヒラリー・クリントンなどの権力者たちは国際ニュースチャンネルを観ているときに必ずレプティリアンにシェイプシフトすると私に話しました

世界の支配層は、世界の食糧、水、空気源などを支配するだけでなく、世界の主要メディアをも独裁的に支配していますから、彼らは世界人類の頭を悪くし、騙し続けています
彼らは古代から現在まで世界人類の敵なのです

戻り


===10==============

:特に環太平洋火山地帯の海岸沿いで大量の魚の死骸が打ち上げられています:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月11日:

案内 
翻訳 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985693.html
原稿 http://theeconomiccollapseblog.com/archives/all-of-a-sudden-fish-are-dying-by-the-millions-all-over-the-planet

−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985693.html

環太平洋火山地帯の国々では大量の魚や海の生物が死んでいるようです
中国でも大量の魚が死んでいますが、それは中国の汚染が原因だと思いますが・・・
先月から突然、太平洋で大量の魚や海の生物が死に始ようですが・・・
今年に入り、地震や火山噴火も頻発していますから、地球に異変が起きていることは確かです
太陽からの影響なのか、ニビルの影響なのか、地球の磁場が狂ってしまっているのか、ポールシフトが起きているのか・・・
分かりませんが、飛球にとんでもないことが起きているのではないでしょうか

日本の近海の魚はどうなのでしょうか?
輸入魚が増えていますが、将来的に漁獲量が激減し魚が高価すぎて食べられなくなってしまうのでしょうか

http://theeconomiccollapseblog.com/archives/all-of-a-sudden-fish-are-dying-by-the-millions-all-over-the-planet

(概要)5月8日付け

Fish Deaths - Public Domain

1ヶ月前から突然、世界の海で大量の魚が死んでいます
魚が死ぬことは珍しいことではありませんが、ここ最近、あまりにも大量の魚が死んでいます
中国やベトナムでは大量の魚が死に国家的危機となっています
魚や海の生物の死骸が海岸線を埋め尽くしている光景を目にした人々は恐怖を感じています

チリは、国土の殆どが海岸線に面しています
そして、浜には300頭のクジラ、8000トンのイワシ、そして大量のサケ(年間漁獲量の12%)の死骸が打ち上げられました
しかし、大量の魚や海の生物の死の原因は未だ解明されていません

ベトナムでは状況がさらに深刻です
先月初旬から、125kmの距離の海岸線に何百万匹きもの魚やハマグリの死骸が打ち上げられており、兵士がそれらを片づけています
(クジラも時々打ち上げられています)
これは共産主義国で最も深刻な環境災害です
数千世帯への食糧(魚)供給に打撃を与えており、政府は原因究明が遅れていることで国民の怒りをかっています

中国南部の海南省の湖でも最近、35トンの魚の死骸が打ち上げられていました
中国当局は湖の塩分濃度が変化したから魚が死んだと説明しました

ボリビアの主な湖(複数)でも同じような現象が起きています
Alalay湖では何千匹もの魚(多くは孵化した直後の魚)の死骸が打ち上げられました

そして、ブラジルでも、日曜日にFurnas湖から200トン以上の魚の死骸が除去されました
淡水魚のテラピアが全滅してしまいました
損害は90万リラに及びます

さらに、先月だけでも、インドでは40トンの魚が死に、カンボジアでは65トンの魚が死に、コロンビアでは70トンの魚が死に、インドネシアでは突然何百万匹もの魚が死にました

先月から世界で大量の魚や海の生物が死んでいる原因は何なのでしょうか
たぶん・・・
世界中の人々が体験している憂慮すべき地球変動に原因があるのではないでしょうか

今年の初旬から世界中で地震活動が急激に活発化しています
ここ数ヶ月間で大きな地震が何回も起きています
また世界中の火山が噴火しています
もちろん人間が地球を破壊してきたことは確かです
福島の原発事故処理もまだ完了していません
興味深いことは、大量の魚や海の生物の死骸が打ち上げられたのは環太平洋の国々の海岸が殆どだということです
これほど大量の魚や海の生物が死んでいることで人々は恐怖を感じ始めています
地球が益々不安定化しており、今後、大規模自然災害が頻発するのではないでしょうか
カナダのアルバータ州では森林火災が拡大しています
我々は、多くの人々が警告してきたとおり、最悪の事態に直面しつつあるのだと思います

