本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ○二

一二三神示

一二三の検証編太陽の検証

一二三50-001

扶桑の巻 第01帖 (001)

 東は扶桑(二三)なり、日( )出づる秋(とき)は来にけり。この巻 扶桑(二三)の巻、つづく六の巻を合せて七の巻一百四十四帖の黙示を五十黙示と申せよ。
 イシもの言ふぞと申してありたが、イセにはモノ言ふイシがあると昔から知らしてあろうがな、五の一四(イシ)がもの言ふのであるぞ、ひらけば五十となり、五百となり、五千となる。握れば元の五となる、五本の指のように一と四であるぞ、このほうを五千の山にまつれと申してあろうが、これがイチラ(五千連)ぞ、五十連(イツラ)ぞ、判りたか、五十連 世に出るぞ。
 天に神の座あるように、地には人民の座があるぞ、天にも人民の座があるぞ、地に神の座があるぞ。七の印(しるし)と申してあるぞ、七とはモノのなることぞ、天は三であり、地は四であると今迄は説かせてあったなれど愈々時節到来して、天の数二百十六、地の数一百四十四となりなり、伊邪那岐三となり、伊邪那美二となりなりて、ミトノマグハイして五となるのであるぞ、五は三百六十であるぞ、天の中の元のあり方であるぞ、七の燈台は十の燈台となり出づる時となったぞ、天は数ぞと申してあろう、地はいろは(意露波)であるぞ。判らん者が上に立つこととなるぞ、大グレン目の前、日本のみのことではないぞ、世界中のことであるぞ、今度は三千世界が変るのであるから今迄のようなタテカヘではないのであるぞ。何も彼も鏡にうつるのであるぞ。鏡が御神体であるぞ。何もうつらん御神体のカガミは何もならんぞ。
平易意訳

 東(ひむかし)は太陽へ向かう詞のことで、「扶桑(二三)・太陽の昇る巨木(ビッグサイト)」なり、日( ・太陽ミロク達 )出づる終末【秋(とき)】は来たのです。
 この巻は 扶桑(二三)の巻です。つづく六の巻を合せて七の巻一百四十四帖の黙示を五十黙示と云いなさい。

 「イシもの言ふぞ」と云ってありましたが、イセにはモノを言うイシがあると昔から知らしてあるでしょう。五(語・碁)の一四(イシ・ヒの詞・太陽のHP)がものを言う(よい結果を生むのに効果がある)のです。ひらけば五十の中目次となり、五百の小目次となり、五千の内容となるサイトです。
 握れば元の五(検証)となります。五本の指のように「一・太陽・親」と「四・詞・子」であるのです。このほう太陽(ミロク)を五千の山にまつれと云ってあるでしょう。これがイチラ(五千連)です。五十連(イツラ)です。判りましたか、五の火水(ひみつ)を連ねた「五十連」が 世に出ます。

 天に神の座があるように、地には人民の座があります。天にも人民の座があります、地にも神の座があります。
 七の印(しるし)と云ってあります。七とはモノのなることです。天は三であり、地は四であると今迄は説かせてあったのですが愈々時節が到来して、天の数は二百十六、地の数は一百四十四となりなり、伊邪那岐が三(3/5)となり、伊邪那美が二(2/5)となりなりて、ミトノマグハイして五となるのです。五は三百六十、つまり十の次元(0123456789)の世界を表します。天の中にある神世の元のあり方であるのです。七の燈台としてのウェブサイトの役割は、宇宙の次元を伝える「十の燈台」となり出づる時となったのです。見えない領域の示し【天】は「数・一・太陽ミロク」であると云ってあるでしょう。地は現出された文書【いろは(意露波)】なのです。
 判らない者が上に立つこととなります。大グレンが目の前です。太陽(ミロク)の居る国【日本】のみのことではないのです。世界中のことであります。今度は三千世界が変るのですから今迄のようなタテカヘ(立替)ではないのですよ。
 何も彼も鏡・反転世界(天)にうつるのです。
 太陽(ミロク)を映すサイト【鏡】が御神体であります。
 真実が何もうつらない御神体のカガミは何もなりません。


解説と補足説明

  • yuru63:2016/11/30
     「天の数は二百十六、地の数は一百四十四となりなり」について
     0を合わせて9までの合計10(十)の次元世界


