本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ ○二

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』

http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n090001/n090066.htm
より

その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n090066

−−−−コメント 2016/09/27−−−−

{新09_その他・つれづれ・最近のあれこれ_最近のあれこれ_64}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<:戦時には食料与えないとドイツ人に声明:ロシアの厳戒態勢と謀略(核戦争・ポールシフト)の頓挫:ともかく、加工品については注意する必要がある:北朝鮮ミサイル発射を予告した本の存在!:本当に恐ろしい「病畜の肉」を買う大企業、行方不明の肉:>

<:恐怖のパン!!厚労省”山崎製パン”に要請:高木善之氏の臨死体験:トミヒサ夫人の近未来予知夢:アメリカ国民は、彼らを支配している悪を打倒できるだろうか?:環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定について、事実上、交渉が決裂した:>

<:EUとアメリカ間のTTIP交渉は事実上失敗したドイツ経済相:ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ:暴露!!消費税は全て”大企業減税”に充当されている!!:米国民に対する生物兵器を使ったテロ攻撃が計画されています:アメリカの失踪事件の分析の続きです:>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:
 アメリカ大統領の警告では 2016年09月は準備月となっている
欧州では 2016/09/21(前後)の範囲となっている
情報によれば、アメリカは 2016年09月以降であるのに対して、EUでは20016年09月内と時期が矛盾する
今巷に流れている情報では 対ロシアとアメリカ軍・NATO軍との戦争を前提にした方が具体的である

それにしても、ボロボロと金の亡者達の跋扈する醜い姿が見えてくる
これらのことも予言のごとくと云うべきか・・・・検証が進んでいるとでも云うべきか・・・・嘆かわしい末世とでも云うべきか・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★  ドイツ市民には、同国領内への武力攻撃が起こった際に備え、自ら食料と飲料水の備蓄を蓄えておくようにとの指示がなされているという

同紙は次の質問を投げかけている
「もし明日戦争が始まったら、どうする?」

新コンセプトによると、武力攻撃や自然災害の場合、ドイツ市民は自力で食事の面倒を見ることを余儀なくされると、同紙はまとめている

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が手に入れた書類には、ドイツ市民には「10日間の自らの食糧備蓄を蓄え」、5日間の十分な飲料水を維持するよう指示されている

−−−
(中略)

今すぐ、食料と水の備蓄を開始してください
グローバリストらは世界を乗っ取るために食料を兵器として利用しようとしています
食料不足が始まれば戒厳令を敷く理由付けになります

(中略)

FEMAの契約会社は、社会不安により食料価格が395%も跳ね上がると予測しています



−−−
01_<:[Sputnik ほか]独FAZ紙:戦時には食料与えないとドイツ人に声明 ?核戦争の圧力をかけて来たロスチャイルド家は全面降伏?:シャンティ・フーラの時事:2016年08月23日:>

冷戦後初めてドイツ内務省は新たな国防コンセプトを提示した
ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が報じた
コンセプトの中で、ドイツ市民には、同国領内への武力攻撃が起こった際に備え、自ら食料と飲料水の備蓄を蓄えておくようにとの指示がなされているという

同紙は次の質問を投げかけている
「もし明日戦争が始まったら、どうする?」

新コンセプトによると、武力攻撃や自然災害の場合、ドイツ市民は自力で食事の面倒を見ることを余儀なくされると、同紙はまとめている

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が手に入れた書類には、ドイツ市民には「10日間の自らの食糧備蓄を蓄え」、5日間の十分な飲料水を維持するよう指示されている

ベネズエラの首都カラカス市警は「食べ物が欲しい」というスローガンを挙げて抗議行動を行なった市民に催涙ガスを使用

−−−
ロシアが警戒態勢に入った理由とは

8月25日(ロシア時間)に、ロシア軍大将が召還されロシア軍は完全な警戒態勢となりました
同時に午前6時にモスクワでサイレンが鳴り響きました
その1時間後、ロシア国防大臣は
「ロシア軍最高司令官の指令により新たな無通告査察が始まった
ロシア軍(南部軍管区、西部及び中央軍管区、北部艦隊、航空宇宙軍最高司令部、空輸部隊)は午前7時に完全な戦闘態勢に入った」
と発表しました

−−−
8月22日付け
By リサ・ヘイブン

ロシア、ドイツ,アメリカを含む多くの国々の政府が権力層(グローバリスト)から災害の備えをするようにとの警告を受けています
2,3年前から、世界の国々の政府や、ロスチャイルド、キッシンジャーを含むグローバリストらは、差し迫る最悪の事態に備えて、食料、水、銃弾などを大量に備蓄しています

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 過日、ロシアのプ−チン大統領が隠れ、その後、ロシアの厳戒態勢と核戦争に言及した


−−−
02_<:ロシアの厳戒態勢と謀略(核戦争・ポールシフト)の頓挫・世界情勢とチャネリング情報の両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けない:シャンティ・フーラの時事:2016年08月27日:>

−−−
冷戦終結以来始めて、ドイツ政府は攻撃や災害の場合には食料、水を備蓄するよう市民に話す計画をしていると、フランクフルター・アルゲマイネン・日曜新聞は日曜日に報道した

(中略)

「国民は10日間の食料の個人供給を確保する義務がある」と新聞は政府の「民間防衛の概念」を引用している
それは内務省によって準備されている

(中略)

さらなる優先順位として市民による軍隊への更なる支援が必要であると、付け加えられた

−−−
ロシアが25日に、厳戒態勢に入ったということです
記事によると、
“8月22日に戦争開始の命令が下されました
しかし、誰も戦争を始めませんでした
NATOによるロシア侵略が取りやめとなりました”
とあります
ただ、権力を失いかけているホワイトハウスのファシストらは“何をやるかわからない状態”なので、ロシアは厳戒態勢を敷いているわけです
これは、事実上、オバマ政権の謀略が頓挫したことを意味しています
厳戒態勢に入っているロシアに、先制攻撃を行うのは無理だからです

次の記事では、ドイツ政府の“水と食料の備蓄の呼びかけ”が、ロシアとの戦争を想定していたのがわかります
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ ともかく、加工品については注意する必要がある


−−−
03_<:2016年08月27日:シャンティ・フーラの時事:2016年08月27日:>

甘くてぷるぷると震えるゼリー
ビデオにはそのおいしくて綺麗なお菓子がどう生まれていくのかが克明に記されている
撮影者がクローズアップするのはメーカーが衛生環境に全く配慮していない様子
臓物を抜いた豚の体、皮、骨が細かく分けられ、それが化学物質と共に煮立てられたバケツの中身は緑色でどう見ても毒々しい
ビデオを見たある人はこんな書き込みをしている

「動物のかたちをしたゼリー、噛みごたえのあるこうしたお菓子はとっても美味
でもそれがこんなふうに動物を煮て作られたものだとは誰が思うだろうか?
これを見た今となっては私は気持ち悪いとも恥ずかしいともとれない感情に悩まされている
だって今まで私はこうしたゼリーをたくさん食べてきたのだから」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 北朝鮮ミサイル・原爆騒ぎは アメリカ軍が日本に駐留するに必要条件を作るのに必要である


−−−
04_<:北朝鮮ミサイル発射を予告した本の存在!:阿修羅掲示板北朝鮮:2016年08月27日:>

−−−
なんと!?
この本のP28から2006年7月5日の北朝鮮のミサイル発射の真相が書かれていた!!
おそらくマスコミはこの著書を近日中に取り上げることになるだろう!!
その内容はP28から「アメリカが北朝鮮と通じるメリット」から

米国は日本に「GDPの1%以内の政治規制を廃止して、日本に米国製兵器をもっと買え」と強く言ってきている
米国は日本に「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」と言う言葉があるがまさにその通りの作戦を決行させた!!
それが、先般の北朝鮮のミサイル発射であった!!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 食料の流通、行方不明になれば恐ろしいことが行われている


−−−
05_<:本当に恐ろしい「病畜の肉」を買う大企業、行方不明の肉…!食肉市場の闇を聞いた!!:愛詩tel by shig:2016年08月28日:>

−−−
本当に恐ろしい「病畜の肉」を買う大企業、行方不明の肉…!食肉市場の闇を聞いた!! 「『食えるか食えないか』の判断を職員たちはしないから
『売れるか売れないか』だけの判断しかしない」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 保存、それは毒物での破壊である


−−−
06_<:恐怖のパン!!厚労省”山崎製パン”に要請:発がん性物質指定の添加物、使用表示!:愛詩tel by shig:2016年08月28日:>

−−−
世界的に10年程前からトランス脂肪酸規制の動きが強まり、03年に「食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合」は、トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告しました
これを1日消費エネルギーが平均約1900キロカロリーの日本人に当てはめると、摂取量は1日約2g未満となります

食品安全委員会では 日本人の1人当たり平均のトランス脂肪酸摂取量は消費エネルギーの0.3〜0.6%と試算、「日本人は欧米人に比べてトランス脂肪酸の摂取量は少ないので規制する必要はない」との見解を07年に出しています
そのため、日本では食品に含まれているトランス脂肪酸含有量の表示もされていません

トランス脂肪酸低減に取り組む製菓・製パンメーカー

こうした中で今年6月、FDAが3年後からトランス脂肪酸の食品への利用を原則禁止すると発表したのです
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 高木善之氏の臨死体験だそうで、2020年 東京オリンピックが中止になるかどうか
・・・・


−−−
07_<:高木善之氏の臨死体験:黄金の金玉::>

この高木氏の言う2021年の世界崩壊
ワタスは以下を思い出しますた

ZXCO12AKSLD9ZXCVLASDKJFAIU23OASDFOAISUO12918AA9.jpg

1923年 関東大震災
1925年 治安維持法
1940年 東京オリンピック(中止)
1941年 太平洋戦争

2011年 東日本大震災
2013年 秘密保護法案
2020年 東京オリンピック

これはかなり前に1940年と2020年のオリンピックがシンクロしてると指摘されて流行ってました
確かに見ると80年前の同じ歴史が繰り返されてるように見えますよね
ってことは、現在2016年は80年前の1936年です
1936年といえば2.26事件の年です
で、来年2017年は1937年なので日中戦争の年です
まさか来年中国と戦争になるのでしょうか
近頃の尖閣諸島の様子を見ると普通にありそうですが
で、その後、1941年、2021年に第三次世界大戦
1945年敗戦、つまり2025年日本は焼け野原の敗戦をむかえる

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 東京以北の閉鎖と首都移転、それを関東逃散と呼んでいるが・・・


08_<:トミヒサ夫人の近未来予知夢――東京以北の閉鎖と首都移転:黄金の金玉:2016/08/30:>

−−−
■ 2016年に首都が岡山に!?

  それは今(13年9月)から3年後の未来だった
トミヒサ夫人が帰省のため成田行きの便に乗っていると、機長から「成田閉鎖」のアナウンスが入り、突然、行き先が関西国際空港に変更される

関空に着いて、彼女は初めて成田閉鎖の理由を知った
なんと、日本政府が「東京よりも北に位置する関東のすべての県と東北地方南部の県の全域」の立ち入り禁止を決断したのだ

そして、「危険な立ち入り禁止区域に隣接する東京が首都のままでは首都機能が滞りかねない事態に陥るかもしれない」ので、岡山への遷都も決定された…

 ――以上である

著者の保江氏ご自身は、「夢の内容が予知夢としてそのうち現実になる」ことが問題だとして、危機感を表明されている

■ それはまたしても同じ場所での事故なのか!?

  一般社会では、仮に“予知夢”の内容を真に受けたりしたら、非常識との謗りを受けかねない
しかし、保江博士ともあろう方が、いたずらに人々の危機感を煽るためにこのようなエピソードを載せたとも考えられない
そこで私は、こう考えることにした
「これはあくまで夢の話にすぎない
その大前提に立った上で、夢の内容を警告と受け止め、万一の場合も考えて、今から対策を立てればよいのではないか」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ アメリカ国民は、彼らを支配している悪を打倒できるだろうか?★

−−−
09_<:アメリカ国民は、彼らを支配している悪を打倒できるだろうか?:マスコミに載らない海外記事:2016年08月31日:>

Paul Craig Roberts 2016年8月29日

7つの国における膨大な死者と、大規模な破壊は、ポール・ウォルフォウィッツと、彼が政府高官だった時代についたウソが原因だ
ウォルフォウィッツは、ヒラリー・クリントン支持を表明した
皆様は、これを聞いて、安心されただろうか?

ウォルフォウィッツが、ドナルド・トランプ支持を表明していれば、本当に驚きだったろう
すると、一体なぜこれがニュースになるのだろう?

トランプは、アメリカ政府がロシアに対して始めた紛争に未来はないと思うと語り、トランプは、NATOが存在を継続している意味を疑問視している
こうした平和的な姿勢によって、ウォルフォウィッツによれば、トランプは“国家安全保障上のリスク”とされている
ウォルフォウィッツが言っているのは、平和を望む候補者は、アメリカの世界覇権という、ウォルフォウィッツの原則に対する脅威だということだ
ウォルフォウィッツとネオコンの狂った頭の中では、アメリカは、世界を支配しない限り、安全ではないのだ

ヒラリーは戦争屋で、もし彼女が大統領になれば、彼女の傲慢さと、無能さの組み合わせが、第三次世界大戦をもたらす可能性が高いので、おそらく究極的な最後の大統領だろう
2015年7月3日、ヒラリーはこう宣言した
“もし私が大統領なら、我々はイランを攻撃するということを、イランには知ってもらいたい. . . . 我々はイランを完全に消し去ることができる
” http://www.globalresearch.ca/hillary-clinton-if-im-president-we-will-attack-iran/5460484?print=1

狂ったヒラリーは、これだけでなく、ロシア大統領を“新ヒトラー”と呼ばわるに至っている
ロシアも消し去ることができると、彼女が考えていることに疑問の余地はない

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 8月28日、ドイツのガブリエル経済相(写真)は、 米国と欧州連合(EU)が締結を目指している環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定について、事実上、交渉が決裂したと述べた



−−−
10_<:米・EU間の大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定が、事実上、交渉決裂:velvetmorning blog:2016年08月30日:>

上決裂=独経済相

8月28日、ドイツのガブリエル経済相(写真)は、 米国と欧州連合(EU)が締結を目指している環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定について、事実上、交渉が決裂したと述べた

[ベルリン 28日 ロイター]
ドイツのガブリエル経済相は28日、 米国と欧州連合(EU)が締結を目指している環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定について、事実上、交渉が決裂したと述べた
国営テレビZDFで28日に放映されるインタビューによると、経済相は
「米国との交渉は事実上、決裂した
われわれ欧州側が米国の要求を受け入れたくないからだ」
とし、「その部分で進展していない」と述べた

TTIPは交渉開始からすでに3年が経過しており、双方は年内の妥結を目指していたが、農業を含むさまざまな分野で意見が食い違っている

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ EUとアメリカ間のTTIP交渉は事実上失敗した★

−−−
11_<:‘EUとアメリカ間のTTIP交渉は事実上失敗した’ - ドイツ経済相:マスコミに載らない海外記事:2016年09月01日:>

14回の交渉で、両者は議論されている協定の一章たりとも、共通の基盤を見いだすことができなかったと彼は述べた
障害の一つには、公共入札を、ヨーロッパ企業に開放するのを、アメリカが反対したことがある

