本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ○二

一二三神示

一二三の検証編太陽の検証

一二三145

地つ巻 第08帖 (145)

 祓ひせよと申してあることは何もかも借銭なしにする事ぞ。借銭なしとはめぐりなくすることぞ、昔からの借銭は誰にもあるのざぞ、それはらってしまふまでは誰によらず苦しむのぞ、人ばかりでないぞ、家ばかりでないぞ、国には国の借銭あるぞ。世界中借銭なし、何しても大望(たいもう)であるぞ。今度の世界中の戦は世界の借銭なしぞ、世界の大祓ひぞ、神主お祓ひの祝詞(のりと)あげても何にもならんぞ、お祓ひ祝詞は宣(の)るのぞ、今の神主 宣(の)ってないぞ、口先ばかりぞ、祝詞も抜けてゐるぞ。あはなち、しきまきや、くにつ罪、みな抜けて読んでゐるではないか、臣民の心にはきたなく映るであろうが、それは心の鏡くもってゐるからぞ。悪や学にだまされて肝心の祝詞まで骨抜きにしてゐるでないか、これでは世界はきよまらんぞ。祝詞はよむものではないぞ、神前で読めばそれでよいと思うてゐるが、それ丈では何にもならんぞ。宣るのざぞ、いのるのざぞ、なりきるのざぞ、とけきるのざぞ、神主ばかりでないぞ、皆心得ておけよ、神の()ことは神主に、仏は坊主にと申してゐること根本の大間違ひぞ。九月十九日、ひつ九の
平易意訳

  祓いせよと申してあることは何もかも借銭なしにする事です。
 借銭なしとはめぐりをなくすことです。昔からの借銭は誰にもあるのです。それはらってしまうまでは誰によらず苦しむのです。人ばかりではないです。家ばかりではないです。国には国の借銭があるのです。
 世界中借銭なしにすることが、何にしても大望(たいもう)であります。
 今度の世界中の戦というのは世界の借銭をなしすることです。世界の大祓いです。
 神主がお祓いの祝詞(のりと)をあげても何にもなりません。お祓ひ祝詞は宣(の)るのです。今の神主 宣(の)ってないです。口先ばかりです。祝詞も抜けています。
 あなはち、しきまきや、くにつ罪、みな抜けて読んでいるではないですか。臣民の心には きたなく映るでしょうが、それは心の鏡くもっているからです。
 悪や学にだまされて肝心の祝詞まで骨抜きにしているではないですか。これでは世界はきよまりません。
 祝詞はよむものではないです。神前で読めばそれでよいと思っていますが、それだけでは何にもなりません。
 宣るのです。いのるのです。なりきるのです。とけきるのです。神主ばかりのことではないのです。皆心得ておきなさい。神のことは神主に、仏は坊主にと申していること根本の大間違いです。
 九月十九日、ひつ九の


解説と補足説明

  • yuru63:2017/01/07
     太陽達による救済の計画の一つに世界の大祓いがあるのでしょう。
     誰によらず自身がきよまり、生活もきよまるようにしていかねばならない様です。


年月日

昭和十九年九月十九日
 旧八月三日1944年)

>>戻る