本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証サイト』より

超科学情報 NO n710003

コメント 2012/03/01

{新71_超科学情報_映画「スライヴ」_03}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0468・三の矢です!⇒映画「THRIVE」 日本語版完全版!!共有サイト(無料ダウンロード)by飄(つむじ風):2012年2月26日

{新71_超科学情報_映画「スライヴ」_02}において、<映画『THRIVE(スライヴ)』(全編)日本語吹き替え版が現在、ニコニコ動画で見られなくなりしたが、YouTubeではみれます、YouTubeでも見れなくなりました、スライヴ・ムーブメント.comは無事のようです>と案内しました
その次ぎです
<三の矢です!⇒映画「THRIVE」 日本語版完全版!! 共有サイト(無料ダウンロード) by 飄(つむじ風):2012年2月26日>
まったく良い根性しています
もし、見損なった方がいるようでしたら参考にされたら良いと思います
この方の根性も考え方もなかなかのものと見受けます
それはそうと、<ニューヨーク最期の日の法的対応マニュアル:2012年2月26日>なんてものが既に出されているようで、参考にしてください

===NO n710003:参考文献の目次===

001:三の矢です!⇒映画「THRIVE」 日本語版完全版!!共有サイト(無料ダウンロード)by飄(つむじ風):2012年2月26日
002:ニューヨーク最期の日の法的対応マニュアル:2012年2月26日