“私から見れば、これは自由貿易に反します" ガブリエル経済相は以前この問題について、こう発言していた

アメリカ政府は、自由貿易協定は、2016年末までに署名すべきだと主張しているが、ドイツのみならず、多数のヨーロッパ諸国による強い反対に会っている
多国籍企業の利益を、多国籍企業が操業する国の国益より優先し、ヨーロッパの労働基準や、環境保護基準を損なうTTIPは危険だと反対する人々は主張している
ガブリエルは、TTIPを、EUとカナダが交渉している自由貿易協定、包括的経済貿易協定(CETA)と比較し、そちらの方が各当事者にとって、より公平だと彼は述べた
ヨーロッパの各国民も、TTIP協定の内容が秘密なので不満だ
とは言え、最近の漏洩で、TTIPが、食品安全法規、環境法規、金融規制に悪影響を及ぼし、EUを遺伝子組み替え作物に対して開放することを示唆している. 協定に反対する人々は、多くのヨーロッパの都市で、抗議行動をしている
最近では、先週末、ベルリンで行われ、活動家たちが、9月17日の全国規模デモ行動を呼びかけた

‘一般庶民の利益に関するものではない’

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ・経済崩壊後の新通貨システム再起動まで自力で生き残らなければならない


−−−
12_<:ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ・経済崩壊後の新通貨システム再起動まで自力で生き残らなければならない:シャンティ・フーラの時事:2016年09月02日:>

ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ〜
経済崩壊後の新通貨システム再起動まで自力で生き残らなければならない〜

竹下雅敏氏からの情報です

ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージを発しています
記事では、“3か月分の緊急資金(現金)”の所持と、“食糧を生産している地域に移動する必要がある”としています
資金的に余裕のある人は、“金貨や銀貨を購入”することを勧めています
これらのことに、概ね私は同意見です
時事ブログでは加えて、少なくとも3か月分の食料の備蓄を呼びかけています
記事では“今回は、本格的な通貨危機が起こり、全てが同時に崩壊…国家自体も崩壊します”とあります
そして、“アメリカをハイパーインフレが襲う”としています
アメリカの崩壊と日本の崩壊は時期がずれる可能性があります
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★消費税が導入されたのは1989年税率は3%だった
それから5%、8%と引き上げられたのだが、そのたびに法人税減税も同時に行われている
1989年から2014年までの35年間
消費税の税収は282兆円
法人税減税分は255兆円

差額27兆円(平均 約7710億円、9.52%)で、セットで実施された見事に相殺されているのだ



−−−
13_<:暴露!!消費税は全て”大企業減税”に充当されている!!そして外資に流れている!!:愛詩tel by shig:2016年09月02日:>

消費税が導入されたのは1989年税率は3%だった
それから5%、8%と引き上げられたのだが、そのたびに法人税減税も同時に行われている
1989年から2014年までの消費税の税収は282兆円、セットで実施された法人税減税分は255兆円で、見事に相殺されているのだ
肝心の社会保障に関しては自己負担率がどんどんあがっているのを見れば、その実態がわかるだろう

政府はこの消費税増税を、「高齢化社会の福祉のため」と大宣伝、素直な国民はそれを信じ込んだ
これについては1992年に、当時の加藤寛政府税制調査会長が、「ああ言えば一般の人にわかりやすいからそう説明しただけ」と述べているが、多くの国民には真相は知らされていない

消費税がそのまま、法人税減税に充てられている事実は そこそこの経済評論家なら、知っていることだ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ 奴らは 大変に忙しい毎日のようです
方や核戦争、方やアメリカの完全乗っ取り、 ★

−−−
14_<:米国民に対する生物兵器を使ったテロ攻撃が計画されています:asyura2孤独な旅人:2016年9月07日:>

(概要)
私のコモンセンス・ショーに出演のポール・マーチンズ氏はとても悪いニュースを皆さんにお伝えしなければなりません
マーチンズ氏:
私の友人(情報筋)から重大な情報を入手しました
彼はコロラド州の超巨大施設で働いていますが、そこに生物兵器によるテロ攻撃に対応するためのバイオ・ギア(大量の巨大テント、ガスマスク、衛星電話、棺の大きさの灰色の箱など)が大量に運ばれています
なぜこのようなことをしているのかについては、2年前に知ったことですが、米政府は米国民に生物兵器を使ったテロ攻撃を計画しているのです
バイオ・ギアがコロラド州の巨大施設のみに運び込まれているとは思えません
全米でこのようなものが準備されているのではないでしょうか
先週月曜日にコロラド州で複数の政府関係者と会ったジョン・ムーア氏によると、米国民はみな衛星電話を所持する必要があるとのことです
なぜなら、そのうち電話(携帯電話も)が使えなくなるからです
アメリカではこれから複数の出来事が同時に起こるでしょう

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★ アメリカの失踪事件の分析の続きです


−−−
15_<:アメリカの行方不明研究者の事例にある失踪あるいは「消滅」の強烈な実態(1) : 生還者たちが語る状況はまるで「異次元とのコンタクト」にも似て:In Deep:2016年09月07日:>

変な書き始めとなりますが、今回の記事は、ものすごい内容だと思います
以前、特に北アメリカ大陸で起きている行方不明事例の中には不可解さが残る事例が数多くあることを、下のふたつの記事でご紹介したことがありました

・ アメリカの行方不明者たちのいくつかで共通している「異常に不可解」な事実から推測できる「全世界に広がる失踪システム」
目的や方法は不明 (2016/06/23)

・ [人間は消えていっている]知性と健康に溢れた男性たちを「死に導く何か」の正体:「そのもの」たちは何を欲しているのか・・・
ボストンの行方不明事件の詳細から浮き出る不可解 (2016/07/10)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n090066:参考文献の目次===

001:[Sputnik ほか]独FAZ紙:戦時には食料与えないとドイツ人に声明 ?核戦争の圧力をかけて来たロスチャイルド家は全面降伏?:シャンティ・フーラの時事:2016年08月23日:
002:ロシアの厳戒態勢と謀略(核戦争・ポールシフト)の頓挫・世界情勢とチャネリング情報の両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けない:シャンティ・フーラの時事:2016年08月27日:
003:2016年08月27日:シャンティ・フーラの時事:2016年08月27日:
004:北朝鮮ミサイル発射を予告した本の存在!:阿修羅掲示板北朝鮮:2016年08月27日:
005:本当に恐ろしい「病畜の肉」を買う大企業、行方不明の肉…!食肉市場の闇を聞いた!!:愛詩tel by shig:2016年08月28日:
006:恐怖のパン!!厚労省”山崎製パン”に要請:発がん性物質指定の添加物、使用表示!:愛詩tel by shig:2016年08月28日:
007:高木善之氏の臨死体験:黄金の金玉::
008:トミヒサ夫人の近未来予知夢――東京以北の閉鎖と首都移転:黄金の金玉:2016/08/30:
009:アメリカ国民は、彼らを支配している悪を打倒できるだろうか?:マスコミに載らない海外記事:2016年08月31日:
010:米・EU間の大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定が、事実上、交渉決裂:velvetmorning blog:2016年08月30日:
011:‘EUとアメリカ間のTTIP交渉は事実上失敗した’ - ドイツ経済相:マスコミに載らない海外記事:2016年09月01日:
012:ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ・経済崩壊後の新通貨システム再起動まで自力で生き残らなければならない:シャンティ・フーラの時事:2016年09月02日:
013:暴露!!消費税は全て”大企業減税”に充当されている!!そして外資に流れている!!:愛詩tel by shig:2016年09月02日:
014:米国民に対する生物兵器を使ったテロ攻撃が計画されています:asyura2孤独な旅人:2016年9月07日:
015:アメリカの行方不明研究者の事例にある失踪あるいは「消滅」の強烈な実態(1) : 生還者たちが語る状況はまるで「異次元とのコンタクト」にも似て:In Deep:2016年09月07日:

−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n090066:参考文献の目次詳細===

===1===============

:[Sputnik ほか]独FAZ紙:戦時には食料与えないとドイツ人に声明 ?核戦争の圧力をかけて来たロスチャイルド家は全面降伏?:シャンティ・フーラの時事:2016年08月23日:

案内 
翻訳 
原稿 https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116070

−−−−−−−−−−−−−−−−−
シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116070

−−−
[Sputnik ほか]独FAZ紙:戦時には食料与えないとドイツ人に声明
核戦争の圧力をかけて来たロスチャイルド家は全面降伏?

竹下雅敏氏からの情報です

ドイツ内務省が市民に対し“武力攻撃…に備え、自ら食糧と飲料水の備蓄…の指示”をした、とのことです
ポール・クレイグ・ロバーツ氏が度々警告していたように、NATOはロシアとの戦争の準備をしています
下の記事では、“ロシア、ドイツ、アメリカを含む多くの国々の政府が…災害の備えをする様にとの警告”を受けているとあります
以前からロスチャイルド家は、交渉を有利に進めるために、核戦争の圧力をかけて来ると見ていましたが、まさにこれがそれです
幸いなことに、これらの危機は回避されました
ロスチャイルド家は、私の感覚に間違いが無ければ、全面降伏の意思を示しているように見えます
危機が回避された理由は、昨日の記事で、“これらに関わった者たちは、自首することを勧めます”とコメントしたように、この時、ハイアラーキーの残党を含むこうした悪事に関わっていた連中に対する逮捕と処刑の命令が出ていたからです
実際に、今夜21時に少なくとも14,400人のハイアラーキーの残党が処刑されます
また、144,000人は無期懲役が確定しています
彼らは既に全員が逮捕されています
この者たちは、これまでケムトレイルはもちろん、気象兵器、地震兵器、生物兵器、ワクチン、遺伝子操作など、地球を破壊する数々の悪事をずっと行って来たため、最終的にこのような処置が取られたのです
改心する見込みが無いと判断されたわけです
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです

−−−
Z紙:戦時には食料与えないとドイツ人に声明
転載元)
Sputnik 16/8/23
c Flickr/ Frank Haase

冷戦後初めてドイツ内務省は新たな国防コンセプトを提示した
ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が報じた
コンセプトの中で、ドイツ市民には、同国領内への武力攻撃が起こった際に備え、自ら食料と飲料水の備蓄を蓄えておくようにとの指示がなされているという

同紙は次の質問を投げかけている
「もし明日戦争が始まったら、どうする?」

新コンセプトによると、武力攻撃や自然災害の場合、ドイツ市民は自力で食事の面倒を見ることを余儀なくされると、同紙はまとめている

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が手に入れた書類には、ドイツ市民には「10日間の自らの食糧備蓄を蓄え」、5日間の十分な飲料水を維持するよう指示されている
ベネズエラの首都カラカス市警は「食べ物が欲しい」というスローガンを挙げて抗議行動を行なった市民に催涙ガスを使用

−−−
引用元)

日本や世界や宇宙の動向 16/8/23
http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2016/08/world-governments-are-warning-prepare-for-disaster-america-included-trouble-is-already-here-2462533.html
(概要)8月22日付け
By リサ・ヘイブン

ロシア、ドイツ,アメリカを含む多くの国々の政府が権力層(グローバリスト)から災害の備えをするようにとの警告を受けています
2,3年前から、世界の国々の政府や、ロスチャイルド、キッシンジャーを含むグローバリストらは、差し迫る最悪の事態に備えて、食料、水、銃弾などを大量に備蓄しています

(中略)

アメリカでも、まず、5月にオバマはワシントンのFEMAアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁にて、米国民の一人ひとりが災害のための備えを今すぐにしておくべきだと警告しました

(中略)

アメリカの国家安全に携わる業界団体は、最長で10年間続く食料危機の影響を考慮した計画を立てているといわれています

(中略)

グローバリストらは世界人口を削減するために大気中にケムトレイルを撒き、水道水にフッ素を混入し、遺伝子組み換え食品を我々に食べさせているのです

(中略)

ロシアとNATO及びアメリかの対立が激化する中でロシア国民(特にモスクワ市民)は食料や必需品の備蓄を始めました
ロシア国民は何かが起こることを察知しています

つい最近、ドイツ政府もドイツ国民に最低10日間の食料、水の備蓄を呼びかけました

(中略)

今すぐ、食料と水の備蓄を開始してください
グローバリストらは世界を乗っ取るために食料を兵器として利用しようとしています
食料不足が始まれば戒厳令を敷く理由付けになります

(中略)

FEMAの契約会社は、社会不安により食料価格が395%も跳ね上がると予測しています

戻り


===2===============

:ロシアの厳戒態勢と謀略(核戦争・ポールシフト)の頓挫・世界情勢とチャネリング情報の両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けない:シャンティ・フーラの時事:2016年08月27日:

案内 
翻訳 
原稿 https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116181

−−−−−−−−−−−−−−−−−
ロシアの厳戒態勢と謀略(核戦争・ポールシフト)の頓挫
世界情勢とチャネリング情報の両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けない

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116181

−−−
画像の出典: pixabay.com & NASA/CXC/MIT/F. Baganoff, R. Shcherbakov et al.

・ ロシアの厳戒態勢と謀略(核戦争・ポールシフト)の頓挫?
・ 世界情勢とチャネリング情報の両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けない?

