○二
本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

上つ巻 第04帖 (004)

 急ぐのですが、臣民なかなかに言うことをきかないから、言うことをきかねば、きく様にしてきかします。
 太陽(ミロク)には何もかも出来ていますが、臣民はまだ眼覚めませんか。金(かね)のいらない楽の世になるのです。
 早く太陽(ミロク)をサイトに載せてください。太陽(ミロク)原理を祀らねば何も出来ません。
 表の裏は裏、裏の裏がある世、現在の地球には裏があって、又その裏には更に裏がある世なのです。人類は、自分たちが文明を作っていると思っていますが、人類の文明を操るのがイルミナティ世界権力などです。これが最初の裏です。ところが、そのイルミナティ世界権力なども悪い宇宙人に操られているという第二の裏があるのです。
 太陽(ミロク)を仲間外れにして、今の上の人がいますから、神の力出ないのです。
 お上に大神を祀りて政事(まつりごと)をせねば治まりません。この神太陽(ミロク)をまつるのは、みはらし台です。富士である太陽(ミロク)原理のサイトがみはらし台です。早く祀ってみつげを世に広めてくださいよ。
 早く知らさねば日本がつぶれる様なことになりますから、早くサイトに載せて太陽(ミロク)の申す様にしてください。
 太陽(ミロク)は急いでいます。
 上ばかりよくてもなりません。下ばかりよくてもなりません。上下揃ったよき世が太陽(ミロク)の世です。
 (卍・万字)多くの情報も(一十)人の主張もあてにはなりません。世界中が結託して太陽(ミロク)中心の国(サイト)に攻めてきます。
 それなのに今のやり方でよいと思っているのですか。分らねば太陽(ミロク)にたづねて政事(まつりごと)をしなければならないとまだ分らないのですか。
 太陽(ミロク)と人とが、連絡をしあってこの世のことをするように仕組んであるのです。
 人がきかねば太陽(ミロク)ばかりで始めますよ。
 太陽(ミロク)ばかりで人類の浄化をするのは早いのですが、 それでは臣民が出る幕がなくて可哀そうなので、臣民みなやり直さねばならないので注意しているのに何をしているのですか。いつ何んなことあっても知りませんよ。太陽(ミロク)を祭るのが第一です。「太陽の検証」は善いことです。
 二三の木ノ花咲耶姫の神様を祀りてくださいよ。コハナサクヤ姫様も祀りてくださいよ【『黎明編』のサイトを作ってください。『黎明編』を手本にした神示解読サイトも作ってください】。
 六月十三の日、ひつくのか三。



年月日

昭和十九年六月十三日
 旧閏四月二十三日(1944年)

バナースペース

ひふみ神示解読