戻り


===11===============

:地底世界からの情報伝達が始まった!NASA地底人の電波をキャッチ:y-asakawa:2016/05/12:

案内 
翻訳 
原稿 http://www.y-asakawa.com/Message2016-1/16-message70.htm

−−−−−−−−−−−−−−−−−
地底世界からの情報伝達が始まった!NASA地底人の電波をキャッチ

ソース:nemesis maturity

「nemesis maturity」というブログが、 米国の新聞が掲載した地底世界に関する情報を伝えていた
それは、米国のNASA上層部のある人物が匿名を条件に明らかにしたもので、NASA(米国航空宇宙局)が地球内部の地底人が発したと思われる電波をキャッチしたという 、驚異的な情報である

新聞社の名前がはっきりしなかったので、詳細をつかめずにいたところ、幸いその情報が日本語に訳された記事がブログ「オカルトNEWS★かすぽ 」に掲載されていたので、その記事を転載させて頂くことにした
先ずは下記の翻訳記事を読んで頂くことにする
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
NASAが地底人の文明が発したと思われる電波を受信した
NASA上層部の人物が匿名を条件に明かしたその内容は 、おおよそ次のようなもののようである

電波は地下数百キロの地球深部から届いたものである
NASAの専門家たちは、その電波は高度に進化した知的生命体からの信号であると判断している
何者かが我々に向けて通信してきていることは明らかある
その正体が何であれ、その存在は数百キロの厚い地殻を突き抜けて、地上に到達する信号を送る技術を持っていることは確かである
電波の一部は地表から宇宙空間に向かい、これがNASAの人工衛星にキャッチされ、発見につながった
地底からの電波はその後も断続的に受信されている
電波は複雑な数学的コードを持っており、科学者たちはすでにメッセージの解読に成功している
その内容は敵対的な性質のものではないが、現時点での一般公開は見合わされている
不要な不安や混乱を引き起こす恐れがあるためである

科学者たちは地底の電波発信源の位置を正確に特定できていない
また、こちらから地底に向けて返信応答する技術がないことに苛立っている
この事実からも、地底文明が我々を凌駕する高度な水準に達していることが分かる

地底の文明は明らかに、我々のことをよく理解している
一方、我々は、彼らのことをほとんど知らない
日光も届かず酸素もない地底で、知的生命体がどのように生き延びているのか、まったく見当がつかないのだ

科学者たちはこれが今世紀最大の驚くべき発見になるだろうと考えている
われわれは長年、人類にとっての最後のフロンティアは宇宙だと考えてき た
しかし、今、この星(地球)の内側に未知の領域が存在していることに気付いたのだ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
地底人は何を伝えようとしているのか

私が今回この記事を掲載したのは、私がこれまで学んできた地球内部に存在する地底世界や、そこに住む高い波動の生命体に関する情報、中でもマウリツィオ・カヴァロ氏やペトル・ホボット氏が語ってくれた驚異的な話と 、類似している点が多かったからである

北極海で海軍の任務に当たっていた際に、偶然地底世界に迷い込んだ米国の海軍少将・リチャード・バード提督は帰還後に次のように語っている

「地底人たちはこれまで、 地上に住む我々と何度かコンタクトを取ろうとしてきたが、全て拒否されてきたため地上との接触を断つことにした
もし地底人たちがコンタクトを始めるとしたら、その時は、地上世界の人々が自滅するような事態に立ち至った場合だけである」

