○二
本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

メール17神示

海の巻 第9帖 の再考

yuru63のメール
  • 太陽さん、千成さん、こんばんわ。

    yuru63です。

    海の巻 第9帖を再考察してみた。


    マコトの改心は愈々とならねば出来んものぢゃが、

    出来んことも無理もきかねば この峠越せんこともあるのざぞ。

    天も近うなるぞ、

    地も近うなるぞ、

    田舎に都、

    都に田舎が出来ると申してあろが、

    も少し人民に判りて来んと、

    今びっくり箱をあけたら助かる人民一分もないぞ、

    早う知らしてくれよ。

    神せけるなれど人民中々云ふこと聞かんから物事おそくなるばかり、

    おそくなれば益々苦しむばかりぞ。

    色はにほへど散るものぞ、

    世の乱れ神界のいろからであるぞ、

    気つけておくぞ。

    日の本(もと)の国を取らうとしても何とだましても、

    御先祖様には何も彼も世の元からの仕組してこの事判ってゐるのであるから、

    悪のやり方よ、

    早う善にまつろへよ、まつろへば悪も善の花咲くのぢゃぞ。

    八月二十三日

    「天も近くなる、地も近くなる」とは、最近の情報から考えると、天からの情報が、幻視情報、予言などの形で出てくることを云っているのかもしれません。

    「都に田舎が出来ると申してあろが、も少し人民に判りて来んと、今びっくり箱をあけたら助かる人民一分もないぞ」が原発の問題や地震と関連しているなら、これは大変です。

    「伊勢女というかたの予言」「山梨のじいちゃん予言」にもこの帖と似たような内容がありました。


    「偽りの都は滅びる」


    「パンドラの匣はな、9月と10月に連続して開く。

    9月○日までに関東が大地震でやられ、10月□日になれば九州で大噴火が起き始める」

    「その兆しとして、7月から8月に大きな災難が降り掛かってくるだろうが、とくに8月には気をつけねばらん。 」

    「だから次の3年間で滅ぼされるのは、この骨にすがって生きている人間達で、彼らは狂ったようにこの日本に押し寄せてくる。

    日本は攻めに攻められ、負けに負けて天皇家もろとも滅亡の淵に追い込まれる」

    「だがな、もしワシの予知が正しければ、今日から5年後の6月11日にこの形勢を逆転するパンドラの匣(はこ)が開くはずだ。 」

    並べてみると本当にそっくりな内容です。

    しかし神示にて、「マコトの改心」を無理にでもしてくださいといった内容が述べられています。

    峠を越すために必要なことのようです。

    「マコトの改心」とは、またここで述べられている「色(いろ)」とは何のことなのでしょうか。

    もしかすると太陽(ミロク)原理を理解して、びっくり箱もびっくりしなくなる(驚かなくなる)ことにより、峠を越せるということなのかも。

    そして「色(いろ)」とは「真実と離れた、いろいろな思考形態を存在させた」ということ?

    そういえば、「世界に衝撃! 米国 数百万のキリスト教のインターネットサイトを閉鎖!」から、宗教がらみで、戦争を誘導させようとするにおいがプンプンします。

    他の宗派の民族は人間と思わない思考も「色(いろ)」ではないかと思ったりもします。



千成さんのメール
  • yuru63さん、考察ありがとうございます。


    田舎に都、

    都に田舎が出来ると申してあろが、

    これに関しては以下の帖では丹波(タンバ)が都となるとのこと。


    タンバはタニハ、

    田庭とは日の本の国ぞ、

    世界の事ぞ、

    タンバとはタンバイチとは世界の中心と云ふ事ぞ、

    日の本と云ふ事ぞ、

    キミの国ざぞ、

    扶桑の国ざぞ、

    地場ざぞ、

    判りたか。

    地場を固めなならんぞ、

    五十鈴の川はムツの川、

    和合の川ぞ。

    社殿(やしろ)は八方に開く時来たら八尋殿(やひろどの)建てて下されよ、

    マコトの八尋殿。

    何も判らん無茶苦茶者が、

    偉ら相な名の神がかりして、

    何も知らん人民をたぶらかしてゐるが、

    今に尻尾を出して来るぞ、

    尻尾つかまらん内に改心して神の道に従って来いよ。

    八月二十三日、

    一二

    海の巻 第11帖 (503)

