本文へスキップ

フミのミクラマ二『一二三解読・太陽の検証・文(ふみ)の御蔵』

フミのミクラマ二

一二三神示

一二三の検証編太陽の検証

一二三175

日月の巻 第02帖 (175)

 三千年、三千世界乱れたる、罪やけがれを身において、此の世の裏に隠(か)れしまま、此の世構ひし大神の、みこと畏み此の度の、岩戸開きの御用する、身魂は何れも生きかはり、死にかはりして練りに練り、鍛へに鍛へし神()国の、まことの身魂 天駈けり、地(くに)駈けります元の種、昔の元のおん種ぞ、今 落ちぶれてゐるとても、軈(やが)ては神の御民とし、天地(あめつち)駈けり神()国の、救ひの神と現はれる、時近づきぬ御民等よ。今一苦労二苦労、とことん苦しき事あれど、堪へ忍びてぞ次の世の、まこと神()代の礎と、磨きて呉れよ神()身魂、いやさかつぎに栄えなむ。みたまさちはへましまさむ。旧九月二日、ひつ九のか三。
平易意訳

 太陽(ミロク)は三千年の間、三千世界乱れたる、罪やけがれを身に負いて、此の世の裏に隠(か)れしまま、此の世を構われています。御光事を畏み敬いながら、此の度の、岩戸開きの御用する身魂は、何れも生きかわり、死にかわりして練りに練り、鍛えに鍛えております。この神国の、まことの身魂は 天駈けり、地駈けります元の種、昔の元のおん種です。今 落ちぶれているとしても、軈(やが)ては太陽(ミロク達)の御民として、天地(あめつち)駈けり神国の、救いの神と現われる時が近づきましたよ御民等さん。
 今一苦労二苦労、とことん苦しい事ありますが、堪へ忍びてこそ次の世の、まことの代の礎となります。磨いてください神身魂を、いやさかに、つぎに栄えていくのです、
みたまが幸はえたまい、増しますよう祈ります。
 太陽(ミロク)の仕組みが出て来るつぎの日。旧九月二日、ひつ九のか三。


解説と補足説明

  • ゆるむぞー(yuru63):2024/06/15。
     ひふみを読んでいると、無限の力の様なものが湧いてくる様です。勇気というか喜びというか何かしら感じるものがあると思います。皆様は如何でしょうか。
     賑やかに詠うことも必要なのですね。久し振りの更新となりました、ありがとうございます。


年月日

昭和十九年十月十八日
 旧九月二日(1944年)

>>戻る