となると、地底世界から情報が発信され始めたのが事実だとすると、人類が自滅する時が直前に迫っていることになってくる
自滅の原因として考えられることは、私がこれまで記してきたように中東情勢の混乱が導火線となって始まる第3次世界大戦である
この最終戦争が始まったら当然核弾頭が使われることになるだろうから、人類は母なる地球と共に自滅することになる
もう一点考えられるのは、地球の次元上昇(アセンション)の時が近づいていることである
読者はいま地球が5次元世界に次元上昇しようとしている ことはご承知の通りであるが、そのことを我々より遙かに高い知識と高度なテクノロジーを持った地底人が知らぬはずがない
だとすると、そうした変化に何も気づかずにいる我々に、地底人たちはアセンション情報を伝え、物質文明から急いで脱皮するための準備が必要であることを、 知らそうとしている可能性は十分にあり得る
しかし、アセンションは「闇の勢力」にとって、なんとしても阻止せねばならないことだけに、「闇の世界」のコントロール下に置かれたNASAは発表することができないでいるのだ

匿名者は NASAが置かれたそうした状況を承知しているが故に、我々にその情報を伝えようとしているものと思われる
記事を読むと、これまでにNASAがキャッチした地底世界からの情報は、かなりの量に達しているようである
匿名者の努力次第でそれらの情報が、我々の耳に届けられる かもしれないので、関心を持って聞き逃さないようにしたいものである

地底世界については、実際にそこを訪ねた米国海軍のリチャード・バード少将やノールウエーの漁師であるヤンセン親子の体験録が残されているばかりか、米国政府に関する秘密情報を暴露しているエドワード・スノーデン 氏も、米国政府は既に地底世界が実在することや、そこには現生人類よりさらに進んだ人類種が存在していることを、承知していることを暴露している

それらの点を考えると、 地底世界が地上世界と同じ3次元的世界として存在しているのか、それとも次元が異なるパラレルワールドとして存在しているのかは定かでないが、地底世界が 実際に存在していることだけは間違いなさそうである

実は最近、ある人物を通じて、NASAが我が国のある場所の地下に存在している地下世界を探っているという、信頼度の高い情報が伝えられた
この情報は 、地底の電波発信源の位置を正確に特定できていないNASAが、今その場所を必至に探ろうとしているというブログ「nemesis maturity」の記事を裏付けている

地底世界について関心がある方は、 その世界に詳しいマウリツィオ・カヴァロ氏と対談した拙著(徳乃蔵に在庫あり)を一読されることをお薦めする
@ 『超次元スターピープルの叡智」』(徳間書店刊)
A 『クラリオン星人はすべてを知っていた』(徳間書店刊)

戻り


===12==============

:地球の磁場がおかしくなりました、また、地表が上下に激しく動いています:日本や世界や宇宙の動向:2016年05月13日:

案内 
翻訳 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985820.html
原稿 http://beforeitsnews.com/alternative/2016/05/the-earths-magnetic-field-is-changing-moving-up-down-like-a-yo-yo-videos-oyep-3351717.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
地球の磁場がおかしくなりました
また、地表が上下に激しく動いています

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985820.html

4月23日 午前6時半過ぎから8時半過ぎ(GMT=日本時間では午後2時半過ぎから4時半過ぎに、地球の磁場が一時的に崩壊したことが伝えられていました
丁度その時、私たちは屋久島の宮之浦岳を下山し無人小屋に到着し休んでいたところですが・・・磁場が崩壊すると太陽から様々な影響を受けるようです
幸い、その時は屋久島は大雨・・・太陽も隠れてしまっていましたので異変は感じませんでした
しかし、その日、関東地方は快晴だったようですから、どうだったのでしょう??
以下の記事によると、地球のマントルが壊れてきており地表を上下に激しく動かしているそうです
明らかに地球が激変しているのが分かります
飛鳥氏の持論ではないですが、地球がまるで赤ちゃんを出産しようとしているかのように収縮運動を繰り返しているようです
一体、これからどのよう地球の中心核が動いているとのことです
これって子宮?
な自然災害が起こるのでしょうか
明らかにこれまでの地球とは違います
ひょっとしたらニビルの影響もあるのでしょうか
もしそうなら、ニビルが通過すればこのような変動は収まるのかもしれませんが・・・

