≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

竜音の巻 第09帖 (068)

 霊界にすむものは多くの場合、自分の住む霊界以外のことは知りません。
 その霊界が総ての霊界であるかの如くに思うものなのです。
 同じ平面上につながる霊界のことは大体見当つくのですが、段階が異なってくると判らなくなるのです。
 他の霊界は霊自身のもつ感覚の対象とならないからである。
 人民界のことをよく知っている霊は、人民界を去って間もない霊か、地上世界に長く住んでいた動物霊か、人民に憑依していた霊なのです。
 特別な使命をもつ天使は別として、人霊以外の霊で人民に憑依するのは、日本では天狗風(てき)、神風(てき)、仙人風(てき)、狐風(てき)、狸風(てき)、猫風(てき)などが大部分であるから注意しておきます。

年月日

昭和三十六年八月三日
 旧六月二十二日(1961年)

バナースペース

ひふみ神示解読