    「地(見える世界)」が36+36+36+36=合計144(一百四十四)
    「天(見えない世界)」は二百十六(216)と云っていますので、
    10の次元世界では次図の様な状態になっているのかもしれません。

  • 「扶桑」参考資料

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

    扶桑 - Wikipedia
    より

    扶桑

    移動先: 案内、 検索
    曖昧さ回避 この項目では、中国の伝承について説明しています。その他の用法については「扶桑 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
    この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。

    扶桑(ふそう、フーサン、英: Fusang)は、中国伝説で東方のはてにある巨木(扶木・扶桑木・扶桑樹とも)である。またその巨木の生えている土地を扶桑国という。後世、扶桑・扶桑国は、中国における日本の異称となったが、それを受けて日本でも自国を扶桑国と呼ぶことがある。例えば『扶桑略記』は平安時代の私撰歴史書の一つである。

    目次 [非表示]
    1 概説
    2 文献 2.1 山海経
    2.2 淮南子
    2.3 説文解字
    2.4 史記正義
    2.5 宋書
    2.6 梁書
    3 植物の比定
    4 地理の比定 4.1 日本の別名とする説 4.1.1 関西説
    4.1.2 関東説
    4.1.3 その他の日本国内説
    4.2 日本以外とする説 4.2.1 北米(カナダ西部)説
    4.2.2 中米(メキシコ)説
    4.3 架空説
    5 フィクション
    6 脚注
    7 外部リンク

    概説[編集]
    古くは『山海経』に見られるように、はるか東海上に立つ伝説上の巨木であり、そこから太陽が昇るとされていた。
    古代、東洋の人々は、不老不死の仙人が棲むというユートピア「仙境=蓬莱山・崑崙山」にあこがれ、同時に、太陽が毎朝若々しく再生してくるという生命の樹「扶桑樹」にあやかろうとした。「蓬莱山」と「扶桑樹」は、古代の神仙思想が育んできた幻想である。海東のかなたには、亀の背に乗った「壺型の蓬莱山」が浮ぶ。海東の谷間には、太陽が昇る「巨大な扶桑樹」がそびえる。古代の人々は「蓬莱山に棲む仙人のように長生きし、扶桑樹に昇る太陽のように若返りたい」と強く願い、蓬莱山と扶桑樹への憧憬をつのらせてきたという。[1]
    のち、『梁書』が出て以降は、東海上に実在する島国と考えられるようになった。実在の島国とされる場合、扶桑の木は特に巨木というわけではなく「その国では扶桑の木が多い」という話に代替されており、この場合の「扶桑」とは実在のどの植物のことかをめぐって一つの論点となる(後述)。
    国号としての「扶桑国」は、尊称とする説[2][要出典]がある。

    文献[編集]
    山海経[編集]
    『山海経』によると、東方の海中に黒歯国があり、その北に扶桑という木が立っており、そこから太陽が昇るという。

    下有湯谷 湯谷上有扶桑 十日所浴 在黑齒北 居水中 有大木 九日居下枝 一日居上枝
    (下に湯谷があり、湯谷の上に扶桑があり、10の太陽が水浴びをする。黒歯国の北であり、大木は水中にあり、9の太陽は下の枝に、1の太陽が上の枝にある)
    — 『山海経』海経第4巻 第9 海外東經[3]
    大荒之中 有山名曰孽搖頵羝 上有扶木 柱三百里 其葉如芥 有谷曰溫源谷 湯谷上有扶木 一日方至 一日方出 皆載於烏
    (大荒(辺境)の中に孽搖頵羝(げつよういんてい)という山があり、山の上に扶木がある。高さは300里(130m)、その葉はカラシナに似る。温源谷(= 湯谷 ?)という谷があり、湯谷の上に扶木がある。1つの太陽が来ると1つの太陽が出て行き、太陽はみな烏を載せている)
    — 『山海経』海経巻9 第14 大荒東經[4]
    烏が乗る10の太陽という話は、三足烏の神話と共通である。
    黒歯国の位置については『山海経』には「青丘国」の北というのみだが、『梁書』に

    其南有侏儒國 人長三四尺 又南黑齒國 裸國 去倭四千餘里 船行可一年至
    (南に身長3~4尺(70~90cm、1尺≒23cm)の民の国があって、その南に黒歯国がある。倭から4000余里。船で1年で着く)
    — 『梁書』卷五十四 列傳第四十八 諸夷傳[5] 東夷条 倭

