○二
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

太陽(ミロク)原理サブコンテンツ

太陽の説明

一般質問(男性編)

ホ−ムペ−ジ追加作成の為に私のサイトの内容の質問は 今まで辞退していましたが,追加の山場も越えましたので,お受けしても回答出来る余裕も増えてきました。
そこで,質問などがあればお受けします。
なおその間,今まで頂いた質問には出来るだけ回答していました。
ここに,無記名にて記載していますので重複する質問内容は 避ける様にお願いします。
なお,この項目は 男性又は男性と思われる方達の質問と感想です。

読者のメール

はじめまして、氷治様。私くしは、大阪市**********に在住の****と申します。43才、男性 自動車整備士のサラリーマンを今生はやっております。氷治さんのホームページに出会いましたのは2〜3ヶ月程前になりますが、度々、訪問して徐々に読んでおりました。最初に読んだ時のカルチャーショックが大きかったものですから徐々に読み進めて受け入れていきました。でも、これだけの貴重な情報を公開して下さったことに感謝いたします。そして、メール仲間にも知らせましたところ、彼も人間の価値観が根底から覆され、戦慄の内容ですと感想を述べておりました。私や家族は、都会のど真ん中に住んでいますので先ず避難場所を何処が良いのか思案していますが、**県の**村、**村、**********市あたりを考えています。如何でしょうか?地球の宗教がサタンによって作られたものというのは理解できました。友人が私に岡本天明氏のひふみ神示を読みなさいなんて勧めるのですが、これは、本当に神からのメッセージなのでしょうか?今、様々な宇宙存在からのチャネリングメッセージを受け取っている人が増えているようですが信頼できるものでしょうか?なにしろ今まで信じていた歴史や仏陀釈迦が開いた仏教までもがサタンのシナリオだったのですから、プレアデス星人や何々星人からのチャネリングの情報ですといっても客観的に冷静な目で見ていきたいと思います。アネモネという雑誌に沖縄に住む新垣留美さんがミカエルからの手紙〜夢からのメッセージ〜を投稿していました。抜粋しますと、<もうすぐ地球に母船がやって来ます。 キーワードは月。皆さん、月に注意して。私たちはあなた方が気づくように、何度か、メッセージを送りました。メッセージの方法はありとあらゆる手段で。気象を使って、動物、植物、自然、友人世界中の本を使って。はじめに着陸するのは沖縄です。第一波は現在のところ24000名です。以下はメッセージを受けた方への内容ですので省略させて頂きました。この雑誌の情報も氷治さんのHPの一部をプリントアウトして、知人に渡していましたらミカエルからのメッセージが載っているのでFAXして下さいました。それでは、ご健勝をお祈りして、失礼いたします。



返事

私のサイトへ訪問いただき感想有り難うございます。

「私や家族は、都会のど真ん中に住んでいますので先ず避難場所を何処が良いのか思案していますが、ーーーー います。如何でしょうか?」の件
  **さんの場合、2段階で考えると良いと思います。第一段階、UFOが現れたとニュースが流れたら、検討された村へ避難をして下さい。第二段階、UFOが避難場所に接近してきたら、予め検討した山の中等に隠れて下さい。村たりとは云え、攻撃されることを覚悟している必要があります。方法等については一般質問に回答していますので参考にして下さい。

「ーーーー岡本天明氏のひふみ神示を読みなさいなんて勧めるのですが、これは、本当に神からのメッセージなのでしょうか?」の件
私は何故に、神と云う概念や言葉を安易に使用するのか分かりません!私自身、何か分からない者から連絡の様なものを受けていると感じていますが、その存在の正体は神なのかどうか分かりません。(宗教関係者に説明したら、それは「御筆書き」や「自動書記」だと云われましたが、私自身は分けの分からない世界に引きずり込まれたと思っています。ただ、質問されると、ある程度の回答が出来るだけです。)ただ、「諸世紀」に依れば、「神の霊」と呼んでいるので「神」の呼称を用いているだけなのです。皆さんが安易に神の言葉を使用するので、誤解の無いように大天使の進化階梯の存在と定義しています。逆に言えば、「神」が憑依したとか、神からのメッセージと云われると眉に唾を付けたくなります。それが、どうして神と分かるのだろう?その証明や検証方法は?神とは人間などには憑依出来ません、そんなにチンケな存在では無いのです。簡単に降臨したらその人間は壊れてしまいます。「堕落天使サタン」が自称する神であれば分かりますが!

「今、様々な宇宙存在からのチャネリングメッセージを受け取っている人が増えているようですが信頼できるものでしょうか?」の件
その多くが、その方しか分からないのが問題です。他の人には確認しようが有りません。ですから、私はサイトで出来るだけ科学的に公開して、それを皆さんと検証しょうと試みています。もし、その方が皆さんと一緒に検証しょうとしていれば、ある程度、信用出来ますが、でなければそれは単なるお話として聞いて置いた方が良いと考えています。世紀末が近ずき、天空で進化した存在がワイワイやっているのですから、なにやら雑音も聞こえる方も出てくると思います。感の良い方はそれを傍受して???、ただし、これが神とは考えられません。

「ミカエルからの手紙〜夢からの」の件
この中でミカエルの名前が出てくるのが問題です。その方がキリスト教を信じていればミカエルに見えるかも知れませんが、無宗教の私にとっては「ミカエルの様な存在から」と云っていただけれはわかりますが

回答になったでしょうか?何かありましたらメール下さい。今後とも、宜しく!

読者のメール

件名 : いい加減しろこのばかたれ!
送信日時 : 1998年11月26日 23:35

いい加減な推理で、人々を、惑わすようなことを、ページで、流す・・此こそが、人類に対する一番の、冒涜では、ないのか??お前のような奴がいるから、若い人が、やる気を失い破滅への方向に向かうのだ・・もし、予言とやらが、当たらなかった場合死んで、お詫びしろ・・・・!そこまでの覚悟があって、予言しろよ・・・!このおおばかやろーー!



返事

?さんへ
私のサイトへ訪問いただき感想と意見有り難うございます。
自己紹介も有りませんのでどの様に回答して良いか分かりませんが、メールの最低限のマナー(行儀)も心得ていない所から精神年齢が4ー5才程度と理解して説明しています。

「いい加減な推理で、人々を、惑わすようなことを、ページで、流す・・此こそが、人類に対する一番の、冒涜では、ないのか??」の件
  日本語をもう一度勉強しなおして再度読んで下さい。0.01%も理解されていない様です。

「お前のような奴がいるから、若い人が、やる気を失い破滅への方向に向かうのだ・・」の件
そんな方達は世の中が良かろうが悪かろうが、「やる気」が無いのです。そんな方達は世間のせいにする出来損ないです。下手な言い訳けですな!みつともない!

「もし、予言とやらが、当たらなかった場合死んで、お詫びしろ・・・・」の件
そんなに怖かったらサイトを読まなければ良いのです。弱虫のせいをして!親切に意見をいただいたので、私も、もし当たった場合の貴方の未来について予想します。肉体ですが、都市攻撃で死んだら野犬の餌、もし運良く生き残ったら餓鬼に殺されて餓鬼の餌、それも生き残って大洪水で死んだら魚の餌となります。そして、「霊」はサタンの餌になります。最後には貴方は宇宙から消滅します。

「そこまでの覚悟があって、予言しろよ・・・!このおおばかやろーー!」の件
再度説明します。そんなに怖かったらサイトを読まなければ良いのです。弱虫のせいをして!
馬鹿馬鹿しいので無視!