    山梨のじいちゃん予言では三年の間、骨になった外国人が日本に攻めてくるとのこと。

    三四五(みよいづ)の仕組とは、三年間のことだと言っています。


    一、 二、 三年が正念場ぞ。

    三四五(みよいづ)の仕組と申してあろがな。

    八月の三日、 ひつくのか三。

    下つ巻 第34帖 (076)

    以下の五六七(ミロク)の仕組みは、三年のことではなく、五月、六月、七月の三ヶ月のことかもしれません。

    というのは、 八月のこと、八月の世界のこと、よく気つけて置いて呉れよと八月が出てきます。


    三四五(みよいづ)から五六七(みろく)の世になれば天地光りて何もかも見えすくぞ。

    八月のこと、八月の世界のこと、よく気つけて置いて呉れよ、

    いよいよ世が迫りて来ると、

    やり直し出来んと申してあろがな。

    いつも剣の下にゐる気持で心ひき締めて居りて呉れよ、

    臣民 口でたべる物ばかりで生きてゐるのではないぞ。

    八月の十五日、

    富士の巻 第06帖 (086)

    そして、富士山も政府管理区域・立ち入り禁止区域に指定されるのかも。


    二二は晴れたり日本晴れ、

    てんし様が富士(二二)から世界中にみいづされる時近づいたぞ。

    富士は火の山、

    火の元の山で、

    汚してならん御山ざから臣民登れんやうになるぞ、

    十月十一日、

    一二か三。

    地つ巻 第36帖 (173)

    以下の帖によると、国民皆兵制度になったとき、世界中が日本に攻めてくるのかも。

    その頃カイの御用とありますから、遷都が行われ都がタンバという田舎になるのかも。

    行けども行けども、 草ぼうぼう、 となっていますから、日本も外国から攻撃されてメチャクチャになっているのかも。


    日本の国の臣民皆兵隊さんになった時、 一度にどっと大変が起るぞ。

    皆思ひ違ふぞ。

    カイの御用はキの御用ぞ。

    それが済みたら、 まだまだ御用あるぞ。

    行けども行けども、

    草ぼうぼう、

    どこから何が飛び出すか、

    秋の空グレンと変るぞ。

    九月に大地震かも。


    不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、

    岩の巻 第02帖 (367)

    以下によると、キの道を伝える少し新しいものができるようです。

    yuru63さんサイトや大摩邇(おおまに)サイトやyouさんサイトなど多数のキを伝えるサイトが出来たことでしょうか?


    元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。

    岩の巻 第02帖 (367)

    神示の言うタイムラインと太陽(ミロク)原理や上村 巖さんの言う、「都市攻撃」や「ノアの大洪水」のあるタイムラインと少し違いがあることが見えてきました。

    当初「都市攻撃」は、今年か来年かもと思えていましたが、ジョン タイターの予言では、2036年まで世界がもっています。

    「都市攻撃」や「ノアの大洪水」のあるタイムラインとは、われわれの世界ははずれたのでしょうか。

    もしそうであれば少しはありがたいのですが、・・・

    われわれの世界は、どのようなタイムラインを進むのでしょうか?

    ただ、どのタイムラインを進もうとも、キビシさ一杯で・・・

    キビシさが始まりそうな八月など、あと少しです。

    7月15日で、時間よ 止まってください!

    そう言えば、イタリアのあたりで、時間が止まった地域が二カ所出現したとの信じがたい情報があります。

    時間が止まって欲しい、という人類の願いが、一部実現したのでしょうか?

    時間さえ止まるなら、世界中の人々が、幸せ一杯の未来を願うなら、幸せなタイムラインが出現するのかも。

    イヤ、神示によると、キビシイ時代を経ないと、神の世界が来ないとのこと。

    一足飛びに幸せ一杯の世界は来ないとのこと。

    これから人間の身も心も洗濯される時代に突入しそうな雰囲気で・・・


    そして「色(いろ)」とは「真実と離れた、いろいろな思考形態を存在させた」ということ?

    そういえば、「世界に衝撃! 米国 数百万のキリスト教のインターネットサイトを閉鎖!」から、宗教がらみで、戦争を誘導させようとするにおいがプンプンします。

    他の宗派の民族は人間と思わない思考も「色(いろ)」ではないかと思ったりもします。

    yuru63さんは、色について↑のように考察されています。

    米国では、最近のミズリー川事件で、黒人の人々を多数殺したとのこと。

    日本のような黄色人種も、排除の対象に組み込まれているのでしょう。

    肌の色の違うものも排除し、宗派の違いの者も排除する!

    う~ん

前のページに戻る<<