○二
本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

太陽(ミロク)原理終末と太陽の検証

予言の検証

シオン賢人議定書

 これからシオンの賢人議定書の検討をしてみたいと思います。シオンの賢人議定書については、最近の評価として偽物ということになっているようです。ただ、この内容が出版されたとき、全ての本は ユダヤ人たちに買い占められたと伝えられていますので、この内容は、真実と考えています。必要なことは、議定書に記述されていることが、現実に実現されていれば、この著書は、正しいと考えなければなりません。

 もちろん、マスコミの支配を唱っているこの議定書のことですから、それらの情報操作がなされていることも考慮して読む必要があります。この議定書は、昔に翻訳されたもので、読みにくいところがありますし、賢人のメンバーにとって当然であっても、我々にとっては、わかりにくいところがあります。

 そこで、文章もできるだけ現代文に近い文に書き直しています。ので、そのまま読んでも理解が容易になっていると思います。シオンの賢人議定書では、ユダヤ人と非ユダヤ人、そして議長格の朕と呼ぶ者たちが登場するし。他の人類についての記述もあります。例えば、わしら=我々=ユダヤ人、畜生=非わしら=ユダヤ人以外の人類などです。

 シオンの議定書の特徴は、人間の本性とも言うべきことを記述していることである。よく言えば、その分析によりユダヤ人たちはどのようにすべきか、悪く言えば、非ユダヤ人たちをどのようにして取り扱うか、などである。我々が予言を検討する場合、この議定書の記述を認識して、現在の世界情勢について流れてくる情報を分析すると理解が進むとおもいます。それはともかく、これから議定書を連載していきますので、参考にしていただければ幸いです。

シオン賢人議定書

NO 01 | NO 02 | NO 03 | NO 04 | NO 05
NO 06 | NO 07 | NO 08 | NO 09 | NO 10
NO 11 | NO 12 | NO 13 | NO 14 | NO 15
NO 16 | NO 17 | NO 18 | NO 19 | NO 20
NO 21 | NO 22 | NO 23 | NO 24

太陽のコメント

NO 01 | NO 02 | NO 03 | NO 04 | NO 05

シオン賢人議定書とフリーメーソンとひふみ神示

NO 01 | NO 02 | NO 03 | NO 04 | NO 05

シオン賢人議定書 考察

NO 01 | NO 02 | NO 03 | NO 04 | NO 05
NO 06 | NO 07 | NO 08 | NO 09 | NO 10




 >>戻る