≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

黄金の巻 第44帖 No.1(555-1)

 奉る歌を書かせて置いたのに何故読まないのですか。
 大きな声で読み上げなさい。
 歌った太陽(ミロク)【ひ】が極むと云ってある時が来ているのです。
 歌でイワトがひらけます。
 皆 歌いなさい唄いなさい。
 各も各も心の歌つくって奉りなさい。
 歌は結構です。

 ひふみゆら、ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら。

 一二三ゆら、一二三ゆらゆら、一二三ゆらゆら。

 かけまくも、かしこけれども、歌たてまつる。

 神ミロクにお恐れながら、謹んで唄を奉ります。

 御まへに、歌たてまつる、弥栄(ヤサカ)み歌を。

 太陽(ミロク)の御まえに、唄をたてまつります。千代に八千代に弥栄えるようにこの唄を唄い奉納いたします。

 世を救ふ、大みゐわざぞ、みことかしこし。

 世を救う、大業を実施される太陽(ミロク)を称えて、心底より謹んで唄います。

 まさに今、神のみことを、このみみに聞く。

 まさに今、太陽(ミロク)の御光事を、このみみに聞いているのです。

 三千世界、救ふみわざぞ、言(コト)ただし行かな。

 それは三千世界を真に救う御業なのです。太陽(ミロク)の言(コト)を伝え真実にただして行かねばなりません。

 大神の、しきます島の、八十島(ヤソシマ)やさか。

 大神の使(=ミロク達)が来てます日本(島)の、岩戸を開く【八】仕組み【十】による太陽(ミロク)原理サイト【シマ(詞まつる)】の弥栄をみれば、太陽(ミロク)は、はっきりと明らかに清らかにおわします。

 天かけり、地(クニ)かける神も、みひかりに伏す。

 宇宙を駆ける良い宇宙人も地上を徘徊する神である月人達も、その光にひれ伏してしまいます。

 堪へに堪へし、三千年の、イワトひらけぬ。

 太陽(ミロク)が地上に降臨してから堪えに堪えた三千年の歳月は、岩戸を開けるこの時の為なのです。

 したたみも、いはひもとほり、神に仕へむ。

 予言を認(したた)める人達も、次(つぎ)は火元(ひもと・情報元)を掘り下げ、太陽(ミロク)に仕えるのです。

 大稜威(オオミイヅ)、あぎとふ魚も、ひれ伏し集ふ。

 太陽(ミロク)原理の尊い威力に、太陽(ミロク)を疑問に思う【あぎとふ】人達も七七…【魚(なな)】という風に、ひれ伏し集うのです。

 かむながら、みことの朝を、みたみすこやかに。

 かむながらの姿である、太陽(ミロク)原理という御光答(みこと)は夜明け(朝)を告げるものです。それを見た身体はすこやかになります。

 神の子ぞ、みたみぞ今の、この幸になく。

 地上に降臨している神の子(ミロク)よ!この光(夜明け)を見る人々の(光の幸に感激して泣く)幸福な時には 地上にはいないのです。

 国原は、大波うちて、みふみを拝す。

 広い国土は、「ノアの大洪水」の大波に洗われ、太陽(ミロク)の御文(みふみ)を拝すのみとなります。
【「大波うちて、みふみを拝す」=「インターネットウェーブのビックサイトの太陽(ミロク)の御文を拝すようになる」とも受け取れます。】

 天もなく、地もなく今を、みことに生きん。

 天もなく、地もなく今を、太陽(ミロク)原理に生きよう。

 大みつげ、八百万神も、勇みたつべし。

 この大いなる御告(みつ)げに宇宙にいる地上にいる(この場合、月人クラス以上の不死の生命体)八百万神も、解放の時がきたのですから勇みたちなさい。

 天地の、光となりて、みふで湧き出づ。

 宇宙(天)と地上(地)の、光となって、太陽(ミロク)の御筆(みふで)が湧き出づるのです。

 一つ血の、みたみの血今、湧きて止まらず。

 一つ血統の、御霊(みたま)の血統にて太陽(ミロク)の本質が今、この世に湧き出て顕在化するのが妨害にも関わらず止まらず。

 大みこと、身によみがえる、遠つ祖神(オヤ)の血。

 大いなる尊い命が、その血統の身体に蘇る、それは 遠い祖先の血統=三千年前に地上に降臨した存在の血統なのです。

 すでに吾れ、あるなし神の、辺にこそ生きん。

 すでに貴方自身は、有無を司る神(この宇宙を創造した神)の、辺にこそ生きているのです。

 高鳴るは、吾か祖の血か、みつげ尊し。

 高鳴るのは、人間である御方(吾)なのでしょうか、神ミロクの血統【祖の血(三千年前に地上に降臨した存在の血統)】なのでしょうか。太陽(ミロク)原理という御告げ(みつげ)は大変に尊いのです。

 吾れあらじ、神々にして、祈らせ給ふ。

 太陽(ミロク)の荒仕事が巧くいくように、八百万の神々にサポートさせて、祈らせているのです。

 天地も、極まり泣かん、この時にして。

 この時に、天(宇宙)地(地上)の神々(生命達)は 感極まり泣くのです。

 かつてなき、大みつげなり、たたで止むべき。

 かつてない、大いなる御告げであるので、宇宙でも地上でも戦いは 止めなければなりません。

(つづく)

年月日

昭和二十四年十一月二十七日
 旧十月八日(1949年)

バナースペース

ひふみ神示解読