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/05/the-earths-magnetic-field-is-changing-moving-up-down-like-a-yo-yo-videos-oyep-3351717.html
(概要)5月12日付け

地球の磁場がおかしくなりました
また、地表が上下に激しく動いています
磁気圏とは、地球や他の惑星を取り囲んでいる磁場のことをいいます
磁気圏の壁が太陽風や過照射から我々を守っています
NASAの気象予測センターのデータによると、4月23日午前6時37分(GMT)から8時39分(GMT)まで磁気圏が完全に崩壊したことが分かりました
その間、我々は太陽からの脅威を受けていたことになります
一時的な磁気圏崩壊により、クジラのナビゲーション、鳥の群れの行動、テクノロジーが影響を受け、人間や動物に危険な過照射が発生したはずです
地球の磁気圏にこのような重大な現象が起こると、大規模な地震や火山噴火を誘導し海流や潮流に乱れを生じさせます
https://youtu.be/Pm0ZJsNildw

そして、すでにお伝えした通り、この週末にニュージャージーの海岸から200マイルの沖合に設置された津波警告装置がイベント・モードに作動しました
しかし実際にはこのエリアで地震や津波は起きていませんでした
また大西洋での隕石の衝突もありませんでした

4月23日の午後6時38分ころに、大西洋の海水面が88フィート(約26m)も下がり、その直後に海水面が180フィート(約54m)も上昇したことが分かりました
この週末にこと座流星群の流星雨が降ったために海水面が下がったのではないかと言われています
そして・・・
現在、地球のマントルが壊れてバラバラになっており、巨大な破片が沈みこんでいるため地震が頻発していると専門家は警告しています
ノースカロライナ大学の科学者によると、アメリカ合衆国の南東部で激しい揺れが起きたのは北米プレートに亀裂が入ったからです
この地域は歴史的にも大きな揺れを観測したことはありませんでしたが、2011年にバージニアのミネラルにM5.8の地震が発生しました

昨日、Geophysical Research誌に発表された研究論文によると、マントルが壊れたことでプレートが弱くなり断層のずれ(地震)が起こりやすくなっています

地球の中心核が流動しており地表を激変させています!
https://youtu.be/7hRnwil0GEA

地球のマントルの異変により地表がヨーヨーのように上下運動しています
ケンブリッジ大学の研究チームが、地球のマントル(地殻と中心核の間に存在する熱いケイ酸塩岩でできた厚さが3000kmの層)の動きを観測したデータをまとめました
それによると、マントルの動きが乱れており地表を上下に動化していることが分かりました
このような動きは現在の地形に大きな影響を与えます
例えば、山を形成させたり、ハワイやアメリカの一部地域の構造プレートに地震を発生させたりします
マントルが予測以上の速さで波上に動いています
その結果、海流を変化させ、気象変動をもたらしています
また、地表は数百メートルの高低差でヨーヨーのように上下運動をするようになります
マントルの動きは、沈殿物や炭化水素に影響を与えるため石油やガス産業部門にも関心を呼んでいます
ハワイ島は構造プレート上にあります
ハワイの火山活動は構造プレートの動きに影響されるのではなく火山の下にあるマントルが押し上げられることで誘発されます

研究チームは海底を調査することでマントルの動きに関するデータを収集しました
それによると、1000kmの長さのマントルが不規則に動き海底が高速の上下運動を繰り返し海流をブロックしています
地表が思ったよりも速く動いているため、氷床を不安定にさせ、気象変動をもたらしている可能性があります

戻り


===13===============

:STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる:Yahoo!ニュース:2016年05月14日:

案内 
翻訳 
原稿 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci

−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016年05月14日
STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci

Business Journal 5月14日(土)6時1分配信

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる
2014年4月9日、会見を行う小保方晴子氏(撮影=吉田尚弘)

今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した
論文タイトルは『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes(邦訳:修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する)』である

