本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

「天」太陽の投稿記事

『終末と太陽の検証』より

超科学情報 NO n710006

コメント 2012/03/16

{新71_超科学情報_映画「スライヴ」_06}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0500・映画「スライヴ」:差し迫った世界経済崩壊と銀行閉鎖について緊急警告
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 何かと騒がしい今日この頃です
1_<Thrive作者のフォスター氏:(日本を含む)差し迫った世界経済崩壊と銀行閉鎖について緊急警告>のように、アメリカのデフォルトの警告をしています
何となく次の内容が予測されているようです
−−−−−−−−−−
アメリカの崩壊する日/Xデーは20日/その他 : ラミーコのブログ
http://blog.livedoor.jp/ayumi-and1/archives/3900862.html ブログまとめ
3月18日 横田基地内施設休業、部隊強制帰国
3月19日 日本マイクロソフト全社員自宅勤務(17日〜20日まで連休取得可能)
3月20日 米英イスラエルイラン在日大使館閉館
3月20日 ロンポール議員がオバマ出生の不正を議会に提出(予想)
3月20日 オバマ大統領権限剥奪?
3月20日 FEMA発動?
3月18日〜21日 沖縄の在日米軍が休暇
3月31日 日本の国会解散
4月15日 ローマ法王辞める
↑いちおうこういう日程もありという説
オバマ大統領権限剥奪は可能性が低いかもしれない
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3月18日 横田基地内施設休業、部隊強制帰国
だけでなく、沖縄の部隊も開店休業状態にすると噂の情報もあります
なんとなく、二つの題目で検証が忙しくなっています
一つは アメリカの経済崩壊・デフォルトする日
一つは 日本の首都大地震と原発崩壊で日本の国体の崩壊する日
片方は アメリカは 経済崩壊で、日本は 大地震と原発崩壊で日本の崩壊です
雰囲気としては 大変に盛り上がってきています
が、少しわからないことは アメリカ経済の崩壊で、どうしてアメリカへ逃げ帰らなければならないと騒いでいることです
情報としては以上の二通りの出来事が、同じアメリカ関連の軍と会社での逃亡・休業情報が重なっていて、特別に混乱しているようです
要は お金持ちの方は アメリカの崩壊を心配しないと、自らの資産を巻き上げられてしまいますから要注意、貧乏人には 最終的に影響はありますが、食べ物と飲み物だけ用意しておけば良いのです
日本の崩壊の場合でも、心配しなければならないことは 資産の簒奪を受けること、貧乏人は 飢え死にしないように食べ物と飲み物だけは 最低限確保してキャンプノ準備をして、ドタバタ騒ぎが来ても良いようにしておけば良いと言うことです
いずれかなどは さておいて、実現するとすれば後数日ですから、注意して見ていくことですし、兆しが現れるようでしたら速やかに対応してください

===NO n440006:参考文献の目次===

001:Thrive作者のフォスター氏:(日本を含む)差し迫った世界経済崩壊と銀行閉鎖について緊急警告
002:Collapse Coming?Not Recovery:2012 March 13:回復でない崩壊来ている?:3月13日2012
003:アメリカの崩壊する日:2012/03/10
004:自然以外の様々な前兆です、ただし一部デマが入ることがあるかも知れません、あくまで噂です
005:アメリカ崩壊・デフォルト・FEMA発動の日が近い−オバマが大統領権限を剥奪され、FRBドルが紙くずになる!