−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n440002:参考文献の目詳細===

===1===============

三の矢です!⇒映画「THRIVE」 日本語版完全版!!共有サイト(無料ダウンロード)by飄(つむじ風):2012年2月26日

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/645.html>
THRIVE 日本語版完全版!! 共有サイト(無料ダウンロード)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/02/thrive_0eb9.html
(以下に全文転載)
とうとう、ニコ動もYouTubeもTHRIVE 日本語版完全版は消えた!!
まあ、著作権から言えば、それも当然だろう・・・・
申立はClear Compass Media, LLCからだ!!順当である
 まあ、5ドル(約400円)で完全版は観られる
そう高い訳ではないから、寧ろ、それを選択することが順当だ
PayPalで一発OKだ
 結果的に拙ブログでは、随分宣伝したことになる
別に頼まれた訳ではない
ましてや、『工作員』でもない
宣伝するのが目的ではなく、拡散が目的であったから、掲載したまである
結果的に宣伝になったものと思う
 序でに、5ドル(約400円)でゆっくり、安心してご覧頂くのも良かろうと考える
が、しかし、他に手もある
お伝えしよう
情報の拡散は、ロハ(只=ただ=無料)が一番との執念も、又、捨てた訳ではない
http://hotfile.com/dl/146789876/3d73eee/THRIVEにお訪ねあれ!
何故か?
無料ダウンロード出来る
理由は書かない
共謀もしていない
魚心あれば、水心である
先ず知ることが重要である
そして、次の段階に進む
つまり、私は25ドルを寄付をして措くから、この情報に気兼ねは要らない
そして、私はけっして『宣伝マン』ではない
ましてや、『工作員』でもない
市井の凡人だ
ところで、
コメント氏にもある様に、この映画『THRIVE』について、いろいろ懐疑派が登場する
それは世の常で、別に珍しい事ではないから、批判するつもりはないが、私の見解を申し述べておくことも無駄ではないと考える
又、紹介した手前、一端の説明責任にも任ずることとなろうと思う
どのコメント氏と言う訳ではないが、その論理は、大体同じものだ
つまり、
 作者がG&Pの御曹司であること、片目があること、そして、言挙げればきりがないが、諸処にイルミナティーのシグナルが隠されていると言うのである
又、コメント氏ばかりでなく、そうした面を詳しく披瀝しているブログもある
それはそれは、まことにご苦労な事であるが、一言すれば、『観念論』に過ぎない
 その事を間違っているとは言わないが、観念の世界でどうこう言っているのであって、だからどうなのか?
と問われると、二の句が継げない話だろう
だからといって、批判するつもりはないが、仮にそうであったからと言って、どうなる虞(おそれ)もないよ、と言いたい
譬えが悪いかも知れないが、風の音や、樹の揺らぎをみて、幽霊と見まごう話と同じで、余りにも大人気がない
これでは一生、恐れおののいていなければならない
幽霊は幽霊である
単なる肉体を持たない霊であるから、恐るるに足らない
霊と言うより、幽霊であって、本質的な霊ではないのである
幽体という言葉があるが、それを恐れてびくついていても何も始まらない
 それと同じで、イルミナティーであれ、何であれ、片目もシンボルも、あれは案山子(かかし)であるから、何かに付け人々を怯えさせる様に仕組まれているだけである
その図に乗って恐れる必要はないのである
 問題は、何をするか、今何が起きているか、これから何が起こるかであって、その仕組みはどのようになっているかが重要な情報だ
そして、その事象を悉く検証する必要がある
その上で、情報を識別すれば、良い
 観念論であれこれ言う内は、事象の検証、そして、情報の識別が不十分なのである
丁度、子供が世間を恐れる様に、初めて見る光景に恐れをなしているに等しい
それも子供の情報量であるから、無碍に叱ることも出来ない話なのである
 幽霊と思って、白日の下に晒せば、単なる風に揺れる木立であった
と言うことは良くある
それと同じで、イルミナティーの虚仮威しを過大評価する必要は全くない
それこそ、思うつぼに嵌ってしまう事になる
 私は、この映画『THRIVE』の情報を全て知っている立場では決してないが、既得の情報ソースから検証識別したことと合わせて、まあ、大体そんなところだろうと納得している
別に盲信してこの映画に感極まることはないが、同時に、ほぼ、正確であると感心している
 だから、拡散してより多くの人々の覚醒になると確信しているにすぎない
<目隠しを取れ、という意味だよ!>
 問題は誰がその情報を提供したかではなく、情報そのものが正鵠を得ているか否かで判断する
イエスが語るから、正しいのではなく、語られる内容が正しいから、イエスは正しいのである
 語られる内容が偽善であるなら、イエスは偽イエスである
簡単に言うとこういう事だ
 イエスをお釈迦と言い換えても、同じ事だ
 誰でも同じ、要するに人間には識別力を備えている存在であるから、それに基づいて、判断することが肝要だ
『それでも地球は動く』と言ったかどうかは、定かではないが、彼のガリレオ・ガリレイの言葉は、今に新しい
それと同じだ
この映画で伝えたいことは、様々あるが、要点は一つである
人々を支配する側は、極めて少数である
そして、それが故に情報を操作する
誰が支配者かは人々は知る必要はないから、分断され統治される
そして、
 その手法は欲である
欲、即ち、現代においては、金である
それを調べると仕組みが解明される
全く、その通りである
それを絶つと支配は崩れる
そして、その時、多勢に無勢(少数)ははっきりする
 そして、無勢(少数)は多勢を必要としているから、洗脳を必要とする訳で、多勢の「非侵害」を貫けば、軍隊も警察も最小限となろうから、無勢(少数)の力の権力は潰え去る
非暴力による抵抗だ
武器を捨て、警棒も盾も捨てれば良いだけだ
無勢(少数)は自ら一兵士にもならなければ、一警官にもなろう筈がない
 全ては多勢から、徴集し、あるいは、志願させる
勿論、餌は金だ
昔も今も簡単な論理だ
 人口削減も多大の人員と物量を必要とする
それは夥しい量だ
だから、ビルゲイツの様な長者が必要だ
それに唯々諾々と従う人間が存在することを意味する
欺されているか、金に釣られて従う
それがなくなれば、絶対的に不可能な世迷い言である
 そんな簡単な論理を曲げて、恐れる必要はさらさらにない
これは全くの自明であろう
そうではないのか? 削減されるべき人員が、常に従犯である馬鹿なことが起ころう筈がない
 この事は別な言い方をすれば、一人一人の人間が自覚し、目覚めることを求められている
それを、さておいて、イルミナティーが何だの、支配企業が何だの、片目、シンボルが何だのと取り上げて、虚仮威しを煽る必要はさらさらにない
全ては無勢(少数)故の虚仮威しの『案山子(かかし)』に怯える観念論の蒸し返しに過ぎない
 もっと目を上げて、自信を持って、事実を検証すれば、そんなことは分かる話であろう
 まあ、
 そういう方々も、警戒しながら、両手で顔を覆いながらも指の隙間でこの映画『THRIVE』を注目している訳であるから、それ以上の批判は免除しておきたい
 最後に、一言
 そうビクビクしなさんな!
映画は映画
それを観るのはあなただ
そして、どんな情報があろうとも判断するのはあなただ
洗脳される者は、洗脳される自身に原因がある
サブミナルであれ、何であれ、洗脳されるのは、観る前から恐怖感があるからに他ならない
 『それでも・・・』という、強い識別力は、人間の固有の能力だから、欺されない人間も必ず存在する
多く存在する
それは、自ずから強い識別力を発揮する人間のみの特権だ
この特権は全ての人に備わる
只、忘れている人間も多く存在する現実があるだけだ
 これが、一部に存在する懐疑派の方への、回答である
(以上、転載終了)