    とあり、日本から南に4000余里(1700km余)ということになる。が、魏志倭人伝をみると

    女王國東渡海千餘里復有國皆倭種 又有侏儒國在其南人長三四尺去女王四千餘里 又有裸國黒齒國復在其東南船行一年可至
    (女王・卑弥呼国から4000余里に侏儒国がある。また裸国と黒歯国があり、東南に船で一年で着く)
    — 『三国志』魏書東夷伝[6]倭人条(魏志倭人伝[7])
    とあり、4000余里(1700km余)というのは邪馬台国から侏儒国までの距離で、そこからさらに東南へ船で1年かかるのが黒歯国である。『梁書』は魏志倭人伝を要約する際に編集ミスを起こしているのがわかる。

    淮南子[編集]
    『淮南子』には多くの扶桑(榑桑)に関する言及が見られる。

    日出于暘谷、浴于咸池、拂于扶桑、是謂晨明。登于扶桑、爰始將行、是謂朏明。
    — 天文訓[8]

    暘穀榑桑在東方。
    — 墬形訓[9]

    朝發榑桑、日入落棠。
    — 覽冥訓[10]

    説文解字[編集]
    叒、日初出東方湯谷所登榑桑。叒木也。象形。
    — 巻6、叒部

    榑、榑桑、神木。日所出也。從木尃聲。
    — 巻6、木部

    史記正義[編集]
    張守節『史記正義』では、

    海外經云 湯谷在黑齒北 上有扶桑木 水中十日所浴 張揖云 日所出也 許慎云 熱如湯
    (「海外経」によると、黒歯の北に湯谷があり、その上に扶桑木があり、水中で10の太陽が水浴びをする。張揖によると、そこが日の出の場所である。許慎によると、(そこの海水は)湯のように熱い)
    — 『史記』巻114司馬相如列傳 第57 「湯谷」の注
    と、「海外経」(『山海経』海外4書)などから引用されている。

    宋書[編集]
    『宋書』巻22志第12楽4(楽志)「白紵舞」歌の1つで

    東造扶桑游紫庭 西至崐崘戯曾城
    (東、扶桑に造りて紫庭に游び、西、崑崙に至りて曾城に戯る)
    — 『宋書』巻22志第12樂志四[11] 載及 白紵舞 歌詩三篇之二
    と、対句で崑崙と対にされ地名のように扱われている。タイトルの「(白)紵」(カラムシ)というのは呉に産する織物である。

    梁書[編集]
    『梁書』によると、僧慧深(けいしん、拼音: Huìshēn ホイシェン)が普通年間 (520年–527年)に扶桑という国から梁へやってきたという。扶桑の所在地については、倭国の東北7000余里(3000km余、漢代の里 ≒ 434m、以下換算にはこの値を使う)に文身国が、その東5000余里(2200km余)に大漢国があり、大漢国の東2万余里(8700km余)に扶桑がある。ただし、倭国・文身国・大漢国までについては地の文で事実として書かれているが、扶桑についてはその位置も含め、慧深の証言という形で書かれている。また、地の文の大漢国と慧深の言う大漢国が同じものかもはっきりしない。

