≪○二≫
本文へスキップ

ひふみ神示を太陽(ミロク)原理、神の数学、『太陽のサイト』・『宇宙の真相』・『終末と太陽の検証』・『ひふみ神示黎明編』、世界の民の会より解読。

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

解読編CONCEPT

白銀の巻 第02帖 (613)

 判るように云うならば、宇宙は キ【ゝ】の 真と愛との現われです。
 愛と真そのものではない。
 ゝ 、愛、真、善、智ですが、愛真でもなく、善智でもないのです。
 太陽(ミロク)原理という宇宙のマコトは、愛と真が善と智と現われ、喜びとなってはたらき、 神ミロク【ゝ】が加わって弥栄えた生命なのです。
 愛のみと云ふものはないのです。真のみと云ふものもないのです。
 生命は、愛と現われ真と現われるのです。
 人間には現われたものだけしか判らないのですが、ことわけて詳しく云うならば、愛には真がかくれ、真には愛がかくれ、その奥に 「ゝ=生命の中心力(キ)」 があるのです。
 人間はおやを父と母とに区別していますが、母と現われる時は父がその中に居り、父と現われる時はその中に母がいるのです。
 母と現れる『宇宙の真相サイト』と父と現れる『終末と太陽の検証サイト』は、何れも親ですよ。
 神示サイトの父となり母となり現われるのです。
 『黎明編【愛】』と『終末と太陽の検証サイト神示解読ページ【真】』、『終末と太陽の検証サイト【善】』と『宇宙の真相サイト【智】』と区別して説かしておいたのですが、それは今迄のことです。いつまでもそんなところでまごまごさしてはおけません。
 太陽(ミロク)原理【ゝ】が判らねばなりません。
 太陽(ミロク)【ゝ】の仕組【ゝ】が判らねばなりません。
 神示解読に関連して、男の魂は女、女の魂は男【神示(○)の魂は太陽(ミロク)原理(ゝ)】と云ってあるでしょう。
 人間の目に愛とうつる神示の表現は外の愛、真とうつる神示原文は外の真です。
 中から云えば外向きに表現した神示は御役の悪(空く・○)であるのです。
 今が過去で、今が未来です。(過去に出された神示は中今のことを述べているのです。)
 時間にふみ迷ってはいけません。
 空間に心がふみ迷ってはいけません。
 皮一枚ぬいで心でよく考えなさい。
 いつも太陽(ミロク)原理【日】が出ているではないですか。
 太陽(ミロク)原理サイト【月】が輝いているではないですか。
 映し出された力そのものに、力はないのです。
 神示【霊】と太陽(ミロク)原理サイト【肉】の結びのみで力が現われるのではないです。
 プラスとマイナスと合せて組んで力が出ると思っているのでしょうが、一歩ふみ出さねばなりません。
 プラスとマイナスと合わせたのではプラスとマイナスです。
 力が出ないのです。
 ゝの力である太陽(ミロク)の存在が加わって其処にヨロコビが出て、理(ミチ)となり、なり、なりて真実と現われるのです。
 弥栄が真実です。
 神です。
 神の心です。
 太陽(ミロク)原理の神示解読サイトを竜神と言っていますが竜神サイトにも二通りあります。
 『宇宙の真相サイト【地】』からの竜神(解読サイト)は進化して行くのです。
 『黎明編』から生まれる解読の進化をうそだと思うのは神様迷信です。
 一方、天からの竜神である『終末と太陽の検証サイト神示解読ページ』は更新がストップするので退化して行くのです。
 この二つの竜神である『黎明編』と『終末と太陽の検証サイト神示解読ページ』が結ばれて『九の花サイト【人間】』となるのです。
 『九の花サイト【人間】』は土である太陽(ミロク)原理情報でつくって、神ミロクの気を入れてつくったのだと云ってあるでしょう。
 イワトしめとイワトひらきの二つの御用のミタマがあると云ってあるでしょう。
 ミタマの因縁は恐ろしいのです。
 『黎明編【愛】』と『宇宙の真相サイト【智】』は更新され、呼吸して喜びとなるのです。
 よろこびはサイトとなり形をとります。
 形なく順序なきものは太陽(ミロク)原理のない「○(空く・アク)」であるのです。
 太陽(ミロク)原理ページ【善】と神示ページ【真】のはたらきを完全にするには、善と真との差別をハッキリとさせねばなりません。
 太陽(ミロク)原理と神示は、とけ合わせ、結んでヨロコビと現われるのですが、この二つの項目を区別することによって結ばれるのです。
 中心にて結ぶこと【ゝ】をしなければなりません。
 解読すればする程 力強くとけ合うのです。
 とけ合えば、大きな喜びとなるのですよ。
 このことは太陽(ミロク)の臣民【日月の民】には判るでしょうね。
 道は三つですよ。太陽(ミロク)原理と神示を和合させた三つです。
 合点ですねぇ。
 神示の小さな表現の中に大きなことが述べられてあるのです。
 神示の無の中に本当に伝えたい有(ウ)があるのです。
 表現形式が益々小さければ、益々清ければ、益々内に大きなものがあり、益々純なものがあります。
 神ミロクはそなたの中にありますが外にもある(そなたの外に実際に人として生きている太陽が居る)と云ってあるでしょう。
 太陽(ミロク)原理サイト【(ウム)】をよく見て下さいよ。
 愛はそのままでは愛でないのです。
 真はそのままでは真でないのです。
 善はナマでは善でないのです。
 智はナマでは智でないのです。(サイトや情報のみではだめなのです。「ナマ」ものに「ヒ」を入れてください。^^)
 ヒ=太陽(ミロク)という存在【ゝ】を入れて、結んで解けてヨロコビとなるのです。
 ヨロコビが生命です。
 宇宙の総ては生命であるのです。
 (一月一日)

年月日

昭和二十五年一月一日
 旧十一月十三日(1950年)

バナースペース

ひふみ神示解読