コメント
私が皆さんの質問を公開するについて無記名とさせていただいている理由は上記の様なメールが送られることを避ける為です。私自身はこの様なメールが送られてくる事は承知の上でのことですので何ともありませんが、無意味なトラブルは避けなければなりません。この様なメールはこれが最初では有りません。この様な人々が現れることは予言の変換解読から容易に予想出来る事態です。ただ、この様な方やメールが増加する事は彼らが予言の成就に参与していることを意味していますが、送っている本人はそのことすら気が付きません。哀れな思いで見るほかはありません。このメールは意図して無記名にしていません。この様な方達は堂々と自己紹介などをしないので必然的に無記名になります。今回、参考の為に掲載しました。


読者のメール

メキシコでは火山噴火が起きたのが日本の新聞でも読める事と思います。最近は既に火山活動は活発化しており、グアテマラ等中米では今後地震の発生に注意が必要です。日本国内でも北海道、東北、九州、長野で火山活動が活発化しており、地震もそろそろ来るでしょう。(私の予測では本年8月に関東地方で大地震が来る予定だったのですが、幸いにも、ちいさな地震ですんでいます。)南極での大地震は既に発生していますし、アメリカはどうなるのでしょう。やはり沈むのかしら。浅層の地殻変動に関しては、今後より活発化する事と存じますが、深層(マントル層)に関しては先生の方がよく御存じかと存じます。先生のお考えではどの程度の人類が救出され得るのでしょうか?相当数の人類が救出されるのでしょうか?それとも殆どが救われないのでしょうか?しかし、まあ、こんな事を質問しても仕方がないのではありますが。昨年までモンゴルに赴任していたのですが、モンゴルは生き残りそうです。モンゴル人の友達が、日本が消滅したらモンゴルに来れば良いと言ってくれます。しかしモンゴル人になるのは不可能ですし。モンゴルでは彗星も見ましたし、流星群も見れました。今回の獅子座の流星群は天候が悪く観測できませんでしたが。モンゴルでは人工衛星の事をスプートニクと呼びます。宇宙人に関してはどのように考えているのかは不明です。しかし、モンゴル人は狩猟民族なので、多分生き残るでしょう。(羊の肉を食べていれば生きていける人々ですから。)
ではまた
追伸
下らない事を長々とすみません。ちょっと書いてみたかったものですから。来年の9月か10月には一時帰国します。実は年末年始にも日本の土を踏むつもりではあります。



返事

「浅層の地殻変動に関しては、今後より活発化する事と存じますが、深層(マントル層)に関しては先生の方がよく御存じかと存じます。」の件
数年前に周期的に噴火や地震が発生しそうな弱い部分の活動が発生しました。そして、少し休み、周期的に直ぐに発生しそうもない部分に歪みが蓄積していて、最近、それらも活動しはじめました。深層のマントル層の歪みの蓄積を直接観測できませんが、理論的には地下400kmの境界層のズレは現在、約1-1.5kmと推定しています。この歪みのズレが約5kmを越え始めると極めて危険になると考えています。(約1.5年後です。)

「南極での大地震は既に発生していますし、アメリカはどうなるのでしょう。やはり沈むのかしら。」の件
アメリカの予言者エドガーケーシーは幾つも沈むと予言していますが、正確な時期については説明していません。私は「ノアの大洪水」の後と考えています。それ以前、少しガタツクかもしれませんが、直前でない限り酷くは成らないと思います。

「先生のお考えではどの程度の人類が救出され得るのでしょうか?相当数の人類が救出されるのでしょうか?それとも殆どが救われないのでしょうか?」の件
誰もが知りたいところです!キリスト教で云うところの軽挙は公称2億人、実数20億人と推定しています。何故、その様に違うか?

「モンゴール人の友達が、日本が消滅したらモンゴルに来れば良いと言ってくれます。しかしモンゴル人になるのは不可能ですし。」の件
モンゴルの地を避難先にするのは正解だと思います。ただ、残念ですが、モンゴール人も日本人も「ノアの大洪水」からはいなくなります。生き残るのは「地球人」のみなのです。!それ以外の人類は放棄されます。!

モンゴルの大地の地下から耳をすますと、時折、歌声のようなものが聞こえるとの噂が有りますが、古閑さんはモンゴルの方から聞いたことがありますか?存在するとすると、太古の先人が地下に避難し、そのまま地底人になった人々かもしれません。「聞こえても聞いてはならない悲しい哀悼歌の話ですが!」



読者のメール

早速の御返事誠にありがとうございます。ホンデュラスを襲ったハリケーンは地球規模の大変動の前兆現象と捉えているのですが。(地球温暖化などと悠長な事を言っている暇はないと思うのです。南極の安定と言われていたプレートも破壊が進行しているようです。)先生は地殻変動に関してはどのようにお考えでしょうか?一気に来る前にやはり前兆があるのではないでしょうか?私自身に関しては救われるリストには入っていない確信があります。死んでいく人々におつき合いする人も又必要なのでしょう。(合掌)多分其の頃は日本に戻っていると思われます。今の所は中米ホンデュラスで様子を見るつもりではあります。
敬具



返事

「地殻変動に関してはどのようにお考えでしょうか?」の件
当然、地殻変動は有ります。ただ、少しずつしか進行しませんから分かりません。鈍感な人でも分かる時期は西暦2000年の3月頃からと考えています。余程、科学者が頑張って解析しないと現象を確認したときでは手遅れです。

「一気に来る前にやはり前兆があるのではないでしょうか?」の件
  炭酸ガスに依る地球温暖化説と隕石に依る滅亡説は可能性を否定しませんが、作られた罠と考えています。炭酸ガスの消費が毎年10倍の速度で増加すればいざ知らず、増加速度は1%以下なのです。最近の様に急に変化する筈もありません。私のサイトを読んだのか分かりませんが、エルニーニョの原因を観測する為に5000mの深海からの温度変化を観測開始するそうです。今まで、300m程度の深さしか観測せずにこれが全てだと説明していた方達がですよ!手遅れとは思いますが、何もしないより増しかも知れません。疑問の通り、少しずつ既に始まっています。その蓄積の結果が現在の現象です。

「ーー私自身に関しては救われるリストには入っていない確信があります。死んでいく人々におつき合いする人も又必要なのでしょう。(合掌)」の件
  そう勝手に決めないで下さい。助けようとしている方達の立場もある事だし!その気でいれば何でも来いですが!



読者のメール

前略
先生の理論を読ませて頂きました。私もかねがねそんな事ではないかと思っていたのですが、地磁気の逆転現象と地殻変動の原因が氷解した思いです。最近は異常気象で世界中が大変ですが、今後はもっと大変になるでしょうね。私も人類のために働ければ良いと思っております。(私はきっと助からないでしょう。多分子ども達は助かるような気がします。)今は中米ホンデュラスで、日本の自衛隊を迎えながら、忙しい毎日を送っておりますが。ではまた
在ホンデュラス



返事

私のサイトへ訪問いただき感想ありがとうございます。
大洪水の救援活動、ご苦労さまです。私も未来の少し大きめの大洪水や戦争騒についてサイトで活動していますが、大変です。お互いにがんばりましょう!
ご意見、質問などありましたらメール下さい。今後とも宜しく、皆様へ宜しくお伝え下さい。

読者のメール

初めまして。****ともうします。
非常に興味のあるホームページを作っていただいて面白く読まさせていただきました。
私もノストラダムスの予言とUFOの関係にはには非常に興味を持っています。又エルニーニョが重大な役割を果たすのではないかと考えています。詳しい内容を教えてください。



返事

質問の件ですが、関係があります。西暦1982年の準会合で大エルニーニョが発生しています。ただ、この時は天王星と海王星の位置が十分でなく、「地球の極の滑り回転」にはなりませんでした。しかし、地下ではマントル境界をねじ切る様に力が働き地球の自転で発熱しました。早い話、「ノアの大洪水」は辛うじて発生せず、皆さんは命拾いをしています。人類の誰も気が付いてしませんが、このエルニーニョの同様の質問は他にも受けていますが、現在、英語版の作成で忙しく、これが終了しだい追加作成する予定です。それまで、お待ち下さい。ただ、4-1、4-2、4-3項と質問と回答のコーナに原理等の説明は有ります。この間、参考にして下さい。



