本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ 〇二

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』

http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n900001/n900010.htm
より

その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n900010

−−−−コメント 2018/03/10−−−−

{新90_その他・つれづれ・近況_修理中_2018年_02}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<:修理中_2018年_01:>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:

★ 戌年の私の戌年、何やらきな臭いことになりそうです・・・
ただ、中盤から秋頃の終盤ななるかも・・・


−−−
 新年から転倒して利き腕の肩関節を骨折して、PCが使えなくなり、逆手で操作すると吹っ飛ばしでデ−タが消えたりとさんざんで、通信を断念していた
が、少し利き腕を使うことの許可が下りボツボツと検証作業を再開している今日この頃である

−−−
最近、面白い噂が流れていた
それは 「南北アメリカ上空の一万キロ異常の白い浮き雲の様な軌跡が観測」ということである
諸説があるようであるが、デ−タが事実であれば、誰かの警告的な所行と考えられるから少し検討することにした
これを画像で見たとき、南極から北極に向かう彗星のなものの予言的な軌跡ではないかと考えた

1・ NASAの所長が天変地異のような現象を予測して対策をするように警告していた
2・ 彗星のなもの落下と軌跡から、アメリカ東海岸沿いに100mクラスの津波の噂が流れていた
3・ 南極から北極に向かう彗星のようなものの軌跡と一部、地形的異変の噂がある
4・ アメリカの富豪達に対して警告があり、北米から逃げ出し居て、空っぽになっているとの噂がある
5・ 問題は 逃げ出して居る場所で、それが南極大陸に近く、軌跡に対して90度近く離れているニュウジランドとあることである

軌跡によれば北極側から進入するように落下すると、最も危険な所は南米である
他方、南極側から進入するとすれば、北米である
正確には、軌跡の傾斜から北米近くの大西洋沿岸に落下すると推定される
彗星のサイズは分からないが100m位の津波を誘発するとの噂が気になるところである
最も危険な位置・避難先は 北米の東海岸沿いの海辺の諸都市となる
ぎやくに云えば、南極側の南極大陸に近い位置と津波の波高が小さくなる諸島の集まりと軌跡に対して90度離れた位置が、最も安全と云うことになる
それはニュウジランド諸島の高地ということになる
この地では この彗星は地平線の近くを北極に向かって落下していくのを見ることになる
富豪達の避難先がニュウジランド諸島であるとの噂が正しければ、一連の噂を総体的に考察すると富豪達に警告している連中は 具体的に軌跡を推算出来る基礎デ−タを所有していると思われるのである

このように推論しいてくと、ここ数年、案内してきた不可解な現象や発言の噂が繋がることを理解出来るかもしれない
言い換えれば、不可解な警告から、それらの正体をNASAの所長などは承知していて、軌道も承知していて、何時頃落下するかは推算出来る噂が不明でこれからであるが、遠い未来で無いことは推定できることになる

−−−
「2018年05月の下旬頃、宇宙人が地球を侵略」との噂が流れている
内容によっては「月からやってくる」とも噂している
何やら、諸世紀の「・・・1999年の7の月・・・」の騒ぎを彷彿としている
いずれにしても、近いうちに正体が分かると思うし、現れると考えている
イルミナティのカ−ドにも戦闘用の小型UFOの大群の画像がある
ある見解ではNOWのプログラム一環としての空に描かれたポログラムとも流れている

昔々、月からやってくると説明していたし、そのことを今も否定せずいるが、時期が不明であるが2018年05月の下旬頃との噂もあり、楽しみに検証追跡している

−−−
:1218] お誕生日おめでとうございました

ロックです
いちたろうお疲れ様です
お誕生日おめでとうございます

★ 過日、散歩中に軽い転倒したのです
70肩で少し痛んでいたのですが、数日すると痛み出したので診察してもらった 所、肩が骨折していると診断され、利き腕が使用禁止となり、PCの操作が不能 となりました
何とかと思い逆手で操作を試みたのですが、デタ−を飛ばしたりで散々でした
そこで、温和しくすることにして、音信不通状態の日々でした
昨日、少し軽い動きの許可が出まして、ので、休み休みのキ−操作です


昨日でオリンピックも終わる辺りが、いちたろうさんの解読された予言とリンクしてそうな印象でした
寒さの続く日々となりますが、お身体ご自愛ください

三日に一度位に利用者さんの便秘で固まった拳位の便を見るたびに一太郎さんの便秘の話を思い出します

★ その薬は 内臓を柔らかくして、便を柔らかくして便秘を緩和しますので便の硬化・塊り濃茶色から健康便色になります
効果が見られたら投与量を減らします
一度医者と相談しては・・・・


★ 医者の教えない医学の常識です
下剤などをかけてお腹の中を空っぽにすると食欲が出るようになります
激痛、薬の投与などで食欲などが無くなり内科に見てもらったのですが、内臓の低調の診断はしましたが、手術後の機能低下による食欲減退よる増食欲の薬でした
内視鏡診断でも内臓の特別の異常は無く効果はありませんでした
手術後の強度の便秘で、入院中の食欲もなく、便秘の薬の投与を受け、大小の排泄が順調になったら食欲も戻り始めまして現在は順調です
高齢者の老化による食欲減退と腸内の機能低下の便秘、・・・食べなければ空腹になり、浣腸などのお世話になり腸内を空っぽにすると自然と整調され食欲が戻ります
他に、便秘でウンチなどが貯まり内臓が膨らみ、神経の圧迫が起こります
それが体調のバランスを壊し神経性の腰痛などとなります
このことに気がつき、それぞれの専門の医者達に相談するも・・・、 整形外科や内科の医者のそれぞれの分野外の様子、便秘防止の薬をいただき投与していて、整調が進むにしたがい少しずつ投与量を減らして居ます
高齢なので投与量を無くすことは無理の様ですが、当初の投与量の15%位まで減らして投与しています

早い話、よほどの事でないかぎり、体内の食事・飲み物を排除すればお腹が空き、食欲が出るので、適度に食べると・・・以下繰り返す
無理して排泄で威張ると、身体の至る所に無用の圧力とストレスが加わり、神経を圧迫すると腰痛などになる
整形外科や内科の症状で無理だが、泌尿器科で腰痛は和らげるかも・・・


たまに仕事柄腰痛をするので、腰回りの柔軟を意識するようにはしてます

★ 職業による姿勢でのバランス破壊、排泄と食欲による身体内のバランス破壊、など
医者は専門に分かれているのでそれぞれ専門外らしく、バランス破壊がそれぞれ専門外となると・・・整形外科の痛みを抑えるには泌尿器科の薬を投与となります
偶然に、今回はその事に気がつき自らの判断で対処しましたが・・・


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
一太郎

====参考文献終わり====



>>戻る

 ページナビゲーション
 投稿記事目次集>>目次90万>>その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n900010