本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ○二

一二三神示

一二三の検証編太陽の検証

一二三156

地つ巻 第19帖 (156)

 世成り、神国の太陽足り満ちて、皆みち足り、神国の月神、世をひらき足り、弥栄にひらき、月光、総てはみち、結び出づ、道は極みに極む、一二三(ひふみ)、三四五(みよいづ)、五六七(みろく)、弥栄々々ぞ、神、仏、耶ことごと和し、和して足り、太道ひらく永遠(とわ)、富士は晴れたり、太神は光り出づ、神国のはじめ。九月二十四日、一二 ふみ。
 四七十九二一十十三七三十九二四八十八八二一十九三六五一 三一九九一二三三四五五六七七八九九〇一三十卍十九〇ゝ十三九十八二二八十八十一十九三 九二四 一二 二三
平易意訳

 世が成り、神国の太陽(ミロク)が足り満ちて、皆みち足ります。
 神国の太陽神の使いが世を開き秘密を開き足り、弥栄に光を説きひらき、総ては満ち、光の道が結び出づ。太陽(ミロク)達の道は極みに極みます。一二三(ひふみ)、三四五(みよいづ)、五六七(みろく)、七八九と仕組みが展開し、九で〇になり一(光)の道となります。
 太陽(ミロク)が地球に降臨(九○一)し、サイトで都市攻撃(十)とノアの大洪水(卍)を説きます。
 表の現象(○)に太陽達の仕組(ゝ)が富み、ことごと和し 太道が開きます。
 永遠(とわ)に 太陽達の仕組である富士(二二)は晴れたり。
 太神の神世が光り出づる経緯を人である太陽が説きます。神国のはじめの内容です。
 九月二十四日、一二 ふみ。


解説と補足説明

  • yuru63:201812/29
     神国世界の出現に至る仕組の概要が記されているようです。


年月日

昭和十九年九月二十四日
 旧八月八日(1944年)

>>戻る