−−−−−−−−−−−−−−−

===NO n440006:参考文献の目詳細===

===1===============

Thrive作者のフォスター氏:(日本を含む)差し迫った世界経済崩壊と銀行閉鎖について緊急警告

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/691.html
−−−−−−−−−−−−−前略−−−−−−−−−−−−
Thrive作者のフォスターさんが、(日本を含む)差し迫った世界経済崩壊と銀行閉鎖について緊急警告を発信されています
VIDEOVideo Warns It May Only Be A Matter of Months before the SHTF
(投稿者注:http://www.youtube.com/watch?v=-8P3PPfq1pc&feature=player_embedded)
−−−−−−−−−−−−−−
「ライトワーカーの任務はネット上で今起きている事態を正しく伝えて、人々に冷静な対応を呼びかけることである」
欧米の主流メディアが「回復の見通しが立たない経済崩壊」を報道し始めています
Collapse Coming?Not Recovery
(投稿者注:http://the2012scenario.com/2012/03/collapse-coming-not-recovery/#more-103238)まさに、世界の動きから目が話せない状況ですが、明日から少し活動をお休みさせていただきます



戻り


===2===============

Collapse Coming?Not Recovery:2012 March 13:回復でない崩壊来ている?:3月13日2012

http://the2012scenario.com/2012/03/collapse-coming-not-recovery/#more-103238
tags: Financial Crash, U.S. Economy, UFO Cover-up
Posted by Paul Quistgard.
Collapse Coming?Not Recovery
by: Greg Hunter as published in USAWATCHDOG
03/12/2012
http://usawatchdog.com/collapse
The way the latest unemployment numbers were reported by the mainstream media (MSM), you would think the Great Recession was over and the United States was solidly on the road to recovery. The Associated Press reported the numbers by the Bureau of Labor Statistics (BLS) with a story that said, “The United States added 227,000 jobs in February, the latest display of the breadth and strength of the economic recovery. The country has put together the most impressive three months of job growth since before the Great Recession. The unemployment rate stayed at 8.3 percent. It was the first time in six months it didn’t fall, and that was because a half-million Americans started looking for work.” (Click here for the complete AP story) I don’t see how the MSM can say this one number is “the latest display of the breadth and strength of the economic recovery.”
最新の失業番号では主流メディア(MSM)で報告された方法で、あなたは、Great Recessionが終わっていた
そして、アメリカ合衆国が堅固に回復への道の上にあったと思うでしょう
言った物語(アメリカ合衆国は、2月(景気回復の幅と強さの最新の表示)に、227,000の仕事を加えました
で、AP通信は労働統計局(BLS)によって、数を報告しました
同国は、Great Recessionの前にから雇用の伸びで最も多くの印象的な3ヵ月をまとめました
失業率は、8.3パーセントにとどまりました
6ヵ月で、それが落ちなかったのはそれが初めてでした
そして、それは50万人のアメリカ人が仕事を探し始めたからでした
この唯一の数が「幅の最新の表示と景気回復の強さ」であると、MSMがどのように言うことができるかについて、私は見ません(完全なAP物語のためにここをクリックします)
Cyclical and structural unemployment are gripping the nation. Certain jobs are gone forever or, at the very least, for a very long time. Maybe that’s why millions of people have given up even looking for work. Forbes.com reported, just a few weeks ago, millions have stopped looking for work, and the government has stopped counting them. The report said, “In the latest, much celebrated, unemployment report, the labor force participation rate had plummeted to 63.7%, the most rapid decline in U.S. history. That means that under President Obama nearly 5 million Americans have fled the workforce in hopeless despair. The trick is that when those 5 million are not counted as in the work force, they are not counted as unemployed either. They may desperately need and want jobs. They may be in poverty, as many undoubtedly are, with America suffering today more people in poverty than in the entire half century the Census Bureau has been counting poverty. But they are not even counted in that 8.3% unemployment rate that Obama and his media cheerleaders were so tirelessly celebrating last week.” (Click here for the complete Forbes.com report)