読者のメール

はじめまして****ともうします。わたしは長い間UFOとノストラダムスの預言に興味をもっておりました関係で、貴方のホームページを紹介され詳細に読ませていただきました。大変感動しております。
大分前に氷治敏雄様のホームページを訪問した時には恐怖感だけが起こり、あまり好ましい印象は受けませんでしたが、今回又紹介を受け訪問したところ、科学的説明が随所に加えられており、又内容的にも量が大変増えておりました。
今回読まさせていただいた結果、内容的に真実を述べているに違いないと感じました。
ということは来年10月までに様々なことをしなければならないわけです。
一つ質問があるのですが、わたしはある霊能者とメール友達になりメールの交換をしていたのですが彼女がどうも太陽と関係あるらしいのです。(天照大神やラーの化身であるとのこと)彼女とは1年以上メールの交換をした後で、彼女が霊能者になる修行をする、という連絡を受け、その後3回ほど修行の内容などを書いたメールをもらいましたが、その後ぷっつりと音沙汰受け、その後3回ほど修行の内容などを書いたメールをもらいましたが、その後ぷっつりと音沙汰がなくなりました。
ところが今から数ヶ月前に彼女からメールが再びやってきました。そのメールをそちらに送りますので、彼女が太陽と関係あると言っていることが本当なのか判断していただけないでしょうか?その方は有名になりたくないということで名前は仮に***さんとメールの中では呼んでいます。
メールの内容は大変不思議なので不思議メールと題をつけ、数ヶ月前にメール交換が再開した最初のものをNO1としてナンバーをつけてあります。それらを別メールでNO1から順に転送します。お忙しいと思いますので、お暇な時に読んでいただければ光栄です。



返事

サイトへ訪問いただき、感想有り難うございます。

「ーーーー霊能者ーーー」の件
私の基本的立場は可能な限り科学的でなければ成らないと考えています。そうしないと、それは独りよがりでしかありません。科学的であるとはご存知の様に複数の方が同様の手続きで確認する必要が有ります。所が、「霊」に関しては上記の立場が殆どといっていいほど確保されません。これは「臨死体験」や「予言」に置いても同様です。報告の多くが、説明している本人以外の人々が認識出来ません。勿論、私はその様な世界を否定しているのでは有りません。それより、多くの人々より以上に注目し素直に一応受け取ります。そして、何か新しい科学(物理数学の体系)でないかと考えます。長い期間検討しているのですが、現在、確認し検証する有効な手段を開発していません。私のサイトには困ったことに、私個人に「地球の科学では認識できない存在」が直接語りかけている内容があります。この内容をどの様に努力しても私の頭を割って見せることも出来ません。対策として、出来るだけ自身の過去の経験に偏向されていない内容から「予想」や「予測」にして皆さんと確認しょうとしているわけです。質問の「霊能力者」の件ですが、「臨死体験」の説明と同じ様に、その方の過去の知識より以上に新しい概念の語彙が無いように受け取れます。この場合(これは私の確認や認識作業の基本ですが)(a)神や死に神が、本人の人生で所有している概念の語彙で偏向して説明している場合。(b)自己暗示で自己トランス状態に入り過去の概念の語彙で偏向して説明している場合。(c)私の認識していない現象としての構造が存在している場合。。等が考えられます。多くの「霊能力者」や「臨死体験者」は(a)であると主張されますが、他の方が同じ内容を観測出来ません。彼ら本人が特殊能力者と主張されるのなら、科学的構造と内容の説明が必要と考えていますが、少なすぎると考えます。私は彼らの能力を否定するものでは有りません。それに依って、心の安らぎを多くの方が得るのであれば、現代の科学で説明できなくても良いと考えます。行きすぎて、サリンを撒くようにならなければ。現在は様子を見ながら解析中ですので現状では断定的に回答出来ません。スミマセンーー

「月の空洞説」の件
ポイントが良く纏めて有ります。私のサイトで案内したいと思いますがいかがでしょうか?ただ、彼れの著作本には何故に空洞にしなければならないのか?、どの様にして製作したのか?等の説明がありませんので説得力が不足のような気がしています。無理な注文かもしれませんが!「お嬢ちゃん」の月の中の説明は小さい時だけに人間社会の影響を余り受けていないのである面で参考になります。私はこの様な能力の存在の有無について愚かな批評をしませんし、素直に受け取ります。その結果は将来、分かるわけですから出来たら、彼女が科学的に様子を見てくれると良かったと思いますが、下手に科学の勉強などするとこの様な能力は退化する様ですので無理な注文かも知れません。月の内部については推定した様な内容に良く似ています。一つのデータかも知れません。きっと、内部に巨大な三角錐(ピラミットの様な構造物)があるはずですが!そうすると、彼女の能力と推進機関の構造の確認が出来るのですが!

読者のメール

ぜひ。
当方MANDA-LA 真実を有するものと思う者なり。



返事

ぜひ!とありますが、どの様な用件でしょう?
用件をメールで送信して下さい。
自己紹介も宜しく!(年齢、性別、「市」程度の住所等)



読者のメール

実は、私は*****と申します。現在41歳になります。前職は証券会社にてファンドマネジャーをしておりました。が、ご存じのように?!、彼等のやり方に疑問を感じ、西洋哲学と東洋哲学の心地よい融合を図るべく、日夜努力してまいりました。そうした中、自分の第六感いいますか、いわゆる「勘」の世界ですね、これに目覚めました。その新たな投資手法に「MANDA=LA」というネーミングを施し、一時期は一世を風靡したモノです。Meditation,「集中力」によって株価も予測、予想、予言の域に至ることを実践として把握できたと自負している次第です。が、現在は保険屋をしています。培ってきた自分の能力を「愛」ある形で開花させたいのです。天職として。業務外の活動、早い話が「趣味の延長」ではありますが、このMeditationによる社会貢献ができないモノかと、これまで精神世界、UFO、日本とユダヤの関係、等を追求してまいりました。今回、幸いにもホームページに巡り会い、「ホンモノ」の響きを感じ取ることが出来ました。感動です。ただ一方、私の体験してきたUFOの世界にしても、なにやら派閥があると言うことを知り、いささか幻滅も感じ、さらにはTV番組の制作と言いますか、企画にもふれ、そのいい加減さにあきれていた最中のHPとの出逢いでもありました。株式投資にも哲学が必要なのと同様、「???????」という世界にも、少なくとも哲学は必要であると思います。私は、ホンモノの追求をライフワークにしたいと思っています。そして、ひとりでも多くの人に知らせたい。そんな気持ちから、お手紙を出しました。東京でも集まりがあったと言うこと、。もしお会いできるならば、有意義な出逢いになるのではないかと思っています。今後ともよろしくお願いします。パソコンの操作には、あまり慣れていませんが・・・。



返事

**さんの参考になり幸いです。

「ひとりでも多くの人に知らせたい。」の件
宜しく皆様へご案内下さい。

「東京でも集まりがあったと言うこと」の件
来年になりましたら早い内に企画したいと思っています。その節は案内しますので宜しくおいで下さい。

「今後ともよろしくお願いします。」の件
私の方こそ、今後、宜しくお願いします。!

読者のメール

はじめまして!
時々、このページを読ませていただいています。人間、あきらめが肝心と言いますが、なかなか難しいものです。神は、なぜ人間に恐怖心というものを与えたのでしょう。ひとつ、お教えくさい。何年かまえに木星に彗星が連続的に衝突しましたが、あの時、木星に住んでいたであろう宇宙人はどうなったのでしょう。あの衝突は、宇宙人のパワーをもってしても避けられなかったのでしょうか?もうひとつ、世紀末に日本人は何人ぐらいが空中携挙される予定ですか?最後に、氷治さんの今後のご活躍をお祈りいたします。



返事

私のサイトへ訪問いただき有り難うございます。

「人間、あきらめが肝心と言いますが、なかなか難しいものです。神は、なぜ人間に恐怖心というものを与えたのでしょう。」の件
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」の心で行きましょう。怖がっているのを見て楽しむためです。怖がらなければ楽しくないのでその内に止めます。

「何年かまえに木星に彗星が連続的に衝突しましたが、あの時、木星に住んでいたであろう宇宙人はどうなったのでしょう。」の件
あの衝突について、私は皆さんと別の見解を持っています。あれは地球人に隕石の破壊力を見せつけて足下に目を向けさせない為のヤラセの宇宙ショーです。ですから、宇宙人はなんともありません。貴男が気が付かれたか知れませんが、隕石が9個に分解して木星に落下したのですが、分解する前に、何故か、隕石が9個に分解すると言うニースが流れて、その後に分解して落下していく写真が発表されました。ばかばかしい、木星の軌道近くの一キロに満たない隕石が、どの望遠鏡でみれば事前に9個に分解すると分かるのですか?分解してしまえば分かるかも知れませんが!おかげで、隕石対策委員会の様な物が世界中にやたらと出来、テレビ番組は隕石の恐怖の説明ばかりでしょう。皆さんの目を誤魔化す彼らのいつもの手です。

「あの衝突は、宇宙人のパワーをもってしても避けられなかったのでしょうか?」の件
ですから、避ける避けないの問題では無くて、彼らが人類に見せてくれた人類末期の宇宙ショウです。私はあの件では怒っているのです。うぶな人類をからかって!

