本文へスキップ

フミのミクラマ二『一二三解読・太陽の検証・文(ふみ)の御蔵』

フミのミクラマ二

一二三神示

一二三の検証編太陽の検証

一二三481

青葉の巻 第12帖 (481)

 御神示通りにすれば、神()の云ふ事聞けば、神()が守るから人民の目からは危ない様に見へるなれど、やがては結構になるのざぞ、疑ふから途中からガラリと変るのざぞ。折角 縁ありて来た人民ぢゃ、神()はおかげやりたくてうづうづざぞ、手を出せばすぐとれるのに何故手を出さんのぢゃ、大き器持ちて来んのぢゃ。神示聞きて居ると身魂太るぞ、身魂磨けるぞ。下に居て働けよ、下で土台となれよ。此処は始めて来た人には見当とれん様になってゐるのぢゃ、人の悪口 此の方 聞きとうないぞ、まして神()の悪口。八月四日、ひつ九の

 御神示通りにすれば、太陽達救援組織の云う事を聞けば、マコトの神達が守りますから人民の目からは危ない様に見えるのですが、やがては結構になるのです。疑うから途中からガラリと変るのです。
 折角 縁があって来た人民です。神ミロク達はおかげをやりたくてうづうづです。手を出せばすぐとれるのに何故手を出さないのですか。なぜ大きな器(うつわ)を持って来ないのですか。
 神示を聞いていると身魂が太ります。身魂を磨けます。
 下に居て働きなさい。下で土台となりなさいよ。
 ここは始めて来た人には見当とれない様になっているのです。人の悪口 (此の方)マコトの神は 聞きたくないのです。まして太陽(ミロク)の悪口。
 八月四日、ひつ九の


解説と補足説明

  • ゆるむぞー(yuru63):2024/06/15。
     人は皆、神の分け身魂としてそれぞれの姿・特徴があり善でもなく悪でもなく神の御働きということなので、他人の悪口は言えないのでしょう。善悪ないということを最近徹底的に知らされたので、おふでの云う様に「悪を抱き参らせる」という方針にて光の道を進みましょうと思っている今日この頃です。


年月日

昭和二十二年八月四日
 旧閏六月十八日(1947年)

>>戻る