周期的で構造失業は、国をつかんでいます
特定の仕事は永遠になくなるか、少なくとも、非常に長い時間のためです
多分そういうわけで、何百万人も、仕事さえ探すことをあきらめたでしょう
Forbes.comは報告しました、ちょうど2、3週前、数100万は仕事を探すのを止めました
そして、政府は彼らを数えるのを止めました
レポートにはありました
最新の(非常に有名な)失業報告では、労働力参加率は、63.7%(米国史で最も急速な低下)まで急落しました
オバマ大統領の下でつまり、ほぼ500万人のアメリカ人は、見込みのない絶望で労働人口を避けました
トリックは、それらの500万が要員の場合のように数えられないとき、彼らが失業中であるとみなされないということです
彼らは、仕事を必死に必要とするかもしれなくて、望むかもしれません
多くが疑う余地なくそうで、彼らは貧困にあるかもしれませんより今日損害を受けているアメリカで国勢調査局が貧困とみなしていた全ての半分世紀にはより貧困で人々
しかし、オバマと彼のメディア・チアリーダーが先週それほど疲れを知らずに賛美していたその8.3%の失業率で、彼らさえ数えられません
(完全なForbes.com報告のためにここをクリックします) While we are on the subject of unemployment and poverty, the number of people on food stamps jumped to more than 46.5 million in December 2011! It is a new all-time record. How can the nation be in a true “recovery” with increasing numbers of Americans on the government dole? 我々が失業と貧困に関している間、食券の人々の数は2011年12月に以上飛び上がりました! それは、新しい空前の記録です
どのように、政府失業手当の上でアメリカ人の数を増やすことで、国は本当の「回復」においてあることができますか?
According to economist John Williams of Shadowstats.com, the latest good news about job creation is distorted with what he calls “massive seasonal adjustments.” The latest Shadowstats.com report, last Friday, said, “With heavy warping of the seasonal-adjustment process from the effects of the extreme nature of the current downturn, the resulting employment gain and unemployment rate level remain of questionable quality and significance.” If unemployment were calculated the way BLS did it in 1994 or earlier, the true unemployment rate would top 22% according to Shadowstats.com. Williams also says, “The outlook for the broad economy remains bleak, despite relatively upbeat February payroll data. Bank lending remains impaired, while household income has taken a new hit, as indicated in recent reporting. Separately . . . annual and monthly growth in the broad money supply appears to be stalling, again. That likely is a further indication of mounting difficulties in the systemic-solvency crisis.” (Click here to go to the Shadowstats.com home page).
Shadowstats.comの経済学者ジョン・ウイリアムスによると、雇用創出についての最新のよい知らせは彼が「大きい季節調整」と言うことでゆがめられます
と、最新のShadowstats.com報告には、この前の金曜日に、ありました
「現在の下降の極端な性質の影響から季節調整プロセスを重く曲げることで、結果として生じる仕事増加と失業率レベルは、いかがわしい品質と重要性の残ります」と、BLSが1994年にそれをした方法で、失業がそうであったIfは計算しました
あるいは、以前に、正確な失業率はShadowstats.comによって22%を上回ります
ウィリアムズも、言います
「厳しい広い経済的な残りの展望(比較的上向きの2月の従業員名簿データにもかかわらず)
最近の報道において示されるように、世帯収入が新しいヒットをとる間、銀行貸出は損なわれるままです
別に... 幅広いマネーサプライの一年と毎月の増加は、再び、遅れているように見えます
それは、たぶん全体的な支払い能力危機の上っている困難の更なる徴候です
(Shadowstats.comホームページへ行くためにここをクリックします)
“Mounting difficulties in the systemic-solvency crisis” means, in reality, it is more likely financial collapse is coming?not recovery. Maybe that’s why the Federal Reserve recently announced it is going to start another round of money printing because the economy is teetering on an abyss. Marketwatch.com reported just last week, “Federal Reserve officials are considering a new type of quantitative easing that will attempt to boost the economy without accelerating inflation, according to a report published