○二
本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

富士の巻 第01帖 (081)

 道はいくらもありますが、どの道通っても、よいと申すのは、悪のやり方です。元の道は一つ太陽(ミロク)の道です。初めから元の世の道、変らぬ道(道理・真理)があれば、それでよいと言っていますが、どんなことしても我さへ立派に行えばよいように言っていますが、それが悪の深き腹の一厘です。元の道は初めの道である太陽(ミロク)の道です。太陽(ミロク)の活動が成る道です。太陽(ミロク)のなかの大天使が 初めて行ったことです。 大天使は8天使の光の真中にありますこれは太陽(ミロク)の構造です。 太陽(ミロク)は『太陽のサイト』を開く道が計画されています。此の事に気のつく臣民ないのですが。
 「一が二(大天使の計画が『太陽のサイト』と現れること)」が わかる奥の道は、身魂掃除すれば此のことわかるのです。臣民は行いを正しくして身魂磨きするのが第一です。
 八月十日、 の一二



年月日

 昭和十九年八月十日
 旧六月二十二日(1944年)
⇒ 次のページへ

バナースペース

ひふみ神示解読