「世紀末に日本人は何人ぐらいが空中携挙される予定ですか?」の件
正確には分かりません。まず、どうしても助けて貰えないと自覚した方達は船で日本を離れます。(「ノアの箱船もどき」でです)その後、連れ去られますが、日本はカラッポになります。それより、「都市攻撃」で生き残っていないと!貴男は大丈夫だと思いますが、よろしかたら「聞いて貰えそうな方」に紹介して下さい。「変な内容を説明している奴が居ると」回答になりましたでしょうか?何かありましたらメール下さい。



読者のメール

ご返事感謝申しあげます。ありがとうございました。私は、2年ぐらい前まで無神論者でしたが、病気(痛風や耳鳴り、めまいなど)をしてから 神棚を買い、中にインドのサイババさまのビブティーと写真をいれています。サイババは神の化身と言われていますが、この方もサタンからの使いなのでしょうか?それとも天使からの使いなのでしょうか?また、九州にも天使たちの使いは降りてきていますでしょうか?つまらない質問かも知れませんが、どうぞお教えください。



返事

質問の件ですが、人間の心は弱いものです。弱り死期を迎えると如何なる無神論者も手近に絶対なるものを求めます。であればこそ、絶対者の神を作り、すがろうとします。結果、幾つもの神が出来、宗教が出来ます。この弱さこそ、つけ込むスキとなります。残念ですが、ただ、人の心は弱く、それで心の平安が得られるのであれば「心の道具」としては必要なものかも知れません。一般質問の「女性編」の最新Noは参考になるかも知れません。

「九州にも天使たちの使いは降りてきていますでしょうか?」の件
もしかしたら、貴男かも知れません。まだ、覚醒しませんか?多くは心の中に宿りますが!

読者のメール

こんばんわはじめまして。**市在住で**市に勤務している**といいます。38歳で子供2人です。今日で2回目の訪問(1回目は1昨日でした)です。少し前に「総門谷」高橋克彦著という本(小説です)を読みました。ご存知かも知れませんが内容のなかには、極移動やピラミッド、UFO(月は宇宙船)等の話題が多くある本でした。それをきっかけに、「宇宙からの帰還」立花隆や「神々の指紋」グラハムハンコック等を読んで、インターネットでも探してみようと思い立ったのが一昨日でした。今日も2時間くらい読ませていただき、メールを書いてみたくなりました。感想を表現するのが、今の私には少し難しいので伝わりにくいかもしれませんが、信じるとか信じないの前の状態だろうと思います。背中が寒くなる様な驚きを感じています。それは、ホームページの内容のすべてから感じる「気迫」と、その「内容」です。今はその「内容」に対する猛烈な興味(失礼)と、DEMO氏の言われる様な「読者はどう受け止めているのか」の2点を感じています。しかし、この感じかたは、どんどん変わるだろうという予感のほうがむしろ強いようです。私自身のものの考え方はここ十年くらいの間に明らかに変わってきました。以前の考え方はともかく、今の考え方は「明日(または一瞬先)にはなにが起こるかわからないし、その時にできる対応が、今持っている能力(経験も含めて)でできるとは限らない、むしろ上手にできない場合のほうが多い・・・だから、今を存分に生きていこう」というような感じです。そうしながらも、先に起こる出来事に対応できる様に、今は持っていない能力(知識)を蓄積して、”上手にできない場合”をできるだけ減らそうと思っています。当たり前の考え方なんでしょうけれども、最近は強く意識して、こういう生き方をしています。見方を変えれば、明日(または一瞬先)には何が起こってもおかしくないとも思っています。けっして、自暴自棄だとか、刹那的というのではありません。社会環境の影響は少しあるのかもしれませんが・・・。しかし、ガンの末期患者が自分の死期を知った時の「今」とそうでない「今」とではきっと違う「明日」があるとも思います。それは、死期までの生き方であり、その結果の死そのものを変えるということでは、多くの場合はないでしょう。「内容」は人類の死期を、私にとって今までのどのソースよりも明確に、かつ「気迫」をもって私に伝えてようとしています。まだ、2回なので全てを理解できていませんが、感じ方が変わった結果次第では、私の生き方を、今以上に強く押し出すことにもなるでしょう。過去、最も興味深い(またまた失礼)ホームページです。また、今後も「内容」をすべて理解して自分の結論を出せるまで(そんなに時間はかからないでしょうけど)最も必要なソースです。もし、サークルのようなものを企画されるようでしたら一報いただければ幸いです。勝手な文章で失礼しました。ありがとうございます。



返事

私のサイトへ訪問いただき、感想有り難うございます。

「ーーーー今を存分に生きていこうーーーーー」の件
同感です。私もこのホームページを同様の観点から製作しています。そして、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」の心です。**さんも皆さんと一緒に渡れそうですね。!宜しく!

「サークルのようなものを企画されるようでしたら一報いただければ幸いです。」の件
  年内はサイトの製作に専念して、来年からソロソローーーー、その節は宜しく。その間、聞いて貰えそうな方に軽く「変なことを説明している奴がいる」と案内していただければ幸いです。

読者のメール

1998年10月28日 16:59

悪いけど、このページの英訳の部分は通じないほどだめ。恐らく機会(ソフト)翻訳であろうと思うけど、こんな英語なら載せない方がいい。どうせ読んでも意味が通じないから。



返事

Adler Marc さんへ
私のサイトへ訪問いただき、ご意見有り難うございます。

「恐らく機会(ソフト)翻訳であろうと思うけど、」の件
  その通りです。目次の最初に説明しています。私のサイトは最初、日本語のみで英訳版は設置しない予定でした。日本語版の作成だけで本年中は必要と考えたからです。私のサイトの内容は必要とされる時間内に完成しなければなりません。英語版を製作している余裕は有りませんでした。しかし、友人の奨めもあり付け加えたわけです。結果として、日本語版も当初の予定通り完成していません。そこで、機械翻訳のソフトで進めることにしましたが、指摘の様に問題がありました。いちいち修正していくと時間的に間に合いませんのでそのまま載せることにしました。何故なら、例えば、機会(ソフト)翻訳と誤って記載しても機械翻訳ソフトの意味と日本語の分かる人々であれば理解できると考えました。そうすると、英訳文に問題があり誤っていてもある程度は推定して理解してもらえると考えました。それと、将来、私のサイトの内容は予言が正しければ英語だけでなく他の国々の言葉に翻訳をしてくれる協力者が多数現れるはずだからです。将来現れる協力者の方々に日本国民だけでなく、世界中の人々へ伝えたいと云う意思を表示していなければなりません。その為にこそ、日本語版の遅れるのを承知の上であえて機械翻訳ソフトに依る英訳を断行したのです。しかし、やっぱり私からみても翻訳に若干問題があります。これは日本語版を完成させて時間が取れれば修正したいと考えています。

「こんな英語なら載せない方がいい。」の件
上記の理由から記載することは止めません。それと、自己紹介もなくこの様なメールを送られる貴方のことですから、翻訳の協力者とも思えません。従って、「翻訳の協力の申し出ならいざ知らず。私の立場を考えず止めろなどとは余計なお世話です!」と回答いたします。

コメント
私のサイトは基本的に自助努力を要請するものです。日本国以外の国々は対象にしていませんが、日本語の出来る方で自国へ伝えたいと考える方は連絡を受ければ原則として許可します。自国の国民と国家の運命は自ら決めるべきだからです。私のサイトで最初から記載していますが、その観点から各国の言葉に翻訳を希望する方連絡して下さい。日本国における人々からは「協力」と「助かる方法の助言」の要請を受けて対応しています。もちろん、第01章081編の予言にある様に私は出来るだけ行動する予定です。それにしても、最初の外国人と思われる方の意見がこれとは将来、彼は後悔しないでしようか?


