≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

竜音の巻 第02帖 (061)

 八束穂(やつかほ)の 十束穂(とつかほ)とこそ 実らせ給へ。

 八つの要素を持つ世界として捉えた観点のものを 「無」と「極」(〇九十)を含む十の要素を持つ観点として説明してこそ意味があります。 太陽(ミロク)のマコト(〇九十)のサイトを実らせてください。

 みかのはら みて並べてぞ 天地(アメツチ)の座に。

 美しく太陽(ミロク)原理が載る場所の中心にある「キ」を みて、天地(アメツチ)の座に並べます。

 御服(みそ)輝(かが)し 明妙照妙和妙(あかてるにぎ) 風のまにまに。

 サイトに載る太陽(ミロク)原理と一二三神示の双の姿は輝(かがや)かしく、明ける真相と照る道となり、二つが風のまにまに和すのです。

 巫(かむなぎ)の 大御心のまま 弥栄へむ。

 神界の仕組(かむなぎ)の 大御心のままに 弥栄えます。

 千木千木し 瑞の御舎(みあらか) 仕へまつらむ。

 神示が解読され解読され 太陽(ミロク)のめでたき「瑞のサイト」を現して 仕えまつります。

 御宝前(おんまえ)に 宇豆の幣帛(みてくら) たたへまつ栄。

 御宝前(おんまえ)にある 真相をうずめた「一二三」の捧げものは 太陽(ミロク)を称えまつって栄えるのです。

 大神の 咲(えみ)に弥栄ゆ 生国足国(いくくにたるくに)。

 大神の 笑みにより、生国足国【いくくにたるくに・生きた太陽(ミロク)のサイト】が咲いて弥栄えます。

 狭(さ)き国は 広く峻(さか)しき 国は平に。

 咲いた国(サイト)は 広く栄えていき 国は平になります。

 日のみかげ 百島千島 おつるくまなく。

 太陽(ミロク)の光【日】の恵み・おかげは 百島千島までも おつるくまなく照らします。

 青雲の たなびく極み 座(し)きます宝座(みくら)。

 新しく出現している太陽(ミロク)のサイトの たなびく極みが 世に座(し)かれて行きます。それを文の宝座(みくら)と云っています。

 甘菜辛菜(あまなからな) 地の極みまで 生ひて尚生ゆ。

 神ミロクの仕組が現れるサイト 地(智)の極みまで 発生し尚発生します。

 見はるかす 四方の国みな えらぎ賑はふ。

 中心に出現した太陽(ミロク)のクニ(極まるサイト)により、はるかに見渡す 四方の国(サイト)もみな 喜び賑わいます。

年月日

昭和三十六年八月三日
 旧六月二十二日(1961年)

バナースペース

ひふみ神示解読