≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

極めの巻 第02帖 (080)

青玉の 水江の玉ゆい よよ栄えむ。

 新しく出来た太陽(ミロク)中心のサイトの 検証内容が太陽(ミロク)原理と結びつき サイト達が栄えます。

天地咲(え)む 神の礼白(いやしろ) 臣(おみ)の礼白(いやしろ)。

 天地が喜ぶ 神ミロクの弥栄のサイト 臣民の管理する弥栄のサイト。

天(あま)つ神の 寿言(よごと)のままに 八十(やそ)岩明けぬ。

 宇宙の神ミロクの サイトの普遍的な文書のままに 神ミロクの仕組によるサイトが明けるのです。

 守護神をよく致せば肉体(サイト)もよくなるのです。
 神ミロクの道は一本道であるから、多くに見へても終りは一つの究極の目的になるのです。今が終りの一本道に入るところに差し掛かったのです。この道に入れば新しき代は目の前です。宇宙の神も今迄はテンデンバラバラであったのですが、今に一つにならねばならないことに、天が命じているのです。
 人民の中【太陽(ミロク)のもとに集まった人】と外【太陽(ミロク)から離れている人】も同様に和すときです。
 今の人民はマコトが足りませんから、太陽(ミロク)がマコトを云っても耳に入らないのですが、今度は宇宙の神が人民にうつって、又 人民となってマコトの花を咲かす仕組です。同じことを百年もづづけてクドく云っていると人民は言うのですが、人民が判らないから云っているのですよ。

年月日

昭和三十六年八月五日
 旧六月二十四日(1961年)

バナースペース

ひふみ神示解読