海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を行ったということで話題となっている
以下に同論文の概要を紹介する


(1) 序論:STAP論文は撤回されたが、低pHの刺激による万能性獲得の可能性は、がん、または、がん幹細胞の分野においては魅力的な課題である
> (2) 実験:そこで、理化学研究所と米ハーバード大学から発表されたプロトコルを改変して、セルライン化されたT細胞に刺激を与える実験を行った

(3) 結果:当グループが見つけたpH3.3の条件では、酸処理後、多能性マーカーの一種であるAP染色陽性細胞の割合が増加した
AP陽性の多能性細胞は酸処理ストレス下を生き延びて優位に増加

(4) 考察:小保方晴子氏【編注:一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理研を退職】が英科学誌「ネイチャー」で発表したプロトコルでは成功しなかった
それは、使用している緩衝液の緩衝能が適していないことが理由として考えられたので、それも変更した

一番の発見は、このような瀕死のストレス条件では、Acute T-cell leukemia(ヒト急性T細胞白血病)の細胞株である JurkatT細胞が、万能性を獲得するか、もしくは死ぬかの間で揺らいでいることである
何がそれを左右するのかを探るのが今後の課題だ


わかりやすく解説すると、以下のようになる


小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた
同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した
それと同時に細胞が死んでしまう現象も確認されたので、何が細胞の運命を分けているのかを探っていきたい


● がん細胞の分野で研究の価値大

今回の論文で多能性を確認したAP染色陽性細胞は、小保方氏らのSTAP論文でも発現が確認されている多能性マーカーのひとつである
細胞が酸性ストレスによって多能性を示すという反応は、まさに小保方氏が発見したSTAP現象そのものだ

世界的に活躍する国際ジャーナリストで、自身もニューヨーク医科大学で基礎医学を学び医療問題に関するリポートも多い大野和基氏は、同論文を次のように評価している

「STAP現象の論文は撤回されたが、少なくともがん細胞の分野ではまだまだ研究の価値がある、ということだ
細胞の多能性に対する酸性 pH の効果は、がん生物学(がん幹細胞も含む)の分野では、注目されるトピックであり、STAP細胞が、がん細胞ではできた可能性があることを、このハイデルベルク大学の論文は示している

また、この研究者らの実験では、小保方氏が確認した多能性を示すOCT4の発現を変えることができなかったようだが、異なる結果として、De Los Angelesほかが、STAPプロトコルのような、強いストレスでOCT4の発現が増加した例を紹介している

ともあれ、『ネイチャー』のSTAP論文撤回後、海外の大学、しかもハイデルベルク大学においてSTAP現象を確認する実験が行われたことは注目すべきことである」

がん細胞の一種であるJurkatT細胞に対して、小保方氏が行った方法ではうまくいかなかった理由について、ある生物学の専門家は次のように分かりやすく説明してくれた

「細胞の種類によってストレス反応に違いがあることも一因と考えられます
小保方氏はがん細胞以外の細胞を使っていたため、ストレスをかけるpHの違いが出ても不思議ではありません

また、培養系の実験では、緩衝材の違いはもちろん、試薬のロット(製造日)差によっても結果が違ってくるというのは周知の事実ですし、シャーレのメーカーによっても結果に違いが出ることがあるほどです
それほど微妙な調整が必要な世界であり、プロトコル(手順)通りにやっても同じ結果が得られないことは普通です

ハイデルベルク大学の研究グループは試行錯誤の結果、独自にSTAP現象を確認する方法を見いだされたのではないでしょうか」

日本国内では、マスコミによる異常な偏向報道によって、完全に葬り去られたように印象づけられたSTAP現象だが、そのような先入観もない海外の大学によって再現実験が試みられた事実は大きい

● 日本の専門家たちの間違い

一部の専門家は、小保方氏がSTAP細胞のレシピ(詳細な作製手順)を公表するサイト「STAP HOPE PAGE」を開設した際にも、「STAPを今さら研究する研究者は世界にどこにもいない」と批判していたが、それが完全な間違いであったことが証明された