読者のメール

どうも、はじめまして。私は、名古屋市内に住む大学生の**と申します。毎日というわけでは無いですが、幼少の頃から宇宙関係のことが好きで、良くこのような記事や書物が好きでした。予知夢や金縛りの体験も何回かあります。大体、このような内容のものは、カルトだ宗教だと思われがちですが、こちらの記事はそうではないかな、と思い、返事を書いてみました。さて、質問したい件が一つあります。私の居住する名古屋ですが、この町は間違いなくやられることでしょう。そこで、ここ名古屋から手早く逃げ切れるような場所を考えてみたのですが**県**村・**村周辺、と**県**村付近とどちらがよいでしょうか?宜しくお願いします。これからも頑張って下さい。



返事

**さんへ
私のサイトへ訪問いただき有り難うございます。宜しく、皆様へご案内下さい。

「手早く逃げ切れるような場所」の件
私は**県**村・**村周辺のほうが良いと思います。予想進行進路は東京ー横浜ー静岡ー名古屋ー京都ー大阪ー姫路ー広島ー北九州ー博多ーソウルと推定しています。ただ、艦載UFOを多数搭載していますので、都市だけでなく田舎も攻撃すると考えられます。そうすると、**県**村付近は進路に近いので危険率が高いと考えています。なお、付近に**市が有りますので自動車等を目立つ様に駐車していると危険です。何れにしても、高速道路が破壊される前に退避行動を実施される必要があります。北極上空に、まず展開して南下すると考えられますので、そのニュースをキャッチしたら行動を開始すると良いと思います。何か情報や質問がありましたら連絡下さい。

読者のメール

はじめまして、本年7月に偶然、貴HPを発見してから数十回アクセスしてほぼ内容を読み終えました。いきなり質問で申し訳ありませんが、月人の攻撃の際、原発等も攻撃の対象となるのでしょうか?また、地球の米軍等は核ミサイルなどで応戦するのでしょうか?もしそうであった場合、海洋や河川は核汚染され、無事避難したとしても食料の確保が非常に困難となり、通常のサバイバル方法では生存できないような気がします。私は津波では生き残れないような気がしますので、あえて離島へ避難しようかと思っていますが、・・・ご多忙の所申し訳ありませんが、HP上の質問と回答のコーナーへでも、ご回答いただければ幸いです。



返事

(1)私のサイトへ度々訪問頂き有り難うございます。とりあえず質問に回答したいと思います。

(2)「月人の攻撃の際、原発等も攻撃の対象となるのでしょうか?」の件
全てが対象になります。人類の多くが、この攻撃を「爆撃機での攻撃」と同じ様なものと考えますから放射能の飛散に依る汚染を考えますが、そうでは有りません。人類にとっては始めての戦闘形式の戦いになります。現在の人類の戦力は人類の戦力に対してのみ有効に構築されていますが、対宇宙戦闘艦の戦闘的な戦力ではありません。宇宙では大気がありませんから爆弾による爆風に依る破壊は有効でありません。従って、原子爆弾も少し距離を置けば線香花火程度のものでしかないのです。そうすると、基本的には小さい戦域を破壊する場合はレーザー光線やプラズマ束の様なエネルギー束に依る溶融貫通を原則とします。巨大な戦艦の場合その外装甲壁は数kmから400kmですからエネルギー束に依る溶融貫通が不可能です。ですから、直径1000km程度の惑星を衝突させて破壊させます。今回の都市攻撃は小さい戦域を破壊する場合に当たりますから、原発等は全体を溶融して固めてしまいます。ですから、原発は核爆発する時間もなく溶けてしまうでしょう。彼らは幾たびとなく実施した人間狩りの時に、やりつけていますので人類が心配するような放射能の飛散は少ないと思います。よしんば放射能が飛散しても5000年程度は養生して次ぎの進化ゲームを開始しますから、50年後の現在の広島や長崎の例から彼らにとってはどうでも良いことです。

地球の米軍等は核ミサイルなどで応戦するのでしょうか?」の件
間違いなく使用を考えるでしょう。しかし、ゲームの駒として米軍等を育てたのが月人達である事を忘れてはいけません。全ての手の内は彼らに筒抜けであると承知していたほうが良いでしょう。人類がかったるい戦闘をする様だとしたら「人間狩りの戦闘」を面白くする為に戦いをかってそうであった様に現代人類の最後のショーとして派手に演出すると考えています。悲しいことですが、逃げてショーとして勝敗を無視して観戦するには面白いものかも知れません。人類の指導者は適用に悩むかも知れませんが、その程度のものです。ただ、核爆発をさせても、人類もろとも放射能は「ノアの大洪水」の大津波で地球を水洗しますから心配することも有りません。綺麗に掃除してしまいます。ただ、「都市攻撃」で生き残ると若干やっかいです。

「もしそうであった場合、海洋や河川は核汚染され、無事避難したとしても食料の確保が非常に困難となり、通常のサバイバル方法では生存できないような気がします。」の件
ご指摘の通りです。地球は死臭の漂う耐え難い環境になり多くの人々が耐えられず狂います。その結果、都市の付近は凄惨な情況になります。それだけに生き残った者達は協力しなければなりません。それか、人の住まない離れ小島へ退避する必要があります。離れ小島の選択は良い選択と考えています。

「私は津波では生き残れないような気がしますので、あえて離島へ避難しようかと思っていますが、・・・」の件
幾つかの選択の中の一つとして良い方法と思います。ただ、その場合、次ぎの事を念頭に置いて選択されると良いと思います。「ノアの回転海流」の速度は最大でも3ノット程度(関門海峡の潮の流れを参考にして下さい。)と推定されますので、太平洋の火山島が小島になった様な島では津波の波高は数百mです。沖縄島で7百mから8百m程度と推定されます。それ以上大きな島や大陸では危険性が高いと考えられます。当然、これらの大陸や島の付近の小島では危険です。なお、最大でも3ノット程度となめてかからないでください、太平洋の約6000m*8000Kmの海水の全てが流れるのです。河川の氾濫に依る洪水とは桁違いの激しいものです。何れにしても、月人は「人類がロケットを用いて月へノコノコ来たり出来ない石器時代人の様な生活」をしていればいつもの通り見逃してはくれるでしょうからーーー出来たら、減少した人類を増やす努力をしてください。それなりに大変ですが!ーーー



