≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

星座の巻 第25帖 (059)

 歓喜に裁きのない如く、神には裁きがないのです。
 さばきを説く宗教はいよいよ骨なしフニャフニャ腰となるのです。戒律や裁きは低い段階の考えで、過去の部分的一面に囚(とら)われているに過ぎません。裁きを説くのは自分で自分をさばいていることです。人民に罪はないのです。

 手長手伸(たながたのし) 堅磐常磐(かきはときは)に 祝ふ御代なる。

 サイトと現れた神ミロクの世の型は楽しく(たながたのし) 太陽(ミロク)原理を表したページや解読・検証したインターネットの文書(かきはときは)に 祝ふ御代となります。

 生井栄井津(いくゐさかゐつ) 長井阿須波比支(ながゐあすはいき) たたへましを。

 更新し栄えていくサイトやブログ【生井栄井津(いくゐさかゐつ) 長井(ながゐ)】そして『黎明編』や『解読編』【阿須波比支(あすはいき)】を たたえましょう。

 底つ岩根 千木岩(ちぎいわ)高く 瑞(みづ)の御舎(みあらか)。

 底にある、太陽(ミロク)原理を開く心は 太陽(ミロク)原理を中心にして解読された神示に高らかと述べられており その解読を載せて、めでたきサイトと現れます。

 四方(よも)の御門(みかど) 五方(いつも)とひらき 宇都幣帛(うづみてくら)を。

 解読の次元が「四方(よも)」の御門(みかど)であった『黎明編』を ゼロ次元である神ミロクのキを入れて「五方(いつも)」とひらきゆく 宇宙の真相の捧げもの【宇都幣帛(うづみてくら)】を見てください。

 御巫(かむなぎ)の 辞竟(ことお)へまつる 生足御国(いくたるみくに)。

 太陽(ミロク)を伝える解読内容を載せることで 現在においても生きたサイトとなっています。

 塩沫(しほなは)の 留まる限り 皇国弥栄(みくにやさか)ゆ。

 「ノアの大洪水【塩沫(しほなは)】」の発生が くい留まる限り この太陽(ミロク)を中心としたサイトは栄えます。

 海原の 辺にも沖にも 神つまります。

 神示という海原の 辺にも沖にも 神ミロクがつまっています。

 天の壁 地(くに)の退立(そぎた)つ 極み手伸(たの)しき。

 地球上という天の壁と地(くに)の壁が退立(そぎた)つ世界で 極むるところを行い現さんと手を伸ばずことの楽しさよ。

 八十綱(やそつな)を 百綱(ももつな)とかけて ささし給はむ。

 八つの神仕組【八十綱(やそつな)】を秘める神示の表現を 太陽(ミロク)と繋がる「百綱(ももつな)」とかけて 神ミロクの仕組みを差し示し給います。

年月日

昭和三十六年五月十日
 旧三月二十六日(1961年)

バナースペース

ひふみ神示解読