2016/08/26
竹下雅敏氏からの情報です

ロシアが25日に、厳戒態勢に入ったということです
記事によると、
“8月22日に戦争開始の命令が下されました
しかし、誰も戦争を始めませんでした
NATOによるロシア侵略が取りやめとなりました”
とあります
ただ、権力を失いかけているホワイトハウスのファシストらは“何をやるかわからない状態”なので、ロシアは厳戒態勢を敷いているわけです
これは、事実上、オバマ政権の謀略が頓挫したことを意味しています
厳戒態勢に入っているロシアに、先制攻撃を行うのは無理だからです

次の記事では、ドイツ政府の“水と食料の備蓄の呼びかけ”が、ロシアとの戦争を想定していたのがわかります
“続きはこちらから”以降は、こうした経緯を理解するために、時事ブログで示したコメントの一部です
今月25日のコメントでは、“米政府によるロシアとの戦争”を指摘しました
また23日の記事では、これがヨハネの黙示録に繋がる陰謀であり、ロシアとの核戦争のみならず、その後にポールシフトまで用意されていたことを示唆しました
しかし、コメントの太字にした部分の時間に注意して下さい
8月18日12時54分(午後0時54分)に、ポルソムメイヤスを処刑したことで、こうした陰謀が回避されたことを示しました
18日に取り上げた記事では、そのポルソムメイヤスからの極移動情報を紹介し、“今日の午後0時54分に回避されました”とコメントしました

巨大惑星の接近だけでは、極移動は起こらないはずです
加えてCERNの加速器を稼働させ、ポールシフトを実現する手はずだったと考えています
稼働の結果、イタリアの地震が起こったのではないでしょうか
18日午後0時54分にポルソムメイヤスを処刑し、20日の20時頃にポールシフトの陰謀に関わった者たちに対する処刑命令を出したことで、こうした陰謀の芽を摘んだわけです
その後、陰謀の中枢に居た先代のセントラルサンのヒメミコとその関係者を全員処分したのがこれまでの経過です
この世界のこうした出来事は、チャネリング情報でもたらされる一連の動きとリンクしています
両方を正確に読み取らなければ、未来を正しい方向に導けないのです
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです

−−−
8月25日にロシアが警戒態勢に入った理由とは

引用元)
日本や世界や宇宙の動向 16/8/26
http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2016/08/sirens-blare-in-moscow-as-russia-goes-on-high-alert-2462583.html
(概要)8月25日付け

ロシアが警戒態勢に入った理由とは

8月25日(ロシア時間)に、ロシア軍大将が召還されロシア軍は完全な警戒態勢となりました
同時に午前6時にモスクワでサイレンが鳴り響きました
その1時間後、ロシア国防大臣は
「ロシア軍最高司令官の指令により新たな無通告査察が始まった
ロシア軍(南部軍管区、西部及び中央軍管区、北部艦隊、航空宇宙軍最高司令部、空輸部隊)は午前7時に完全な戦闘態勢に入った」
と発表しました

ロシアがこのように厳戒態勢となった理由は:

1) 米ドルで資金を提供されている数人の重要テロリストがチェチェンの西南部で発見され殺害された
彼らは侵略という言葉を発していた
しかしこの事件は極秘に扱われた

2) ロシアの南東部の昨日の気温は30℃だったが、鶏卵の大きさの雹がロシアのダゲスタンとチェチェン全域に降り、この地域のインフラの多くが破壊された
しかし、これはアメリカのサテライトが原因(気象操作?)であることがわかった
これも極秘として扱われた

3) ジョー・バイデン米副大統領は、ISISにユーフラテス川東部に撤退するよう命令した
しかし、トルコとロシアはCIAの戦闘部隊であるISISを破壊している
(いつからバイデン副大統領は軍隊を統制し始めたのでしょうか)

4) アメリカでは国土の半分が火災と洪水により非常事態のようなものである

戦争の背後に見え隠れするものは

a) 世界の金融エリートらは金融システムのコントロールを失ったため、それをリセットする必要があります
彼らの愚かな失態を隠蔽するには全面戦争が必要と考えています

b) 8月22日に戦争開始の命令が下されました
しかし、誰も戦争を始めませんでした
NATOによるロシア侵略が取りやめとなりました
彼らによる戦争開始の命令が拒否されたのは世界の力によるものです

c) オバマ大統領は9月14日までに米経済を完全に崩壊させることになっていますが、誰もそのことに耳を貸しません
海運が停滞していますが、それでも米経済を完全に崩壊させるまでには至りません

d) ホワイトハウスのファシストらは権力を失いかけています
彼らは権力を維持するために何をやるかわからない状態です
大規模核戦争もあり得ます
ホワイトハウスにいるオバマのハンドラーたちは完全に狂っています

(中略)

世界を支配しているルシファー崇拝者ら(堕天使ども)は人類を破壊することしか興味がありません
彼らは常に世界中を戦争状態にしています

−−−
ドイツ政府の緊急準備要請?

引用元)嗚呼、悲しいではないか! 16/8/25
ドイツ政府は攻撃や災害の場合には食料、水を備蓄するよう市民に促している
http://www.zerohedge.com/news/2016-08-21/german-government-urges-citizens-stockpile-food-water-first-time-cold-war-ended

o0600033313730399040

冷戦終結以来始めて、ドイツ政府は攻撃や災害の場合には食料、水を備蓄するよう市民に話す計画をしていると、フランクフルター・アルゲマイネン・日曜新聞は日曜日に報道した

(中略)

「国民は10日間の食料の個人供給を確保する義務がある」と新聞は政府の「民間防衛の概念」を引用している
それは内務省によって準備されている

(中略)

さらなる優先順位として市民による軍隊への更なる支援が必要であると、付け加えられた

(以下略)

(続きはここから)

−−−
トルコと米軍率いる有志連合の空軍がシリア北部で軍事作戦を開始
・ 米政府による、ロシアとの戦争を視野に入れた作戦であった可能性

転載元)シャンティ・フーラの時事ブログ 16/8/25
竹下雅敏氏からの情報です

トルコ軍と米軍率いる有志連合の空軍がシリアに侵入し、テロリスト等の拠点を攻撃したということです

(中略)

米軍の目的はシリア政府の懸念以上のものであった可能性があります
米国防総省の広報官ピーター・クックは、8月22日に、“連合を守るために必要ならシリアやロシアの戦闘機を撃墜する”と語っています
米政府による、ロシアとの戦争を視野に入れた作戦であった可能性があります
ドイツでは、非常事態に備えて10日間の水、食料の備蓄を訴えていました

(竹下雅敏)

−−−
完全に破棄されているヨハネの黙示録とハイアラーキーの残党との戦い

転載元)シャンティ・フーラの時事ブログ 16/8/23 10:30 PM

竹下雅敏氏からの情報です

ヨハネの黙示録の一部が、うまくまとまっているものを見つけました
なにやら恐ろしそうな予言が書かれていますが、(中略…)要するに、ルシファーと魔の軍団による地球支配計画が、こうした予言の形で書かれていたわけです

(中略)

以下は、光の戦士、ライトワーカーというハイアラーキーの手下の者たちを含むハイアラーキーの阿呆共との戦いの記録の一部です

2016年
8月05日 ソマリアメイヤス消滅
8月18日 12時54分 ポルソムメイヤス消滅
8月20日 20時ごろ、ポールシフトの陰謀に関わった者たちに対する処刑命令
8月21日 午前零時 先代のセントラルサンのヒメミコを含む8柱の星神、銀河連邦の者1名、ハイアラーキーの残党264名を処刑
8月22日 ケムトレイルを含む悪行を行なっていた者たちに自首を促す
8月23日 午前3時30分 新たに選出されたポルソムメイヤスが肉体ごと消滅
他のメイヤスは無期懲役
今夜21時に第1システム星神第5レベルの55柱が処刑の予定
加えて、ハイアラーキーの残党14,400人が処刑の予定
残り144,000人は無期懲役

(以下略)

−−−
[GFLサービス]
地球評議会のポルソムメイヤス氏からの情報/極移動
真の「銀河連邦」に属する宇宙人からの情報

転載元)シャンティ・フーラの時事ブログ 16/8/18 10:00 PM
竹下雅敏氏からの情報です

(中略)

記事の情報は、これが正しければ大変な事になりますが、どうやら、このような事態は回避されたようです
今日の午後0時54分に回避されました
どのようにしてこれが回避されたのかをここに記しても、誰も信じないでしょうから、書かないことにします
時間を指定しているので、興味のある方は調べてみて下さい

(竹下雅敏)

−−−
地球評議会のポルソムメイヤス氏からの情報/極移動  2016年8月17日

転載元)GFLサービス 16/8/17

以下の極移動情報が地球評議会のポルソムメイヤス氏から寄せられましたので、皆様にお知らせ申し上げます
地球に対して未知の巨大惑星が近づいてきています
この惑星 は、地球の約10倍の直径で、太陽系以外の系に属しており、いわゆる第9の惑星とも違うものです
この惑星は、接近してきて、最接近の後、遠ざかってゆきますが、最接近位置近くでは、太陽や、太陽系の惑星による引力のバランスが崩れます
従って、磁力バランスとは異なる力の作用によって、地球がバランス位置にまで回転し、その間磁極が移動します

(以下略)

戻り


===3===============

:2016年08月27日:シャンティ・フーラの時事:2016年08月27日:

案内 
翻訳 
原稿 https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116183

−−−−−−−−−−−−−−−−−
[Sputnik]ゼリー製造過程を映したビデオにみんな大ショック
シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116183

−−−
画像の出典: pixabay.com
[Sputnik]ゼリー製造過程を映したビデオにみんな大ショック
2016/08/26
竹下雅敏氏からの情報です

この動画は見るべきだと思います
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです

−−−
ビデオクラブ ゼリー製造過程を映したビデオにみんな大ショック

転載元)Sputnik 16/8/25

イスラエルのユーザー、glass.walls.israelさんがFacebookに載せた動物性ゼラチン質のゼリーを作る工程がネットユーザーたちに強烈なショックを与えている

甘くてぷるぷると震えるゼリー
ビデオにはそのおいしくて綺麗なお菓子がどう生まれていくのかが克明に記されている
撮影者がクローズアップするのはメーカーが衛生環境に全く配慮していない様子
臓物を抜いた豚の体、皮、骨が細かく分けられ、それが化学物質と共に煮立てられたバケツの中身は緑色でどう見ても毒々しい
ビデオを見たある人はこんな書き込みをしている

「動物のかたちをしたゼリー、噛みごたえのあるこうしたお菓子はとっても美味
でもそれがこんなふうに動物を煮て作られたものだとは誰が思うだろうか?
これを見た今となっては私は気持ち悪いとも恥ずかしいともとれない感情に悩まされている
だって今まで私はこうしたゼリーをたくさん食べてきたのだから」

戻り


===4===============

:北朝鮮ミサイル発射を予告した本の存在!:阿修羅掲示板北朝鮮:2016年08月27日:

案内 
翻訳 
原稿 http://www.asyura.com/0601/bd45/msg/113.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
阿修羅掲示板
http://www.asyura.com/0601/bd45/msg/113.html
投稿者 M総合研究所 日時2006年7月07日
北朝鮮ミサイル発射を予告した本の存在!

日本国破産のシナリオ―破滅から黎明へ 光は極東の日本から
御金蔵はカラッポ、借金は国・地方合わせて1026兆円
「量的緩和」解除で、国債増発は止まらない
郵政民営化で、新規国債の受け皿なし
このままでは日本は財政破綻を免れない
破産日本で生き残る、7つの投資術を紹介

プロローグ 目の前に迫った現実、アメリカの陰謀

第1章 鳴かぬなら鳴かしてみせよう、日本の防衛

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901318403/ref=ase_mkennet-22/249-9016807-2419542
2006年3月に出版された著書である

なんと!?
この本のP28から2006年7月5日の北朝鮮のミサイル発射の真相が書かれていた!!
おそらくマスコミはこの著書を近日中に取り上げることになるだろう!!
その内容はP28から「アメリカが北朝鮮と通じるメリット」から

米国は日本に「GDPの1%以内の政治規制を廃止して、日本に米国製兵器をもっと買え」と強く言ってきている
米国は日本に「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」と言う言葉があるがまさにその通りの作戦を決行させた!!
それが、先般の北朝鮮のミサイル発射であった!!
さらにP31からは「日本が政治規制をぐずぐずしているなら北朝鮮にミサイルを発射させることでCIAは動き出す」と警告していたのだが、まさにその通りになってしまった!!

米国は今回の北朝鮮のミサイル発射の見返りに金日正への将軍体制の保障と偽札の100$紙幣{スーパーX}の日本持込への黙認した!!とある?

その上、2010年は北朝鮮の朝鮮労働党創建65周年にあたり、米国はこの金日正体制を保証すれば、偽札の「スーパーK」と「スーパーノート」と「スーパーX」の偽ドルを国家レベルで製造して世界で換金したその額は1990年からでおよそ700億$日本円で約8兆500億円で、そのマネーロンダリングされた資金は大聖(テソン)銀行を通じて、総書記の資金を運用する「党39号室」にプールされていると言う

これらの内容を分析すれば今回の北朝鮮ミサイル発射でかかった「費用対効果」は実に破格である!!

今回のミサイル発射は実に仕組まれたもであるかがこの本を読めばより明確に理解できる!!

M総合研究所として今回の事件の当日に阿修羅サイトに投稿していた記事の通り、「今回のミサイル発射で誰が損をして誰が得をしたか?」分析する必要があることを警鐘していたが、少しは理解してもらえたかな?

日本国民の膨大な血税が湯水のごとく支配国の思うがままに吸い上げられいる!!

小泉首相や政治家たちは正直自分たちは別に増税や所得が少々目減りして食うことに困るはずはないが一般庶民は医療費の負担や酒、タバコの増税や消費税などで生きて行くのに本当に大変なことなど心底理解できない

これは、最終的には我々日本国民が一番悪いと日本以外の諸国は見ている

その一番の原因はこれらの真実は決してマスコミは自らは表現しない
しかし、他人が著書や論文などで公開したものについてはニュースとして取り上げることだろう
決して自らの発言責任のがれの為に情報分析の結果をオリジナル情報として発信することはない
で、あれば、将来の自分を真剣に考えるならば、それらの真実と時事問題の情報分析の力を自ら養うことだ!!

これしかないのです
別に自ら政治評論家になれと言うのではなく、結局=「誰が損をするか?」分析できるようにならないと、ダメだといっているのです

戻り


===5===============

:本当に恐ろしい「病畜の肉」を買う大企業、行方不明の肉…!食肉市場の闇を聞いた!!:愛詩tel by shig:2016年08月28日:

案内 
翻訳 
原稿 http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/d06fe26176ec880890dca4a7ea5c0eff

−−−−−−−−−−−−−−−−−
本当に恐ろしい「病畜の肉」を買う大企業、行方不明の肉…!食肉市場の闇を聞いた!!

愛詩tel by shig
http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/d06fe26176ec880890dca4a7ea5c0eff

TOCANAより2016.02.03
本当に恐ろしい「病畜の肉」を買う大企業、行方不明の肉…! 食肉市場の闇を聞いた!

※本記事は食肉市場全体ではなく、あくまでも取材者の体験を元に構成されています
以前TOCANAで掲載された記事
『「養豚業者は“豚トロ”を絶対に食べない」は本当か?』にもあるように、食肉業界には消費者にとって“知られざる秘密”があるようだ

筆者の友人に、2年ほど前まで東京都の管理する食肉市場関係の仕事に従事していた人物がいる
彼は、以前から食肉に関する裏話を知っている様子だったので、今回詳しく聞いてみた(全3回)
■ 病畜ばかり買う業者の存在
(2011年度食肉検査等情報還元調査より)

――と畜場によって豚の受け入れ状況に差があったりするのかな

「豚の種類とかであるよ
今、無菌で育ててる豚とか作ってるから、値段がまちまちになるからチェックするんだよ
で、視覚的にわかるもの、例えば怪我してるとかあったらはじいていく
病気してるとかは枝肉(=体の方の肉)なので内臓まではわからないけどね
まあ、内臓も著しく悪かったら、肋骨の裏に病気痕が出るから、そういうものを総称して「病畜」っていって全部はじいていくんだよ」

――それは買い取ったあとにやるの?

「市場には出すんだけど、病畜扱いでセリ場の一番端に追いやられる
それで、一番最初にセリ落とされるようになってる
それを買う業者も決まってて、安く買って『ここ削ぎ落とせば使えるじゃん』っていうのにいち早く目をつける」

――そういう業者がいるってことだよね

「固定でいるよ
でもね、小さい肉屋とかはあからさまに病気になってる「病畜」じゃなくて、怪我とかの他の部位には何も問題の無いのを買っていくね
そういうものの中には『ここには怪我の痕があるけど、バラ肉は凄く良い状態』っていうようなものが安くてたくさんあるから
俺たちバイトからすると、そういう人が目利きだなって思うね

小さい肉屋は、目利きがしっかりしていて良いものを出さないと売れないから、そういう小さい業者さんのジイさんとかは、凄く肉の見方をわかってて、俺等みたいなバイトが冷蔵庫の端っこにいても教えてくれるぐらいなんだよね

『どこ見てるんですか?』って聞くと、『こんなのね、太もも捻挫してるだけだから他のところは美味しいんだよ』とか言うのよ
『他は使えないけど、ここは使えるから持って行く』っていうのは、目利きが半端じゃないよね

だから、目利きのちゃんとした人間は「本当に病気してるもの」以外はみんな買って行くよ」

――「病畜」って呼び方は誤解を生むね

小さい肉屋さんなんかはそうやっていかないと生きて行けないわけでしょ?