戻り


===2===============

ニューヨーク最期の日の法的対応マニュアル:2012年2月26日

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/644.html
1年前の記事なので国際板もはばかられ、こちらに投稿
これは2011年2月14日のニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事である
この記事は裁判官や法律家のための公式マニュアルが発行されたことを伝えている
そのマニュアルは、法曹関係者が「新たなテロ攻撃、大規模な放射能汚染や化学物質による汚染、疫病の蔓延によって生じ得る法的な難題にどう対応できるかを示すものである
ニューヨーク州裁判所と州法曹協会が発行したこのマニュアルは、隔離、全住民への退去指示、令状なしの捜索、感染した動物の殺処分、法律の施行停止といった問題を既存の法律がどのように規定しているかをすぐに参照できるようになっている
http://www.nytimes.com/2011/02/15/nyregion/15doomsday.html?pagewanted=all
A Legal Manual for an Apocalyptic New York
By WILLIAM GLABERSON
Published: February 14, 2011
Major disasters like terrorist attacks and mass epidemics raise confounding issues for rescuers, doctors and government officials. They also pose bewildering legal questions, including some that may be painful to consider, like how the courts would decide who gets life-saving medicine if there are more victims than supplies.
大きな災害はテロ攻撃に合います、そして、集団流行は救助隊、医者と官僚のために問題を混乱させることを上げます
いくつかを含むそれが、必需品より多くの犠牲者がいるならば、法廷が誰が救命医療を得るかについて決定するだろう方法のように、考慮するのもつらい場合があるというとまどうほどの法的疑問を、彼らもします