Wednesday.” (Click here for the complete Marketwatch.com story) If the economy was in a real “recovery,” why would the Fed want to “boost the economy”? The Fed also announced at the end of January it would hold a key interest rate at 0% through 2014. If the “breadth and strength of the economic recovery” was so powerful, wouldn’t the Fed be hiking interest rates? Of course it would. The fact it is keeping them at zero for years and starting a new round of money printing is signaling the economy is in trouble, not in a so-called “recovery.”
実際は、「全体的な支払い能力危機で困難を開始する」ものは、金融崩壊がcoming―not回復であることはよりありそうなことを意味します
多分そういうわけで、経済が深い穴で揺れているので、もう一ラウンドのお金を印刷させ始めそうであると、連邦準備制度理事会は最近発表したでしょう
「水曜日に発表されるレポートによると、連邦準備制度理事会当局は、インフレを速めることなく経済を促進しようとする新型の量的緩和を考慮しています
」と、Marketwatch.comはちょうど先週報告しました
(完全なMarketwatch.com物語のためにここをクリックします)
経済が本当の「回復」においてあったIf、なぜ、連邦準備制度理事会は「経済を促進する」ことを望みますか?
1月の末に、2014年まで0%で重要な金利を持つと、連邦準備制度理事会も発表しました
「景気回復の幅と強さ」がとても強力であるならば、連邦準備制度理事会は金利を引き上げていませんか? もちろん、それはそうします
いわゆる「回復」においてでない、それが長い間彼らをゼロに保っていて、お金の新ラウンドを印刷させ始めているという事実は、経済が問題を抱えていると合図しています
Even near record low interest rates are not helping the morbid housing market to recover. According to the latest Case-Shiller report, home prices were down nearly 4% at the end of 2011. What kind of a recovery features near record low interest rates and falling home prices? Also, millions of empty houses are sitting on the books of the banks, and millions more are headed for foreclosure. Shouldn’t home inventory be shrinking in a real “recovery”? It is not, and that’s a fact!
近い最低記録金利さえ、病的な住宅市場が回復するのを助けていません
最新のケース・シルレル報告によると、住宅価格は2011年の末にほぼ4%下がっていました
回復のどんな種類が、近い最低記録金利と落ちている住宅価格を特徴としますか?
また、何百万もの空の家は銀行の本に位置しています
そして、数百万人は差し押さえにより出かけます
家庭の目録は、本当の「回復」において縮んでいてはいけませんか?
それはそうでありません
そして、それは事実です!
Finally, if there really was a recovery, the government would not be hitting record deficits month after month. The deficit would shrink as the economy got better wouldn’t it? (Think Clinton era.) Instead, the Federal deficit is exploding! The Washington Times reported, just last week, “The federal government recorded its worst monthly deficit in history in February, according to a preliminary report Wednesday from the Congressional Budget Office that said the deficit in fiscal year 2012 is already more than half a trillion dollars. . . . The nonpartisan agency projected the government will run a deficit of $229 billion in February, the highest monthly figure ever.” (Click here for the complete report from the Washington Times) That means the government spent nearly $8 billion more than it took in each and every day of last month (29 days). This is not a sign of economic “strength” but of tremendous weakness. You cannot print your way to prosperity, but it can pave the way to an economic collapse. 最後に、本当に回復があるならば、政府は毎月毎月記録的な赤字を打っていないでしょう
赤字は、得られたよりよいものがそうしない経済として、それを縮小します?
(クリントン時代を考えてください)
その代わりに、Federal赤字は爆発しています! ちょうど先週、ワシントン・タイムズは報告しました
「水曜日に会計年度2012の赤字がすでに5000億ドル以上であると、言った議会予算局からの予備レポート...によって、2月に歴史の最悪の毎月の赤字を、連邦政府は記録しました
政府が2月(これまでで最も高い毎月の数字)に2290億ドルの赤字を走らせると、無所属の機関は見積もりました」
つまり、政府は、先月(29日)のどの日も理解したより、ほぼ80億ドルを使いました
(ワシントン・タイムズから完全なレポートのためにここをクリックします)
これは、経済「強さ」の、しかし、相当な弱さの合図でありません
あなたは繁栄へ行く途中を印刷することができません
しかし、それは経済崩壊への道を開くことができます