「目利きのちゃんとしたジイさんなんかの小さい肉屋とかが買って行く「病畜」は「害のある病気」じゃなくて「怪我をしているだけの上等な肉」って理解するといいかもね

その病畜のセリが終わったあとに、上等な黒豚とかそういうもののセリが始まるんだけど、大体5社ぐらいの同じ業者がずっと続くよ
良いものの取り合い
そういう業者のトップみたいなのが6割から7割をセリ落としていくんだけど、もう“爆買い”みたいなもんだよ

大きな業者は、形が整っている肉を独占してセリ落として行くから、小さい肉屋はそうやって「目利き」で勝負するしかないよね」

――食肉だけじゃなくて、鮮魚とかも変わらないんだろうね

初セリとかで、大間の本マグロを「何千万でセリ落とした」とか「何億でセリ落とした」とかいってるのと似てるのかな

「そういうのは見せ金だよ
初セリで落とした大間の本マグロを、トラックでそのまま持って行って『さあ、今日の初セリで落としてニュースにも出た1億円のマグロです!』って解体ショーをやる

食肉では、そういう大企業で肉をセリ落として行くのはチンピラみたいなのばっかりだからね
『俺がどんどん肉屋に捌いていくからよぉ』みたいな感じだね
でもそういう大企業なんかは、いわゆる「病畜」の「怪我をしているだけの上等な肉」は買わない
『ウチにこんなもの買わせるのかよ』ってぐらいの勢いだね」

――病畜じゃ無いのは高いんだ

「何倍もするよ」

――野菜で例えれば、曲がったキュウリとかみたいなものか

「そうそう
だから、ちゃんと食えるものなんだよ
なんでもかんでも「病畜」って言っちゃうと、食えるものと食えないものの感覚がわかんなくなっちゃうよな」

■ 本当に病気のヤバい肉を買う大手企業

――豚トロの話みたいに、薬を使って殺してるみたいなのはわかるけど、怪我しただけのものまで全部「病畜」って言うのはおかしいと

「そうそう
総称して本当に病気なのも、移動で怪我したものも「病畜」って言っちゃうからさ
病畜一覧っていうのがあって、盗み見したことがあるんだけど、恐ろしい病気のもあるよ」

――そういうものはどうするの?

「仕組みの話で言うと、管轄はわかれてるんだけど、情報が流通してるから、休憩所とかで話してると聞こえてくる
『今日何頭来て、いくらぐらい出てるの?』とか話してて

で、大きい企業だと、頭数足りないからっていう理由でとんでもないものを買って行く人もいて
100頭なら100頭買わないといけなくて、1頭足らないのは死活問題なんだよ」

――「怪我をしているだけの上等な肉」じゃなくて「本当の病気の肉」「恐ろしい病気の肉」を?

「ヤバイのを買って行くね
そんな肉でも加工しちゃえばわからないから持っていくんじゃないのかなぁ
これはたぶんそう思うってことだけど」

――そうしたら、ベーコンとかソーセージとか食えなくなってくるんじゃないの?

「ベーコンとかソーセージってミートホープに代表されるような加工肉だからね
原材料表示見ればわかるけど、水飴ばっかりで肉じゃないから」

――吉野家の朝定のシャケとかあれおかしいじゃん
シャケなんかシャケフレーク固めたみたいじゃん
昔あった松屋のチキン定食とか
あれってシャケはシャケでチキンはチキンなんだろうけど、いったいどこの肉をどうやってやったらああなるんだかわかんないよな
何かを練って、形を整えてって作っているとしか思えないよね

「その感じだよ
だから、ビーフ100%ハンバーグって打ち出していた肉が、実は鶏とか豚とかも混ざっていたなんてことが昔たくさんあったんだよ」

――今でも国産牛100%って表示は、色んな意味で怪しすぎるんだけど…
そういう部位は売られなかった場合はどうなるの?

「肉を切り落としてもだめ、処理してもだめ、誰もセリで落とさないってなったら、それを処理できなくて困ったって言って、洗浄のあとにまたセリ場の端っこに持って行くんだけど、それを市場の人とか都の人間とかが、更にもう一回点検してバツ印を付ける

そして、工場の真ん中にある2m四方ぐらいの広さで、凄く深いコンクリの穴に落とされすんだ
それから処理したことを証明する書類かなんかを書いて職員の人たちはいなくなっちゃう
そのあとその肉がどうなるのか全然わかんないけどね」

――捨てるかどうかわからないってこと?

「『食えるか食えないか』の判断を職員たちはしないから
『売れるか売れないか』だけの判断しかしない」

(取材・文=青天 青)

戻り


===6===============

:恐怖のパン!!厚労省”山崎製パン”に要請:発がん性物質指定の添加物、使用表示!:愛詩tel by shig:2016年08月28日:

案内 
翻訳 
原稿 http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/a338c38256984d6fef85d7febc94fcb5

−−−−−−−−−−−−−−−−−
恐怖のパン!!厚労省”山崎製パン”に要請:発がん性物質指定の添加物、使用表示!
愛詩tel by shig
http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/a338c38256984d6fef85d7febc94fcb5

−−−
Business Journal 2015.09.11
山崎製パン「ランチパック」「芳醇」、発がん性物質指定の添加物使用、厚労省が表示要請

動脈硬化や心臓病のリスクを高めることから、「狂った脂肪」と称されるトランス脂肪酸ですが、米国食品医薬品局(FDA)は、2018年6月以降トランス脂肪酸の食品への利用を禁止すると発表しました

脂肪酸&limit=20">トランス脂肪酸は牛肉などにも含まれていますが、これはシス型のトランス脂肪酸で、含有量はごくわずかなため心配はありません
健康に悪影響を与えるのは、人工的につくられるトランス脂肪酸です
これはマーガリンやショートニングの製造過程で、固形化するために行われる水素添加によって生成されます

世界的に10年程前からトランス脂肪酸規制の動きが強まり、03年に「食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合」は、トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告しました
これを1日消費エネルギーが平均約1900キロカロリーの日本人に当てはめると、摂取量は1日約2g未満となります

食品安全委員会では 日本人の1人当たり平均のトランス脂肪酸摂取量は消費エネルギーの0.3〜0.6%と試算、「日本人は欧米人に比べてトランス脂肪酸の摂取量は少ないので規制する必要はない」との見解を07年に出しています
そのため、日本では食品に含まれているトランス脂肪酸含有量の表示もされていません

トランス脂肪酸低減に取り組む製菓・製パンメーカー

こうした中で今年6月、FDAが3年後からトランス脂肪酸の食品への利用を原則禁止すると発表したのです
米国内の規制ですが、日本も「右へならえ」となるのが、これまでのパターンです
当然、日本の食品メーカーは本格的にトランス脂肪酸低減化に乗り出しました
特にマーガリン、ショートニングを大量に使う製菓・製パンメーカーは、死活問題として取り組んでいます

その中でトップを走っているのが、製パン業界最大手の山崎製パンで、全製品でトランス脂肪酸を大きく低減したとホームページで強調しています
ホームページを見ると、パン類から洋菓子までの多くの製品がトランス脂肪酸含有量0%となっています

おそらくトランス脂肪酸ゼロを前面に出しての広告販売戦略を今後展開していくのではないかと思います
しかし、トランス脂肪酸を低減化することによって新たな健康リスクが出ていることを消費者は見逃してはいけません
トランス脂肪酸を低減するには、マーガリン、ショートニングの原材料を大豆油などに比べて固体になりやすいパーム油に変更する、食品添加物のグリセリン脂肪酸エステル(乳化剤)を使って固形化しやすくする、などの方法があります

パーム油使用では酸化防止剤として添加されているBHA(ブチルヒドロキシアニソール)のリスクがあります
BHAはラットの動物実験で胃がんが確認されています

グリセリン脂肪酸エステルはハムスターの動物実験で肝臓肥大、腎臓の石灰化が起こったという報告があります
トランス脂肪酸ゼロの表示に飛びつくと、こうしたリスクを新たに取り込むことになることを、消費者は留意しなければなりません

危険な臭素酸カリウムを使い続ける山崎製パン

それにしても、怒りさえ覚えるのは山崎製パンの企業姿勢です

もし、消費者の健康を第一に考慮しているのならば、トランス脂肪酸低減化よりも、すぐにやることがあるはずです
サンドイッチ状の惣菜パン「ランチパック」や食パン「芳醇」などに添加している小麦粉処理剤・臭素酸カリウムの使用を中止することです

臭素酸カリウムは、ラット実験でがんが確認されたことから、「食品添加物のFAO/WHO合同食品添加物専門家会議」(JECFA)で「遺伝毒性発がん性物質」に指定されています
国際がん研究機関(IARC)でも、「ヒトに対して発がん性があるかもしれない」という「グループ2B」に分類しています

臭素酸カリウムを添加すると発酵時間が短くなる上、傷んだ質の悪いパン生地でもふっくらと焼き上がるため、1980年までほとんどのパンメーカーが使用していました
しかし、国際機関で相次いで、臭素酸カリウムの発がん性が報告されたことと、学校給食から臭素酸カリウムを追放する消費者運動の高まりなどから、日本パン工業会は使用自粛を決定したのです

ところが突如、2004年に山崎製パンが使用を再開したのです
山崎製パンは日本パン工業会の会員ですから、まさに“掟破り”です
「高精度の分析技術が開発され、最終製品には残留しないことが確認された」というのが、使用を再開した理由です

臭素酸カリウムは、最終製品に残留しないことを条件に指定された食品添加物です
しかし、使用製品から臭素酸が確認されたことから、実質的な使用中止になったのです

山崎製パンでは、「高度の分析技術」で残留しないことが確認された」としていますが、もっと高度の分析技術を用いれば、残留が確認されるのは間違いありません
それ以上に、臭素酸カリウムのような発がん物質が食品製造に使用されること自体がおかしいのです
どんな手違いがあり、食品に混入するかもしれません

もっとおかしいのは、厚生労働省の対応です

なぜ、臭素酸カリウムを添加物名簿から削除しなかったのか
削除していれば、山崎製パンが使用を再開することはできなかったのです

厚労省は、臭素酸カリウムの使用の際は、「この製品には臭素酸カリウムを使用しています」との表示をするよう山崎製パンに 要請しています

本来、臭素酸カリウムのような加工助剤の表示は免除されています
それを表示するように求めているのは、厚労省も「できれば消費者には食べてほしくない」と考えているのかもしれません

ともあれ、山崎製パンが消費者の健康を本当に考えているのならば、何よりも臭素酸カリウムの使用を中止するべきです

(文=郡司和夫/食品ジャーナリスト)

−−−
巷の噂では、山崎製パンの社長は、自社のパンを絶対に食べないそうだ
しかしながら、ランチパックの開発責任者は、毎日何個ものランチパックを食べていると、以前、テレビの特番で流していた
命懸けだね
時々(買わないけど)スーパーで“ランチパック”や”芳醇”の表示を確認してみるが「臭素酸カリウム使用」 とは書いてないあはは、ちゃーんと使っているのね

注意しましょう!!

戻り


===7===============

:高木善之氏の臨死体験:黄金の金玉::

案内 
翻訳 
原稿 http://golden-tamatama.com/blog-entry-2511.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて、昨日のダーチャプロジェクトお疲れ様でした
一昨日と昨日の2日で2軒も建てワタスはもう既に気分は完全大工です
今後、大工道具を揃えようと思います
本当にありがとうございますた

さて、この秋何かある

多くの人がそう言う中
昨日ダーチャ参加者さんから以下の興味深い話を聞きました

高木善之さんという方の話です
高木善之さんと言う方はワタス全然知らなかったのですがこんな方のようです
−−−
wiki 高木善之 より

profile2takagiyoshiyuki.jpg

大阪府立三国丘高等学校、大阪大学基礎工学部物性物理学コースを経て、松下電器(現パナソニック)に就職、半導体関係の技術者となる
その後、本社技術企画室副参事として28年間勤務
パナソニック合唱団の常任指揮者として活躍
元大阪府合唱連盟理事
1991年、『地球村』を設立
1992年リオ地球サミット参加
1997年退社
2002年ヨハネスブルグ環境サミット参加
「美しい地球を子供たちに」と呼びかけ、地球環境や生き方について講演や著書を通して提言を続けている

ネットワーク地球村という8千人のかなり大きなNPOをやってる方のようです

高木善之さんを代表とする"ネットワーク「地球村」"の活動が感動的!
http://matome.naver.jp/odai/2140495950471271501

環境と平和のNPOネットワーク『地球村』は、1991年、高木善之によって設立された
主として地球環境、社会の問題について現状を知らせ、その問題の解決、改善について提唱活動をしている
国内では二酸化炭素の削減、省エネ、省資源、「脱原発」など
海外では飢餓貧困、森林破壊、大規模災害の救済、人道支援など
会員数は約8千人で、環境と平和のための国際NGO(国連ECOSOC特別協議資格NGO、国連DPI登録NGO)となっている

で、何が興味深いかというと
この高木さんは33歳の時に事故で死にかけて臨死体験をした
それで、2021年の未来のビジョンを見たと著書に書いてるんですね

ZXCO12AKSLD9ZXCVLASDKJFAIU23OASDFOAISUO.jpg

この高木氏の見た未来

1991年 ソ連崩壊
2001年 9.11テロ
2011年 3.11原発事故
2021年 世界崩壊

これは非常に興味深い
確かに11年毎に世界的異変が起きている
ネットに一部、載ってたので張っときます
高木善之氏の臨死体験
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1702/case/NDE/takagi.html

◆オートバイ事故◆

ここに取り上げるのは、高木善之氏の臨死体験の場合である
松下電器産業の研究員であり、松下中央合唱団の常任指揮者でもあった彼は、1981年、33歳のときに交通事故に遭い、瀕死の重傷を負った

その日、オートバイで国道一号線を走っていた高木氏は、突如として対向車線からUターンしようとして進入してきた自動車を目にする
とっさにブレーキをかけたが間に合うはずもなく、その車に激突
その時車は、時間感覚が変化したのか、急にスローモーションのようにゆっくりと接近したという
「自分の身体が飛んでいく、オートバイが転がっていく‥‥
人々の叫び、救急車のサイレン‥‥」
交差点はUターン禁止
運転手は19歳の少年で、事故の責任は全面的に相手にあった
が、結果は惨憺たるものだった
首の骨の損傷
骨盤がばらばらに割れ、右足が付け根からはずれ、右足の骨動脈は4本とも切断されていたという
さらに手首の粉砕骨折、他に肩関節、膝関節など骨折多数‥‥
担当の救急医師が「死んでもなんの不思議もない」といったほどの重体で、意識不明が続いた