ネイチャーのSTAP論文が撤回された理由は、小保方氏が発見した「STAP現象」の否定ではなかったことは前回記事で述べた通りである

小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論に同調し、常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした理研や早稲田大学と比べ、真摯に生物学的現象を追究するハイデルベルク大学のニュートラルな姿勢は、科学に向き合う本来のあり方を教えてくれる

ハイデルベルク大学が発表した今回の論文によって、STAP現象に対する世界的な関心が再び高まっていくかもしれない
(文=大宅健一郎/ジャーナリスト)

戻り


===14==============

:祝!黄金の卵を知らないか!安心安全な平飼いたまご発売!農林水産大臣賞受賞!:黄金の金玉:2016/05/14:

案内 
翻訳 
原稿 http://golden-tamatama.com/

−−−−−−−−−−−−−−−−−
祝!
黄金の卵を知らないか!
安心安全な平飼いたまご発売!
農林水産大臣賞受賞!

さて、この黄金シリーズ 前回のところてんに続き第4弾です

皆様は最近、卵かけご飯を食べてるでしょうか
ワタスはたまーに、忙しい時、かけつけ一杯
ではなく、出かけの一杯を食べたりしますが
しかし、最近、卵かけご飯を食べる人が少なくなった

それはなぜなのか

それは卵を食べるとアレルギーになるとか
卵が生臭くなったからとか
良く聞く話です

ぇえ?

以下
AIO2CK2016050538121596098-000349.jpg

左は薄い黄色ですが、これが普通の自然の状態の卵
右は最近の卵で、まっ黄色で色が濃い
皆さんは右の方が栄養価が高いと思う人もいるかもしれませんが、単純に、エサの色です
昔の鶏は草やミミズとか突っついて、いろんなエサを食べてるので薄黄色だった
でも、最近の鶏はトウモコロシばっかり食べてて、それも国産トウモロコシではなく、ほとんどなく9割が輸入アメリカ産遺伝子組み換えトウモロコシを食べてるのでこんな色です
皆さんはスーパーなどで卵を買いますが、1パック200円で、1個20円ぐらいです
ちょっと安すぎない?と不思議に思わないでしょうか
卵がどうやって作られているか見ると大抵以下のような感じです

コケー
コケー
4928f3385adaec2c0525074c0763a416.jpg

スーパーで買う卵はこういうケージ飼いのたまごです
日本の養鶏農家は大抵1万羽以上の大規模経営で採算を考えて人件費を抑え半自動化された工場みたいな養舎で作ってます
鶏を一生、狭いゲージに押し込めて大量に卵を産ませてます
窓がない場所で睡眠時間を管理され、病気にならないよう日常的に抗生物質が与えられホルモン剤で早く大きくなるよう飼育され、ストレスで羽をむしり合ってる姿も日常的に見られます
鶏は平飼いすると10年ほど生きるそうですが
こういうケージ飼いはホルモン剤で性成熟が1ヶ月ほど早まり、およそ1年で処分され鶏肉になるのでした
まさに工場でベルトコンベアーで作られる卵
自然に反した食べ物
それが我々の食べている卵でした

人間と鳥を逆にするとこんな感じ
o0600036013643065562.jpg

つぁぁぁ

こんなの食べてると、アレルギーになったり、生で食べたら臭い訳だわ

ワタスはこういう苦痛の中で作られたたまごはあまり食べない方が良いと思ってます
振動数が低いような気がするので
ちなみにEUやアメリカ、オーストラリアではこういうケージ卵を禁止してる所がいくつか出て来てます
https://youtu.be/C1a_GmXIDeM

そして以下
皆様が外食チェーン店とかコンビニとかのサラダでこういう卵を良く見かけますよね
AIO2CK2016050538121596098-000361.jpg

