本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ ○二

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』
http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n820001/n820002.htm
より

M・警戒情報 NO n820002

−−−−コメント 2016/09/16−−−−

{新82万代_M・警戒情報_関連情報_アメリカ大統領メッセ−ジ_02}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<:アメリカ大統領メッセ−ジ_02:9月のアメリカは、国家準備月間(National Preparedness Month):>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:

大統領宣言・2016年国家準備月間と題するアメリカ合衆国大統領による宣言を少し分析して、その背景を検討しよう
そうすれば、何に対して災難としているか理解出来ると思われる

・・・・・・
★ アメリカ大統領であるから当然だが、アメリカ国民全て=少なくとも北アメリカ大陸戦域が対象となる
そして、その災害から立ち直るのに必要な準備であることを指摘している



明日受けるかもしれない未知の難題に対して、あなた方自身が準備をすることは、私たちアメリカ国民すべてが共有している義務なのです
そして、危機や災害に直面した時に、何もかもがおこなえるように準備しておく必要があるのです
国家準備月間の期間中、私たちは、自らの準備と共に地域社会の準備の重要性を強調します
それは、私たちアメリカ国民が遭遇する可能性のある緊急事態に直面した際の回復力のために必要なことなのです

・・・・・
★緊急事態の具体的地域性は 全域でも地域でも特定していない


その緊急事態が、たとえハリケーンや地震などのような自然災害であろうと、あるいは、テロのような表現のしようのない悪らつな行為であろうと、それらは予想さえしていない時や場所で発生する可能性があります

・・・・・
★ 準備の範囲を指摘している
「緊急通信や避難のための計画を作成し、貴重品を文書化し、報道をチェックし、そして一方では、十分に備蓄された災害用の供給品を持つ必要があります」
災難はアメリカ全土に渡る為、復興の為に備蓄をする必要がある


私は大統領として、どのような状況にでも対応できる準備を積極的に進めることをすべてのアメリカ人に奨励します
そのためには、地方の各地でも、緊急通信や避難のための計画を作成し、貴重品を文書化し、報道をチェックし、そして一方では、十分に備蓄された災害用の供給品を持つ必要があります

・・・・・
★ 政府サイトの案内


そして私は、ビジネスコミュニティにおいても、従業員たちに準備をうながすことを奨励します
事業継続計画を策定し、コミュニティレベルの計画を立てることによって、緊急事態に直面した際に民間セクターが堅調に保持されることができるのです
緊急時に際して、あなたのおすまいの地域でのより良い準備の方法について知るためには、サイト www.Ready.gov (英語)か www.Listo.gov (スペイン語)をご利用下さい

・・・・
★ 地域に対しての対応と処置方法についての説明している
そして、その地方共同体が、より良く、より強く、より早く回復するための再構築を手助けすることを説明している


予測不能な脅威や危険に直面した際、私たちは情報へのアクセスを改善し、予防策の重要性の意識を高めることに努めています
アメリカ全国の指導的な立場にいる方々は「 2016年 アメリカ国家準備報告書」を検討し、脆弱性が強く示された事案に対処する方法を見つけるために時間を取る必要があります
そして、すべてのアメリカ人は、全国的な準備活動に参加することでリスクに対処することにより、我が国の国家準備目標を果たす中で役割を果たすことができるのです
私たちは、公共部門と民間部門と共になり、各州、地方、および部族のパートナーと協力していき、危険性に直面した際に、危機にある地域社会が孤立しないことを確認しています
救援活動を調整し、迅速な対応を提供することに加えて、私たちは、生存者の支援に焦点を当て、影響を受けた地域への援助を行います
そして、その地方共同体が、より良く、より強く、より早く回復するための再構築を手助けします

・・・・
★ 不思議なのは 2016年09月30日を指定して、西海岸から東海岸へ準備の努力を促進するために行動する国家の日とするとあり、素直に受け取れば、指定日に西海岸から東海岸に至る事件が発生することを予言しているようになる