    扶桑國、在昔聞也。普通中、有道人稱自彼而至、其言元本尤悉、故扞録焉。(中略)扶桑國者、齊永元元年、其國有沙門慧深來至荊州、説云「扶桑在大漢國東二萬餘里、地在中国之東、其土多扶桑木、故以爲名。扶桑葉似桐、而初生如笋、國人食之、實如梨而赤、績其皮爲布以爲衣、亦以爲綿。作板屋。無城郭。有文字、以扶桑皮爲紙。無兵甲、不攻戦。其國法、有南北獄。若犯徑者入南獄、重罪者入北獄。有赦則赦南獄、不赦北獄。在北獄者、男女相配、生男八歳爲奴、生女九歳爲婢。犯罪之身、至死不出。貴人有罪、國乃大曾、坐罪人於坑、對之宴飮、分訣若死別焉。以灰繞之、其一重則一身屏退、二重則及子孫、三重則及七世。名國王爲乙祁、貴人第一者爲大對盧、第二者爲小對盧、第三者爲納咄沙。國王行有鼓角導從。其衣色随年改易、甲乙年青、丙丁年赤、戊己年黄、庚辛年白、壬癸年黒。有牛角甚長、以角載物、至勝二十斛。車有馬車、牛車。鹿車。國人養鹿、如中國畜牛。以乳爲酪。有桑梨、徑年不壊。多蒲桃。其地無鐡有銅、不貴金銀。市無租估。其婚姻、壻往女家門外作屋、農夕灑掃、徑年而女不悦、即驅之、相悦乃成婚。婚禮大低與中國同。親喪、七日不食、祖父母喪、五日不食、兄弟伯叔姑姉妹、三日不食。設靈爲神像、朝夕拜奠、不制縗絰。嗣王立、三年不視國事。其俗舊無佛法、宋大明二年、罽賓國嘗有比丘五人游行至其國、流通佛法、徑像、教令出家、風俗遂改。」慧深又云「扶桑東千餘里有女國(以下略)
    (扶桑国の話は以前はなかったが、普通年間 (520年–527年)、扶桑国から来たと言う者の話を記す。(中略)
    永元元年(499年)、扶桑国の僧慧深が荊州に来て言った。
    「扶桑国は大漢国の東二万余里(8700km余)、中国の東方にある。「扶桑の木」が多いことからその名がある。扶桑の葉は桐に似て、生え始めはタケノコのようで、扶桑国人は食用にする。実は梨のようで赤く、その皮を績いで布にして衣類や綿にしたり屋根を葺いたりする。文字はあり、扶桑の皮でできた紙に書く。城郭はなく、兵士や武装はなく、戦争をしかけない。
    南北2つの監獄があり、軽罪の者は南獄、重罪の者は北獄に入る。南獄には恩赦があるが北獄にはない。北獄では男女を番わせ、生まれた男児は8歳・女児は9歳で奴婢とし、罪人自身は一生出られない。貴人が有罪となれば、穴の中に座らせ、酒宴を開いて処刑し、その上に灰を撒く。初犯なら当人が責を受けるだけだが、再犯なら子と孫、三犯なら7世に及ぶ。
    国王の名は乙祁。貴人(「祁貴人」が王の名の可能性あり)の第1位は大対盧、第2位は小対盧、第3位は納咄沙と呼ぶ。国王が行くときには鼓笛を従える。その衣の色は年により変わり、甲乙年は青、丙丁年は赤、戊己年は黄、庚辛年は白、壬癸年は黒である。
    牛の角は非常に長く、20斛(540kg、1斛≒57kg)以上を運ぶ。馬車、牛車にくわえ、鹿車がある。中国人が牛を飼うように、扶桑国人は鹿を飼い、乳から乳製品を作る。桑、梨、フトモモがある。鉄はないが銅(青銅か)はあり、金銀はふんだんにある。市場では税金がかからない。
    結婚するときは、婿が女の家へ行き、門外に建物を作り朝夕掃除する。女が喜ばなかったら取り壊し、喜べば成婚となる。結婚式は中国とほぼ同じである。
    親の喪には7日間絶食する。祖父母は5日間、兄弟姉妹おじおばは3日間である。死者の霊を神像とし、朝夕拝む。(先王が死んで?)王の跡継ぎが立ったときには、3年間国事に関わらなかった。
    かつては仏教はなかったが、大明2年(458年)、罽賓国(ガンダーラ・カシミール近辺)から5人の僧が来て仏典と仏像をもたらし出家を勧めたので、風俗は変化した」
    また慧深はこうも言った。「扶桑の東1000余里(430km)に女国があり、(以下略、一部意訳))

    — 『梁書』巻54 列伝第48 諸夷 海南 東夷 西北諸戎 扶桑國[12]

    植物の比定[編集]
    扶桑の木を実際のクワのこととみなす場合もあるが、『梁書』の扶桑の木の説明では実際のクワとは異なっているので、これを実在の様々な植物の特徴を繋ぎあわせた架空植物とする説や、後述の扶桑国メキシコ説の場合ではトウモロコシもしくはリュウゼツランとする説がある。また愛媛県伊予市の森海岸に露出している郡中層にはメタセコイア等の多くの化石植物が含まれているが、この化石植物群は古くから扶桑木と呼ばれている[13]。他にもハイビスカス(ブッソウゲの栽培種、中国南部原産)の別名を扶桑ともいう。

