本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ 〇二

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』

http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n900001/n900004.htm
より

その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n900004

−−−−コメント 2016/02/18−−−−

{新90_その他・つれづれ・近況_ロック_あれこれ_01}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<:地球滅亡シュミレーションによると:房総半島に:原因不明の肘の痛み:>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:

★−★にコメントしています

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1035] 地球滅亡シュミレーションによると

ロックです
いちたろうさんお疲れ様です

今日の夜のテレビでは、地球滅亡の時のシミュレーションとして、宇宙ステーションやコロニーの話題に触れて、70億人の人類に対して、25万人を生かす選択をするとかしないとかで、どんどん滅亡に向けて時間が迫っていくような設定でやっておりました
こういう内容を観ていると、ふううん、、、奴らの方では一応25万人を想定して逃げる支度を始めているのかなとか、25万人に入る事になるのが、地球上で問題ありの人たち?とも思ったりです

★ もし、ノアの大洪水があるとすれば、それが自然のシステムか?人工のシステムか?との考えに至るわけです
「地球と月」と「月と地球」の二通りの認識がなければ、両方を考えることは無理かもしれませんが・・・
どうしても、人々を恐怖の縁に追い込みたいようです
確かに、著しい減少現象は起きるでしょうが・・・そのことを意識・認識が無ければ・・・助かる話もありもしないものです
隠して自らのみ助かろうなんて方達が、助かると思う方がどうかしている


この話題に関わるようになってからは、一日足りとも、その日のことを考えない日はないわけで、その選定にもれた日にどう受け止めるべきなのかそればかり
もれていたとしても、まだ毎日考えただけあれば、覚悟もできてまだ多少は穏やかに終わるものとも考えます
ただただその先が見たいだけではあるだけなのですが
先日のかぐや姫の考察の内容はとても腑に落ちる感じです
地球上の人類や生物の魂の出処がずっと気になっていましたが、神サタン軍と戦って負けた方々の魂を引っペがして捕虜にして、地球のような魂の養殖場に放逐し、閉じ込める、、、有り得るかもと思いました
もしかすると、その引っペがした魂を虫などの生き物に拷問のような罰の形で転生させたり、なんてことも思うわけです
そういうところに下生しようとやってくる存在もすごいの一言

★ 最近、親の子供殺しが多発しているようです
魂が出産で下生するとき、自分の下生した人生を見て選択入魂するとか
その子供殺しをみて下生する魂は 何を考えるのだろうか!
早殺しされ、戻る魂は? 殺されようが何されようが早く戻りたい!それほど天国良いところのようです
殺される子供達の哀れを思うとき、奴の為に地獄界に果てた地上から逃れたいが故、と思うようにしている


●早く帰りたいが故の選択、、、それもあるのかもしれませんね、、、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1036] 房総半島に

ロックです
いちたろうさんお疲れ様です
房総半島にいろいろと反応があるみたいです
おきをつけてください
https://yagishita-shigeyoshi.amebaownd.com/posts/521984

−−−
房総半島の異常な地殻変動:地震予兆研究センター【速報】

一般社団法人地震予兆研究センターでは、日本全国の地殻変動を解析し、毎週月曜日に最新情報を発表しています
今週月曜日(平成28年2月8日)に発表した最新の「地震予兆解析レポート」から、重要と思われる要素をご紹介いたします
最新週では房総半島が大きく動いているため2週間前後でマグニチュード6前後の地震発生が予測されます
また、東北地方でのマグニチュード7前後の大地震発生への脅威は高まっております
一般社団法人地震予兆研究センターは、EU/ESU(ヨーロッパ宇宙機関)が運用する地球観測衛星「Sentinel-1A」、GPS/GLONASS/QZS等の衛星データを利用しNASAが提供する「Internatinal GNNS」等から毎週日本全国の地殻変動を解析しています

(最近の的中事例)
・平成28年1月 5日 九州地方南東沖 M5.4 最大震度3
・平成28年1月 9日 奄美大島近海 M5.5 最大震度4
・平成28年1月11日 青森県三八上北地方 M4.5 最大震度5弱
・平成28年1月12日 北海道北西沖 M6.2 最大震度3
・平成28年1月14日 北海道浦河沖 M6.7 最大震度5弱
・平成28年1月25日 福島県沖 M4.2 最大震度4
・平成28年2月 2日 岩手県沖 M5.7 最大震度4
・平成28年2月 7日 茨城県南部 M4.6 最大震度4