読者のメール

さっそくお返事をいただきありがとうございました。大変参考になりました。まずは、お礼まで

読者のメール

はじめてメールいたします。私、******大学に通う大学院生で、*****と申します。先日、ふとした事であなたのホームページを見る機会を得ました。なんと言って良いか、とりあえず驚愕しております。前前から、ノストラダムスの予言には興味がありいろんな本を読んでみたりしていましたが、どうも、自分には関係のない世界のように思えてなりませんでした。ところが、あなたのホームページを見て考えが変わりました。何てことだろうと。ホームページを読めば読むほど、鳥肌が立ちました。そして、なんとも言えない脱力感に襲われました。いっしょに見ていた弟も、呆然としていました。とにかく、あなたのホームページ今までにない物を感じます。夢、幻想から得たことによりはじめたという非科学的な始まりで、私たちは、あまり信用せずに呼んでいましたが、その内容のおおさ、そして論理力、考察力に驚き、これは大変なことになったと痛感しております。昔から、僕は自分(人間)の存在理由に疑問を感じておりました。なぜ、生まれてきて死ぬのであろうかと。生まれてこなければ死ななくても良いではないかと。いったい、生きるとは何であろうかと。また、宇宙にも興味がありました。目に見える宇宙の姿が、何十億何百億も前の光だと考えるだけで、ぞくぞくしたものです。そして、こんな宇宙を誰が創造したのであろうかと。また、人間というものはとてつもなく小さなものだな-と思っておりました。そんなある日、ふと、もしかしたら僕たち人類は地球という檻の中に閉じ込められ、誰かに飼われているのではないだろうかと思うようになりました。僕たちが、魚を水槽の中で飼う様に、誰かが僕たちを飼って楽しんでいるのではと・・・あまりにも、ばかげたことなので何時しか忘れていたのですが、あなたのホームページを読んで思い出しました。そして、今は絶望に覆われています。一体、今からどうすれば良いのでしょうか?僕たちは、どうすれば良いのでしょうか。いま、老人たちを見て思うことは人生を思う存分生きてこれて幸せだなということです。到底、僕にはできないであろうこと。僕はまだ合格通知のようなものは着ていません。どうやら、僕はだめな人間のようです。しかし、どのような基準で決めるのでしょうね。善良な人間がよいのでしょうか・・・一体善良な人間とは何なんでしょうか?とりあえず、自暴自棄にならずに滅亡まで、何とかがんばってみたいと思います。とにかく、あなたのホームページを読んで、なにか、心の中で大きな変化があったのは確かです。もし、生き残ることができたとしても僕は、家族や友人と離れることはとてもつらく感じます。まして、愛している彼女と別れることになると・・・いったい、人類はどうなるのでしょう。滅ぶしかないのでしょうか?とにかく、今の僕に何ができるのでしょう。とりあえず、周りの人間には伝えたいと思いますが、良い反応は得られるようには思えません。残りの時間を精一杯生きてみようと思います。それでは、また。なにか、僕に協力できることがあればお伝えください。では・・・・



返事

私のサイトへ訪問いただき感想有り難うございます。内容を理解しょうとしていただいたことに感謝いたします。驚かす様に製作したことに素直に反応していただきました。ただ、その最終目的は「一般質問の青少年編」に回答している様な内容ですので時間が許されれば御覧下さい。若干、オカルト風の説明もありますが、分かり易さを優先しましたので科学的でない箇所もあります。参考になると思います。

「そして、今は絶望に覆われています。一体、今からどうすれば良いのでしょうか?僕たちは、どうすれば良いのでしょうか。」の件
「一般質問の青少年編の(1)===」を参照下さい。生き残る努力をして下さい。そして、置かれた環境に失望する事無く、新しい天駆ける未来の人類を夢を見て下さい。

「 いったい、人類はどうなるのでしょう。滅ぶしかないのでしょうか?」の件
「一般質問の青少年編」に回答していますが、新しい人類の世界を築くことになります。産みの苦しみとして多くの仲間を失うことになりますが!

「 善良な人間がよいのでしょうか・・・一体善良な人間とは何なんでしょうか?」の件
生ける者(物)全てが共存するに必要に資質です。宇宙を尋ねる事はあっても、宇宙征服や開拓(これは先住生命の生命の略奪と破壊を意味しています)を試みる「宇宙に存在しては成らない心」を持つ生命体です。

「とりあえず、自暴自棄にならずに滅亡まで、何とかがんばってみたいと思います。」の件
大賛成!!

「とりあえず、周りの人間には伝えたいと思いますが、良い反応は得られるようには思えません。」の件
聞いてもらえる方だけにして下さい。無理しないようにして下さい。貴君達の様に真面目に読まれる方達を私は求め促しているのですから!

「残りの時間を精一杯生きてみようと思います。」の件
全ての行動はこの原点から始まります。大賛成!

「なにか、僕に協力できることがあればお伝えください。」の件
さし当たって、聞いてもらえそうな方に案内してください。まだ、予定に有りませんが案内する様なことが有るかも知れません。その時、宜しく協力して下さい。もし、連絡先等に変更がでたら連絡下さい。

読者のメール

先日は突然不可解なメールを送り、失礼いたしました。しかも、何者かわからない状況で、丁寧なご返事を頂き、たいへん感謝しております。
自己紹介を致します。
******生年月日S38/9/1234歳既婚 **県**在住勤務先、******株式会社
貴方には、突然メールを送った経緯を説明しなければなりません。元々私は直感とか、霊感などには、全く縁が無かったのです。ただ、Nostradamsの予言に関しては興味があり、先日五島勉薯の”最終回答編”を読み終え、NET上でも、何か新しい情報は無いか、とYAHOOを使って探していて貴方のHPにたどり着きました。感想については、前回のメールにも書きましたが、大変衝撃的で、それ以降、常に頭の隅に不安が居座る様になってしまいました。そのような状況の中、ちょっと奇妙な事が自分におこったのです。その日は眠気に勝てず、午後9時過ぎには床につきました。夜中、体の右側を下にして横になっていた時、ふと気付くと、一瞬、左のこめかみのあたりに、指が3本(親指、人指し指と、中指だと思う)触る気配を感じました。同時に、”****、*月*日”が、頭に浮かびました。自分の横には、妻が寝ていますが、振り返って見ても、彼女は熟睡しており、手を延ばしても届く所には居ませんでした。9月5日午前2時半頃の出来事です。”****”については、****にある、****高原の事だと思います。何年の”*月*日”かは判りませんが、来年なら、ちょうど*ヵ月後になります。*月*日に、****高原に来い、または、*月*日に、****高原で、何かがおこる、という意味ではないかと推測できます。その後しばらく考えていましたが、他にも同じ様な体験した人がいて、もしかしたら貴方に相談する方がいるかもしれないと思い、先日メールを送った次第です。体験したことは、気のせいかもしれません。あまり真剣に考えないように心がけていますが、今後、貴方に似たような情報等、入った時には、連絡いただけたら幸いと思います。たいへん失礼いたしました。以上。



返事

「先日五島勉薯の”最終回答編”を読み終え」の件
私も読んでいます。結局、何が云いたいか分かりませんでしたが、何かに大変怒っているようですね!

「”****、*月*日”」の件
私のサイトを読まれた後とのことですので、何か関係があるかもしれません。この説明は「一般質問の青少年編の(1)==」、「目次の救援の項目」、「9月の追加の救援」を読まれていることを前提にしています。西暦1999年の*月*日の場合、 救援とは関係有りませんが不思議な物理現象と思われるものを観測するかも知れません。西暦2000年*月*日の場合、 西暦1999年12月頃から西暦2000年3月頃までの内に指名を受けた方達は救助のUFOに連れ去られ地球を離れます。他の国の場合も多くは高原や高地に救助対象の人々を呼び集め吸い上げます。もしかするとその事かも知れません。

「他にも同じ様な体験した人がいて」の件
救助の対象に成った方は昼間は幻視や幻覚、寝ていると夢で不思議な物を見ることになります。その意味は合格通知の様な内容です。従って、それらの方にもお伝え下さい。

「****にある、****高原の事だと思います。」の件
私は登山に興味がありませんので「****高原」の位置が分かりません。又、****の地理に詳しく無く一般の地図で調べてみましたが分かりません。よろしかったら教えて下さい。もしかしたら、日本の救助ポイントかも知れませんのでチェックしたいと思っています。

読者のメール

はじめまして、****と申します。 はじめてお便りいたします。貴方のHPを拝見し、正直言って大変驚き、困惑しております。宗教色を感じさせず、理論的に解説されており、信ぴょう性も高そうに思います。ただ、まだ完全に信用することはできません。あまりにも突飛な事件なので、暫く様子を見たいと思います。ところで、一つ質問があります。”****、*月*日”について、ご存じでしたら、返事をお願いしたいのですが。 お忙しいところ、失礼致します。



返事

私のサイトへ訪問頂き感想ありがとうございます。昔、私自身がこの結論に至った時、「何と!ホントか?」の気持ちだったのですから当然と思っています。貴君と私の違いがあるとすれば、私は推論と検証の過程での結論であったことで、貴君の場合は突然に知らされた事の違いでしょうか!私のサイトの目的の一つはサイトの内容を検証する方々の現れることを促すものです。理解する方は序助にふえつつありますが、まだまだ、先の様です。よろしく、検証してください。!

「”****、*月*日”」の件
私はこの内容についての知識を所有していません。何か、私のサイトの内容に関係があるのでしょうか?