連邦政府機関はまた、公共部門と方策を共有するために取り組んでおり、災害時に使用することができる方策と技術、そして、準備戦略を提供します
今、私たちはアメリカ準備マラソン(America’s PrepareAthon)を開始したのです!
それは、緊急時に共同体に援助計画をもたらすためであり、また、9月30日を、西海岸から東海岸へ準備の努力を促進するために行動する国家の日とすることを奨励します
・・・・
気候変動に伴い、自然災害もまた、より頻繁に、より激しくなっており、都市部でも農村部でも共にすでに壊滅的な影響を感じ始めています
深刻な干ばつや、上昇する海面、激しい嵐や山林火災、そして、これまでよりさらに強力なハリケーンや熱波
今や気候変動は私たちの安全と国家安全保障への差し迫った、かつ持続的な脅威を与えるものとなっており、これは非常に重要な問題となっています

・・・・
★私たちはひとりひとりが緊急事態のために準備することができるということを認識し、災害によって影響を受ける人々を助け、そしてすべてのアメリカ人たちが自分自身を守るために必要なものと知識を持っていることを確認し、共に行動する
たとえ、災害でどんな良くないことが私たちに起ころうと、私たちは強く再生することができる



私たちは、私たちのインフラに投資し、地域社会の準備の努力を統合することに対応し、我が国の気候変動と異常気象の影響から回復する能力を向上させています
この9月の準備月間では、私たちは、対価を求めるでもなく、アメリカ国民の安全と安心への献身のために災害の現場に急行するような勇敢な人々に経緯を払わせていただきたいと思っています
私たちはひとりひとりが緊急事態のために準備することができるということを認識しましょう
災害によって影響を受ける人々を助け、そしてすべてのアメリカ人たちが自分自身を守るために必要なものと知識を持っていることを確認しましょう
共に行動しましょう
たとえ、どんな良くないことが私たちに起ころうと、私たちは強く再生することができるのです
それゆえに今、合衆国憲法と法律によって権限を付与されたアメリカ合衆国大統領であるわたくしバラク・オバマは、ここに 2016年9月を国家準備月間と宣言いたします
すべてのアメリカ人が準備の重要性を認識し、私たちの弾力性と即応性を高めるために協力することを奨励します

2016年8月31日 バラク・オバマ

−−−
★ このアメリカ大統領の警告からみると地域性のテロ攻撃とは思われない
何故なら、同じ時期に欧州も大災害に対する警告、ドイツなどの国は 徴兵制を復活し強度の大災害に備えている
ただ、不思議な事に、現段階では 南半球と東南アジアなどの北半球の地域では問題視されていない
この災害は おおよそ「北アメリカ大陸−北大西洋−欧州」で発生する大災害ということのようである
アメリカの経済的な破綻が考えられるが、他に、テロはアメリカの奴らの支配下のCIAの行動であるから地球全域が対象となるはずであるが地域的に指定されているように思える
残るのは 核戦争であるが、全地球域の対象と思われない
思いがけないかもしれないが、他に、奴らの地球軍と地球域の宇宙人たちが戦争状態にあると過去幾度も説明している
推測であるが、この戦争での攻撃兵器としてる彗星爆弾的なもので、アメリカのフロリダ沖合いに目がけて爆撃するのではないかと考えている
そうすると、アメリカの海岸の諸都市は 数百m以上の津波と爆風に襲われ、アメリカと欧州のほとんどは 破壊されてしまうことになるし、欧州の亡びの予言とも合致する
勿論、反対の地球側も破壊されるが程度は少ない
地球全体の地震源は活動を開始するから日本あたりでも予言されているように地震・百m位の津波に襲われる可能性がある

これらの推論は 騒いでいる国々・地域に関する彗星落下とその災害に関連して構成されている
検証はこれからであるが、関連情報が流れてくるようだと可能性は 高くなっていくと思われるし、予言などとの関連でチェックを進めていき案内したいと考えている
現段階では 幾つかのシナリオから絞れていない・・・・

追:
ビルゲイツが軽井沢に大成建設を使い基地を作った
不思議に思っていたが軽井沢であれば、地球の反対側で高地で津波対策も十分である
なるほどと最近感心するとともに、奴らは 具体的に状況を分析対策していることが分かる


====参考文献終わり====



>>戻る

 ページナビゲーション
 投稿記事目次集>>目次80万>>M・警戒情報 NO n820002