戻り


===3===============

アメリカの崩壊する日:2012/03/10

http://blog.livedoor.jp/ayumi-and1/archives/3900862.html
地震、放射能と世の中の終わるような日記が続いておりますが、まだまだ続きます
アメリカがいよいよ崩壊しそうな状況になってきました
どうもその日が3月18日のようです
ただいまニニギの元に
「3月18日までに東京の横田基地の米軍は家族も一緒に帰国する」ような通達が出てるそうです
ただならぬ出来事です
家族も帰国とは完全な撤退です
横田基地には米軍の将校だけがおります
幹部とその家族だけです
実はこの横田基地は行政区的には「ワシントンDC」なのです
他の基地とは違ってアメリカのホワイトハウスの出所なのです
だから郵便物は「ワシントンDC内横田基地」になります
そのため毎日ワシントンDCとの間を直行便が飛んでいるのです
日本国内のアメリカホワイトハウスなのです
ここの全員が引き上げるとなると、アメリカ国内で何かが起こるからでしょう
ホワイトハウスに
数日前の日記で、アメリカオバマ大統領が、ハワイ生まれというのは偽の出生届けであったことが判明しました
どうも真実のようです
そうなると、アメリカ大統領はアメリカ生まれでないとできないので、大統領の資格はなくなります
アメリカ国内でオバマ大統領のサインしたものは全て失効します
諸外国に対してはアメリカの代表だったということは国民が決めたことなので、そのまま通用すると思いますが、国内はそうはいかないでしょう
それをアメリカ議会に提出する日が3月18日ではないでしょうか
アメリカの大統領がその権利を剥奪されることは世界に衝撃が走るものと思います
しかし他の基地の引き上げについては何の情報もありません
これは以前にニュースで流れた事に、アメリカの海外駐在の米軍兵は、その撤退の費用も無いので、軍解体の時はそのままその国に残るように、との話がありました
それで沖縄の米軍はグアムへの移転を渋っているのです
なるべく日本に残して、さようなら、をしたいのです
残った米兵は日本国民となり、自衛隊に加わるのでしょう
こんな考えられないことが現実に起ころうとしてます
何でこんなことが起こるのか
今アメリカで「闇の勢力」がオバマ降ろしと銀行のトップを追放してます
その数200人になったといわれてます
先日のガイドナー財務長官逮捕もその影響です
ビルゲイツ逮捕も
金持ちばかりが狙われます
アメリカのFEMA(緊急事態管理庁)の動きが1ヶ月前から活発になってきました
FEMAは大統領権限よりも優先される権限を持ってます
これが遂に動き出したのですから、もう緊急事態なのです
大統領をも手が出せません
思い起こして下さい
確か2年ほど前にニューヨークで「貧困問題」でデモがあり、そのまま座り込みで、その影響は全国に飛び火しました
「世の中のほんの僅かな富裕層によって世界のお金の80パーセントが握られている」と
貧困の原因を追究したのでした
そして代表の彼はテレビのカメラの前で「このような経済社会、必ず潰してみる」そう断言したのです
その迫力を見てニニギも感動してました
その貧困層を支持していたのがアメリカ民主党のロンポール上院議員です
今回の革命の張本人です
まさに正義の味方として強い貧困層の指示があるのです
貧困層の起こしたアメリカ最大のクーデターとなります
このロンポール上院議員は常に民主党の大統領選挙に立候補しながらいつも最下位、日本では泡沫候補として報道すらされません
しかし彼の言ってる事が最もまともです
ではどんなことを言ってるのでしょうか
まずFRB(アメリカ中央銀行)を解体しろと言ってます
FRBがドルを発行してるのですから、ドルを紙切れにしろということです
そして金本位制度に移行すると
そのために金の取引が禁止されました
でも金持ちは取引できることが腑に落ちないのですが
金持ちの財産の少しくらいは残せるためでしょう
そのほとんどはなくなります
これで貧富の差はかなり無くなります
それで銀行のトップの首も次々と切ったのでしょう
そして3月18日オバマ大統領の罷免を議会に提出して、アメリカ国会の解散をし、大改革に入るのでしょう
これこそ過去最大のクーデターです
何しろ偽大統領だったのですから
彼のやったことは全て無効になります
遂に貧困層が財界に勝利したのです
アメリカは混乱し世界経済はドルの無効で、混乱し、経済そのものが麻痺する事でしょう
なお沖縄にいる米軍については、3月18日から21日までが突然休みになったようです
エックスデー、間違いなさそうです
世界経済の破綻まであと8日