その間に彼は臨死体験をした

彼は、その内容を簡潔な表現で語っている
いくつかの著作から拾ってみよう
事故の後、彼は自分が担架で病院の中に運ばれていくのを「天井の高さでテレビカメラのように」追ったという
そして、自分が手術されるのを、やはり天井から逐一見ていたという
その後、ベッドに横たわる自分に妻が絶叫しているのを見て、「大丈夫、僕はここにいる、心配いらない‥‥」と呼びかけるが、もちろん伝わらない
やがて彼の意識は愛媛県松山市の郊外、重信川という大きな川の河原に飛んだらしい
その河原は、彼の父親の仕事の関係で三歳から六歳の頃を過ごした土地のすぐ近くにあった
川面に石を投げたり、水遊びをしたりした美しい思い出の河原だった
しかし、その緑濃い自然は大きく変わっていた
土手も河川敷もコンクリートで固められ見る影もない
自分が住んでいた一画のどこにも住居はなく一面の草地に変わり、父が勤めていた近くの病院や、彼が通った小学校はすっかり立派になっていた

◆「地球は生きていたんだ」◆
 その後彼は、ひばりのように上へ上へと上昇し始めた

彼は子供の頃、ひばりは泣きながら天に舞い上がって死に、そして二度と帰ってこないのだと信じていた
そして、今、自分がひばりになって空に舞い上がっていると思った時、自分の死を自覚し、強烈なショックが襲った
しかし、やがて自分の死という事実を受け入れると、苦しみが去り、楽な気持ちになって、またなめらかに上昇を始めたという
彼はさらに高く上昇を続け、山々が小さくなり、やがて四国が視野に入って小さくなり、そして日本が小さくなり、ついに目の前に地球が現れる
その強烈な映像、その美しさ、大きさ、厳粛さ、偉大さに満ち足り、至福の感動を覚えたという
彼はその感動をつぎのように表現している

今、目の前に巨大な地球
本物の地球、三次元の地球、立体の地球が圧倒的な迫力で語りかけてくる
それを見たとたん、激しい衝撃
“生きている・地球は生きていたんだ・魂が揺すぶられる‥‥‥
感動の涙がこみ上げる‥‥‥
今、自分が変わりつつあることがはっきり分かる‥‥‥
自分が地球と宇宙とつながっていくような感覚‥‥‥‥

・・・・・
自分は死んだのだ
そしてあの世(光の世界)に来たのだ
痛くもないし、苦しくもない
とても自由で幸せな感じ
ここには何も無い
お花畑も河原も、天国も地獄も無い
ここには物質的なものは何も無い
宇宙のように何も無いのかと言えばそうではなく空間も無いのだ
ちょうど目をつむって何かを考えているような感じ
意識やイメージはあるが物質的なものは何も無い
・・・・・

◆地球の未来を見た◆

さて高木氏は、その時間の無い「光の世界」で過去現在未来のさまざまな映像を見たという
それらの映像は、きわめて簡潔な語句でしか語られていないが、そのいくつかを拾ってみる

・・高木氏は、別の箇所で次のようにも言う

私は光に包まれ、至福の長い時間をすごしたのです
そして意識が戻った時には、未来の記憶を持って帰ってきたのです
たとえば、10年後(1991年=筆者注)にソ連が崩壊し、20年後(2001年)にアメリカ が崩壊し、40年後(2021年)に世界が崩壊することを知っていたのです
そし てその通り歴史は進んでいます、今も‥‥

この高木氏の言う2021年の世界崩壊
ワタスは以下を思い出しますた

ZXCO12AKSLD9ZXCVLASDKJFAIU23OASDFOAISUO12918AA9.jpg

1923年 関東大震災
1925年 治安維持法
1940年 東京オリンピック(中止)
1941年 太平洋戦争

2011年 東日本大震災
2013年 秘密保護法案
2020年 東京オリンピック

これはかなり前に1940年と2020年のオリンピックがシンクロしてると指摘されて流行ってました
確かに見ると80年前の同じ歴史が繰り返されてるように見えますよね
ってことは、現在2016年は80年前の1936年です
1936年といえば2.26事件の年です
で、来年2017年は1937年なので日中戦争の年です
まさか来年中国と戦争になるのでしょうか
近頃の尖閣諸島の様子を見ると普通にありそうですが
で、その後、1941年、2021年に第三次世界大戦
1945年敗戦、つまり2025年日本は焼け野原の敗戦をむかえる

とかなんとか
そういう未来が待ってるんでしょうか

ワタスはアルザル人さんから何度も聞くのはこの世界は波でつくられてるという話です
文明は800年周期隆盛と衰退を繰り返すなどと言われますが

これは800年周期説
4932b9f7ddbec5f56491bb535efe0483.png

人の一生も波があるとは良く言います
良いこともあれば悪いこともある
バイオリズムというか
良く考えれば人の一生は70年〜80年です

80年周期で、また過去と同じ過ちを繰り返す
そういう何か不思議な宿命があるのかもしれません

この秋から何かある
と言う人は多いのですが、その先の2021年の世界大戦
それはあり得るかもと思いますた
ちなみに、金融崩壊でいうと日本のハイパーインフレの歴史は1945年あたりからが酷くなってるんですね
つまり戦後、5年ぐらい酷いインフレ状態になってます
それで、その後デノミをして徐々に収まるんですね

ということは今でいうと2025年〜30年あたりでハイパーインフレになるんでしょうか

AL20160725ZXCV12ADAOIGC1950873BAZOXLVC9DAY14AD-81021000507.jpg

ちょっと興味深い未来のビジョンを載せときました

本当にありがとうございますた

戻り


===8===============

:トミヒサ夫人の近未来予知夢――東京以北の閉鎖と首都移転:黄金の金玉:2016/08/30:

案内 
翻訳 
原稿 http://golden-tamatama.com/

−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて、超絶なカーブを描いてやってくる台風10号なんですが
930hPa、最大瞬間風速70m/s,最大風速50m/sと伊勢湾台風クラスとも言われてます

ちょびっと気になる情報が入ってるので張っときます

「そっからこう来るんかい!」
――“挙動不審な台風”過去にもあった 気象庁研究官が紹介
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/29/news085.html

「動きがトリッキーすぎる」「急旋回しすぎだろ!」
――複雑な動きをしている台風10号がネットで話題になっている
一般的に台風は北東へと進むが、台風10号はいったん南西へと進んだ後、本州に向かってUターン
8月30日には北日本や関東に接近する見込みで、東北地方の太平洋側に上陸すれば“観測史上初のルート”を進んだことになるという

kf_typhoon_05.jpg



続きはこちら どうもこの台風
福島原発を直撃するようで、以前ここで紹介した村中愛さんが以下のように警告してます

【台風10号について】

福島原子力発電所に台風の危機が迫っています
大きな被害にあわないように祈りが大切です
茨城県から東北、北海道に向け警戒の黄色ランプが点滅しています
風神さまと水神さまに祈りが必要です
伊勢から北海道まで満潮時間と重なる区域では高波に襲われないように、細心の注意が必要です

8月31日は210日です
210日の前後は危険です
8月29日〜9月3日までは、風・雨・竜巻・雷・雹に注意してください

台風10号は8月18日に伊豆諸島の東、北緯30度で発生し翌日19日に気象庁が発表しました
その後、10号台風は西に進路を向け北緯25度大東島(沖縄より)まで進みましたが、何か見えない鏡にブロックされたかのように止められ、Uターンしました
そのUターンは左回りに向きを変えました

左回り(反時計回り)のエネルギーは破壊やマイナスを意味し左回りの方向転換と台風の左回り回転の2つの力でエネルギーが加算され強さを増しています

さて、今年の台風は7月まで回数0でした
これは異例のことです
8月に入り台風ラッシュで記憶に残っている人も多いと思いますが、8月に5個の台風が発生し3個日本に上陸しました
上陸は全て、北海道でしたね
台風の上陸って沖縄・九州・四国が一般的ではないでしょうか・・・
なぜ、北海道なのでしょうか

日本地図が南北で逆転しています
閏年申年、上下逆転の言葉を思い出しますね

話がズレましたが、8月に台風ラッシュの5個から五輪台風と呼ばれています
1960年…、ローマオリンピックの開会日に日本には5個の台風がきました
五輪台風と呼ばれました

4年後の1964年…、日本でオリンピック開催

今年の2016年…、リオオリンピック日本では、8月オリンピック開催中に5個の台風で再び五輪台風
そして、過去最高のメダル数、総数41個を受取りました
41の数霊は神の数と言われています

4年後 2020年再び、日本でオリンピック開催予定

五輪台風は別として考え、今急ぐことは、再び日本には大きな台風災害に見舞われる危機が迫っています
東北・北海道は警戒が必要です
福島原子力発電所に台風の危機が迫っています
満潮時間と重なる区域では高波に注意してください
祈りが大切です
台風の被害が大難が小難に、小難が無難になるように祈りが大切です

以下のような情報もあるようです
以下の著書の方も2016年9月(±数ヶ月)にまたも福島原発で巨大事故と言ってるようです
今回の台風のことでしょうか

【2016年】巨大原発事故で首都移転、東日本が無人地帯に!? 戦慄の近未来予知夢とは?
http://tocana.jp/2015/06/post_6585_entry.html

今、私の手元に『古神道《神降ろしの秘儀》がレムリアとアトランティスの魂を蘇らせる時』(ヒカルランド)という本がある
古神道<<神降ろしの秘儀>>がレムリアとアトランティスの魂を蘇らせる時
posted with カエレバ

保江 邦夫 ヒカルランド 2014-03-28
Amazon
題名にはやや引いてしまうが、著者はノートルダム清心女子大学大学院教授にして理学博士の保江邦夫氏だ
量子論における「ヤスエ方程式」を発見した世界的業績をお持ちの上、合気道系の武術を主宰するという、今精神世界注目の人でもある
要は、立派な経歴をお持ちの現役の科学者の方だ
実は、この本の180ページに「トミヒサ夫人の近未来予知夢――東京以北の閉鎖と首都移転」と題する不気味な一文がある
以下、概要を説明すると――

■ 2016年に首都が岡山に!?

  それは今(13年9月)から3年後の未来だった
トミヒサ夫人が帰省のため成田行きの便に乗っていると、機長から「成田閉鎖」のアナウンスが入り、突然、行き先が関西国際空港に変更される

関空に着いて、彼女は初めて成田閉鎖の理由を知った
なんと、日本政府が「東京よりも北に位置する関東のすべての県と東北地方南部の県の全域」の立ち入り禁止を決断したのだ

そして、「危険な立ち入り禁止区域に隣接する東京が首都のままでは首都機能が滞りかねない事態に陥るかもしれない」ので、岡山への遷都も決定された…

 ――以上である

著者の保江氏ご自身は、「夢の内容が予知夢としてそのうち現実になる」ことが問題だとして、危機感を表明されている

■ それはまたしても同じ場所での事故なのか!?

  一般社会では、仮に“予知夢”の内容を真に受けたりしたら、非常識との謗りを受けかねない
しかし、保江博士ともあろう方が、いたずらに人々の危機感を煽るためにこのようなエピソードを載せたとも考えられない
そこで私は、こう考えることにした
「これはあくまで夢の話にすぎない
その大前提に立った上で、夢の内容を警告と受け止め、万一の場合も考えて、今から対策を立てればよいのではないか」


夢の内容を、本当だ、ウソだ、と議論しても始まらない
そんな議論に熱中する暇があるなら、少しでも分析して冷静沈着に対策を練ったほうが建設的である
というわけで、私は真剣にトミヒサ夫人の予知夢の“解読”に取り組むことにした

こんなツィートも流れて来ました
まぁ、こういうのはデマ・妄想の可能性はありますが
今のコースだと原発に直撃は事実なので、念のため注意した方が良いでしょう
いつものごとく何もないことを祈ってます
本当にありがとうございますた

これはN95マスクの更に上をいく性能のN100マスク

戻り


===9===============

:アメリカ国民は、彼らを支配している悪を打倒できるだろうか?:マスコミに載らない海外記事:2016年08月31日:

案内 
翻訳 
原稿 http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-1d0c.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
アメリカ国民は、彼らを支配している悪を打倒できるだろうか?
マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-1d0c.html

−−−
Paul Craig Roberts 2016年8月29日

7つの国における膨大な死者と、大規模な破壊は、ポール・ウォルフォウィッツと、彼が政府高官だった時代についたウソが原因だ
ウォルフォウィッツは、ヒラリー・クリントン支持を表明した
皆様は、これを聞いて、安心されただろうか?

ウォルフォウィッツが、ドナルド・トランプ支持を表明していれば、本当に驚きだったろう
すると、一体なぜこれがニュースになるのだろう?

トランプは、アメリカ政府がロシアに対して始めた紛争に未来はないと思うと語り、トランプは、NATOが存在を継続している意味を疑問視している
こうした平和的な姿勢によって、ウォルフォウィッツによれば、トランプは“国家安全保障上のリスク”とされている
ウォルフォウィッツが言っているのは、平和を望む候補者は、アメリカの世界覇権という、ウォルフォウィッツの原則に対する脅威だということだ
ウォルフォウィッツとネオコンの狂った頭の中では、アメリカは、世界を支配しない限り、安全ではないのだ

ヒラリーは戦争屋で、もし彼女が大統領になれば、彼女の傲慢さと、無能さの組み合わせが、第三次世界大戦をもたらす可能性が高いので、おそらく究極的な最後の大統領だろう
2015年7月3日、ヒラリーはこう宣言した
“もし私が大統領なら、我々はイランを攻撃するということを、イランには知ってもらいたい. . . . 我々はイランを完全に消し去ることができる
” http://www.globalresearch.ca/hillary-clinton-if-im-president-we-will-attack-iran/5460484?print=1

狂ったヒラリーは、これだけでなく、ロシア大統領を“新ヒトラー”と呼ばわるに至っている
ロシアも消し去ることができると、彼女が考えていることに疑問の余地はない

ロシアに対するプロパガンダを強化し、アメリカ政府のヨーロッパ傀儡諸国に、経済制裁を課し、ロシア国境に軍事基地を作るよう強いて、核保有国を挑発し、危険な緊張を高めるために、ウクライナでのアメリカ・クーデターを監督するよう、オニスト・ネオコンのビクトリア・ヌーランドを、国務省に入れたのは、ほかならぬヒラリーだ

これは、ウォルフォウィッツの狙いと完全に一致する
ウォルフォウィッツが、ヒラリーの国防長官になる可能性は高く、二人がまとまれば、第三次世界大戦だ

ソ連が崩壊した際、当時のペンタゴン高官ウォルフォウィッツが、ウォルフォウィッツ・ドクトリンをものした
ドクトリンには、アメリカ外交政策の主要目的は、アメリカの一方的な行動を制限する他国の勃興を阻止することだとある
これは、ロシアと中国を意味するが、ヒラリーとウォルフォウィッツの組み合わせは、世界中の人々をおびえさせるはずだ
核兵器が、ヒラリーやウォルフォウィッツのような、狂った連中の手中に入るという見込みは、想像できるかぎり、最も不安を抱かせるものだ

堕落したオバマからは許された国家安全保障ルール違反や、クリントン夫妻の1億2000万ドルの個人資産と、二人の財団の16億ドルを生み出した私的金融取り引きに関する大量の証拠を前にしても、ヒラリーが大統領に選ばれるかどうかが、問題なのだ
クリントン夫妻が、公的な地位を個人的栄達のために利用したことは全く明らかだ
これがアメリカ国民が望んでいるものだろうか?
世界が核戦争に引き込まれると、益々豊かになる二人を?
電子投票装置があるので、この疑問は、アメリカ国民が何を望んでいるかによってではなく、投票結果報告の出し方を、電子投票装置がどのようにプログラムされているかによって決定される
電子投票装置が出現するまでは、勝者がだれかを示す、常に信頼のおける指標だった出口調査が、電子投票装置が生み出す勝者とは違う勝者を示した選挙が、既に、アメリカでは起きている
投票装置がどのようにプログラムされているかの秘密は、“著作権のあるソフト”ということで保護されている
電子投票装置では、投票用紙は残らず、票の再集計は不可能だ

二大政党の支配層いずれも、トランプには猛烈に反対している中、投票装置がどのようにプログラムされると皆様は思われるだろう?
実際、マスコミが、トランプに大反対なので、疑問は、出口調査が行われるのか否か、もし行われるのであれば、ウソ報道がされるのかということになる

共和党有権者ではなく、共和党工作員連中は、トランプが、共和党投票を損なったと主張して、全員激怒している
共和党有権者たちが、他の候補者ではなく、トランプを選んでいるのに、そんなことがあり得ようか?
共和党工作員連中は、有権者ではなく、彼らが共和党候補者を選ぶべきだと言っているのではないか?