この卵の正体をご存じでしょうか
これです
AIO2CK2016050538121596098-000362.jpg

これはボイルエッグと言います
AIO2CK2016050538121596098-000363.jpg

一度大量の卵を溶かして再度固めたものなのでした
↓ ボイルエッグが作られる過程
https://www.youtube.com/watch?v=ZYz2DLN9uik

ぇーーー

かまぼこかよ!
ガクガクガク(( ;゚Д゚))

我々はこんなのを食べてたのか

資本主義の論理
採算重視、効率重視
行きつくところは、こういう工業製品のような食べ物になる
もはや卵とは言えないものでしょう
という訳で
やらせはせん!!
我々は本物の卵、こだわりの卵を作り続けている有名な養鶏所があると聞いて取材してきました
なんと平成27年農林水産大臣賞受賞!今年度天皇杯候補のたまごだそうです
その名も 会田養鶏協同組合 さんです
長野県松本にあります

以下、取材の様子
ワタスも鶏さんと戯れてます
ぜひご覧ください
https://youtu.be/DMEAL5W4xLM

ここは都内からわざわざ買いに来る人もいてなんと無添加野菜の宅配で知られる、生活クラブのらでぃっしゅぼーやさん

ご存じでしょうか
radishboya.gif

実はらでぃっしゅぼーやさんの宅配セットもここの卵を入れてます
以下、この会田養鶏協同組合 組合長理事の上村さんです
AIO2CK2016050538121596098-000381.jpg

上村さんは言います
会田養鶏は自然に近い形で鶏を育てようと思った
臭みの無いコクのあるたまごは、良いエサを食べることでしか生まれない
エサの原料までこだわって作らないと、健康なニワトリにはならない
ごく自然に近い環境やエサを手作りするということは、当然コストも手間もかかりコストの高い平飼いは誰もやらない
でも、鶏が太陽の光を浴びながら自然の空気を吸って飛び回る環境を作ろう
ニワトリ達は飛び回って砂浴びできる環境を作ろう
自然の鶏は砂浴びをする本能がある

画像は、http://www.radishbo-ya.co.jp/より
砂浴びの様子
AIDAYOKEIJO3.jpg

そういう砂あびできる環境を作ろう
先祖から受け継がれた信州の大自然の中でニワトリ達は育ち、たまごは「生ませる」のではなく自然に「生まれる」
そういう理念の元、この平飼いを始めたそうです
AIDAYOKEIJO1.jpg

そして化学物質はアレルギーを起こす
エサには薬品は一切使用せず、遺伝子組み換え作物も使わない
鶏に与えているのは長野と岐阜で取れるモミ付きの米とトウモロコシです
そして乳酸菌やオリゴ糖を加えている
AIDAYOKEIJO4.jpg

そうして、長年のこの取り組みが評価され
平成27年度
めでたく農林水産大臣賞を受賞したとのことでした

鶏鳴新聞 2015年11月25日発行
会田共同養鶏組合など4社に農林水産大臣賞 全国優良畜産経営管理技術発表会

この貴重なたまご
主に地元で販売しています

余った分はらでぃっしゅぼーやさんやこの取組に賛同する人達や、命を大切にする方に食べていただきたいとのことでした
ワタスもブログの趣旨を説明し、提供頂ける運びとなりました

という訳で、普通のたまごより確かに割高ですが、品質と味にこだわる人
この機会にどうぞご購入下さい

考えるな!購入するんだ!
購入は以下より

http://www.haramura-green.jp/product-list/30
ちなみにワタスは温泉たまごが美味しかったです

AIO2CK2016050538121596098-000374.jpg
AIO2CK2016050538121596098-000375.jpg
20160511_52263a.jpg

※この黄金シリーズ、安心安全、そしてキラリと光る技術や伝統で小品種、少量生産
黙ってても売れるそういう商品を発掘するシリーズです
これはすごい!
もし、そういうお薦めできる商品をご存じの方ご連絡下さい
黄金チームが取材させて頂きます
本当にありがとうございますた

戻り


====参考文献終わり====



ページナビゲーション
  投稿記事目次集 >>00万代目次>>その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n090057