本文へスキップ

太陽(ミロク)原理・ひふみ解読編

ひふみ神示黎明編関連サイト

一二三神示

太陽(ミロク)原理終末と太陽の検証

太陽の説明

【予言と予測コ−ナ】

「ノアの大洪水」の証明と検証の方法

「ノアの大洪水」の証明と検証の方法は 幾つかの方向から実施する事になります。

  • (1)過去に発生した「ノアの大洪水」の痕跡に依る方法−−−地球のマントル層の痕跡,地表の痕跡
  • (2)過去に発生した「ノアの大洪水」の記録に依る方法−−−神話,伝説,口伝に依って伝えられた記録
  • (3)「ノアの大洪水」の駆動の理論とコンピュタ.シュミレ−ションに依る方法−−−「極の滑り回転」,事前の地球環境の現象
  • (4)「ノアの大洪水」の駆動の模擬実験に依る方法
  • (5)「ノアの大洪水」の事前に現れる地球の表面の変化に依る方法
  • (6)「ノアの大洪水」が自然現象を応用した人口のシステムとなる結論に依る方法
等の項目です。
(1)上部マントル層の構造
対象:地震/地球物理学者
(1998.04.25)
(2)マントル層の境界の内容
対象:地震/地球物理学者
(製作中)
(3)上部マントル層の構造の模擬実験
対象:地震/地球物理学者
(製作中)
(4)マントル層の境界の内容の模擬実験
対象:地震/地球物理学者
(製作中)
(5)上部3マントル層に加わる惑星の力の計算
対象:天文/地球物理学者
(1998,05,05)
(6)上部3マントル層の境界の歪みとズレの計算
対象:天文/地球物理学者
(1998,07,05)
(7)上部の2マントル層の「極の滑り回転」の計算
対象:天文/地球物理学者
(製作中)
(8)上部の2マントル層の「極の滑り回転」に依る海水の行動
対象:天文/地球物理学者
(製作中)
(9)「極の滑り回転」を観測した記録
対象:神話伝説/物理歴史/天文/地球物理学者
(製作中)
(10)「極の滑り回転」の大津波を観測した記録
対象:神話伝説/物理歴史/天文/地球物理学者
(製作中)
(11)「極の滑り回転」の事前現象の計算
対象:天文/地球物理学者
(製作中+)
(12)「極の滑り回転」の事前現象の観測
対象:天文/地球物理学者
(製作中)

以上の項目を研究し確認すれば 人類の皆さんも納得されるでしょう。
内容の検討は 現在の人類の持つ科学技術の水準で確認が可能なもののみ選択しました。

「ノアの大洪水」の原理は このホ−ムペ−ジの項目に出来るだけ分かり易く説明していますので参照して下さい。
ここで,簡単に説明ます。

  • 地球の上部マントル層は 3層になっています。
  • この上部マントル層の地表側の2層の境界層は 過去の「極の滑り回転」で滑り易くなっています。
  • 普通の状態では,これらの上部マントル層の地表側の2層の境界層は 静止摩擦力で微弱揺動しても滑り回転はしません。
  • 他方,地球のマントル層に加わる惑星の引力は 惑星の位置に依って変動します。
  • これらの惑星の引力は 相対的に検討すると地球を中心にして公転している様に働きます。
  • その為に,惑星が片側に集まると地球のマントル層に加わる惑星の引力は 最大になります。
  • しかし,これらの条件では 「月の引力」と「太陽の引力や公転の遠心力」に比較して回転力は 数%にしかならず,「極の滑り回転」は 発生しません。
  • これらの力学的関係を考慮する時,地球の自転軸が約24角度だけ傾斜させられていることに注意する必要があります。
  • この為に,海水と同様にマントル層も「極の滑り回転」をする様な回転力が発生します。
  • 多くの場合,引力の強さのみ考慮する為に「極の滑り回転」は 発生出来ないと結論されています。
  • しかし,地球のマントル層に与える影響は この様に単純では有りません。
  • 確かに月の引力に依る影響は 木星と比較しても1%以下です。
  • しかし,木星の地球の周囲を等価公転は 月の周期の160倍になります。
  • その為に,地球のマントル層に与える歪みの影響は 月より木星が大なのです。
  • 木星だけでなく,土星,天王星,海王星等の等価公転周期の長い惑星は 月より大きくなります。
  • これらの惑星が全て同期した惑星の会合の条件では 常識で考えるより巨大な歪み量を地球のマントル層に加えます。
  • 結論として,惑星の会合でマントル層の境界は 破断します。
  • ただ,注意すべきは 単に惑星が会合するだけでは 破断しません。
  • 多くの人々が地球の自転軸の傾斜方向と関係が必要である事を理解していません。
  • 条件が揃えば マントル層の境界は 破断しますが,「極の滑り回転」は しません。
  • 地球の「極の滑り回転」は 惑星の会合の引力ではマントル層の境界の破断できますが,引力の力が小さすぎて極僅かだけずれる事は有っても滑り回転にならないのです。
  • 「極の滑り回転」の回転力は 「月の引力に依る回転力」が「惑星直列に依る回転力」の方より巨大だからです。
  • 月の位置の条件は 惑星が会合と月の会合でマントル層の境界の破断歪みを最高の状態にしてその数日以内に月の引力の滑り回転が最高になる位置の会合となります。
  • この様な惑星の直列会合の条件の成立する事は 太陽系では希です。
  • しかし,それでも約12500年に1回の割合で成立します。
  • 「極の滑り回転」は マントル層の境界の破断を惑星と月と太陽の直列で実施して,滑り回転は 月と太陽の引力で実施する。
  • これらの絶妙な継投で発生する現象です。
  • そして,自然現象を利用して月を最適な軌道に公転させた人工のシステムなのです。
  • 単に「極の滑り回転」するのであれば問題は 無いのです。
  • しかし,海水を大量に地球に集めた為に超巨大な大津波となります。
  • この大津波が「ノアの大洪水」と呼ばれる現象です。
  • 地球の表面に繁殖した人類や動物等の生命を破棄しお掃除する役割をします。
  • 人工のシステムの「ノアの大洪水」は 約40億年前に建設されました。

この項目で説明する内容は 近い将来に皆さんの内の何方かが確認し検証するでしょう。
従って,これらの内容は 予測であり予言です。

 >>戻る