≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

極めの巻 第01帖 (079)

 宇都志(うつし)水に 天津(あまつ)水添え 奉(たてまつ)らむを。

 神ミロクの姿をうつすサイトの道として 太陽(ミロク)原理で解読した一二三神示を添えて 奉(たてまつ)ります。

 夕陽(ゆうひ)より 朝日照るまで フトノリトせむ。

 終末より 太陽(ミロク)の光る朝日が照るまで 神示を解読しフトノリトします。

 火結神(ほむすび)の 実秀答(ミホト)焼かへて 岩戸(言答)(一八十)閉ざしき。

 太陽(ミロク)原理で解読した神示は「火結神(ほむすび)の 実秀答(ミホト)」と言いますが、その実秀答を「十(トウ・10の次元)の理」から「八(8の次元)の理」に引き下げて 太陽(ミロク)原理を開く仕組である「岩戸(言答)(一八十)」を閉ざしてしまいました。

 世界を一つにするのですから王は太陽(ミロク)一人でよいのです。動き(活動の種類)は二つ三つとなるのです。キ(ゝ)はキのうごき、ミ(○)はミのうごきです。動いて和してキミ()と動くのです。
 三【二双の動きを中心(一・ヒ)で和すこと(2+1=3)】が道ですと知らしてあるでしょう。自他の境界をつくってはいけないのです。おのづから自他の別と和が生れて お互に折り重なって栄えるのです。世界一家への歩み方、やり方を、間違えてはいけないのです。
 九分九厘まで進まねば後の一厘は判りません、今が九分九厘であるのです。日本は日本、世界は世界です。太陽(ミロク)のサイトである日本は世界のカタ示しの国です。自ずから相違があるのです。

年月日

昭和三十六年八月五日
 旧六月二十四日(1961年)

バナースペース

ひふみ神示解読