本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』

注意・警戒・警告 NO n080001

−−−−コメント 2012/0522−−−−

{新08_注意・警戒・警告_核テロ_日本_関東_01}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0564・【超緊急】:5.22核テロの標的は東京確定か!核兵器が日本に持ち込まれる!英国諜報部より−東京から避難せよ!:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメント:
 スカイツリーの情報が賑々しく流されています
そんななか、少し物騒な情報が流れているようです
問題は この情報の信頼性が低いことです
判断は 各自でする他は無い内容です
個人的に言えば、時期や場所が解らないのですが、暗い破壊された町並みのような幻視をしていますので、この幻視が現実のものとなりますと少し悲惨なことになりそうですし午後から夕方・夜中と言うことかもしれません
念のため、都心での必要が無い方は 都心から離れているのが良いのかもしれませんし、この情報が正しいとするとスカイツリーから最低でも離れることが必要なのかしれません

他には 何方だったか忘れましたが、スカイツリーが倒壊している予言的幻視をしている方もいるようですから、・・・

{・・・・・

これで、核テロが日本で起きる危険性が高まりました
それも、関東、東京でです

この情報を受け取った方々は、可能な限り、5月22日だけでも、都心から離れるべきです
特にスカイツリー周辺や東京23区、ベクテルの建築物の付近も危険です
何が起こるか分かりません
ベクテルの建築物については、こちらに書きました
5月22日、ぐちゃぐちゃテロが阻止されることを願います
・・・・}

===NO n080001:参考文献の目次===

001:【超緊急】:5.22核テロの標的は東京確定か!核兵器が日本に持ち込まれる!英国諜報部より−東京から避難せよ!:2012 年 5 月 22 日 (火) :

−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n080001:参考文献の目次詳細===

===1===============

【超緊急】:5.22核テロの標的は東京確定か!核兵器が日本に持ち込まれる!英国諜報部より−東京から避難せよ!:2012 年 5 月 22 日 (火)

http://www.news-us.jp/article/270974481.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニュース速報

5月22日10時現在、地震発生せず−危険時間帯は午後か
東京に核兵器が持ち込まれ、標的になる可能性あり−英国諜報部より
【超緊急】5.22核テロの標的は東京確定か!核兵器が日本に持ち込まれる!英国諜報部より−東京から避難せよ!
satanic Sabbatean cult that illegally seized power in Western Europe and the US is now a dangerous, injured beast threatening to once again unleash nuclear terror. A British Intelligence source said that a bomb that was intended to go off in London was a Ukranian SS19 that had been “dialed down” from a maximum blast of 500 kilotons to 100 kilotons. This weapon was then traced from England to Germany and may now be in Japan, he said. He said the weapon would be brought into Japan (if it has not already been) via submarine from cabal bases in Sao Tome and New Guinea.
The likely offloading point would be the Miura peninsula, according to this source. Japanese AWACS planes should be able to detect the bomb during transportation because it will be unshielded. The bomb in London was brought in at a time when for mysterious reasons someone senior at the British Ministry of Defense ordered all British AWACS to be grounded, he said.
不法に西ヨーロッパとアメリカで権力を掌握した悪魔サバティアンカルトは再び核の恐怖で脅しており、負傷した危険な獣である
英国諜報部ソースは、ロンドンで使用される予定の爆弾は500キロトンから100キロトンまで "ダウンダイヤル"されていたウクライナのSS19と言った
この武器はその後イギリスからドイツに運ばれ、現在日本にあるだろう、と彼は言った
彼はサントメとニューギニアのイルミナティカバル基地から潜水艦を介して、武器が日本に持ち込まれると述べた
オフポイント(積み荷を降ろす場所)は、おそらく三浦半島であろう、と情報筋は言う
日本のAWACS(早期警戒管制機)は、それを防ぐため、輸送中に爆弾を検出することができなければならない
英国の防衛省幹部がすべての英国の早期警戒管制機が接地するように命じた時に、ロンドンの爆弾が奇妙な理由で持って来られた、と彼は言った
(英国防省は向こう側?)

