≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

黄金の巻 第51帖 (562)

 太陽(ミロク)の降臨に喜びなさい。
 よろこびは弥栄のたねを蒔きます。
 祈りは太陽(ミロク)原理を伝えるという実行です。
 神は云わねばならないし、もし云えば肉体が言っているように思って、神の伝えたおかげを落しますし、人民は「伝えられたことは判らないことだ」というように、自分のものさしで測りますし…、よって太陽(ミロク)が降臨せねば伝えられないのです。しかし、太陽(ミロク)原理が理解できない学の鼻高さんには神ミロクも閉口です。
ズコッ(+_+)
 (十二月七日)一二十

年月日

昭和二十四年十二月七日
 旧十月十八日(1949年)

バナースペース

ひふみ神示解読