戻り


===4===============

自然以外の様々な前兆です、ただし一部デマが入ることがあるかも知れません、あくまで噂です

http://gori10.iza.ne.jp/blog/entry/2624991/
米軍横田基地に住んでいる知り合いの話
3月18日に部隊全員家族休暇取らされてアメリカに戻されるらしい
基地内のスーパーや公的期間、スタンドや店も18日からすべて休みだから注意してと言われたそうだ
ちなみにその知り合いはアメリカに行かないで沖縄の基地の知り合いの家に行くらしい
沖縄の部隊は18〜21まで休みだが基地内はいつも通り動くらしい
米軍横田基地 3月18日部隊全員アメリカに戻される 第10回司特別研修東京第2
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/140.html
米系外資、○イツの会社で働いてるんだけど、3/19は全社クローズという通知が来てる
なんでも、「非常災害時に備える日とし、社員は自宅勤務しろ、派遣は休日扱い」とのこと
連休にしたいだけかもしれんが、理由付けがとっぴな気がしてた
誰かが何かを言っていた@2ch : イスラエル外務省を見たけど出ていない
http://blog.livedoor.jp/hour24/archives/67366945.html ● ウェブボット、クリフハイの予測
1.闇の勢力が崩壊するポイントが、3月2〜9日の間にある
それまでに、核戦争等が起こらなければ、3月10日以降は奴らは主要な勢力ではなくなる
2.マス・メディアは、3月19日から 、爆発的に真実を伝えだす
大変な急流になる
−−−−−−−−−−−−
ラミーコのブログより「3月18日までに東京の横田基地の米軍は家族も一緒に帰国する」ような通達が出てるそうです
ただならぬ出来事です
家族も帰国とは完全な撤退です
ここの全員が引き上げるとなると、アメリカ国内で何かが起こるからでしょう
ホワイトハウスに
アメリカオバマ大統領が、ハワイ生まれというのは偽の出生届けであったことが判明しました
それをアメリカ議会に提出する日が3月18日ではないでしょうか
アメリカの大統領がその権利を剥奪されることは世界に衝撃が走るものと思います
アメリカのFEMA(緊急事態管理庁)の動きが1ヶ月前から活発になってきました
FEMAは大統領権限よりも優先される権限を持ってます
これが遂に動き出したのですから、もう緊急事態なのです
大統領をも手が出せません
−−−−−−−−−−
アメリカの崩壊する日/Xデーは20日/その他 : ラミーコのブログ
http://blog.livedoor.jp/ayumi-and1/archives/3900862.html ブログまとめ 3月18日 横田基地内施設休業、部隊強制帰国
3月19日 日本マイクロソフト全社員自宅勤務(17日〜20日まで連休取得可能)
3月20日 米英イスラエルイラン在日大使館閉館
3月20日 ロンポール議員がオバマ出生の不正を議会に提出(予想)
3月20日 オバマ大統領権限剥奪?
3月20日 FEMA発動?
3月18日〜21日 沖縄の在日米軍が休暇
3月31日 日本の国会解散
4月15日 ローマ法王辞める
↑いちおうこういう日程もありという説
オバマ大統領権限剥奪は可能性が低いかもしれない
というか日本がごちゃごちゃしてる時に、そんなことはやめてね
衛星データ的に見て、日本で地震が起こる可能性が高いので、FEMA発動ありえるかというと疑問だなぁ
−−−−−−−−−−−−−−
Kazumoto Iguchi's blog :
「オバマ出生証明書偽造」が公式に証明!:
地下鉄広告「オバマよ、地獄へ堕ちろ!」
http://quasimoto.exblog.jp/17466865/
で、「オバマ出生証明書偽造」が公式に証明、されたそうですね
ああ、地震直後からアメリカもごちゃごちゃする可能性有か・・
起きるとはきまってないがね
密度ゼロ放射は今日から始め、明日から本格化、地震が発生する危険性がある日は、17日からか、横田基地内施設休業、部隊強制帰国 18日
東京マイクロソフト、米英イスラエルイラン在日大使館閉館19日〜20日閉鎖
なるほど・・
−−−−−−−−−−−−−−−



