≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

海の巻 第14帖 (506)

 何も分らない枝葉の神に使われていると気の毒なことが出来ます。早くその神と共に此処へ参りて、太陽(ミロク)のマコトの言・行い(こと)を聞いて誠に早く立ち返って下さい。 ○九十【マコト・太陽(ミロク)の仕組み】とは 〇一二三四五六七八九十であるのです。見えない処【〇(ゼロ・神)と九十(コト・行い)の間)に「一二三四五六七八」の神ミロクの仕組が かくれているのです。
 縁あればこそ、そなた達を引寄せたのです。此の度の二度とない大手柄の差添へとなって下さいよ。なれる因縁の尊い因縁をこわしてはいけません。
 見ていてみなさい。真只中になったら学でも智でも金でもどうにもならない見当取れない事になるのです。今は神ミロクを見下げて人民が上になっていますが、見当取れない事になってから神ミロクに助けてくれと言っても、時が過ぎているから時の神様がお許しなさらないのです。誠・マコトになっていれば何事もすらりすらりです。
 八月二十三日、一二


年月日

昭和二十二年八月二十三日
 旧閏七月八日(1947年)

バナースペース

ひふみ神示解読