もしそうであれば、連中も民主党と変わらない
数年前、民主党支配層が、有権者に選ばれたわけではない“特別代議員”なるものを編み出した
党支配層が、有権者による大統領候補選択を覆す力を得られるだけの十分な人数の“特別代議員”が作られたのだ
国民の党だとされる民主党が、最初に国民から選択を奪い取ったのは、驚くべきことだ
多くの情報が、実際には、バーニー・サンダースが、民主党大統領候補者指名に勝利していたが、不正投票と、“特別代議員”によって覆されたことを示している
これがアメリカにおける政治なのだ
全くの腐敗
クリス・ヘッジズが正しいのかも知れない
革命無くして何事も変わらない

売女マスコミが、トランプを悪魔化しているのは、トランプが、彼の富にもかかわらず、1パーセントを構成する一握りの支配者によって、連中の狙いにとっての脅威と見なされている証拠だ
マスコミを所有し、支配しているのは、トランプではなく、一握りの支配者だ
だから売女マスコミによるトランプの悪魔化は、彼こそ選ばれるべき候補者だという完璧な証拠だ
我々を迫害している一握りの支配者連中が、トランプを憎悪しているのだから、迫害されているアメリカ国民はトランプを支持すべきなのだ

売女マスコミによるトランプの悪魔化は、共和党予備選挙では機能しなかった
大統領選挙では機能するのだろうか?
投票結果は、トランプによってではなく、売女マスコミによって報じられるので、我々にはわからない

悪魔化が機能しなければ、選挙で、電子投票装置により、トランプを落とす外なく、その結果、ずっと前に起きていて不思議でなかった、アメリカ国民の急進化をもたらすだろう
おそらく、そういう展開になると予想されていることが、郵便局や社会保障部門まで含む全政府機関が、武器と弾薬を入手し、チェイニーの企業、ハリバートンが、アメリカ国内での収容所建設で、385,000,000ドルの契約を受注した理由なのだ

我々を支配している連中は、世界大戦無しに、支配をあきらめるつもりはない
アメリカ合州国の悪が、国民から権力を奪い取っており、悪はそれを返すつもりはない

Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者
ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト
彼は多数の大学で教えた
彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる
彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Order.が購入可能

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2016/08/29/can-americans-overthrow-the-evil-that-rules-them-paul-craig-roberts/

−−−
「ムサシ疑惑」と直結する話題

耳を疑うニュース!日刊IWJガイド冒頭を引用させていただこう

■■■ 日刊IWJガイド「泉田裕彦・新潟県知事が突然の出馬撤回!いったいなぜ!? 本日17時から、チャンネル1番で岩上安身による泉田裕彦・新潟県知事インタビューを緊急再配信!/台風が史上初、東北を直撃!福島原発の汚染水、再び溢れるか!?/小池百合子都知事が築地市場の豊洲移転延期の意向を固める!?」2016.8.31日号〜No.1447号〜 ■■■(2016.8.31 8時00分)

おはようございます
IWJ記者のぎぎまきです
昨日に引き続き、本日も本ガイドのデスクを担当します
よろしくお願いします

さて、今日は注目のニュースが目白押しです!

新潟県の泉田裕彦知事が10月16日投開票の知事選から撤退すると表明しましたね
これには驚いたというより、ショックの方が大きかったのですが、身体を張って「原発ムラ」と対峙してきた泉田知事は、2013年の岩上さんのインタビューで、「遺書が残っていても、自殺ではない
もし僕が自殺なんてことになったら、絶対に違うので調べてください」と言ったほど

実は、福島第一原発に免震重要棟の建設を求めたのは泉田知事
事故が起きる8ヶ月前にできたこの免震重要棟がなければ、東電社員は全員撤退を余儀なくされ、事故後の対応が不可能だったと言われています
泉田氏の知事選撤退は、それだけ原発政策に厳しかった首長が一人、いなくなることを意味し、柏崎刈羽原発の再稼動にも影響が出ないかと心配です
泉田知事のニュースは後ほど、ニュース・フラッシュのコーナーで取り上げますが、本日、急遽、2013年に行われた岩上さんによる泉田知事のインタビューを再配信します!

どれだけ泉田知事が、日本の原発政策に打ち込まれた「くさび」の存在であったかが良く分かるインタビューです
必見です!お見逃しのないよう、本日17時、Ch1でスタンバイをお願いします!

※「福島ではどこが問題だったのか、社会的な意思決定、制度の問題も明らかにした上で改善しないと、我々人類の子孫は生存の危機に直面する」 〜岩上安身による泉田裕彦新潟県知事インタビュー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/100574

そして、昨日、小池百合子都知事が築地市場の豊洲移転計画を「延期」すると報じられました
これは、都知事による公式発表ではなかったようですが、大変、注目すべきニュースです
昨日、15時からは宇都宮健児氏と小池知事が公式で会談
何が話されたのでしょうか?
後ほど取材にあたった城石エマ記者から報告がありますので、ぜひご一読ください!

昨日、東北に上陸した台風10号
これを書いている30日午後のNHKニュースでは、「福島県と宮城県を暴風域に巻き込みながら北上を続け、夕方にも東北地方に上陸するおそれがある」と、警戒を呼びかけています

戻り


===10==============

:米・EU間の大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定が、事実上、交渉決裂:velvetmorning blog:2016年08月30日:

案内 
翻訳 
原稿 http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/08/30/8166227

−−−−−−−−−−−−−−−−−
米・EU間の大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定が、事実上、交渉決裂

velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/08/30/8166227

−−−
こんなニュースが入ってきました
以下引用

米EUのTTIP交渉、事実上決裂=独経済相

8月28日、ドイツのガブリエル経済相(写真)は、 米国と欧州連合(EU)が締結を目指している環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定について、事実上、交渉が決裂したと述べた

[ベルリン 28日 ロイター]
ドイツのガブリエル経済相は28日、 米国と欧州連合(EU)が締結を目指している環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)協定について、事実上、交渉が決裂したと述べた
国営テレビZDFで28日に放映されるインタビューによると、経済相は
「米国との交渉は事実上、決裂した
われわれ欧州側が米国の要求を受け入れたくないからだ」
とし、「その部分で進展していない」と述べた

TTIPは交渉開始からすでに3年が経過しており、双方は年内の妥結を目指していたが、農業を含むさまざまな分野で意見が食い違っている

以上引用
jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN11400M

とりあえず、欧州は、米国中心のNWOをはねのけたようです
結局のところ、米国の多国籍企業と欧州の普通の人達とでは、価値観の違いがあまりにも大きいのです

TPPも既に米国民の反対により、米国大統領候補が2人とも反対に回らざるを得ないようになっています
TPPも破綻させましょう

戻り


===11===============

:‘EUとアメリカ間のTTIP交渉は事実上失敗した’ - ドイツ経済相:マスコミに載らない海外記事:2016年09月01日:

案内 
翻訳 
原稿 http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/euttip---5304.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
‘EUとアメリカ間のTTIP交渉は事実上失敗した’ - ドイツ経済相

マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/euttip---5304.html

−−−
公開日時: 2016年8月28日 11:57
編集日時: 2016年8月28日 12:42
Russia Today

FILE PHOTO c Francois Lenoir / ロイター

EUとアメリカの環大西洋貿易投資連携協定、TTIPに関する交渉は本質的に失敗したと、ドイツのシグマール・ガブリエル副首相兼経済・エネルギー相は述べた

更に読む
TTIPは‘EUの利益を尊重していない’: フランスのヴァルス首相、環大西洋貿易投資連携協定に‘ノン’と発言

“アメリカ合州国との交渉は、誰も実際に認めようとはしていないが、事実上、失敗したというのが私の考えだ”と、経済相はZDFの司会者に語ったが、日曜日放送予定のインタビュー書き起こしによれば下記の通りだ

“[彼ら]が失敗したのは、ヨーロッパ人は、アメリカの要求に服従したくないためだ”

14回の交渉で、両者は議論されている協定の一章たりとも、共通の基盤を見いだすことができなかったと彼は述べた
障害の一つには、公共入札を、ヨーロッパ企業に開放するのを、アメリカが反対したことがある

“私から見れば、これは自由貿易に反します" ガブリエル経済相は以前この問題について、こう発言していた

アメリカ政府は、自由貿易協定は、2016年末までに署名すべきだと主張しているが、ドイツのみならず、多数のヨーロッパ諸国による強い反対に会っている
多国籍企業の利益を、多国籍企業が操業する国の国益より優先し、ヨーロッパの労働基準や、環境保護基準を損なうTTIPは危険だと反対する人々は主張している
ガブリエルは、TTIPを、EUとカナダが交渉している自由貿易協定、包括的経済貿易協定(CETA)と比較し、そちらの方が各当事者にとって、より公平だと彼は述べた
ヨーロッパの各国民も、TTIP協定の内容が秘密なので不満だ
とは言え、最近の漏洩で、TTIPが、食品安全法規、環境法規、金融規制に悪影響を及ぼし、EUを遺伝子組み替え作物に対して開放することを示唆している. 協定に反対する人々は、多くのヨーロッパの都市で、抗議行動をしている
最近では、先週末、ベルリンで行われ、活動家たちが、9月17日の全国規模デモ行動を呼びかけた

‘一般庶民の利益に関するものではない’

未曾有のTTIP抗議行動のせいで、貿易交渉の運命について、大西洋両岸の政治家たち“本当に懸念しており”連中に、協定をお蔵入りにする口実をさがすよう強いているのですと、ジャーナリストで、元ベルギー議会副議長のロデ・ヴァンホストはRTに語った

“この協定に反対する抗議行動は、これまでの他の協定では見られなかったものです
この多国間投資協定のような大型協定が、以前、大衆の抗議行動で阻止された実績があります”とヴァンホストは述べた

“彼らは交渉丸ごと延期する打開策を探しているのです”と彼は言った

ヴァンホストによると、ガブリエル経済相のTTIP批判は、ドイツの支配エリート内の権力闘争という可能性がある
しかし、彼は、協定そのものが、アメリカと、ヨーロッパの支配エリートとの間の協定であって、一般庶民とは無関係だと言う

“これは自由貿易の話ではなく、協定でさえありません
これは基本的に、アメリカと欧州連合の経済エリート間の、国民の意思に反する連中の権益を守るための取引です”

ワシントンがEUとの自由貿易協定を強引に押し進めようとしている、もう一つの理由は、ロシアとEUの経済関係の発展を阻止するためです
“過去数十年間進行してきた変化 ? 終始進んできた、ロシアとの経済関係を阻止する”のが狙いです

“第二次世界大戦が終わって以来、ずっとアメリカが阻止したがってきたものです”
と ヴァンホストは述べた

記事原文のurl:https://www.rt.com/business/357454-ttip-talks-failed-eu/

−−−
大本営広報部は、この種の話題を報道管制しているので、今日の日刊IWJガイドの一部を流用させていただこう

佐々木隼也記者が、臨時国会の目玉のひとつである「TPP法案」について警鐘を鳴らします!

■ 迫る臨時国会!安保法と同じ「強行採決」の危険性〜米国で「批准不可能」状態のTPPを日本国民は止められるか!?

おはようございます
IWJの佐々木です

いよいよ臨時国会の招集日が9月26日となりました
この臨時国会では、安倍政権としてはアベノミクスの威信をかけた第2次補正予算案や、過去に3度廃案となった世紀の悪法「共謀罪」のほぼ名前をすげ替えただけの「テロ等組織犯罪準備罪」を新設する組織的犯罪処罰法改正案、さらに、憲法改正や天皇陛下の生前退位をめぐる皇室典範改正などが議題にのぼると見られており、国民にとって、今後の日本のあり方を大きく占う、重要な局面となります

そして、この臨時国会でもう一つ、議題にあがると見られているのが、TPPの批准を見越したTPP承認案です

TPP…
IWJでは菅直人政権において急浮上してきた2010年から、これまで5年以上、この問題を追い続けてきました
IWJは、TPPが「貿易を自由化し、ルールを取り払い、各国が互いに経済発展を遂げる」というスローガンの実態が、「大企業や資本家が利益を追及するうえで『邪魔』となる、国民の命や文化、健康を守るための様々なルールやセーフティネットを排除し、国民生活そのものを『市場』化するものだ」と喝破してきました

その実態は、一番の推進国である米国内ではすでに見抜かれ、多くの米国人が反対の声をあげています

米国民の多くの支持を受け、ヒラリー・クリントン氏と米大統領選の民主党候補の座を争ったバーニー・サンダース氏は、当初からTPPに強烈に反対し、民主党候補争いを退いたあとも、TPP反対の新組織を立ち上げることを表明しました
また、共和党候補のドナルド・トランプ氏も、TPPは「雇用を奪う」として、強硬に反対
そして、当初はTPP容認派だったヒラリー氏でさえも、こうしたTPP反対の動き、そして世論の圧力を受け、11日のミシガン州の演説で「選挙後も大統領になっても反対する」と、反対派に転じ始めました

オバマ大統領は自身の任期中に、なんとかしてTPP批准にこぎつけようと焦っていますが、米国民や米議会の反対の動きを見る限り、少なくとも「年内の批准はないだろう」と多くの識者はみています

一方の推進国、日本はどうでしょう

安倍政権は早期のTPP承認案の成立と批准を求めていますが、今回、臨時国会の招集日が26日となったことで、さらに冒頭紹介したように他にも重要議案が目白押しのため、TPPに関する審議は「時間切れ」となる可能性があります

しかし、この「米国の強い成立圧力」と「審議が時間切れとなり決まらない可能性」というパターン
何かを思い出しますよね
そう、安保法制の時と同じなのです
焦った安倍政権が安保法制を強行採決したように、TPP承認案も、国民無視の強行採決を仕掛けるのではないかと、多くの識者、そしてIWJとしても危機感を募らせています

安倍政権はTPP批准に先行して(先取りして)、すでに国内で、TPPに合わせた様々な「国内法の改正」や「システム・ルールの変革」を進めています

こうした米国内の動き、そして臨時国会を控えた国内の動き、そして先行して進める国内法の改正の問題などは、近く、記事として分かりやすくまとめ、多くの人に警鐘を鳴らしたいと考えていますので、今しばらくお待ち下さい!