戻り


===5===============

アメリカ崩壊・デフォルト・FEMA発動の日が近い−オバマが大統領権限を剥奪され、FRBドルが紙くずになる!

http://www.news-us.jp/article/257374611.html
2012年03月13日 12:16 アメリカ崩壊・デフォルト・FEMA発動の日が近い−オバマが大統領権限を剥奪され、FRBドルが紙くずになる!ここに来てとんでもないニュースが入ってきました
なんと、3月18〜20日についにオバマが正式に大統領権限を剥奪され、世界経済が崩壊し、FEMAが発動されるという説が浮上しているのです
「3月18日までに東京の横田基地の米軍は家族も一緒に帰国する」ような通達が出てるそうです
ただならぬ出来事です
家族も帰国とは完全な撤退です
ここの全員が引き上げるとなると、アメリカ国内で何かが起こるからでしょう
ホワイトハウスに
アメリカオバマ大統領が、ハワイ生まれというのは偽の出生届けであったことが判明しました
それをアメリカ議会に提出する日が3月18日ではないでしょうか
アメリカの大統領がその権利を剥奪されることは世界に衝撃が走るものと思います
アメリカのFEMA(緊急事態管理庁)の動きが1ヶ月前から活発になってきました
FEMAは大統領権限よりも優先される権限を持ってます
これが遂に動き出したのですから、もう緊急事態なのです
大統領をも手が出せません
アメリカの崩壊する日/Xデーは20日/その他 : ラミーコのブログ
http://blog.livedoor.jp/ayumi-and1/archives/3900862.html
横田基地
上記のブログをまとめると
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3月18日 横田基地内施設休業、部隊強制帰国
3月19日 日本マイクロソフト全社員自宅勤務(17日〜20日まで連休取得可能)
3月20日 米英イスラエルイラン在日大使館閉館
3月20日 ロンポール議員がオバマ出生の不正を議会に提出(予想)
3月20日 オバマ大統領権限剥奪?
3月20日 FEMA発動?
3月18日〜21日 沖縄の在日米軍が休暇
3月31日 日本の国会解散
4月15日 ローマ法王辞める
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1つ問題があるとすれば、3月20日にロンポール氏がオバマ罷免を議会に申し出る根拠がないことです
横田基地の軍人が引き揚げることとの関連性を見出せませんでした
在日の米国関係者がいなくなるなら、日本で何か起きると考える方が自然です
この点は、ついに今朝フルフォード氏もメルマガで言及しました
3月20日イスラエル核テロ説、やはり警戒した方がよさそうです
ただし、その計画の全容を把握することは困難です
核テロの根拠もありません
オバマの出生届が不正であることは、以前にも言及しましたが、ようやく証拠が出揃ったようです
Kazumoto Iguchi's blog : 「オバマ出生証明書偽造」が公式に証明!:地下鉄広告「オバマよ、地獄へ堕ちろ!」
http://quasimoto.exblog.jp/17466865/
これで、いつでも議会により大統領権限を剥奪、罷免できるという訳です
オバマがサインした数々の危険は法案は全て無効となります
理解しがたいオバマ大統領 - 唖蝉坊の日記
http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20120218/1329524388
マーシャル法発動で世界宗教の素地? | カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-50.html
米軍横田基地に住んでいる知り合いの話
3月18日に部隊全員家族休暇取らされてアメリカに戻されるらしい
基地内のスーパーや公的期間、スタンドや店も18日からすべて休みだから注意してと言われたそうだ
ちなみにその知り合いはアメリカに行かないで沖縄の基地の知り合いの家に行くらしい
沖縄の部隊は18〜21まで休みだが基地内はいつも通り動くらしい