These nuclear missiles were part of a batch sold by Russian arms dealer Victor Bout, the source said. Iran also bought some of these weapons, he said.これらの核ミサイルはロシアの武器商人ビクター・バウトが販売したものの一部であったと情報筋は言う
また、イランはこれらの武器のいくつかを買った、と彼は言った

Time for China to stop supporting fascist US regime
http://benjaminfulford.net/2012/05/22/time-for-china-to-stop-supporting-fascist-us-regime/

早期警戒管制機 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A9%E6%9C%9F%E8%AD%A6%E6%88%92%E7%AE%A1%E5%88%B6%E6%A9%9F

UR-100N / SS-19 STILLETO - Russian / Soviet Nuclear Forces
http://www.fas.org/nuke/guide/russia/icbm/ur-100n.htm

これ以上は書きません
情報源はMI6
オリンピックの暗号を解読したのと同じ筋です
その筋が、三浦半島から核兵器が持ち込まれるだろうと述べています
日付は分かりませんが、「おそらく現在日本にあるだろう」ということで、既に持ち込まれた可能性もあります
現状は不明です

本日のフルフォード氏英語ブログは、極めて理解が困難な記述が多数見られました
ですが急を要するため、本記事では5月22日テロに関する部分だけを抜粋しました
上記の部分における「英国防省、ロシアの武器商人、イラン」のカバルとの関係については後日考察します

これで、核テロが日本で起きる危険性が高まりました
それも、関東、東京でです

この情報を受け取った方々は、可能な限り、5月22日だけでも、都心から離れるべきです
特にスカイツリー周辺や東京23区、ベクテルの建築物の付近も危険です
何が起こるか分かりません
ベクテルの建築物については、こちらに書きました
5月22日、ぐちゃぐちゃテロが阻止されることを願います
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【超緊急】5.22核テロの標的は東京確定か!核兵器が日本に持ち込まれる!英国諜報部より−東京から避難せよ!
News U.S. 03:23 JST
Posted by と言ってる間に木っ端微塵か?!日本人の逮捕はマア無いだろう
警察も検察も組織ぐるみのワルがトップだし、そうでもナケれば出世は 出来ないようになっています
at 2012年05月22日 07:02

−−−
せっかく風水まで取り入れてユダヤ様と犬のようにすがり付きスカイツリー建設666メートル?さらに尖閣買い上げまでいきなりアメリカで宣言し多くの敵を作り全世界を驚愕させたあの済州島出身の石原を尻目にまさかの東京が木っ端微塵なのか?

Posted by ぶんちゃん at 2012年05月22日 07:37

−−−−
今TVで東京スカイツリー開業の生中継をやってますが、この状況でテロを起こせるのでしょうか?
もしこれでも強行的にテロを起こそもんなら世界の怒りを買うのが目に見える
特にグノーシス派イルミナティが黙ってる訳が無い
これを期に欧米での革命運動を本格化するかも
Posted by アホです at 2012年05月22日 08:11