But courts, like fire departments and homicide detectives, exist in part for gruesome what-ifs. So this month, an official state legal manual was published in New York to serve as a guide for judges and lawyers who could face grim questions in another terrorist attack, a major radiological or chemical contamination or a widespread epidemic.
しかし、法廷(消防署と殺人刑事のような)が恐ろしいもしものために一つには存在します
それで、今月、裁判官のためのガイドともう一つのテロ攻撃、大きな放射線学であるか化学汚染または広範囲にわたるepidemic.
Quarantines. The closing of businesses. Mass evacuations. Warrantless searches of homes. The slaughter of infected animals and the seizing of property. When laws can be suspended and whether infectious people can be isolated against their will or subjected to mandatory treatment. It is all there, in dry legalese, in the manual, published by the state court system and the state bar association.
で厳しい問題に取り組むことができた弁護士として勤めるために、公式州の法律マニュアルは、ニューヨークで発表されました隔離
企業の閉鎖
大規模な避難
家のWarrantlessな検索
感染した動物の虐殺と資産の所有
法律が停止されることができるとき、そして、伝染性の人々が彼らの意志に反して孤立することができるか、義務的な処置を受けることができるかどうかにかかわらず
マニュアル(州の法廷制度と国営バーassociation.によって発表される)で、乾いた法律用語では、それは抜け目がありません
The most startling legal realities are handled with lawyerly understatement. It notes that the government has broad power to declare a state of emergency. “Once having done so,” it continues, “local authorities may establish curfews, quarantine wide areas, close businesses, restrict public assemblies and, under certain circumstances, suspend local ordinances.”
最も驚くべき法律現実は、lawyerlyな控え目な話し方で取り扱われます
それは、政府には非常事態を宣言する幅広い力がある点に注意します
「そうしていた一度」と、それは続けます
「地方自治体は夜間外出禁止令を制定するかもしれなくて、広域を孤立させるかもしれなくて、企業を閉じるかもしれなくて、公開の議会を規制するかもしれなくて、特定の状況の下で、条例を停止するかもしれません
Ronald P. Younkins, the chief of operations for the state court system, said the book’s preparation was similar to other steps the New York courts had taken to plan for emergencies, including stockpiling respirators and latex gloves. Like such manuals in other states, Mr. Younkins said, it is intended to give judges and lawyers a place to turn in an emergency because the maze of state and federal laws ? some decades or centuries old ? can be difficult to decipher. For judges, the manual may well be their only refresher on the case of Mary Mallon, “Typhoid Mary,” who was isolated on an East River island from 1915 until her death in 1938.
マスクとラテックス手袋を備蓄することを含む非常事態の計画に、ニューヨーク法廷がとった他の処置と、本の準備が類似していると、ロナルドP. Younkins(州の法廷制度のための活動のチーフ)は、言いました
他の州(言われるYounkins氏)のそのようなマニュアルのような、それは、裁判官と弁護士に緊急時には回るための場所を与えることを目的とします、州の迷路と連邦法 ? 若干の数十年または古い世紀 ? 解読するのが難しくありえます
裁判官にとって、マニュアルはメアリー・マロン(「保菌者」)のケースに関する彼らの唯一の元気を回復させるものであるでしょう
そして、その人は1938.
で1915年から彼女の死までイースト・リヴァー島で孤立しました
“It is a very grim read,” Mr. Younkins said. “This is for potentially very grim situations in which difficult decisions have to be made.”
「それは、非常に厳しい読むことです」と、Younkins氏は言いました
「難しい決定がなされなければならない潜在的に非常に厳しい状況に、これは賛成です」
Published with the disarmingly bland title “New York State Public Health Legal Manual,” the doomsday book does not proclaim new law but, rather, describes existing law and gives lawyers and judges ways of analyzing any number of frightening situations.
ほっとするほど穏やかなタイトル「ニューヨーク州Public Health Legal Manual」で発表されて、終末本は新しい法律を宣言しないで、むしろ、現行法を記載して、弁護士を与えて、多くのこわがらせるsituations.を分析する方法を審査します
The manual provides a catalog of potential terrorism nightmares, like smallpox, anthrax or botulism episodes. It notes that courts have recognized far more rights over the past century or so than existed at the time of Typhoid Mary’s troubles. It details procedures for assuring that people affected by emergency rules get hearings and lawyers. It mentions that in the event of an attack, officials can control traffic, communications and utilities. If they expect an attack, it says, they can compel mass evacuations.
