本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

神の数学大目次

大目次

“超々科学”と云われる『神の数学』に関連する記事を掲載しています。




「神の数学」で解明されることというのは、現代知からはほど遠いものなのかもしれない。
しかし、現に「数」として現れている以上、認めないわけにはいかないのです。
「数」の配列を極めるとそこに何が現れるのか、又何を示しているのか、
また「ひふみ」が伝える「数」にはどのような秘密があるのか、
『神の数学サイト』に続かんと始めたこの項目にて、
関連記事を謹んで掲載させていただいています。
生きている限り手習いの身であるならば、
省みるということを怠るべからず、
解ったつもりになっていることが、
「本当は解っていなかった」
ということに気付くのです。
頭を下げて低くなってみると、
高いところから流れてくるのです。
神のめぐみは淡々と水の様に流れてくるのです。
生れ赤子の心ならマコトはいくらでも入るものなのです。

極めの巻 第14帖 (092)より

 マコトを衣として下されよ、マコトを衣にするには心がマコトとなりなりて、
マコトの肉体とならねばならん、マコトとは数(かず)ぢゃ、言(こと)ぢゃ、
色ぢゃ、その配列、順序、法則ぞ。