本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

松の巻 第04帖 (295)

 幾ら誠を申してもまことは咽喉へつかえて呑み込めないですから、誠の所へは人民なかなか集まらないのですが、今度の御用は臣民 沢山は要らないのです。
 何もかも太陽(ミロク)が仕組んでいるのですから、人民がしようとしても何も出来はしないのです。太陽(ミロク)の気概に叶わない人民は地の下になるのです。
 神示がわからねば一度捨てて見るとわかるのです。
 六月二十日、アメのひつ九のかミ。



年月日

 昭和二十年六月二十日
 旧五月十一日(1945年)
⇒ 次のページへ

バナースペース

ひふみ神示解読