2010年当初からTPPに反対の声をあげている、元農水大臣の山田正彦氏などは、20日に行われたTPP反対集会で、TPPによって日本の医療や食の安全が根底から脅かされること、そしてその事実がすでにTPP条文案に書き込まれていること、それを日本政府が隠していることなどを説明しました

この集会の模様は、以下の動画記事よりご覧になることができます
現在、この集会の丁寧なテキスト記事を作成中ですので、こちらもしばしお待ちください!

「TPPを批准させない!全国共同行動8.20キックオフ集会」(動画)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/326523

・ この山田正彦氏の様々な指摘は、今年の3月と5月、2度にわたり行われた岩上さんによるインタビューで、詳しくお話しいただいています
ご覧になった誰もが、「えー!!??」と驚くほど、とんでもない内容を孕んだTPP
ぜひ臨時国会の前に、以下のインタビュー記事をご覧になっていただければと思います!!
そして、この機会にぜひ、数々のコンテンツが見放題、読み放題になるサポート会員へのお切り替えをぜひ、よろしくお願いします!

・ 「聖域もいずれ関税撤廃に」?! 日本農業新聞を含むほぼすべての大手メディアが取り上げないTPPの衝撃の真実!
岩上安身による山田正彦・元農水大臣インタビュー(前編)2016.3.7
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/290721

・ 日本の「食の安全」をモンサントが決める!?日本農業新聞を含むほぼすべての大手メディアが取り上げないTPPの衝撃の真実!
岩上安身による山田正彦・元農水大臣インタビュー(後編) 2016.5.7
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/300847

−−−
以下のリンクもお読みいただきたい

【特集】IWJが追ったTPP問題

TPP 山田正彦さんとランチ会 2016.8.22

植草一秀の『知られざる真実』
TPPの真実知って安倍暴政TPP強行批准を阻止

TPP交渉差止・違憲訴訟の会の山田正彦氏の新刊

ついに完成『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』
アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!hontoでも購入可能
このブログの、TPP関連翻訳記事リストは下記
TPP主要記事リスト

戻り


===12==============

:ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ・経済崩壊後の新通貨システム再起動まで自力で生き残らなければならない:シャンティ・フーラの時事:2016年09月02日:

案内 
翻訳 
原稿 https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116467

−−−−−−−−−−−−−−−−−
ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ・経済崩壊後の新通貨システム再起動まで自力で生き残らなければならない

シャンティ・フーラの時事
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=116467

新通貨システムがあるのなら破綻させる前にやればいいのに!って、普通思いますよね
魂のない悪霊どもは危機だけ煽る

−−−
画像の出典: Author: DaveWiner

ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージ〜
経済崩壊後の新通貨システム再起動まで自力で生き残らなければならない〜

竹下雅敏氏からの情報です

ロン・ポール氏が金融危機に対する警告メッセージを発しています
記事では、“3か月分の緊急資金(現金)”の所持と、“食糧を生産している地域に移動する必要がある”としています
資金的に余裕のある人は、“金貨や銀貨を購入”することを勧めています
これらのことに、概ね私は同意見です
時事ブログでは加えて、少なくとも3か月分の食料の備蓄を呼びかけています
記事では“今回は、本格的な通貨危機が起こり、全てが同時に崩壊…国家自体も崩壊します”とあります
そして、“アメリカをハイパーインフレが襲う”としています
アメリカの崩壊と日本の崩壊は時期がずれる可能性があります
いずれにせよ、“大規模な通貨危機によって、全てが破壊された後でしか通貨改革は実施されません”というこの一文が重要です
文中、“皆さんは、これから2、3年間、新たな金融危機を体験することになります”とあり、ロン・ポール氏は、通貨改革が実施されるまでに、2〜3年かかると見ているようです
私もこの期間は順当ではないかと思います
コブラの言う10日間の食糧備蓄で済むような話とはとても思えません
NESARAなどのチャネリング情報を信じている人たちは、一瞬にしてバラ色の未来が来て、自分の預金通帳に巨額資金が振り込まれていると夢想しているようですが、これは“全てが破壊された後”のことです
新通貨システムが再起動されるまでの間は、何とかして自力で生き残らなければならないのです
その準備をしておいてください、と何度もアドバイスしているのは、このためです
(竹下雅敏)

−−−
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです

ロン・ポール氏が米国民に警告メッセージを流しました

引用元)日本や世界や宇宙の動向 16/9/2
http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2016/09/ron-paul-economic-collapse-is-happening-now-protect-yourself-strategic-relocation-and-how-to-survive-2508836.html
(概要)9月1日付け
preppers

ロン・ポール氏が米国民にビデオで警告メッセージを流しています
経済崩壊と金融危機が差し迫っています
この事実を知り、皆さんの財産、資産を守ってください
経済が崩壊したときにどのようにご自分とご自分の家族を守ることができるのかを考えてください

その方法を以下に提示します

・ 借金をしないようにする
経済が崩壊した時点で借金のある人は全てを失います
年金も豊な老後もなくなります

・ 緊急事態に備えて、請求書の返済を含め、3ヵ月分の緊急資金(現金)を所持しましょう
病気になったり、仕事を失った際に、現金があれば生きながらえます
社会の混乱や暴動を避けたり新たな職を求めて他の土地に転居しなければならなくなるでしょう
または、食料を生産している地域に移動する必要があるでしょう
緊急資金があれば新たな生活を開始することが可能です

・ 資金的に余裕のある人は、ハイパーインフレと経済崩壊の対策として金貨や銀貨を購入しましょう

https://youtu.be/oUQj1B5u4QA

概要
(中略)

アメリカで再び金融危機が刻一刻と近づいています

(中略)

皆さんは、これから2、3年間、新たなタイプの金融危機を体験することになります
2008年のリーマンショックとは明らかに違っています

(中略)

米ドルが崩壊すると、株式市場、債券市場、一次産品市場など・・・全てが同時に崩壊します
自国通貨が崩壊すると自国経済が完全に崩壊します
そして、国家自体も崩壊します

(中略)

これから、アメリカをハイパーインフレが襲うでしょう

(中略)

人々の目の前で、全てが破壊されてしまいます

(中略)

大規模な通貨危機によって全てが破壊された後でしか通貨改革は実施されません
ですから、皆さん、一人ひとりが行動してください
金融危機が起こる前に、ご自分やご家族のために必要な対策をとってください

(以下略)

戻り


===13===============

:暴露!!消費税は全て”大企業減税”に充当されている!!そして外資に流れている!!:愛詩tel by shig:2016年09月02日:

案内 
翻訳 
原稿 http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/a8a2c9314ef496c1989135d2d39ed8f6

−−−−−−−−−−−−−−−−−
暴露!!
消費税は全て”大企業減税”に充当されている!!
そして外資に流れている!!

愛詩tel by shig
http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/a8a2c9314ef496c1989135d2d39ed8f6

−−−
まず、下のグラフを見て欲しい

堤未果著 沈みゆく大国アメリカ<逃げ切れ!日本の医療>
51ページをスキャンしたものだ

お分かりになるだろうか

堤氏の記事を一部引用する

消費税が導入されたのは1989年税率は3%だった
それから5%、8%と引き上げられたのだが、そのたびに法人税減税も同時に行われている
1989年から2014年までの消費税の税収は282兆円、セットで実施された法人税減税分は255兆円で、見事に相殺されているのだ
肝心の社会保障に関しては自己負担率がどんどんあがっているのを見れば、その実態がわかるだろう

政府はこの消費税増税を、「高齢化社会の福祉のため」と大宣伝、素直な国民はそれを信じ込んだ
これについては1992年に、当時の加藤寛政府税制調査会長が、「ああ言えば一般の人にわかりやすいからそう説明しただけ」と述べているが、多くの国民には真相は知らされていない

消費税がそのまま、法人税減税に充てられている事実は そこそこの経済評論家なら、知っていることだ
たとえば、2016年6月1日放送のおはよう寺ちゃん活動中(僕は毎日聞いている)の中で、ゲストコメンテーター・三橋貴明氏もちょこっと触れている
これね、消費税ってそもそも社会保障の財源じゃないんで法人税減税の穴埋めなんです、基本的には
↓クリック
https://youtu.be/1o25ByNJdxE

23分あたり
実は、このことを複数の野党市会議員に告げたところ彼らは、さらっと言ってのけた

「知ってますよ」

つまり、国会議員はおろか、市長会議員、経済評論家の間ではこれは常識だというのだ

呆れて物が言えない

27年もの間ダマされ続け、未だにほとんどの国民が知らされていないとは・・
これは、明らかに政府による詐欺だし、それを追求しない野党も信用できない
また、国民にその事実を教えないメディアも市長会議員もはっきり言って、クズだ
そして、僕らの支払った消費税の行き先は 大企業役員報酬、株主利益(主に海外投資家)、内部留保〜海外投資、海外移転(タクスヘブン)

なんのことはない
僕らの消費税はグローバル金融に流れているだけなのだ

これを全国民が知れば消費税不払い運動が起こるだろう

さて、僕は何度も書いてきたがマスメディアに誘導されてはいけない、とブログやSNSで、マスメディアを批判しながらも結局それに誘導され、情報発信?している人があまりにも多い
何度も言うが、NETで得られる情報は限られているし真偽も不明
まるで、テレビを見ているように煽られている人たち

過去記事↓クリック
“読書”で”脳の咀嚼(そしゃく)力”を磨こう!!

の中の堤未果氏の言葉を引用しよう

・ 一冊の本を読むことにより情報の咀嚼力が脳の中に培われる

・ 本を読む、活字を読むことで多大な情報がある中で自分が主体的に考える訓練になる

・ 流れて行くヘッドラインニュースは脳味噌の咀嚼力を殺ぐ

・ 活字を読んでいると映像(TV、NETを含む)を見たとき違和感を感じるようになる
 (なんか、このニュース変だ)
 それはジャンクフードばかり食べていると味が分からなくなるのと似ている
 それをやめてしばらくすると、急に添加物入りの食事をするとお腹が痛くなる
 それは、センサーが効き始めるということ

・ 映像もNETも1%が所有しているようなもの

・ 新聞もフィルターを通っているし、NETも二次情報である

・ デジタルのNETは、簡単に検閲にかかる
(実際幾つかの記事やサイトが消されている)

・ 本は残された最後の聖域、まだ検閲の手が回っていない
  校正もあるし、出版社の責任もある
  また堤氏はできるだけデジタルでなく人間を介した情報をとろうと呼び掛ける

・ 人と会って意見をキャッチボールしよう

・ メールは一方的

・ 現場からの情報をよく見る

くれぐれもメディアにダマされないようにしよう!

戻り


===14==============

:米国民に対する生物兵器を使ったテロ攻撃が計画されています:asyura2孤独な旅人:2016年9月07日:

案内 
翻訳 
原稿 http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/668.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−
米国民に対する生物兵器を使ったテロ攻撃が計画されています
http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/668.html
投稿者 孤独な旅人 日時2016年9月07日

−−−
メディアは一切報道しませんが、グローバリストのパペットである米政府は米国民を弾圧するために戒厳令の準備を着々と進めているようです
どうやら、彼らの計画通りに事が進めば、生物兵器が使われるようです
それが非常に危険なウイルスなのか毒薬なのかわかりませが・・・また、空から撒くのか川や水道水に混入するのかウイルスを感染させるのかわかりませんが・・・何らかの大規模テロ攻撃を計画中だそうです
アメリカ旅行を計画の方は当分の間延期した方がよいのでは?などと心配してしまいます

https://www.youtube.com/embed/iTRpRWiFHRM

(概要)
私のコモンセンス・ショーに出演のポール・マーチンズ氏はとても悪いニュースを皆さんにお伝えしなければなりません
マーチンズ氏:
私の友人(情報筋)から重大な情報を入手しました
彼はコロラド州の超巨大施設で働いていますが、そこに生物兵器によるテロ攻撃に対応するためのバイオ・ギア(大量の巨大テント、ガスマスク、衛星電話、棺の大きさの灰色の箱など)が大量に運ばれています
なぜこのようなことをしているのかについては、2年前に知ったことですが、米政府は米国民に生物兵器を使ったテロ攻撃を計画しているのです
バイオ・ギアがコロラド州の巨大施設のみに運び込まれているとは思えません
全米でこのようなものが準備されているのではないでしょうか
先週月曜日にコロラド州で複数の政府関係者と会ったジョン・ムーア氏によると、米国民はみな衛星電話を所持する必要があるとのことです
なぜなら、そのうち電話(携帯電話も)が使えなくなるからです
アメリカではこれから複数の出来事が同時に起こるでしょう

4年前にFEMAの関係者は、世界の支配者=グローバリストがアメリカを乗っ取るためには、生物兵器を使うはずだと言っていました
彼は既に国外に逃亡し行方不明です
また、米軍関係者からの情報によると、軍の実力者たちは米国民の側に立っていますが、現在、若いヒスパニック系や黒人のギャングが大量に軍に入隊しており、彼らは兵士としては完全に無能ですが、命令通りに米国民をテロ攻撃することができます
また、イスラム系やアメリカで最悪のギャングMS13のメンバーも兵士となって軍内部に潜伏しています
米軍は完全に腐敗・崩壊しています
彼らは何の戦術も持っていませんので本格的な戦争では何もできません
現在、テキサス州の4か所で大規模軍事演習が行われていますが、その目的は米国内のゲリラ戦争に備えるためです
ゲリラ戦争は戦術など必要ないのです

コロラド州のフットボール・スタジアムが改修工事のために閉鎖されました
しかし、閉鎖の本当の理由は改修工事などではありません
スタジアム内にFEMAキャンプ(収容所)を造っているのです
そして、スタジアムの巨大駐車場にはトレーラーが大量に置かれています
また、スタジアム内には戒厳令が敷かれ時に使われるプレハブの封鎖壁が保管されています
これらの壁は市民らを狭いエリアに閉じ込めておくために高速道路や一般道路を封鎖する時に使われるのでしょう
一旦、自宅を出る場合は二度と自宅に帰ってこれなくなりますから、荷物をまとめて徒歩で自宅を出る必要があります
多分、戒厳令という言葉は使われないでしょうが、全米に放送されるテレビ番組から、戒厳令らしきものが宣言されるでしょう
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51992643.html

戻り


===15===============

:アメリカの行方不明研究者の事例にある失踪あるいは「消滅」の強烈な実態(1) : 生還者たちが語る状況はまるで「異次元とのコンタクト」にも似て:In Deep:2016年09月07日:

案内 
翻訳 
原稿 http://indeep.jp/bizarre-reality-of-the-musterious-us-vanishe-kids-survivors/

−−−−−−−−−−−−−−−−−
アメリカの行方不明研究者の事例にある失踪あるいは「消滅」の強烈な実態(1):
生還者たちが語る状況はまるで「異次元とのコンタクト」にも似て
In Deep
http://indeep.jp/bizarre-reality-of-the-musterious-us-vanishe-kids-survivors/

−−−
vanished-usa・mysteriousuniverse.org

変な書き始めとなりますが、今回の記事は、ものすごい内容だと思います
以前、特に北アメリカ大陸で起きている行方不明事例の中には不可解さが残る事例が数多くあることを、下のふたつの記事でご紹介したことがありました

