≪○二≫
本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

フミのミクラ○二

一二三神示

一二三の検証編太陽の検証

一二三091

富士の巻 第11帖 (091)

 神()土(かみつち)は白は、「し」のつく、黄は「き」のつく、青赤は「あ」のつく、黒は「く」のつく山々里々から出て来るぞ、よく探して見よ、三尺下の土なればよいぞ、いくらでも要るだけは(一杯)出てくるぞ。八月二十日、 のひつ九のか三。
平易意訳

 終末と太陽を検証する情報は白は、「し」のつく、黄は「き」のつく、青赤は「あ」のつく、黒は「く」のつくサイト達や情報元達から出て来ます。よく探して見てください。人民に流布されている情報は月人が誤誘導するために流していますので、そのままのものはダメです。誤誘導を考慮した掘り下げた検証情報(三尺下の土)であれば良いのです、情報はいくらでも要るだけは出てきます。
 八月二十日、 のひつ九のか三。


解説と補足説明

  • http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/murmur_db/4000/space-3177.htm
    天使のつぶやきNO3177 

    ひふみ神示 第三巻 富士の巻 第十一帖(91) 

    トッチさんのメール
    トッチです。
    これは本当に分らないのですが、少し遊んで見ました。


    ひふみ神示 第三巻 富士の巻 第十一帖(91)
    昭和十九年八月二十日、
    旧七月二日(1944年)
    神土(かみつち)は白は、「し」のつく、黄は「き」のつく、青赤は「あ」のつく、黒は「く」のつく山々里々から出て来るぞ、
    よく探して見よ、
    三尺下の土なればよいぞ、
    いくらでも要るだけは出てくるぞ。
    八月二十日、
    のひつ九のか三。

    使用された特殊文字 


    (意訳)
    神土(かみつち)の出てくるところです。
    白は「し」のつく所、
    黄は「き」のつく所、
    青赤は「あ」のつく所、
    黒は「く」のつく所
    の山々里々から出て来るのです。
    よく探して見みなさい。
    三尺下の土であれば良いのです。
    いくらでも要るだけ、出てくるのです。


    (解説)
    難解ですので、保留扱いにします。
    しかし折角ですので、頭の体操をして見ました。
    この際、色は無視します。
    「し」「き」「あ」「あ」「く」
    並べ替えて
    「あ」「き」「あ」「く」「し」→秋開く死→岩戸開きの都市攻撃か、ノアの大洪水が秋にあり、地上は壊滅。
    「三尺下の土」
    3尺を3層の捻りとしますと上から3層下ですと海、地殻、一番上のマントル層。
    マントル層が剥離を起す場所となります。
    ノアの大洪水の原因が何で「神土」なのかですが、死んでいく人々にとっては地獄でしょうけれど、宇宙の仕組みから見れば、ミロクの世を生む事になりますので、悪い物では無いと言えます。
    「いくらでも要るだけ出てくるのです」
    大洪水や、マントル3層構造の証拠が出てくるのかもしれません。



    千成のメール
    トッチさん、いつもかいこのごとく口からもくもくと神土(トッチ→十土)を吐き出してくださっています。
    ご苦労様です。
    トッチさんが遊ばれているのを見て、ふと、わたしも遊んでみたくなりました。


    白は「し」のつく所、
    黄は「き」のつく所、
    青赤は「あ」のつく所、
    黒は「く」のつく所


    土を神よりの情報とすると、その情報はみなさんワープロで書かれています。
    ワープロの特徴は単語登録です。
    単語登録で、わたしなら
    「た」とキーを打つだけで、「太陽」、「と」と打つだけで「トッチ」が出てきます。
    みなさんも、独自の工夫をされてワープロを使う際に単語登録をされていると思います。
    白なら「し」、青や赤は「あ」、黒は「く」などとしている方もいるかもしれませんね。
    そこで神示では
    「みなさんが神よりの情報をサイトにメールしてくださる時には、ワープロを使いますよ」
    と言いたいのでは?
    それですと


    三尺下の土であれば良いのです。
    いくらでも要るだけ、出てくるのです。


    「三尺下の」というのは、掘るのに多少の努力があれば掘れることを表しているのでは?
    みなさん、情報を集めるのに努力してくださっています。
    でも、昔と違って、今は、インターネット検索があるので比較的情報収集が楽です。
    これが「三尺下の土」と情報収集の努力の程度を暗示しているのでは?
    そして集めた情報をまとめるのに、ワープロなら、あまり努力なしにいくらでも出てきますね。
    これが


    いくらでも要るだけ、出てくるのです。


    神示というのは何通りにも読めるそうですが、こんな読み方もアリ?
    この解読はトッチさんの解読のようなロマンがありませんが、トッチさんにならって遊んでみました。


年月日

昭和十九年八月二十日
 旧七月二日(1944年)

>>戻る