本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

太陽(ミロク)原理終末と太陽の検証

太陽の説明

(8):「ノアの大洪水」,アピ−ル

(天気が良ければ,夜空は 下図の様に見えます。)

−−妖星「惑星」は 宿「特定の直列配列」に入り,全ての物「大地や海」は水車の様に回転する(仏教典)−−−見よ!不動と思われた山々が動くのだ(イスラム教典)−−−豪雨が降り始め----島となったアララト山の山腹に箱船は漂着した(キリスト教典)−−−地の諸々を飲み込み遠くの山が島になり,今にも山ごと押し流すばかり轟音を発して流れる(アンデス伝説)−−−異変の後,中国の大地は 全て水没していた(中国伝説)−−−−見よ!太陽の昇る位置が動くのだ,そして,太陽は 反対から昇りだした(エジプト,他の世界中の伝説)
==「ノアの大洪水の伝説」は 西暦2000年5月9日,かくのごとく起動する=
故にこそ,地球のプレ−トに磁場逆転(ポ−ルチェンジ)の模様が記録される。 プレ−トに記録された数多の模様を観る時,地球の生命達の余りにも悲しい滅亡の記録に思い馳せる。  そして,この度は 現代の人類の滅亡の記録が書き加えられる。
「地球の極の滑り回転」,広大な宇宙での地球型惑星においては特別に珍しい現象では無い。
だが,観察用の飼育箱(地球)の中の蟻(人類の皆さん)は 飼育箱から飛び出す行為を許されていない。
で有るが故,人々は 自分達が破棄される運命である事実を知らない。
説明しても「そんな馬鹿な事は 絶対に無い!」これが,人々の答えである。
人々の未来は 余りにも余りにも哀れで悲しい!−−−




 >>戻る