本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ 〇二

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』

http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n900001/n900012.htm
より

その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n900012

−−−−コメント 2019/01/03−−−−

<:新年の挨拶_2019_01:>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:
 新年あけましておめでとうございます

これからは新年の賀詞を交換するのも難しくなるのかもしれません

−−−
ロックです
いちたろうさん明けましておめでとうございます
お身体にはご自愛されてください
先日大晦日に、たいのしんが犬のような凛々しいライオンに乗って世界中を旅した夢を見たそうです
フランスなども行ったみたいですよ
マスチフ犬に関するいちたろうさんの世紀末研究報告の内容を思い出します
トランプ大統領の動きと共に、太陽が報われる日々というのをリアルに感じつつある日々です
いよいよノアの大洪水の話題がどこで出てくるか、というのを期待しながら待っています
国連が新しくなるのか、中身が改革されるのか、わかりませんが、それによって、太陽が演説する未来があるかもとワクワクする日々でもあります
−−−
★ その日々の近く、地上は 火の洗礼を受けるそうです
火の発進元が地上の奴らか、天の奴らか、分かりませんが多くの預言・予言がなされています
地上の奴らのテストとして光線・火の洗礼を発進しているようです
初期のお稽古クラスの攻撃ですが、本番の様子を推測する参考になるでしょう
光線・火の最近の動画・画像が掲載されていますので興味のあるかたは参考にされると良いでしょう
注意すべきは この画像の線香花火クラスと違うことをキモにめじている必要があります
それでも直面すれば怖いことにかわりはありませんが・・・。★

−−−
2018年12月31日20:16
アメリカの大停電について
日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52035683.html

2,3日前にルイジアナ、ニュージャージー、ニューヨークの送電網が破壊されました
夜間にこれらの地域がブルービームで攻撃を受け爆発し送電網が破壊されましたが、以下のビデオはこれらに地域で何が起きたかを見せてくれています
やはり、カリフォルニアで人工山火事を起こした兵器が使われているようです
今後、アメリカの各地でこのような恐ろしい兵器が使われ爆発、火災、送電網破壊が起きることになるのでしょうか
恐ろしいことです
アメリカで起きていることは謎に満ちています
一体何が起きているのでしょうか
この兵器を開発したのは日本人だと聴いています
しかし、実際に製造したのは日本の企業ではなくロッキードマーチンです
そしてこの兵器を使っているのは米軍です
もちろんイルミもこの兵器は持っているはずですから、米軍が自国民を攻撃しているというよりはイルミ独自の軍隊?がやっているのでしょうか
それとも国連軍や外国軍の米国民への攻撃が始まったのでしょうか
トランプ政権はつい最近非常に重要な危機管理に関する文書を作成しましたが、そこには6ヵ月間続く大停電が起きる恐れがあると記しています
文書が作成された途端にこのようなことが起きました
日本でも起きるのでしょうか?

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3655042.html
12月30日付け

ニューヨークの送電線を破壊したのはブルービームだったということが以下のビデオでも分かります
(概要)
こちらはチャンネル4が流した映像です
昨夜、ニューヨークで何が起きたかを映しています
これこそが神の指と呼ばれる兵器によるものです
これはレーザー兵器システムです
ロッキードマーチンが6万キロワット(世界記録)の出力レーザーを米軍に供給しました
この兵器の機能は、システムコントロール、ビームコントロール、レーザー、ビームの導波と旋回、組込構造、電力供給などです
これらの機能を示すマークにはピラミッドや全能の目が使われています
ロッキードマーチンは自分たちの正体を隠すつもりはありません
なぜなら殆どの人が何も理解していないからです
この映像は主要メディアのニュースで流されたものです
これは陰謀論ではないのです
このようなことは既に日常的な出来事になっています
世界のどこでも起きています
これまでも上空から地上に照射されているブルービームが多くの人々に目撃されています
その後、地上で火災や爆発が発生しています
今月、主要メディアも知らない94ページにわたる「壊滅的大停電に生き残る方法」と題した文書がトランプ政権の指揮下で作成されました
政府はこれから大規模停電が起き、6ヵ月間電気のない生活が続く危険性があると警告しています
つまり政府はテロリストによる破壊行為について示唆しているのです
不思議にも、この文書が作成された途端に複数の地域で送電網が爆破されています
これは単なる偶然ではありません
さらに911(警察に通報する緊急電話)のラインが不通になってしまいました
主要メディアは、この件に関して、夜空が青くなったとかエイリアンの仕業だとかロシアが攻撃したなどと馬鹿なことを伝えていました
昨夜私は2台のカメラで撮影しました
これらの映像で何が起きたのかが確認できます
以下省略 −−−

★ 極々小規模の「火の洗礼」の噂は これからは流れてくるでしょう
そして、何れかの未来に「水の洗礼」の噂が流れ、其れを人々が認識する未来となったら覚悟する必要があります


−−−
「・・・神は 自ら肢体に似せて人類を作った・・・・」

人類を創造した存在=人類にとって神のような存在の姿は 自らの肢体に似せているのであるから地上の人類に似ていることになる
身体を持たない神や神々でなく、肢体を持つ神であるから、地上人達の中に紛れても区別が付かない、上位の神・神々の水準からは下位の神となる」

★ 地上にも天にも地上人たちにとって悪の神々は配置されている
其れが何者であれ、地上人達にとっては不幸の元凶である★

「神は 地上に創造した人類を地上に放ち産めよ増やせよと語り伝えた・・・」

何の目的で人類を作ったのか?
蟻の観察箱を考えれば良い
蟻=人類、観察箱=地球・地上界、観察箱の進行=地上人達の進歩制御・人に似せた神々=羊飼いとヒツジの群れ、と置き換えれば地球が蟻の観察箱であることを容易に理解出来る
神々はヒツジに産めよ増やせよと云い
地上の小悪魔たちは増やしすぎで減らせと云い
地上に降りた神々は 地上同士を調教して地球劇場で殺し合う真剣の芝居を演じさせる
芝居であれば必ず終わりが設定されている
そうしないと、次の新しい芝居が出来ない
終末は 初演の時から設定されるのは必然だから・・・

−−−
アメリカ大統領選挙の結果が、奴らの第一計画と異なりトランプになったことによると推定しています
何かが干渉していると思われますし、計画が遅れていると推定しています
もし、これらが成就するようですと何かと騒がしい日々となりそうです
ともかく、誰が干渉しているかが問題ですが、それらも近い将来に具体的になっていくのでしょう

−−−

====参考文献終わり====



>>戻る

 ページナビゲーション
 投稿記事目次集>>目次90万>>その他・つれづれ・最近のあれこれ NO n900012