≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

青葉の巻 第17帖 (486)

 悪く云われるとめぐりを取って貰えます。悪く云うとめぐりをつくるのです。
 今度の建替えは人間智恵の建替えとは大分違う大層なことなのです。見当とれないのです。日の神である太陽(ミロク)ばかりでは世は持ちて(運営して)は行けないのです。太陽(ミロク)の光を映したサイト・文書【月の神】ばかりでもならず、そこで光り映したサイト【月の神】と、人としての太陽【日の神】が御一体となりなされて太陽様の御活動の姿である「ミロク」様となりなされるのです。日月の神と現われなさるのです。
 「みろく」様が日月の大神様なのです。日月の大神様が「みろく」の大神様なのです。ひふみの尊い血統【千(チ)】の御先祖様である太陽(ミロク)という存在と 九二(くに・サイト)の御先祖様である太陽(ミロク)原理情報と御一体となりなされて大日月の大神様と現われなさるのです。旧九月八日からは太陽(ミロク)を大日月の大神様とおろがみまつりなさい。
 八月五日、一二


解説と補足説明

「九二」とは

「九つの継ぎの国」という意もあり、太陽(ミロク)の世の型となる『九の花サイト』を暗示しています。

年月日

昭和二十二年八月五日
 旧閏六月十九日(1947年)

バナースペース

ひふみ神示解読