マニュアルは、潜在的テロリズム悪夢(天然痘、炭疽菌またはボツリヌス菌中毒事例のような)のカタログを提供します
法廷が保菌者のトラブルの時に存在したよりはるかに多くの権利を過去の世紀の間、または、そう認めた点に、それは注意します
緊急規則に影響を受ける人々が審理と弁護士をつかまえることを保証することの手続きを、それは詳述します
攻撃の場合、当局が交通、通信とユーティリティを制御することができると、それは言います
彼らが攻撃を予想するならば ― それが、言う ― 彼らは、大量のevacuationsを強要することができます
But the guide also presents a sober rendition of what the realities might be in dire times. The suspension of laws, it says, is subject to constitutional rights. But then it adds, “This should not prove to be an obstacle, because federal and state constitutional restraints permit expeditious actions in emergency situations.”
しかし、ガイドも、現実がひどい時代に何であるかもしれないかというしらふの解釈を示します
法律の中止は、憲法上の権利の影響を受けると、それは言います
だが、それは付け加えます
「連邦および州の憲法制限が緊急事態で手早い行動を許すので、これは障害であることがわかってはいけません」
When there is not enough medicine for everyone in an emergency, it notes, there is no clear legal guidepost. It suggests legal decisions would most likely involve an analysis that “balances the obligation to save the greatest number of lives against the obligation to care for each single patient,” perhaps giving preference to those with the best chance to survive. It points out, though, that elderly and disabled people might have a legal claim if they are discriminated against at such moments of crisis.
十分な医療が緊急時には誰のためにでもあるというわけではないとき ― それが、注意する ― 透明な法律ガイドポストがありません
法的決定が「各々の独りの患者を看護する義務に対して命の最大多数を保存する義務のバランスをとる」分析をたぶん必要とするだろうことを、それは示唆します
そして、おそらく、生き残る最高の機会でそれらを優先します
彼らがcrisisのそのような瞬間に差別されるならば、初老で障害をもった人々が法的主張をするかもしれないと、それは、しかし、指摘します
Donna Lieberman, the executive director of the New York Civil Liberties Union, said the 88-page book reminded her of the CliffsNotes pamphlets that have helped generations of 11th graders get through Macbeth. “Needless to say, this makes me a little nervous,” she said, adding that the legal issues the book raised were “nuanced, thorny and difficult, and hard to capture in CliffsNotes.”
11年生の世代がマクベスを通り抜けるのを助けたCliffsNotesパンフレットを、88ページの本が彼女に思い出させると、リーバーマン夫人(ニューヨークCivil Liberties連盟の専務取締役)は、言いました
「言うまでもなく、これは私を少し神経質にします」と、彼女は言いました
そして、本が持ち出した法律問題が「微妙な違いのあって、とげが多くて、CliffsNotesで捕えるのが難しくて難しかった」と付け加えました
In separate forewords, the state’s chief judge, Jonathan Lippman, and the bar association’s president, Stephen P. Younger, say public-health threats are more apparent than ever, so the legal questions ought to be considered now, not during an emergency.
別々の前書きでは、国の首席裁判官、ジョナサン・リップマンと法曹協会の大統領(スティーブンP. Younger)は公衆衛生の脅威がこれまでより明らかであると言うので、emergencyの間、でない、法律問題は現在考慮されるべきです
If nothing else, the book is intensely practical, giving lawyers and judges a way to get through what would quite likely be chaotic days.
他の何もならば、本は強烈に実際的です
そして、弁護士と裁判官に全くたぶん混沌としたdaysであることを終了する方法を与えます
After mentioning that houses or businesses can be commandeered to shelter victims or serve as medical dispensaries, it continues that “violations of individual property rights, if actionable, would generally be sorted out after the need for such actions has ended.” The court system posted an electronic copy of the book on its Web site on Thursday, and the bar association is selling bound copies for $18 to the public. The book was edited by Michael Colodner, the former counsel to the state’s Office of Court Administration.