読者のメール

ホームページを見ました。最初は何をわけのわからんことを書いているんだと、思いましたが、よく読んでみるとひょっとしたら本当のことかもしれないと思いなおし、片っ端からページをあけてみてほぼ本当のことと確信するにいたりました。特に、聖書にもかかれてあるという、空中に取り上げられるというくだりですが、人類に破局がくるとしてもこの部分だけが、どうしても理解できなかったのです。地球外から救助に来てくれるというのでしたら、至極当然のように理解できます。私には合格通知は来ていませんが、世間で言うUFOというようなものとは比較できないくらい巨大な空飛ぶ物体を見ました。1994年の10月はじめだったと思います。三角形の真っ黒い、音も無くゆっくりと飛ぶ超巨大な物体が家の裏の駐車場で約5秒くらいにわたって見られました。今になって考えると、ああいう飛行物体に攻撃されるのか、救助されるのかどちらかだろうな、ということです。願わくは、後者であって欲しいものですが。
まだHPを全部拝見したわけではないので、引き続き理解に努めたいとおもうと同じに周囲にも伝えたいと思います。



返事

訪問の感想有り難うございます。
最初の反応は予想される理想的パターンと思っています。問題はそれ以後ですが、横山(?)さんは私からみて大変に好ましい方です。宜しく、検討してください。このメールを無記名で「一般質問、男性編」に記載したいと思ってます。了承下さい。

「私には合格通知は来ていませんが」の件
まだまだ、時間があります。なにせ、70億人からのチェックです。もしかしたら、あれが!、連絡済みかもしれませんし、やーあー、来た来たとなるかも知れません。どちらにしても夢や幻視的視認ですから、批判、検証、質問等ありましたらメール下さい。

読者のメール

> このあいだのメール読んで頂き本当にありがとうございました。氷治さんがそういうふうに考えていらっしゃるとは思いもしませんでした、僕がどうして予言等を信じるようになったかを書いておきます、昔、僕が生まれる前母が本屋さんで仕事をしていた時に、偶然占い師みたいな人が来てこう言っていったそうです
> 「あなたの子供は腸の病気を患うでしょう」と、その後僕が生まれ、妹が産まれました妹は喘息を患い、母は妹が腸の病気になるのではと思っていました。
> しかし去年の春、以前から体調が悪かった僕がクローン病と言う腸の病気で入院しました。
> そして、占い師みたいな人の予言は成就しました。
と言う事があり、その話を母に聞いた時から信じるようになりました。
> 世界が氷治さんの予言なさってるようになり全世界の人々が死に絶え世界を作り直せば戦争もない争いもない平和な世界になるのでしょうか?
> 人だけでなく全ての生命も自由に暮らせるのでしょうか?
> 命を取られるだけの家畜もなくなり、肉を食べなくてもいいようにならないのでしょうか、家畜がいれば我々もサターンと変らないのではないでしょうか?
> 家畜から見たら我々もサターンと同じなのではないでしょうか?
> もし僕が生き残れば全ての生命を愛し慈しむ平等な世界を建設していきたいです。
> ちなみに僕は菜食主義です。
> 何故ならここ1年ぐらい人間に食べられるために育てられた動物達の事を思うととても食べられないようになってきました。はやく全ての家畜達が解放される事を祈るまでです。



返事

「信じる」とは大変に難しいテーマと考えています。「信じる」に至る過程は尊重し大切にすべきと考えています。それが、良いことであればなおさらです。現在の私は余りにも悲しい過程の検証故に慎重にすべきと考えています。

「世界が氷治さんの予言なさってるようになり全世界の人々が死に絶え世界を作り直せば戦争もない争いもない平和な世界になるのでしょうか?」の件
私は全て死に絶えるとは考えていません。確かに、多くの人々が自らの理由故に滅ぼされます。安易に選民主義的な見解を語るべきでは有りませんが、結果的には選択される様です。その結果、現在の人類の子孫は「現在の人類が夢に見る」世界を建設させられるようです。もし、私が建設を希望するとするならそうするでしょう。ご質問の平和な世界をです!

「人だけでなく全ての生命も自由に暮らせるのでしょうか?」の件
残念ですが、現在の地球の生命は食物連鎖の上に構築されています。争い、捕食する!全てを解決出来るとは思っていません。努力はすべきですが!

「命を取られるだけの家畜もなくなり、肉を食べなくてもいいようにならないのでしょうか、家畜がいれば我々もサターンと変らないのではないでしょうか? 家畜から見たら我々もサターンと同じなのではないでしょうか?」の件
残念ですが、指摘の通りです。

「もし僕が生き残れば全ての生命を愛し慈しむ平等な世界を建設していきたいです。」の件
  私も望む所です。是非生き残って下さい。苦労も多いでしょうが!

「はやく全ての家畜達が解放される事を祈るまでです。」の件
人類も大いに進化して、直接、太陽からエネルギーを吸収出来るようになれば良いと思っています。遠い未来の子孫達はなるでしょう。!!どんなに困難な時でも天国の様な未来を作ると思えば乗り越えられると思っています。

読者のメール

> 始めまして、私は****と申す、今年で20歳の専門学校生です。
氷治さんの思想、予言などを面白く拝見していました。氷治さんの思想は僕のものにつながるものがありました。月の不自然さ等、とても面白く拝見していました。しかし、何か氷治さんには違うものを感じました。
> それは何か?



返事

私のサイトの感想、有り難うございます。感想を見ますと、私がサイトを製作した目的の1%も理解していただけなかった様です。その様な方の為に本人の許可を得て、「demoとの対話」を用意しました。時間がありましたら御覧に成って下さい。参考になるかも知れません。それはさておき質問等の件ですが、

「氷治さんは何かおごりたかぶっている様な気がします、私は太陽だと言い、自分以外の人間をすごく卑下した様な言い方する。本当の太陽の本質ならばもっと何か違うような気がします、他に太陽の本質がいるような気がします。」の件
もし、貴方が私のサイトを読んでいたら、地球にいる人間を対象にして説明していると説明していることに気が付かれているはずです。地球の月人でないとね!他に表現しょうがないのです。「地球の月人で無い人類の皆さん」と一々書くわけにも行きませんし!」残念ですが、私が「太陽」だと何処にも書いていません。私の解析が良く一致しているので私かもしれない、もし、私が「太陽」であるなら私の解読の様に未来は成る。その検証の為に私のサイトは作られていると説明しています。その様になったら、始めて「私は太陽と認識せざるを得ない」と説明して、解読のアルゴリズムを公開しているのです。これは目的の単なる一つですが!

「今のホームページの内容を見ているとなにか人生に失敗した人の様な感じがします。失礼ですが結婚なさってないのではないでしょうか?」の件
この様な事を云う人が出てくると思い、サイトの中に全て事前に説明してあります。参照下さい。

「氷治さんの場合は何かがトラウマになって世界が変ればいいのにと考えていた事が夢になって予知夢等で吹き出しているだけではないでしょうか?」の件
無理して世界を変える必要は無いと考えています。私自身はやつかいな事に引きずり込まれたとしか考えていません。もし、将来このサイトで説明した様になっても関与したくないのです。ゴタゴタ云う奴の面倒みる様な行為はしないほうが楽ですし良いでしょう。**さんが、私の立場でしたらどの様に考えますか?