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Posted by 皆さん、こんにちは at 2012年05月22日 09:23不法に西ヨーロッパとアメリカで権力を掌握したサタニック・サバタイ派カルト派閥は再び核の恐怖を発揮すると脅し、危険、負傷した獣のような状態です
英国諜報部のソースによれば、ロンドンで爆発させようとした爆弾は、500キロトンから100キロトンになるように調整されたウクライナのSS19と言いました
この武器はその後イギリスからドイツまで追跡され、現在日本に持ち込まれたかもしれない、と言った
(それが既になされていない場合は)武器がサントメとニューギニアにある、このサバタイ派組織の基地から潜水艦を使って、日本に持ち込まれるだろうということ
このソースによると、おそらく積み下ろし場所は三浦半島であろうということ
それはシールドされていないため、日本のAWACS飛行機は、輸送中の爆弾を検出することができるはず
ロンドンの爆弾は、英国の防衛省の高官が謎の理由で、すべての英国のAWACSを接地させるように命じた時に持ち込まれた、と彼は言った
これらの核ミサイルはロシアの武器商人ビクター・バウトが販売した分の一つであった、とソースは言った
イランも、これらの武器のいくつかを買った
この新しい詳細な情報は、「リチャード・ゾルゲ」名で活動するFSBエージェントやイランのシャーの近親者を含む他の情報源と一致すると言った
この悪魔のグループはまた、イランで第3次世界大戦を開始するために、さらなるプッシュを行うそうだ
したがって、この週末に行われたNATOの会議における秘密の題目とはこのことだったようだ
また、盗まれた金(gold)の大部分がシカゴのNATO首脳に見せられたことが報告された
この犯罪組織は、さらなる大量殺人と盗んだ金(gold)によって、彼らが殺人、賄賂、嘘と恐怖の政権を継続できると思っているようだが、もう少し恐怖を演出することができても、余命いくばくもない
また、明らかになったのは、このサバタイ派組織は300人委員会全体ではなく、委員会の内と外に存在するサブ組織ということだ
先週、病気を患っている日本の明仁天皇は、イギリスのエリザベス女王に会うという、稀な海外訪問を行った
この訪問は、貧困を終わらせ、環境破壊を止めるためと、300人委員会が白龍会に7千兆円のオファーを申し出た時と一致している
それは地球上のすべての男性女性と子ども、一人一人に12万ドルを提供するために十分な金額だ
4月の初めには、「ドラゴン・ファミリー王立協会」というグループを代表する人間だと主張する者が、白龍会の代表に会うために日本に来た
この男の主張によれば、このグループは古代アジアだけでなく、ヨーロッパの王室も代表するそうだ
また、「ナカノ ヒロシ」なる名前の人物がこの組織のために働いており、またこの人物は明仁天皇よりも「上」の人間だと主張した
そして、上記の内容を証明するため、白川方明日本銀行総裁宛てに、上記の金額をオファーする、明仁天皇の手書きの手紙を提出するようにと、白龍会がこの人物に要請した
この段階では、この人物は雅子妃からの手紙しかオファーできなかった
雅子妃は、国際司法裁判所判事でロックフェラー三極委員会のカモである小和田恒の娘である
それにもかかわらず、P2フリーメーソン・ロッジにつながる人々によって、その資金は凍結されている
表向きの障害物は、オバマ大統領を名目上のリーダーとして利用し、P2のファシストたちと親しい中国政府の上官たちを利用するワシントンDCのコーポレート政府である
一方、秘密の障害物は、新しいP2のリーダーであり、我々はそれが誰なのかもう少しで突き止められる
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5月22日イルミナティ情報まとめ−イスラエル大使館休館か!G8、NATO首脳会議、オ.. (05/20)

【緊急】5月22日アレフ地震計画は細菌兵器テロに方針転換か!タイミング良すぎるNHK.. (05/20)

ギリシャデフォルト・ユーロ離脱危機:ECB資金注入停止!緊縮派の自宅襲撃、EUやIM.. (05/18)

5月22日開業スカイツリーのイルミナティシンボル、風水、結界、オカルト情報まとめ−日.. (05/17)

【緊急】危険な子宮頸がんワクチン、ついに定期予防接種へ!不妊化・人口削減計画、着々と.. (05/17)

JPモルガン巨額損失発表はロスチャイルドの計画か!裏でボルカールール議論再燃の”茶番... (05/16)

速報】ギリシャ再選挙確定!ユーロ離脱・デフォルト近し!取り付け騒ぎ発生、7億ユーロ... (05/16)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



戻り


====参考文献終わり====






 >>目次2012へ