・ アメリカの行方不明者たちのいくつかで共通している「異常に不可解」な事実から推測できる「全世界に広がる失踪システム」
目的や方法は不明 (2016/06/23)

・ [人間は消えていっている]知性と健康に溢れた男性たちを「死に導く何か」の正体:「そのもの」たちは何を欲しているのか・・・
ボストンの行方不明事件の詳細から浮き出る不可解 (2016/07/10)

もし、今回の記事を読まれる方で、上の記事を読まれてらっしゃらない場合は、上のほうの「アメリカの行方不明者たちの…」のほうだけでいいですので、お読み下さると嬉しいです
というのも、今回はご紹介する翻訳の内容が非常に長く、アメリカの行方不明例のことについて、あまりいろいろと説明をするスペースをとらないつまりだからです

上のふたつの記事は、北米全域での行方不明事件のケースを分析しているデビッド・ポーリデス(David Paulides)さんがシリーズとしてまとめられている著作『 411人の行方不明者 (The Missing 411)』などの内容を伝えている記事をご紹介したものです

この『 411人の行方不明者』という本は、ぜひ内容を知りたいと思っていたのですが、日本語版は出ていないですし(どこかで出してくださーい)、英語版は当然あるのですが、現在どのようなことになっているのかというと、たとえば、日本の Amazon で下のような超プレミア状態(2016年9月7日現在)

missing-411・Amazon

こんな値段、買えませんって

というわけで、内容は少しずついろいろな海外のサイトなどにアップされる内容などで知るしかないわけなのですが、今回、この『 411人の行方不明者』の中にあるものの中で、

「生還した人たち」

の事例を非常に詳しく紹介しているブログがあったのです

そりゃあ読みましたよ
これがえらく長いもので、それから翻訳しようと始めたのですが、今日は、半日くらい翻訳に費やしていました
以前のふたつの記事がやや暗いのは、多くが「死亡して発見されている」というところにあったと思います
しかし、今回のは、子どもが中心ですが、みんな生きて帰ってきている
この内容が、想像をはるかに超えておもしろいのです
たとえば、今から 148年前の 1898年にアメリカの森の中で行方不明になったアリスという女の子は救助された後に下のようなことを言います
アリスの答えは不可解なものだった
「黒い人が私を助けたの」

彼女は、その黒い人(The Black Man)が彼女を導き、彼女が行方不明になった場所からとても離れた場所から安全な場所まで運んでくれたのだと言った
そして、これがこの子だけの体験なら、狂気や子どもの妄想で済むのでしょうけれど、同じような体験を他の子どもたちもしている、というようなことがあるのです

あるいは、2010年に行方不明になった3歳の男の話に、彼が洞窟に到達した後、ジョンは彼が暗い部屋の中にいることに気づいたという
そして、そこには、人間と完璧によく似たロボットたちが、いろいろな姿勢で座るか立っていたというのだ
次に少年は、彼の祖母の頭から不思議な光が出ていることに気づいたという
祖母だと思っていた女性は、ロボットの中のひとつだったのだ
というようなくだりも出てきて、このあたりは、デビッド・ポーリデスという人が警察資料などの供述から引用していると考えますと何とも興味深いです

全体は本当に長いですので、今日明日の2回にわけます

そして、これを読むと、仮にこれらの話が真実ならば、この世に存在する「何らかの別の世界のようなもの」への想いともなります

Bizarre Tales of the Almost Vanished
Mysterious Universe 2016/09/06

ほとんどの失踪にある奇妙な物語

この世の中で突然姿を消した人々に関しては、多くの推測を醸し出すような不思議な物語が伴ういくつもの実話がある
それらの中には、消その手がかりがまったくつかめないものもあり、謎は永遠的なもののようにさえ思える
また、行方不明になったケースでは、無傷で生存したまま発見される場合もあるが、それらの場合にもまた失踪の状況と照らし合わせると、希に、奇妙な様相が浮かび上がるケースもある
不可解な失踪の多くのケースで、生還した場合を含めて奇妙な形態を持つ

そのような奇妙な失踪に関しての最も初期の報告については、北米の失踪を調査し、まとめているデビッド・ポーリデス(David Paulides)氏の一連の著書『 411人の行方不明者 (The Missing 411)』シリーズに記されている

それは 1868年、北部ミシガン州で3歳の女の子が行方不明になったケースで、女の子は、父親が運営している製材キャンプで突然いなくなった

女の子の父親によれば、「あの子はここに1秒前までいた」のに、次の瞬間、まるで瞬間的に消滅するかのように彼女は消えたのだという

突然のことにパニックに陥った父親は、若いふたりの猟師に助けを求め、共に森の中の捜索を始めた
父親は、娘がひとりで森の中で迷っていると考えていた

父親と猟師は、女の子の名前を何度も何度も叫んで、森の中を探し回った
しかし、夜が近づいても、女の子は見つからなかった
彼女の名はアイダ(Ida)という
翌朝、捜索が再開されたが、何の手がかりも得ることができなかった
まるで消滅するかのように森の中に消えてしまっていたかのようだった
さらにその翌日、行方不明の少女の痕跡を見つけ出すための捜索は続いた
その日、荒野を進んでいた時に、猟師たちは、近い森の中から女の子の叫び声を聞いた
その声は、まるでベールや毛布で覆われた中を通して聞こえているようなミュートされている感じで、少し遠い場所のように思えた
猟師たちは、その叫び声は川から聞こえたと述べた
彼らはそこで巨大な黒いものを目撃し、その後、バシャンという大きな水のはねる音がしたと言った
それはおそらく、クマが水に入って対岸に向かって泳いでいたのだろうと猟師たちは述べた
猟師たちは、動物と思われるものが去った後、その場を見つめていたが、ふと、彼らは近くの丸太の上に、はだしの女の子が立っていることに気づいた
行方不明の女の子だった
救助された時、女の子はかなり動揺しているように見えた
そして、彼女は、猟師たちが見ていた生き物はクマではなく、「ミスター・ウルフ(Mr. Wolf )」という名のものだと訴えた
それは彼女が名付けた
ミスター・ウルフは、その場に彼が捕らえた人々を保持しているのだという
女の子は、ミスター・ウルフは彼女の靴を取り、また彼女の帽子を食べたと言う
そして、ミスター・ウルフは彼女に果物を与えていたが、どんな状況でも、彼女を置き去りにしなかったという
彼女がミスター・ウルフと呼ぶものが、クマかどうかは不明だ

もうひとつのミスターウルフ事例

興味深いことに、このアイダのケースと同じように、一見誘拐されたように失踪して、大型の動物によって世話をされていた例はアメリカで他にもあるのだ
それは、1955年7月に、2歳の女の子、メイ・カーティス(Mae Curtis)が、似たようなケースで、モンタナ州のクーテナイ・ナショナル・フォレスト(Kootenai National Forrest,)内の製材キャンプから行方不明になった時のことだ
その時、少女の母親は「クマが私の子どもを森の中に運んでいったのを見たのです」と必死に主張した
そして、クマは女の子を「あやしながら」去って行ったというのだ

捜索は、約 350人によって行われた

2日間に渡る集中捜索の後、女の子は無事に発見された

その場所は、行方不明になった場所から 300ヤード(270メートル)も離れていない場所にある粗末な避難小屋だった
彼女が無事に発見されたのは、失踪している間にクマが彼女に食事を与えていたからだろうと考えられると家族は述べた
警察当局は、この話に懐疑的だったが、家族は、クマが彼女に食事を与えてくれていたと語り続けた

女の子の靴と帽子をほしがる「黒い存在」

1800年代の別の奇妙な物語としては、1898年8月25日に発生した3歳のアリス・レイチェル・ペック(Alice Rachel Peck)の消失に関するものがある
アリスは、彼女の母親と一緒に果物を摘みに近くに出かけた際、母親の後ろをついて歩いている時に突然いなくなった
彼女の失踪後、大規模な検索がおこなわれ、それは3日間に渡り続けられたが、女の子の手がかりはつかめなかった
そして、3日後の 8月28日、アリスは、彼女の姿が消えた場所から約5マイル(約8キロメートル)の場所で、無傷で無事に発見された
アリスは、見つかった時には茫然自失に近い感じだったと伝えられたが、少しずつ正気を取り戻していく中、彼女がどのように道路に沿って、はだしで歩いてきたかを思い出して、それを述べ始めた
行方不明になる前、彼女は靴をはいていたが、見つかったときには、はいていなかった
また、かぶっていた帽子もなくなっていた
そして、彼女は失踪前、ほんの少しのベリーの他は食べ物も飲み物も持っていなかった
彼女が行方不明になった場所、そして発見された場所は、急斜面と岩が連なる場所であり、救助した人たちは、無傷だったアリスに、そのような厳しい場所でどのように行動していたのかとを尋ねた
そこは3歳の女の子が自力で行動できる場所ではないからだ
アリスの答えは不可解なものだった

「黒い人が私を助けたの」

彼女は、その黒い人(The Black Man)が彼女を導き、彼女が行方不明になった場所からとても離れた場所から安全な場所まで運んでくれたのだと言った
この「黒い人」とは何者なのか
そして、彼女が行方不明になった原因は何だったのかはいまだにわかっていない

森から現れる見知らぬ人

この 1898年には、別の行方不明の物語がある
アメリカ民族年次報告書(the American Ethnology Annual Report)には、それは、ワフォード(Wafford)という 10歳の少年とある
ワフォードは川の近くでアーチェリーの練習をし、その後、魚をとる罠を作るために川辺に行ったという
彼は、川の中に石を積み、魚取りのための罠を作った
その時に、森の中から見知らぬ人が現れた
その人物は、ワフォードに「きみは疲れているように見えるから、休みなさい」と言ったという
その見知らぬ人物はワフォードを自宅の夕食に招待した
その人はごく普通の、愛想のいい人物のように見え、ワフォードは、疑うこともなく、彼の自宅へ向かった
自宅に到着した時、そこがとても暖かく平和な場所であることがわかり、また、彼はとてもフレンドリーで暖かい人物であることがわかった
そして、明らかにワフォードの家族の友だちと思われる人たちが現れた
その人たちを見て、ワフォードが少し持っていた疑いの気持ちも消えた
ワフォードは、そこで夕食を食べ、ベッドで眠るまで、その子供たちと遊んだ
ワフォードは、今までで最も楽しい時間を過ごしているのではないかと感じたと述べている
次の日の朝、ワフォードは、家族が心配していると思うので、家に帰らなければならないと言った
少年を自宅に招待した見知らぬ人物は、果樹園やトウモロコシ畑に沿った道沿いに道を連れていってくれた
そして、交差している場所で、別の道を指した
その先の川の尾根沿いに行けば、自宅に着くだろうと述べた
少年は、指示に従ったが、少し歩いた後、彼にさよならの挨拶をしようと振り返った時、その見知らぬ人の姿がなかっただけではなく、さきほど歩いてきた時にあったトウモロコシ畑や果樹園がどこにも見当たらなかった
そして、自分がいる場所には何の道もまったくなかったのだ
少年は、自分が分厚い木々と荒れた荒野に囲まれていることに気づいた
どうすればいいのかわからなかった
幸いなことに、ワフォードが荒野の草を歩いていた時にできた跡が、行方不明になった少年を必死で捜索していた人たちに偶然発見され、彼は救助されることになる
その捜索隊の中には、ワフォードが、見知らぬ人の家で見た家族の友人を含んでいた
ワフォードは、その友人たちに、あの家はどこにあり、そして、何が起きたのかを尋ねた
友人たちは、自分たちはそのような家に行ったことはないし、自分たちはずっと行方不明になった少年の捜索のために時間を費やしていたと答えた
ワフォードが招かれた家があったと述べた場所は、後に地元の多くの人たちから「あのあたりには何もない」と言われた
迷信深い地元の人々は、この話を聞いて、精霊「ヌンネイ(Nunne’hi)」が来たのではないかと語り合った
ヌンネイの意味は「どこでも住む人々(The People Who Live Anywher)」で、チェロキー民族の神話に出てくる超自然的な精霊のことだ
もちろん、ワフォードが経験したことが実際には何であったのかを理解することは難しい

洞窟の中で
神秘的な存在によっての、さらなる奇妙な誘拐談が、デビッド・ポーリデス氏によって報告されている
これは、アメリカの人気ラジオ番組「コースト 2 コースト AM 」の中のインタビューで語られた
2010年10月1日の午後6時30分、3歳の男の子、ジョン・ドゥ(John Doe)が、カリフォルニア州のシャスタ山で行方不明になった
彼の行方不明になった報告を受けた後、警察当局は、その地域の捜索を行い、行方不明から5時間跡、混乱した状態にいる男の子を発見した
彼は木の切り株の上に座っていた
少年はその後、非常に奇妙な話を語った
ジョンによると、彼はひとりの女性と一緒に山奥の洞窟の中に入ったのだという
その女性について、ジョンは彼の祖母だと思っていたと彼は語った
彼が洞窟に着いた後、ジョンは彼が暗い部屋の中にいることに気づいたという
そして、そこには、人間と完璧によく似たロボットたちが、いろいろな姿勢で座るか立っていたというのだ
それは明らかに動いていなかった
同時に、部屋には、ほこりをかぶった銃や武器のようなものが散らばっており、巨大なクモが暗がりの中を走り回っていた
そして、報告されるところでは、次に少年は、彼の祖母の頭から不思議な光が出ていることに気づいたという
祖母だと思っていた女性は、ロボットの中のひとつだった
その「祖母」は、ジョンに対して、敷いた紙の上に排便をするように命じた
それは明らかに命令口調だった
ジョンが拒否すると「祖母」はさらに強く要求した
また、「祖母」はジョンに、彼は宇宙からやって来たことと、そして、彼の母親の胎内に移植されたことを告げた
ジョンは外に連れて行かれ、そして、発見されるまで茂みで待つように言われた
このような信じられないほど奇妙な物語の全体が明らかになった時、ジョンの祖母は、あることについて告白した
祖母は、この事件の前の年にこの地域でキャンプをしたことがある
その際、彼女は不可解な力でテントの中から引きずり出され、テントから少し離れたところに置かれたというのだ
目覚めたとき、彼女は、首の付け根に痛みを感じたという
見てみると、赤くなった皮膚に囲まれた2つの刺されたようなマークがあった
もちろん、このことと少年の失踪とに何かの関係あるのかどうか祖母にはわからないということだった
この事案は、ポーリデス氏が遭遇した多くの失踪の中で最も奇妙な事例のひとつだったと述べている
そして、この話に出てくるすべての人物が、自ら経験したことを真実だとすることついては一貫している

−−−
今回はここまでです
次回、続きをご紹介しますが、さらに事態はヒートアップします
しかし、すべて生還している人たちの話なので、一部を除いて暗いものではないです
ただ、「自分の存在そのものと、体のコントロールを何らかの他者に奪われる」という、ややこわめの話もあります
ま、ちなみにまですね・・・
わたくし自身がですね、4歳の頃だと思うのですが、ちょっと何というか「体験」をしたことがありまして、今でも釈然としていないのですが、次回で、もしかすと、余談で書くかも知れないですし、書かないかもしれませんが、とりあえず次回をお楽しみに

戻り


====参考文献終わり====



ページナビゲーション
  投稿記事目次集 >>00万代目次>>その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n090066