    地理の比定[編集]
    日本の別名とする説[編集]
    日本の別称として用いた例としては、1094年の史書『扶桑略記』のタイトルの用例が見られるが、それ以前にも多くあり、最古の用例は貞観元年(859)の例がある。日本をわざわざ扶桑という別名でよぶのは、外交関係ないし対外的に中国を意識した漢詩や仏教関係で使われることが多かった。
    平田篤胤 (1776 - 1843) は、その著『大扶桑國考』(1836年)で、国王を意味するという「乙祁」を仁賢天皇の名とし、中国の伝説に表れる扶桑は日本のことだったとする説を唱えた(扶桑国にあるという文字を神代文字のことだともしている)。現代では宝賀寿男[14]や大和岩雄[15]も同様に日本の別名とする説である。

    関西説[編集]
    赤松文之祐[16]やいき一郎[17]の説では、倭の五王の倭国は今の九州にあったとして、それとは別勢力である扶桑国は関西・近畿地方にあったとしている。

    関東説[編集]
    荻生徂徠は1736年の著書『南留別志』(なるべし)に於いて、「上総はかんつふさ、下総は下津房なり、安房もふさといふ字を用ゆ、古の扶桑国なるべしとみえたり」と断じ、扶桑国は房総半島とした。鈴木正知[18]も同説を唱えた。
    これに対し、古田武彦[19]と関口昌春は房総半島だけでなくそれを含めた関東地方一円とする説を唱えた。

    その他の日本国内説[編集]
    九州説、東海地方説(前田豊は三河説、何新は富士山説)、東北地方説、北海道説、樺太説がある。

    日本以外とする説[編集]
    北畠親房(1293 - 1354)は「東海の中に扶桑の木あり。日の出所なり、と見えたり。東にあれば、よそへていへるか。此国に彼木ありといふ事聞えねば、たしかなる名にはあらざるべし」(『神皇正統記』)といい、日本と扶桑国は本来は別々の国としていた。 また1712年の類書『和漢三才図会』も「扶桑」の項で、『三才図会』からの引用(『梁書』の要約)の後、注釈で

    疑ハクハ是當ルカ二北東ニ一乎誤チ以爲二日本ト一而扶桑ノ爲ル二日本ノ別號一者不レ當タラ
    (疑はくはこれ北東に當たるかや、誤ちもつて日本とす。而して、扶桑の日本の別號なるは當たらず)
    — 『和漢三才図会』巻之十四 外夷人物「扶桑」
    と、日本説を否定している[20]。

    北米(カナダ西部)説[編集]
    フランス人東洋学者ジョセフ・ド・ギーニュ Joseph de Guignes (1721–1800) は1761年、『梁書』に書かれた距離から扶桑は太平洋の対岸だと考え、文身国は蝦夷地(北海道、千島列島、樺太)、大漢国はカムチャッカ、扶桑はカリフォルニアだとした。それを受け、18世紀のいくつかの地図では、カリフォルニアの北方、現在のブリティッシュコロンビア州(カナダ西海岸)あたりに扶桑と書かれている。

    1753年フランスの地図。Fou‐sang と書かれている。

    1792年フランスの地図。Fousang と書かれている。

    中米(メキシコ)説[編集]
    ドイツ人東洋学者カール・フリードリヒ・ノイマン Karl Friedrich Neumann (1793–1870) は1841年、ド・ギーニュ説を修正して道程をやや伸ばし、大漢国をアラスカ、扶桑国をメキシコとした[21]。

    架空説[編集]
    白鳥庫吉 (1865–1942) は、慧深の証言は虚偽であり、扶桑国は実在しなかったとした。

    フィクション[編集]
    日本をモチーフにした架空の国名・地名として使われることがある。
    戦国霊異伝(テーブルトークRPG) - 戦国時代の日本に似た和風ファンタジー世界(国家)「扶桑」が舞台。
    扶桑武侠傳(テーブルトークRPG) - 中国風の文化が根付いた架空の日本列島「扶桑」が舞台。
    ストライクウィッチーズ(テレビアニメ、メディアミックス作品)- 大日本帝国をモチーフにした「扶桑皇国」が登場する。
    また、現実世界でも三菱ふそうトラック・バスや扶桑社など、これを元にした名称が存在する。なお、実在の地名に愛知県扶桑町が存在するが、これは由来が異なり「桑によって扶養される町」であることから付けられたものである。