■日本列島全体俯瞰(最新週の地殻変動と、先週発生した地震)

今週は、連続した大きな地殻変動が「福島〜房総半島」で観測されています

@福島〜茨城県北部にかけて地殻変動方向は再び太平洋側に反転しました
A埼玉県東部から房総半島において、フィリピン海プレート境界(相模トラフ)方向に動く地殻変動が始まりました

【2月16日までに震度3以上が予測される震央地】

■M5:浦河沖〜釧路沖(最大震度3)
■M5:岩手沖〜宮城沖(最大震度4)
■M7:福島沖〜茨城北部・茨城沖(最大震度5強)*2月下旬
■M5:福島〜茨城県南部(震度3)*今週発生した場合
■M6:相模トラフ周辺〜三宅島東方沖(最大震度4)*次週以降の可能性有

先週は、関東地方でマグニチュード4以上の地震が6回発生しました
全てM5未満の小規模地震であったため、大きな被害が出る地震ではなかったことは幸いでした
この6回発生した地震は、下記のような3種類の地震に分類できます

@太平洋プレート深発地震(群馬・栃木)

2月5日群馬(M4.0/深さ139km)、2月6日栃木(M4.2/深さ113km)で発生した地震は、ともに太平洋プレートが潜り込んだ非常に深い境界面での深発地震でした
このような震源が深い地震は事前の地殻変動が出にくいものでありますが、震源域が深いため大きな震度を発生させるものではありません

Aフィリピン海プレート境界地震(神奈川東部・茨城南部)

2月5日神奈川東部(M4.6/深さ26km)、2月7日茨城南部(M4.6/深さ50km)の地震は、相模トラフ(伊豆半島〜三宅島東方沖)において、フィリピン海プレートの北進圧力が高まり、プレート境界面で発生した地震と思われます

B太平洋プレート西進圧力による地震(茨城沖・茨城北部)

2月4日茨城沖(M4.7/29km)、茨城北部(M4.3/10km)の地震は、太平洋プレートの西進圧力によるもので、この様な小規模地震の発生は「大地震に至る前のガス抜き」である場合もあり、小さな地震が止まった際には「地震規模が増加」する場合があるため、注意が必要です

−−−
★ 先日、寝ていると突然地震の震動を意識しました
最初、強い振動
その後、弱い振動
その後、強い強い振動
その後、暗くなり、終わった

来たか!!と思いましたが、そこで目が覚めましたし夢であることと理解しました
もし、正夢になるとしたら、初期震動と次期震動の二段構え(ドミノ倒し・将棋倒し)の地震となりそうです
(どこかが地震→小さい地震が続き→本命の地震→震動で全てが停電→暗闇になる)
夢が正夢になるとすると上記のような感持、それと暗くなるから昼間の地震ではなさそうである、時期が分からないのが欠点ですが・・・

311の地震の時は 私の場合震度5弱でしたが、それより強い夢でした
遅かれ早かれ訪れる地震と承知していますが、正夢になるとかなりのものとなりそうです
興味津々の毎日です



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ロックです
いちたろうさんお疲れ様です
今日は日中から、原因不明の肘の痛みに悶絶してまして、一定間隔で来るズキーンと来る痛みにアイタタとなってます泣
最近の一日で春の陽気と冬の気温の差になるような気温の変化もその一因かもしれません
いちたろうさんもお身体にはお気をつけてお過ごしください

★ 昨年は リカ・トトロと去り、太カの老化も進み、何かと忙しい日々でした
それが理由かどうか分かりませんが、腰痛が出て困った毎日を送っています
ロックさんも、本人が思っているほど若くないのですから無理すると思いがけない痛みが身体のホウボウにでると思います

ご自愛され、痛みの鎮まるのを祈っています


====参考文献終わり====



>>戻る

 ページナビゲーション
 投稿記事目次集>>目次90万>>その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n900004