家または企業が保護犠牲者に徴発されることができるか、医学薬局として用いられることができると言った後に、それはそれを続けます、「起訴できるならば、そのような行動の必要が終わったあと、個々の財産権の侵害は通常、整理されるでしょう」、法廷制度は木曜日にそのウェブサイトに本の電子コピーを掲示しました
そして、法曹協会は市民に縛られたコピーを18ドルで売っています
本は、マイケルColodner(法廷Administration.
の国のオフィスへの元弁護人)によって編集されました
In its matter-of-fact way, it conjures an image of the courts muddling through in an apocalyptic city. But it makes clear that it is in just such circumstances that it may be more important than ever for the courts to remain open to grapple with the legal questions created by the emergency itself.
その事務的な道では、それは、黙示録的な都市で終わりまでまごついている法廷のイメージを目の前に呼び出します
しかし、それが法廷が非常事態そのものによって生じる法律問題と取り組むために開いているままであることがこれまでより重要である場合があるようなちょうど状況にあることは、明白になります
Without mentioning that judges and other court officials themselves may be among the dead or injured, the manual says that when there is a shortage of court personnel, administrators can take any number of steps to keep the courts operating. It says they can hold multiple proceedings before a single judge, change rules of procedure and give priority to cases arising out of the emergency.
裁判官と他の法廷当局自身が死者または負傷者の内の一人である場合があると言うことなく、法廷人員の不足があるとき、管理者が法廷を動かせ続けるために多くの処置をとることができると、マニュアルにはあります
彼らが独りの裁判官の前に複数の出来事を開くことができて、手順の原則を変えることができて、emergencyから生じているケースを優先することができると、それは言います
And it provides chilling instructions on how to proceed with cases in the midst of outbreaks of contagious disease. The stockpiled gloves and respirators “already available at many courthouses,” it says, may be necessary.
そして、それは、接触伝染病の発生の最中にケースを続行する方法についての恐ろしい指示を提供します
備蓄された手袋とマスク「すでに多くの裁判所で利用できる」は、necessaryである場合があると、それは言います
But the image of an infected New Yorker surrounded by a masked judge, lawyers and court officers was a miserable one even for this gruesome guide. “The wearing of respirators by the multiple participants in a courtroom setting, would no doubt be disruptive,” the manual notes. One alternative, it suggests, is that the infected person be required to wear a respirator. Another: “Isolating an infectious litigant in a separate room with an audio-visual connection to the courtroom.”
しかし、覆面をした裁判官、弁護士と法廷役員によって囲まれる感染したニューヨーカーのイメージは、この恐ろしいガイドのためのさえ哀れなものでした
「法廷セッティングの複数の参加者によってマスクをつけることは、間違いなく破壊的です」と、マニュアルは強調します
一つの選択肢、それは示唆します、それが感染者ですマスクをつける要求します
もう一つ:「法廷との視聴覚つながりによる別々の部屋の伝染性の訴訟当事者を孤立させる
In Brooklyn one day last week, the administrative judge of the criminal courts, Barry Kamins, listened as parts of the manual were read to him, including the section about everyone wearing masks in the courtroom. “I’m trying to imagine several people in a courtroom wearing that,” Justice Kamins said. “It’s hard to put yourself in that situation.”
ある日先週ブルックリンでは、マニュアルの部分が法廷の中にマスクをつけている誰についてでもセクションを含む彼に読まれたので、刑事裁判所(バリー・カミンズ)の管理の裁判官は聞きました
「私は、それを着ている法廷で数人の人々を想像しようとしています」と、司法省カミンズは言いました
「あなた自身をその状況に入れるのは難しいです」
But, he said, the city’s courts have already been through a lot, including the aftermath of the Sept. 11 attacks. Swine flu brought respirators to some courtrooms, as people worried about infection. Defendants who bite and scratch sometimes arrive in court in chains and are forced to wear gloves.
しかし ― 彼が言った ― 都市の法廷はたいへんすでに終わっていました
そして、9月11日の攻撃の余波を含みました
人々が感染について心配したので、豚インフルエンザは一部の法廷にマスクを持ってきました
噛んで、時々掻く被告は、鎖につながれて裁判所に到着して、手袋を着ることを強制されます
“It’s almost surreal, but you just go forward,” Justice Kamins said, which is how he said judges would most likely respond if the scene in the courts was even more surreal.
「それはほとんどシュールです、しかし、あなたはちょうど進みます」と、司法省カミンズは言いました
そして、それは法廷の場面がより多くのsurrealであるならば、裁判官がたぶん応えるだろうと、彼が言った方法です



戻り


====参考文献終わり====






 >>目次2012へ