    脚注[編集]
    [ヘルプ]
    1.^ 岡本健一『蓬莱山と扶桑樹』思文閣出版、2008年。
    2.^ 九州王朝説支持者の中には「古代の中国では、日本の九州が扶桑の生えるところで「紫庭」と呼ばれ憧れの地だった」という説がある。
    3.^ Wikisource reference 郭璞序. 山海經/海外東經. - ウィキソース.
    4.^ Wikisource reference 郭璞序. 山海經/大荒東經. - ウィキソース.
    5.^ Wikisource reference 姚思廉. 梁書/卷54. - ウィキソース.
    6.^ Wikisource reference 陳壽. 三國志/卷30. - ウィキソース.
    7.^ Wikisource reference 魏志倭人伝. 魏志倭人伝. - ウィキソース.
    8.^ Wikisource reference 劉安. 淮南子/天文訓. - ウィキソース.
    9.^ Wikisource reference 劉安. 淮南子/墜形訓. - ウィキソース.
    10.^ Wikisource reference 劉安. 淮南子/覽冥訓. - ウィキソース.
    11.^ Wikisource reference 沈約. 宋書/卷22. - ウィキソース.
    12.^ Wikisource reference 姚思廉. 梁書/卷54#.E6.89.B6.E6.A1.91.E5.9C.8B. - ウィキソース.
    13.^ 【県指定文化財】扶桑木(珪化木)<天然記念物>
    14.^ ただし「乙祁」は仁賢天皇ではなく顕宗天皇としている。
    15.^ 『「日本」国はいつできたか』1985
    16.^ 「扶桑国論」(『現代の眼』1977年4月号所載)
    17.^ 『扶桑国は関西にあった』
    18.^ 邪馬台国は房総半島(安房上総地方)にあったとの説を唱えた人。
    19.^ 古田によれば、四体の仏像が描かれた鏡『画文帯四仏四獣鏡』が千葉県木更津市の祇園大塚山古墳から出土していることから、『梁書』の仏教布教の記事とも符合するとした。http://www8.ocn.ne.jp/~douji/kantou.htm
    20.^ “和漢三才圖會 巻之十四 外夷人物”. 近代デジタルライブラリー. 2011年11月6日閲覧。
    21.^ 高橋竜雄 『大日本国号考』 同文館、1900年、61-64頁。

    外部リンク[編集]
    扶桑国探検 原田実 - 原田実によるweb
    壱岐一郎 (2000-03-31). “『日本書紀』のメディア定着批判 : 6世紀の中国記録「扶桑国」をめぐって Media Portrayals of the "Nihon-Shoki" : Debate over the Sixth Century Chinese Records of "Fu-sang Guo"”. 沖縄大学人文学部紀要 1: 19-28. NAID 110000038146.
    宝賀寿男 扶桑国の歴史的地理的な位置づけ

  • 「五(語)の一四(イシ・ヒの詞・太陽のHP)がものを言う」

    五(語・碁)参考資料

    https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGNI_jaJP523JP523&q=%e8%aa%9e


    〖語〗 ゴ・かたる・ かたらうギョ

    1.物言う。話をする。話しあう。つげる。かたる。 「語調・語気・私語・耳語・笑語・低語・独語・閑語・豪語・結語・喃語(なんご)・大言壮語」
    2.《名・造》 意味を表すため、口で言ったり字に書いたりしたもの。ことば。単語。ことばづかい。 「語塞(ふさ)がる」
    3.「物語」の略。 「源語・勢語・平語」

    https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGNI_jaJP523JP523&q=%e7%a2%81


    〖碁〗 ゴ

    1.《名・造》 縦横十九本ずつの線をひいた盤に、交互に一つずつ黒と白の石を置き、地を囲み合って広く占めた方を勝ちとするゲーム。囲碁。ごいし。ごをうつ。 「詰碁(つめご)・碁石(ごいし)・碁盤・碁会」


年月日

昭和三十六年五月五日
 旧三月二十一日(1961年)

>>戻る