「第12番惑星ヤハウェの存在についてはどう考えてらっしゃいますか、ヤハウェは何か重要な役割があるのでしょうか?」の件
科学的にも工学的にも計算根拠も有りませんでしたので検討の対象にしませんでした。まず、天文力学的検討をしてハッブル望遠鏡等で観測して公転軌道等を検討する必要がありますが、理論的なアルゴリズムの説明が有りませんでした。

「僕はエドガー・ケイシーは凄く信じています、しかし諸世記は信じがたいですねあまりにも表現が曖昧すぎて、どうとでも解釈できてしまうので。」の件
私は「諸世紀」、「エドガー・ケイシー」も宗教の予言も信じていません。どれが本当か分からないからです。ですから、何も信じていません。ただ、信用等しませんから徹底的に分析してアルゴリズムを解読してみますが、解読と未来が一致しない限りその予言を予言であったと認めません。それだからといって、他の予言が予言であるとは認めません。ですから、どれも信じないのです。一致し確認したら、その予言は予言であったと認めますが、予言者を信じる事とは別問題です。従って、私と異なるアルゴリズムを持つ解読は歓迎しますが、「信じる」等と云う見解は歓迎しません。ですから、「表現が曖昧すぎて、どうとでも解釈できてしまうので」のアルゴリズムを解析的に説明していただけると私は大歓迎して参考にします。ただ、この問題の誤解を少なくする為に私は「解析予言学」のコーナを製作していますので参考にしていただければ幸いです。私は理論的にキチンとしないと気分を悪くする性格なもので書きすぎたかも知れません、悪気は有りませんから、何か質問や意見がありましたらご連絡下さい。

読者のメール

始めまして***と申します。
連絡を取れますでしょうか?
電話・FAX:ーーーーーーーーーーーー
連絡先をお知らせ下さい。こちらからお電話します。
報告書拝見して驚きました。私の考えとまったく同一でした。



返事

「連絡を取れますでしょうか?」の件
現在、諸般の事情で直接の連絡は停止しています。私のサイトの内容に関しての連絡はメールで実施しています。用件や希望がありましたらメールでお願い致します。いずれ、直接のコンタクトもオープンしたいと思っています。

返事

「人類は精神世界の浄化と共に、進化しつづけるような気もしてなりませんが。 その当たりは、いかがなんでしょうか。興味の在るところです。」の件
かっての人類と現在の人類は民族浄化の名目で悲惨な戦争と虐殺を現在も続けています。悲しい現実です。これから起こる現象が「人類の浄化」から「精神の浄化」への道であるか否かは現在わかりません。ただ、救助の折り精神の深層を調べ選別される様ですから大いなる進化とも受け取れます。それとも、単なる、品種選別かも?また、「諸世紀」に依れば、人類の未来に取って苦しいが良い出来事とありますから、私は大変に良い出来事だと気楽に考えています。現状では悩んでも他に方法が有りませんから!

「アメリカが秘密にしているインディペンデンスデイのように、宇宙からの攻撃があるのでしょうか。」の件
来年のしかるべき時期に地球連合軍が編成されると推定しています。人類に抵抗戦争を出来る様に、準備の為の時間を与える為に、ユルユル地球に接近すると考えています。そうしないと、抵抗の無い「人間狩り」なんて楽しくもないですからね!

「みんなで、死ねばこわくない。」の件
極めて日本人的な発想で良いと思います。私も賛成!!

「みんな、言論に責任を感じて、もしかして何もなかったり、ということを考えているのでしょうね。」の件
責任は感じていないと思います。ただ、間違ってでも、問題の論旨(アルゴリズム)を明確に云えられないだけです。チヤランポランでも評論家だと「金」になりますが、事実を伝えると「金」に成らないだけでなく「命」を取られますから!万事が「金」の哀れな世の中です!以上回答になりましたでしょうか?

読者のメール

参加までは難しいが会費をはらっても内容は知りたいです。
質問
月人の攻撃を避ける方法はないのですか



返事

月人の攻撃を避ける方法は有りません。この攻撃は「ノアの大洪水」で人類を消去する前の楽しみだからです。残念ですが、人類は彼らに依って製造されました。彼らの姿に似せて遺伝子を合成して大変な劣等種として繁殖させられています。「神は自らの姿に似せて人類を作った。」聖書の言葉です。もちろん、私の様な認識は人々にとって信じられないでしょうし、信じたくもないでしょう。この私の結論は当初、私自身が信じられませんでした。従って、彼らにとって人類はコンピュタゲームのデータ程度の認識です。当然、人権も人類愛も動物愛も有りません。石油も石炭も、彼らが死体にして製造したものからも殺戮の規模が理解出来ると思います。ただ、「ノアの大洪水」の前に宇宙で戦いが有り、善良な人類は救出されます。その為に、皆さんは攻撃が始まったら逃げて隠れて生き延びなければなりません。これが、現在の人類の出来る最善の方法です。以上//回答になったか分かりませんが、参考になれば幸いです。なお、説明会の件はまだ進行中なので何らかの結論がでましたら連絡いたします。

読者のメール

HP拝見しました。いろいろ興味がありますので、これからじっくりと時間をかけて見させて頂きます。
> ところで、僕が得た情報によると、今月27日頃南関東あたりに大きな地震が起こるというのですが、これに関しての情報はお持ちですか?
> 占星術により、惑星の位置に関係する理論から導き出された予言らしいのですが。 > もしご存知でしたら教えてください。



返事

質問の件ですが、私は知りません。ただ、惑星と地球の物理から、2月頃より地球に力が集まりますから、地殻の変動の確率は増大します。私自身は占いに興味が少ないので良くわかりません。御覧いただいている私のホームページは現代科学と超科学の分野から得た結論から「神話、予言、伝説」等で必要なパラメータを得ているものです。その過程で「諸世紀」の内容が不可思議に一致するのでリンクして解読しているものです。

読者のメール

Hello,I'm a reader of your page.
> I'm taking your writing very siriously because I've been thinking about such kind of things for a long time as well.
> I'm sending this e-mail to ask a question. you wrote that your familys came from YAME. IS it YAME in FUKUOKA? if so,it's very interesting for me as my mother was born in HOSHINO(YAME-GUN).



返事

It replies to your question. Your mother is born with FUKUOKA-KEN YAME-GUN HOSINO.
I am born with FUKUOKA-KEN WUKIHA-GUN YOSHII.
FUKUOKA-KEN and WUKIHA-GUN are next to.
It is the next GUN.
I know HOSHINO because it is the area which is close to.
I think the contents of question of the E-mail of, you to be strange.

読者のメール

UFOとノストラダムス
>非常に興味のあるホームページを作っていただいて面白く読まさせていただきました。
>私もノストラダムスの予言とUFOの関係にはには非常に興味を持っています。
>又エルニーニョが重大な役割を果たすのではないかと考えています。
>詳しい内容を教えてください。



返事

質問の件ですが、関係があります。西暦1982年の準会合で大エルニーニョが発生しています。ただ、この時は天王星と海王星の位置が十分でなく、「地球の極の滑り回転」にはなりませんでした。しかし、地下ではマントル境界をねじ切る様に力が働き地球の自転で発熱しました。早い話、「ノアの大洪水」は辛うじて発生せず、皆さんは命拾いをしています。人類の誰も気が付いてしませんが、このエルニーニョの同様の質問は他にも受けていますが、現在、英語版の作成で忙しく、これが終了しだい追加作成する予定です。それまで、お待ち下さい。ただ、4ー1、4ー2、4ー3項と質問と回答のコーナに原理等の説明は有ります。この間、参考にして下さい。

相互リンクの件、HPリンクの友好の項に971026に張り付けます。よろしく!アメリカの方々に見て貰うにはやはり英語版を製作しなければならないようです。英語は不得意ですから翻訳ソフトを購入して製作を11月から開始しょうと思っています。完成目標は11中としていますが、年内が限界かもしれません。現在は惑星の配列とマントルの振動によるエルニーニョの関係の説明を制作中です。現実に目の前で発生している現象ですので、皆さんに興味をもってもらえると思っています。それと、HP通読ありがとうございます。


(1)================
シンポジュウム出席の皆様へ
前回のシンポの説明にあった出版の件ですが,上手く行きませんでした。
その後,対策としてホ−ムペ−ジを製作して,発信する事としました。
VER1.00を,西暦1996年8月製作,公開しています。取り急ぎ製作したので,改良すべく現在検討中です。
昨年は もしかすると今年のシンポから出席出来ないのではないかと,考えていましたが,なんとかなりそうです。
このホ−ムペ−ジの内容に関して,与えられた時間の範囲で説明するつもりですが,かなり膨大なものです。(例えば,ノストラダムスの「諸世紀」の予言詩の250編の解読等)
皆さんに時間があれば,事前に内容を読む事を,希望します。  皆さんへよろしく配信下さい。
氷治敏雄追信,もし K君と連絡のおり,「大方等大集月蔵経」を読まれるように伝えて下さい




 >>戻る