米軍横田基地 3月18日部隊全員アメリカに戻される 第10回司特別研修東京第2
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/140.html
米系外資、○イツの会社で働いてるんだけど、3/19は全社クローズという通知が来てる
なんでも、「非常災害時に備える日とし、社員は自宅勤務しろ、派遣は休日扱い」とのこと
連休にしたいだけかもしれんが、理由付けがとっぴな気がしてた
誰かが何かを言っていた@2ch : イスラエル外務省を見たけど出ていない
http://blog.livedoor.jp/hour24/archives/67366945.html
これらの書き込みはデマの可能性もありますが、いずれにせよ多くの状況証拠が3月20日に起こる何らかのイベントを示唆しています
日本にもロンポール議員のような気骨ある人材はいないのか?
確かに、FRBの解体から始まるアメリカの崩壊はいつ来てもおかしくなかった
ロンポール議員はFRBの会計監査を行なう法案を提案した張本人です
彼の言う事ならば信頼できます
この点はベンジャミンフルフォード氏も述べています
「FRB解体ともなればアメリカ国内の混乱は避けられないから、仕方なくFEMA発動となる」
これは悪の計画でないが、必然的でやむを得ない動きとしています
どのような状況であれ、新しい金融システムを始動させるためには一旦現行の金融システムをストップせねばならず、どうしても経済は混乱します
悪の計画では経済は崩壊、計画が頓挫してもやはり経済は崩壊となります
ここが紛らわしい点です
これは人類が必ず通らねばならないステップと考えるべきです
ただし、ここでキーとなってくるのがFRB発行のドルが、世界に流通しているドルから隔離されているという事実です
これが事実ならば、崩壊するのは欧米と野村含む一部の金融機関だけで済みます
アジア諸国が結託し、欧米の金融崩壊が波及するのを防ぐ準備に入ったとの非公開情報もあります
FRBのドルが紙切れになるのは間違いありませんが、FRBのドルが紙切れになることの意味を正鵠に捉えているかどうかが今後の世界がどのように動くかを判断する上で重要と言えそうです
日本が破産するかどうかは、日銀次第と言えます
日銀解体も想定されます
日銀券に価値がなくなる可能性は十分にあります
その後政府が日銀を国有化した上で、政府紙幣を即座に発行し日銀券と等価交換してくれるかどうかは、賭けです
保証はありません
日本企業は輸出で稼いだ世界ドルを保有しますが、日本国民は日銀券と、せいぜい自宅程度しか資産がありません
日本円の話ではありません
日銀券です
ここがキーポイントです
この3月20をメドに大至急生活を守るための備蓄に走って下さい
食料品
生活用品、住まいの問題
あらゆる恒久的な生活を考えて下さい
もちろん文明の無い中での
電気水道も止まる可能性があります
社会が崩壊し、各々が自分の生活のために動きだすからです
もちろんお金など通用しません
無政府になるのですから
災害準備と一緒の準備でいいでしょう
特に電気が止まると水道が使えなくなるので、水の問題があります
深い井戸はモーターを使わないと水は10メートルまでしか上がってきません
井戸水を使うところではソーラ電源の準備を至急して下さい
明日になると少し情報が出てくるのでなるべくお急ぎ下さい
今週は波乱の週になりそうですね
備えあれば憂いなし
現実を直視した者だけが生き残る世界
フルフォード氏発の支配エリート逮捕ニュースに歓喜しつつも、最後の最後まで油断せず、できる限りの準備をしておくことが重要です
※ 追記
本日3月13日のムーパルチャンネルで、フルフォード氏と共にグノーシス派アノニマス(ロスチャイルドと闘う勢力)の代表が金融支配マフィアに向けて最後の警告を行なうようです
おそらくアレクサンダー・ロマノフ氏ではないかと思います
いよいよ3月末に向けて金融マフィア壊滅の動きが激化してくるか?
それとも無駄な抵抗を続けて、4月以降も居座り続けるか?
ギリシャのユーロ離脱へ向けて、今週も波乱続きの週となりそうです



戻り


====参考文献終わり====






 >>目次2012へ